2019年3月22日 (金)

春分の日はおとなしく自宅でカレイの仕掛けを作ってみました。

春分の日ですねぇ・・私の頭はすでに桜満開!!
待ちに待った。花見カレイの季節です。
週末は連続でどこに行こうか画策中のため、本日はおとなしく自宅で仕掛けを作ることに致しました。
仕掛け造りにはBOZUがありませんので、楽しく試行錯誤をしております。
実は投げ釣りの仕掛けは既製仕掛けで十分だと私も考えておりました。
私も本格的に作り出したのは5年前、砂ズリの作り方、針の結び方さえ解らず、
釣りクラブ等に入ってない私はすべてネット情報と、感覚のみで作っておりました。
当初は針の結び目が切れ折角釣れた魚を逃がしたこともありました。
「こんなので釣れるの???」と疑心暗鬼にも、
やっと最近多少は使えるなと・・・・
自作のメリットはまず「安い」市販仕掛けの1/3程度で作れます。
エダスの間隔、全長、針数、針サイズ等々組み合わせは無限大、
色々なパターンを試行錯誤することが楽しくなります。
自作仕掛けで始めて釣れた時はハマると思いますよ!
このブログをお読みのベテラン投げ師諸氏の参考になるとは思いませんが、
投げ釣りビギナーからステップアップを考えている方が少しでも参考になればと、
不定期ですがUPしていこうと考えております。今回はカレイ仕掛けですが、
私は極力サルカン等を使用しないで、砂ズリと仕掛けは直結方式で仕掛けを作っております。
そのため砂ズリが多量に必要になり、基本的に8号2本撚りで作っております。
当然手で撚るのは大変ですので、こいつの力を借ります。
Dsc03481
砂ズリは3種類「赤」はカレイ用「黒」は夜釣りに、薄緑は五目釣りに各6号8号で使い分けて、

Dsc03478

私は実釣中頻繁に仕掛けを試しますので、1~2回程度しか投げていない仕掛けは、

袋に入れてリサイクルに、その際砂ズリにヨレが来ますが、

Dsc03480
ヨレが出来ても大丈夫!!


帰宅後ケトルを沸かし出てくる蒸気に当てますと、綺麗にヨレは取れます。

また装飾や針は十分リサイクル可能で非常に経済的ですよ。

今回「遠投用の先錘」「半誘導の先錘」「吹き流しの二股」の三種類を作ってみました。

遠投用先錘、天秤は「まるふじのスラスト天秤」を主に使っております。

Dsc03462

「半誘導先錘」
Dsc03474
Dsc03473

誘導の可動域には硬質0.6㎜パイプを入れております。

三つ又仕掛け
Dsc03476

作った仕掛けは5本セットでビニール袋にまとめて釣り場へ

これだと風に飛ばされることなく、後片付けも楽です。

以上参考にしてくだされば・・・・・

今週の土曜日は宮津の方面も穏やかな釣り日和みたいですね!!

淡路か日本海か迷うところ・・・・




 


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村







| | コメント (0)

«さて5回連続BOZU回避なるか!淡路島カレイ釣り