1_by 釣りバカ

2016年6月~

2018年10月14日 (日)

10月14日 報知キス選手権SESSYACUP決勝大会に出場致しました。

本来は930日に開催予定でしたが、台風で

順延。参加人数47名がAブロック23

B
ブロック24名に分かれて1回戦を行い

上位選手が、2回戦へ進出です。

私は開催が日曜日だということもあり、

前日の土曜日早朝より、現地入りして試し釣り

を行っての気合を入れて挑戦です。

午前5時半受付開始の後、開会式、釣座の抽選

Img_1629
まだ真っ暗の中で受付です。

Img_1633_2
開会式

Img_1634_2
Aブロック方向
Img_1635
Bブロック方向


結果、私はB-3大会本部のすぐそば、

前日は全くアタリがなかったエリア、

とにかく1投してすぐに移動する心算で、

競技スタート待って第1投。

前日はシンカーが波間から見えてからもアタリ

が拾える超波口勝負、いきなり良型が食って

来たり、超マイクロピンギスが掛かったり

連できたと思ったら全くアタリが無くなる

面倒くさそうな状況です。

移動を繰り返し、匹数を稼ぐ予定でおりました

周囲の選手の皆さんも、

半色付近を中心に探っております。

私は38本針で1.5色から早巻きして半色付近

にステイし、アタリを待ちます。

すると波口でゴンゴンと大きなアタリが、

幸先良しと思ったら・・・・

「フグでした。」
(ρ_;)

予定通りすぐに移動、南に向かって早歩き、

京都の葛野浜と違って、歩きやすい砂質

ですし距離も短いので、随分楽です。

先日4連が拾えたポイントに移動し、

息を整えてキャストすると小型のキスが1

坊主回避成功。

周囲を見るとさすがに決勝に残った選手の方

連掛けを続けております。

私の竿には偶にかかっても単発。

差が広がるばかり、どこが違うのかよく観察

すると、皆さん非常に丁寧なリーリングを

しております。それに倣ってゆっくり

サビきますが、にわか仕込みでは効果なしです。

しかも数勝負で重要なピンギスのアタリが

拾えない・・・技術不足は体で補うしかない

10m単位で移動を繰り返しますが、

釣れるのはアタリのはっきりわかる10cm

前後のキス、ピンギスもちろんのこと

超マイクロピンギスは全く釣れない。

あっという間に2時間の競技は終了、

結果は12匹・・・

私の雑な釣りではこの辺が限界。

トップ通過はなんと30匹、素直に


「すげぇ・・!」

ボーダーは18

皆さん旨いなぁ・・・・でした。

しかしトップトーナメンターの釣りを間近で

見れて良い一日でした。

Img_1636
計量で本部前に戻ってきました

Img_1637
1回戦結果

計量時に選手の会話を聞いていたら、

1.5
号や2号の針がと話しておりました。

「そんな小さな針どこに売ってる?」

「教えてぇーーー!」

帰路
330㎞・・・

疲れるなぁ・・・


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.8

力糸:拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL型異軸

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 5~8本針 

針:3号 拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

にほんブログ村のバナーをポチッとお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

9月22日 宮津市獅子崎キス釣り

先週に引き続いて、今回も舞鶴市に仕事が入り、

交通費会社持ちの釣行です。

参加を見合していたシマノジャパンカップ中部大会

が延期になったものの、予備日が報知キス決勝の

前日となり、愛知県表浜から徳島県北の脇までの

移動と、連日のトーナメントはやはり体力的に

厳しいので、やむを得ず参加を先ほどキャンセル

いたしました。

最近台風等々で仕事がパンク寸前なのですが、

振り返ると何のことはなく毎週釣りをしております。

これも日頃の行いの賜物?と感謝ですね。

現場は舞鶴市の東端でしたので、

高浜の難波江か宮津湾周辺かと迷いましたが、

予報を熟考した結果

波の少ない内湾の宮津市獅子崎に行く事に

致しました。午前4時半五輪堂で石ゴカイを

購入し、現地に到着しましたが、

まだ真っ暗・・・

しばらく車の中で仮眠することに、

6
時前少しアタリが明るくなりましたので、

釣りの準備。

Img_1592

獅子公園付近の海岸線に車を止め

掛けキス64本針に石ゴカイを1匹付けして、

4
色付近に仕掛けを投入。

反応なし・・・さらに範囲を広げて3投致しま

したがアタリ無しで、移動

獅子姫神社の交差点付近に移動してきて

Img_1594

4色付近に仕掛けを投入・・・・

すると直ぐに小さなアタリが、コンコンと断続的に

続いております。

それでもサビいていると、一度キスっぽい当たりが、

仕掛けを回収すると案の定、カワハギとキス15cm

エサはすべて無くなっております。

Img_1593

次は少し遠投し、5色が出きったところからサビキ

ますと、4色半でキスのアタリが、同型の2連。

Img_1595

さらに範囲を広げるため6色まで遠投すると

直ぐにググッと前アタリが、20秒ほどステイ

すると、竿がグィーンと引き込まれ、

少し負い食いを待ちましたが追加はなし

21cm
の良型

Img_1597

さらに5色に入ったところで22cmを続けてゲット。

Img_1598

これも着底度すぐに当たりが入りました。

どうやら沖目にいる良型は食い気が立っている様子

明日の夕ご飯は久しぶりのキスの漬け丼

が食べられるか?

しかし群れは小さいのか追い食いしてきません。

その後沖目を数投しましたが、着底後サビいていると

コンコンと断続的な当たりが・・・・

カワハギのエサ取り攻撃が開始、

針数を増やして石ゴカイを上3本に小さめに付け、

3本に1匹掛けしたり、装飾なしの仕掛けにしたり

試行錯誤を繰り返しても、効果なし。

3
色から6色付近までその範囲を広げてみると、

さらに追い打ちをかけるかのように、

フグが参戦してきて

手の打ちようがなくなり、矢原へ場所移動。

Img_1599

カーブ付近で根掛、ベランダでは生体反応を

見つけられずに、由良に方向に場所を移動する

ことに、しかし途中海の状況を見ると白波が

立っており、ポイントを栗田浜に変更、

Img_1600

しかし南側の岩場付近より、

テトラまで小移動を繰り返しましたが、

フグが多く、キスの姿は見れずじまい

時間はすでに9時半。時間も残り少なくなり、

最後にチョイスしたのは、朝一良型が釣れた

獅子崎に戻ることに致しました。

先ほどと同様に沖目に仕掛けを投入すると、

1
投目に着底と同時にいきなりグィーンと

竿が引き込まれ20cmをゲット。

Img_1601

気をよくして打ち返しサビくとカワハギと

フグの猛攻を受け、どうやら海の中では

仕掛けが着底したところにキスがいると

ラッキーで、仕掛けを動かすと、

カワハギやフグが気付きアタックしてくる

という感じ・・・かな?

小移動を続け宮津湾浄化センターまで着いた時

にはすでに10時半を回っており。

仕方なく納竿・・・・

結局20cmオーバーが31215cm4尾計7尾。

ツ抜け出来ずでした。

Img_1602
良型が3匹いたので何とか漬け丼1杯分は確保


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペ

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作46本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年9月16日 (日)

9月16日久しぶりの淡路島、プチ釣行南あわじ市

地震が一段落ついたと思っていたら、

台風2120号で私のスケジュールはパンク状態

今度こそはセミファイナル進出に思っていた

来週のシマノJC愛知大会も出場を諦めホテルの

予約をキャンセル・・・
(;ω;)

この様な状況で、さすがの釣りバカも釣りに

行く事に躊躇いが、3連休は家で書類整理を

するつもりでいたのですが・・・・
(゚ー゚)

金曜日、事務員より日曜日に淡路島の南淡で

仕事入れて良い?
( ̄ー ̄)ニヤリ

現場は南あわじ市津井・・・・・

仕事ですから・・・・

午後1時のアポもあくまでも偶然です。

さらに3
連休渋滞を避けるため、午前2時半

自宅を出発したのも、あくまでも渋滞を

避けるため決して仕事前に釣りなど・・・

まぁついでだから、途中尼崎の「サワムラエサ店」

によって、石ゴカイなんかを仕入れて・・・・

どちらかというと最近日本海側で良型が上がって

いるとの噂、出来れば日本海側が良かったのですが

高速代、ガソリン代会社持ちの釣行ですから

ましてこの時期贅沢は言えません・・・

午前4時半まだ暗い中「津井の浜」に到着。

明るくなるまで休憩・・・・

南あわじ市雁子岬の東側で竿を出すことに、

初めて来たポイント、ワクワクします。

Img_1464

場所は津井漁港の東側でテトラが埋めてある

砂利浜ですが、東端にはテトラは無し

基本砂底で、所々にシモリと海藻帯周辺が荒い

程度で、根掛は気にしなくて良さそうです。

5
時過ぎ少し明るくなりましたので、

堤防の切れ目にある階段から浜に降りていきます。

最初は掛けキス66本針で、

3
色付近にチョイ投げで様子見です。

幸先よく2色付近でアタリが入るも、

明らかにビィーンビィーンとチャリコのアタリ

仕掛けを回収すると案の定チャリコとハオコゼ

Img_1465

Img_1466
キスも居るには居るのですが

4連、さらに方向を変えチョイ投げ2.5色で

コンコンとキスのアタリ、仕掛けを1.5色まで

引いてくると、チャリコの攻撃に会い、

針数に残らずチャリコが付いてきます。

チャリコに混じって偶に小型キスが掛かり

ますが、結局5投で場所移動。

今度は雁子岬の西側に入ることに、

ここも同様にテトラ入りの砂利浜ですが、

北側の一部にテトラなしの砂利浜があります。

Img_1467

テトラの間から狙えないことはないのでしょうが、

この後仕事もありますし、安全第一ということで

北端から第12色付近で明確なキスのアタリ、

波口までサビいてくると1015cmのキスが5尾、

針掛が浅いのか1匹落ちています。

Img_1468
4匹???

Img_1469
1匹落ちてまーす

さらに5連、針数を8本に増やして、乱獲モードに

距離は3色手前から1色まで当たってきます。

リーリングのスピードは少し早めで回収すると、

最高7連、平均45匹程度のキスが水揚げされます。

Img_1470
Img_1472

範囲は浜全体でアタリは取れますが、

北端の岩場近くの方が、アタリの入りが良いみたい

でした。サイズはイマイチですが、から揚げ、

南蛮漬けには十分・・・

とりあえず50匹目標にクーラーに投げ込んでいきます。

しかし完全に陽が上がった8時すぎ位からチャリコの

猛攻が始まり、針掛するキスの数よりチャリコの

数の方が多くなり始めます。

Img_1474

とはいえ順調にクーラーのタッパが一杯になり、

レジ袋に移し替え、

Img_1476

帰宅後の地獄の捌きが頭をよぎり出します。

小型はもう十分、サイズアップを図り、

午前9時前場所を移動することに・・・

近くの丸山海水浴場に車移動、

10
分程で到着、

浜に降りると投げ釣り師の姿が、

声を掛けると小型がポツポツ程度と・・・・

さらに地引網の準備で漁船が十数m先を

Img_1477

ウロチョロ、折角来たので、投げ込みますが

チャリコばかりで、2投で諦め

少し離れた場所まで車で移動。

ここなら大丈夫だろうと、

Img_1478
遠くに漁船が・・・ここまで来れば・・・

釣りを開始しますが、釣れるのはハオコゼと

チャリコばかり、ここも数投で切り上げ、

午前十時往復30分五色浜まで行く事にしましたが

結果から申し上げると、チャリコに轟沈・・・・

午前11時少し早めの食事をとり、仕事に向かうことに・・・・

午後4時半帰宅後、魚を裁きましたが50尾は居ると

思っておりましたが38尾でした。あのまま場所移動せずに

釣り続けたら、少なくともこの倍は釣れていた

と考えると、場所移動してよかった・・・


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:キススペシャルコンペエディション

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー

仕掛け:自作 36本針 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

最後までお読みいただきまして、有難うございます。
下のバナーをポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年9月 9日 (日)

9月8日シマノJC関西予選に出場いたしました。惜惜惜・・・・

今年で参戦3年目、前々回は8g足りずで20位以下選外

前回はセミファイナルまで4g足りずの15

今回こそはと張り切って、自宅を出発いたしました。

小雨は降っておりましたが、開催できそうです。

会場には430分到着。

車の中で休憩していますと、シマノスタッフさんが

「現在大雨警報と土砂災害警戒情報が出ており

午前7時まで様子を見て、可否を決定します」

そのころにはあたりは薄暗くなっておりましたので、

海のコンディションを見ると、波もなく風もなく葛野浜では

最近の無かった絶好のコンディション

Img_1450
箱石方向
Img_1451
小天橋方向

予想もしなかった2時間待ち・・・

お隣の選手と「なんで???」と話していると、

ブログを読んでいただいているGreenさんで、

今回は岡山美作市からの出場、

雨は降ったり止んだりで、Greenさんと談笑しながら、

2
時間を過ごし楽しい時間を過ごさせて頂いた上に

自作の天秤をいただき有難うございました。

Img_1463

弓ヶ浜に行くときは連絡させていただきます。

午前7時シマノスタッフさんから、1回戦3時間に変更

して開始するとの通知があり、タックルチェックへ

Img_1454

Img_1453

今回スタートは801回戦なら、箱石方面まで歩る

積りでしたので、クーラーを担いで随分大回りになりますが

足を取られる砂浜は避けて、1/3になった肺と心臓に

負担の少ない遊歩道をゆっくり歩くことに、

私の横を走って通過する選手・・・

いつの間にか207番の選手に抜かれて、

後ろを見ると誰もいません。

「うぅーんハンディをくれ!!」

今回のエリアは前回前々回と違って、箱石の岩場の随分

手前になっておりました。試合は3時間ですから30分以上

かかる岩場の向こうまで行く人は少ないと判断されたので

しょうか、そのため選手の間隔が少なく、結構詰め込み状態

でした私は箱石の岩場の手前に着いたところで、

Img_1455

試合開始のホイッスル。

今更焦っても仕方がないので、クーラーに座り息を整え

保冷材の入ったタオルで、クールダウンして、

竿を継いでタックルの準備、掛けキス56本からの

スタート、岩場の隙間2色位から探ることに、2投目で

待望のアタリが、10cmの2連マズマズの調子・・・

と思ったらそれ以降全くアタリすらありません。

周囲の選手は苦戦しており、5投で箱石側に場所を

移動、波口で1匹ずつ拾っていく作戦に、

小移動を繰り返しながらなんとか5匹を釣り上げて、

他選手は苦戦模様0匹の選手も多数いらっしゃる様子

去年の4g足りなくて、セミファイナルを逃した教訓を

生かし、小移動を繰り返していたら、突然隣の選手が

6
4連とキスをゲット

「ラッキー、群れが回ってきた!!」

4
色位でアタリが入っている模様、

しかし今度は逆側の選手が波口で4連、

私は欲張って5色から4色を探り、アタリがなかったら

2.3
色をスルーして1色から波口を探ることに、

しかし私の竿にはあたりが出ません。

後で思い返すと、隣の選手の6連はバナナ状態で

上がってきており、私は少し焦っていたのかリーリング

スピードが速すぎたのかもしれません。

周辺のお祭り状態はあっという間に過ぎ、

アタリが無くなり、残された時間はあと1時間

大きく本部側に移動することに、波口を

探り歩きますがアタリはなく、残り30分に本部まで

少なくとも20分は掛かりますので、

時間はありませんこのままでは、セミゲットは100

不可能、シンカーをタングステンに替え、7色から

探っていると6色に入ったところで、ゴンゴンとアタリが、

ステイするとさらにアタリが続き、慎重に仕掛けを回収

すると18cm以上の良型を4連でゲット、

急いでエサを付け替え遠投しかしアタリはなく、

結局9匹で時間切れ・・・

なんとも微妙な釣果

計量すると294gスタッフさんに聞くと大丈夫じゃない

ですかと・・・

車に戻り着替えをして、結果発表を待ちます。

Img_1457

放送が流れたので会場に向かうと、ボードに私の

名前が、しかし11位までがセミファイナル出場、

私は去年と同じく15位今回は30g足りません。

Img_1459

1
位通過は29562gでした。

おそらく200人位の投げ師の方が参加されており

その中で15位は十分納得できる結果なのですが

去年に続く惜敗にあと12匹何とかならなかったか

・・・・と今回は悔しい思いを引きずっております。

次のシマノJC表浜では・・・と思っておりますが、

最近の台風・地震と自然災害が続き私の仕事は、

とても捌き切れない状態が続いております。

なんとか報知キス決勝大会には出たいので、

今年のトーナメント予選はこれで終了でしょうね・・・・

と言いながら、見苦しく宿泊先のキャンセルを出来ない

でいる私です。

疲れて帰宅すると、報知キス拙者カップの決勝大会の案内

が届いておりました。

予選と違って、少し豪華ですな・・・

Img_1462


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 3~8本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック

  シマノ掛けキス、攻めキス

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

8月18日キス釣り舞鶴市東側~福井県小浜市新規開拓

少しずつ、秋めいてきましたが、日中はマダマダ暑い日

が続いております。

この時期から徐々に海水浴客が少なくなっては

来るものの、駐車場代・清掃協力金等々ランガン釣行

では砂浜には近づけない状況、

本日は舞鶴市と高浜町との境界付近の無料駐車場

付きでしかも海水浴客がいない都合の良い砂浜を

新規開拓するつもりで午前3時自宅を出発、

予報では若干波はあるものの気持ちの良い秋晴れ

絶好のコンディションかと思っておりましたが、

事前にグーグルで小場の砂浜をピックアップして、

最初は舞鶴市のプレーリードッグの頭を横から

見たような半島(不勉強なため名称不明)の西北部

「瀬崎」グーグルで見ると良い雰囲気でしたが、

午前5時過ぎ到着してみると、波が高くとても釣り

出来るコンディションではない。

Img_1429_2
Img_1430_2
瀬崎海岸

次のポイントプレーリードッグの「耳の後ろ」部分に

以前少し竿を出したことのある「成生」を目指す

ことに、しかしナビの入力ミスで知らない間に

「後ろ頭」の「上瀬漁港」についておりました。

今更「耳の後ろ」に戻る気もなく、漁港付近の

状況を確認すると、波は幾らかマシですが、

海に濁りが入っており退却、

さらに南に下がって名称不明の海岸

Img_1432_2
名称不明の海岸

波は高く、濁りも入っておりますが、すでに6時半を

回っており、まだ1投もしていないので、

とりあえずキャスト、予想通りアタリもなく、すべての

針にごみが付着、その上クーラーが波をかぶり

黒い砂で真っ黒。時計を見ると7時前、新規開拓

は次回以降にして、実績場の難波江の北側浜に

向かうことに、途中南側浜を見ると波待ちサーファー

たちで一杯。

北側は大丈夫だろうと思いましたが、波は高く、濁りが

駐車場のおじさんに聞くと昨日から海が

荒れていたらしく…

「少し波は収まったけど、投げ釣りは無理じゃろ」

「ですよね・・・・」難波江を後にして、砂浜は無理

でも波戸からなら何とかと思って、

先週行った小浜市岡津海岸に行くことに、

運よく波戸には投げ釣り師の姿はなく、

海も問題ない状態

そうなると釣果の上がる横の砂浜から釣りたくなり、

遊歩道を歩き砂浜に行くことに致しました。

Img_1436
Img_1437
岡津海岸

時間はすでに8時前、するといつもは人のいない

砂浜に4人釣り客が、階段下の中央付近は

先客さんがいましたので、挨拶をして、

西端の岩場に入れさせて頂くことに、

今回はサーフランダー335を持参していましたので、

多少窮屈な釣り場でも問題なし、

少し海に浸かりながらキャスト

4
色から2色半までサビくと1投目からアタリがあり、

から揚げと天ぷらサイズ。

Img_1435

2投目も同様なサイズ、先週と比べるとサイズが

出ない。暫く釣り続けましたが、リリースサイズばかり、

すると中央付近で釣られていた釣り客さんが

「拙者ブログの・・・」とお声を掛けて頂き、

少しお話を聞くことに

8時までは良型が入れ食いでしたが・・・」

どうやら私が来た時には時合は終わっていた

みたいです。しかし引きの時合はこれからと、

その後1時間釣り続けましたが、

潮が動くと同時に海上のゴミも動き始めて、

良型のアタリはあるのですが、キスが乗っても

海上のゴミに引っかかり、岸に上げた時には、

ゴミとヒイラギだけ・・・。

Img_1438

午前9時半、最後に岡津港の波戸の根元で

釣ることに、ここも波戸の上からのキャストになり、

運動能力の劣ってきた私にはKS405は多少

荷が重い、ここでもサーフランダー335が大活躍・・・。

買ってよかった。

掛けキス64本針で仕掛けを投げ込むと、

キスの活性は高くそれなりに釣れるのですが

から揚げサイズの中に天ぷらサイズ混じる程度、

自宅の冷蔵庫の中は先日妻の実家に、

クール宅急便で冷凍キスを送ったので、

南蛮漬けサイズなら、若干スペースが・・・

南蛮漬け狙いで仕掛けを48本針に交換、

当然サーフランダー335では、竿の長さが

足りないのでKS405に交換

両足を踏ん張りながらキャスト・・・・

思った通り5色~3色までダラダラとアタリが、

回収するとヒイラギ付きですが、8本針パーフェクト


天秤シンカー付き・・・

Img_1440

Img_1441

その後も適当にクーラーの中のキスが増えて

いきますが、波戸の上で踏ん張りながら竿を

振ったせいか、疲れが出てきて11時納竿。

さらに帰宅後の地獄の捌きを回避するために、

横で釣っていた釣り客さんに、

キスを貰っていただきました。おそらく30匹は

超えているのでは・・・

キスを貰っていただいた釣り客さん

「帰宅後の地獄を代わっていただきまして、有難う

ございました。おかげで帰宅後はゆっくり休めました。」

その日の夜、広島N井氏よりメールが、

今から周防大島に夜釣りと朝マヅメを狙って釣行

すると連絡が・・・・・

前回周防大島でキスがそれなりに釣れたので、

最近キス釣りにハマってきた様子

投げ釣り人口が増えることはとても良い事、

すかさず私はメールで返信・・・

「全く期待はしていないけど・・・・まあ頑張ってと」

翌朝○○港で20cmクラスが入れ食いとのメールが、

Img_1443
Img_1445

そこですぐさま激励の返信

「フン8時までや!」

午後になってN井氏より釣果写真が、

何やらキスによく似た魚が24

Img_1444

来週また釣友と行くから釣り控えたとの事・・・・

おそらく、入れ食いと言ったものの、

私の予想通り8時にピタッとアタリが止まって・・・・


N
井氏との関係を壊したくないので、

これ以上は控えることに致します。


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+、サーフランダーFX335

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:デグナーシンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 連結仕掛け4~8 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

最後までお読みいただきまして有難うございます。
下のボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

8月10~11日小浜市岡津 夜釣り&早朝に良型キスを狙って、その2

昨日の夜釣りは途中、ここからという時に

豪雨に見舞われ中途半端な釣果に終わった

夜釣りから、2時間熟睡し、近くのコンビニ

で朝のコーヒーとサンドウィッチを購入

いざポイントへ、まだうす暗い中、

午前5時前釣りスタート、マイポイント

の岡津港横の砂浜です。

去年の台風ですっかりなくなったと思って

いたが、樹木復活してが大きく海へオーバー

ハングしていることに加えて、

大潮の満潮が重なり、非常に窮屈な釣り場と

なっておりました。

Img_1403

しかもこんな時ためにと購入していた、

シマノサーフランダー335を車に積み忘れ、

今更場所を移動する気にもなれず、

釣り開始ここは基本砂地なのですが、

2
色から手前に藻場、シモリが点在しており

良型が潜んでいそうですが、近投では何故か

小型が多い上に、仕掛けロストのリスク大

本日の仕掛けは、狭い砂浜にゴミが堆積して

おり、余り垂らしが取れないので、

6
号~7号の針に34本針が限界です。

良型キスは岩場付近が、良いみたいなの

ですが、満潮時にはポイントに入れません。

階段下の少し広くなった場所から、第1

6
色に少し入った距離から、探り出すと4

に入ったところで、ググっとキスからの

シグナルが、巻き取ると天ぷらサイズ

18
15cmのダブル、次は5色に着水させて

半色サビくとアタリが同サイズの2

Img_1405

Img_1406

同じ場所を責めると今度はグィーンと竿を

ひったくるアタリ、ステイすると追い食い

がゴンゴンと4本針ですので、

そのまま回収すると、波打ち際で一番

大きなキスが針はずれで、さよならー!!

針掛かりが悪いようですので針を掛けキス

からキープ重視のキステック6号に変更し

4
色付近を探ると、天ぷらサイズが34

ついてきます。

Img_1407

Img_1409

Img_1414

Img_1420

しかし同じコースに仕掛けを23回通すと

サイズダウン、少し岩場寄りに移動していたら、

巨大スズメバチの威嚇に会い断念。

そのまま釣り続けることに、

左右に投げ分け斜めに探ったり、石ゴカイを

1
匹付けしたり、良型を狙いますが、

どうしても唐揚げサイズが付いてきます。

「なんだかなー!」

午前7時、キャストミスをして3色辺りに

ポチャン・・・投げなおそうと思っていると

いきなりゴンゴン・・・グィーン・・・

良型のアタリ、本日最長寸の26cm、

Img_1411

おっ・・良型はここにいるの?

次投は、4色に入ったところから半色巻き取り

3
色半より探りますと、これが大正解で、

ゴンゴン、ゴンゴンと追い食いしてきます。

Img_1419

Img_1421

Img_1422

チロリより石ゴカイの1匹付けに食ってきます。

そうなると餌箱の中の石ゴカイの数、

幾ら4本針でも、良型狙いで、景気よく

1
本付けで釣りしておりましたので、

昨日買った¥1000の
石ゴカイは

在庫切れまじか・・・・

マジか?(失笑)


それでも、石ゴカイが無くなるまで、

良型が連で釣れて午前
8時半好釣果を

もって納竿いたしました。

おそらくこのポイントは、日が昇りだして

良くなるので、今後も期待大です。

これだけ良型が釣れるのなら、昨日の夜釣りは

いらなかったのでは・・・

結局本日の釣果は
20cmオーバー13匹、

天ぷらサイズ
25匹、唐揚げサイズ14

50

Img_1423

昨日の釣果20cmオーバー
2

天ぷらサイズ
2匹、唐揚げサイズ2匹 

6匹 総計56匹 

Img_1426

早めの納竿でしたので帰宅は途中食事しても


12
時前に帰宅、地獄の2時間で捌き、

道具の洗いを含めると、ゆっくりできたのは

午後
4時過ぎでした。

明日のづけ丼が楽しみです。

先週シマノジャパンカップの参加申し込み書が、

届きました。今年のトーナメントはダイワ表浜に

申し込んでいたのですが、先日の地震で不参加に

残りはシマノ関西、中部大会と報知キスの決勝大会

9
月に3試合の強行軍です。

Img_1427


本日のタックル


竿:ダイワマスタライズキス
SMT

リール:ダイワ
Z45-0.5PE

道糸
PE0.8

力糸:拙者の黒糸

天秤:拙者半誘導天秤、キスケ
L

シンカー:拙者超発砲シンカー、テルナーシンカー

仕掛け:自作 
34

針:拙者競技用キスリベロ、キステック

  掛けキス、攻めキス
67

下の「にほんブログ村」をポチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年8月12日 (日)

8月10~11日小浜市岡津 夜釣り&早朝に良型キスを狙って、その1

まだまだ残暑が厳しい、と言うよりも、

ほぼ真夏の状態35度を超える昼の暑さを

避けて今回は金曜日の夕方から土曜日の

早朝まで、小浜市岡津海岸で良型キスを

狙ってみました。

金曜日は運よく自宅付近の現場 
(o^-^o)

終了後自宅に戻って道具を積み込み、

夕ご飯も食べずに妻の冷たい視線を気に

せずに出発、宮津五輪堂にチロリが入荷

しているらしく少し遠回りですが、

大型キスには定番のチロリが必要と

寄り道をいたしましたので到着は

午後9時半、車横付けでダイワの赤竿

3
本で、横着釣りです。

Img_139501

当日は干潮が87分ですから上げ始めて

少し経った潮が動き出した状況、

自作吹き流しの2本針の上針にチロリ、

下針に青イソメを付け左右に投げ分け

100
m位から駆け上がりを探して仕掛けを

ステイ、キスの回遊するポイントを

探る作戦。せっかくの夜釣りですので

大型と言われる25cm以上が目標。

ここは波戸の際ですが、遠投しても余り

水深はなく、底の状況が分かりやすい様に

今回はPE3+ナイロンの力糸を使っております。

10
時過ぎ3セット目をキャストして、

クーラーの効いた車の中で、竿先のケミ

ホタルを見つめているとすぐに反応が、

車から飛び出し軽くアタリを入れると、

お魚ちゃんの重量感、仕掛けを回収最中も

ゴンゴンと抵抗を見せたのですが、

上がってきたのは期待外れの18cm天ぷら

サイズ

Img_1397

さらにエサを替える最中にアタリが、


これも期待外れの15cm+10cmのダブル

しかもそれ以来アタリはピタリと止まり、


10分毎に車から出てきて、エサの交換と投入

ポイントを替える努力を続けていると、

午後11時半激しく竿先が上下、

様子を見ているとアタリは続いております。

解放していたドラグを占め軽く様子を見ると、

ググっとお魚ちゃんは乗っております。

仕掛けを巻き取っていると急に重くなり、

どうやら敵は海藻帯に逃げ込んだ様子

それなら海藻ごと巻き上げてやる・・・

さすがトーナメントサーフ+サーフベーシア

のコンビはグイグイ巻き取ってきます。

強引に防波堤を抜き上げると、海藻の隙間に

隠れている23cmゲット、

Img_1399

さらに16cmが続き日付が変わる頃にいきなり

Img_1400

竿尻が軽く跳ね、竿を持ち様子を見ると、

竿をグイグイと曲げる抵抗をみせ、

先ほどの23cmと同じく、藻場に逃げ込んで

いきますが、ここの藻場はそれほどきつく

なく、天秤に掛かっているのなら魚を

ロストすることなく巻き取れるので、

先ほど同様にグイグイごり巻き、

そして目標の25cmゲット

Img_1401

Img_1402

70m
位にある駆け上がりの周辺に藻場がある

みたいで、大型は底に潜んでいるのか?

さあこれからという時、ミストシャワーのような

霧雨が降り出し「おおぅ気持ちいい・・・」

などと思っていると、15分後には豪雨に・・・

車から一歩も出られず、すぐ止むだろうと

ひと眠り・・・

30
分後・・・

1
時間後・・・・

すでに午前2時、少し雨が小降りになったところで、

明日の為に休むか・・・・

このまま釣りを続けるか・・・・

そして「お休みなさい・・」


Img_1425
当日の釣果



竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1セット

仕掛け:自作キス2本仕掛け 

モトス34

枝ス:ホンテロン22.5

針:ササメ大キス(S)(M

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

下の「にほんブログ村」をポチっとお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

7月27・28日山口県周防大島遠征(2日目)

午前4時前寝起きのコーヒーと朝食のサンドイッチを

二人分コンビニで購入し、道の駅「サザンセト」に

戻ると4時を回ったところ、広島N井氏に朝食を渡し

去年の7月の初めに「釣り画報」の取材で訪れた

周防大島のほぼ東端の厨子ヶ鼻付近の漁港

Dsc01397
Dsc01398

(名称不明)の波戸に向かうことに、前回は早朝に

良型がそれなりに釣れたポイントですが、

今年は如何でしょうか?


午前5時、まだ夜が明け切れていない中、足元を

ヘッドライトで照らしながら波戸へ、

N
井氏は先端方向私は中央部に釣り座を構え、

準備を終えてほぼ同時にキャスト・・・

1投目は仕掛けは掛けキス6号4本針で近場の

3
色付近に仕掛けを投入、少し底が荒い感じは

するものの、問題ない程度。

1色半までサビいてみてもキスからのシグナル

は無し、次投はフルキャスト、

7色の糸が少し出た位、道糸0.5号とシンカー

27号では、ここが私の限界・・・

沖目は完全な砂地でスムーズにサビけます。

半色ほどサビくとゴンゴン、ゴンゴンと

2回アタリが、ステイするとさらにグィーンと

竿先が引き込まれていき、そのまま回収すると

漬け丼サイズ2匹GET

Dsc01390


次投の準備をしているうちに少しずつ周辺が明るく

なって来ました。

すると広島N井氏の竿に大きなアタリが、

回収すると良型の24cm

Dsc01391


このサイズが本日のターゲットサイズ

「彼には負けられん」

広島N井氏34色付近の海藻帯を探っている様子、

こちらは彼の届かない未知の領域6色以上にキャスト

満潮928分に向けて、上げ潮の時合。

良型キスがポツポツと釣れるものの24cmに届かない。

広島N井氏が何やら仕掛けにたくさんぶら下げて

こちらにアピールしております。

遠目で見ると良型サイズの5連「クソー!!」

やられた・・と思っているとキスベラ3匹チャリコ

5連でした。笑いながらパチリ、

Dsc01392

小型は帰宅後が大変だから針掛の浅いキスは

リリースしながら、釣り続けていると

小型は少なく、良型18cm以上のサイズが

釣れるのですが、単発、2連が精一杯

Dsc01393

Dsc01394

Dsc01395

Dsc01396

午前8時広島N井氏は仕事に行くために納竿、

私も11時位までと考えておりましたが

午前8時半を過ぎると暑さと昨日の夜釣りの

疲れからか、徐々に飛距離が落ちてきて、

9
時半納竿いたしました。

釣れた魚は私が持ち帰らなければならなかったので

クーラーは共用していたのでお互いの釣果は

不明ですが、匹数は両者譲らずで、最長寸で

広島N井氏に軍配がと書いておきましょう。

何事も大人になることが大切です。

その後444km
走行後自宅でこのブログを書くために

前回の記事を、開いてみると1日目はキス15+真鯛

2
日目はこのポイントで二人合わせて21匹比べて

今回は1日目14匹+真鯛

Dsc01402

Dsc01401

2日目は同数の21

Dsc01400

サイズもほとんど変わらずで1年全く進歩の無い私でした。

しかし、今年の特別な猛暑の中、砂浜での釣りは

照り返しがきついし、海水浴客やジェットスキー

さらに駐車料金と三重苦の中で、小型ばかりを

数釣りするよりも、金曜日の仕事5時ダッシュして

移動し、昼間から比べると暑さが半減している

夕方から半夜で夜釣り、翌日は夜明け前から

午前9時位までの朝マヅメで良型キスを狙う

釣行がこの夏はベストじゃないでしょうか?



本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.5

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル)


天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者無垢シンカーキスケFPシンカー 

仕掛け:自作3~5本 

針:拙者競技用ササメ キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス



最後までお読みいただきましてありがとうございます。
宜しければ下のボタンをポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

7月27・28日山口県周防大島遠征(1日目)

27日金曜日午前10時広島市内で仕事が入りました。

広島N井氏は仕事が忙しそうですので、

今回は単独釣行の予定です。

広島市以西に遠征の際はいつも長距離トラックの

ストレスより、解放されるために中国道を使用しますが、

今回もガラ空きの中、気持ちよくドライブ出来ました。

距離は若干伸びますが、時間的にはおそらく早く着く

ことが出来ます。当然法令順守で・・・・

広島市内の仕事は昼までで終了し、

広島N井氏と昼ご飯を食べ、周防大島に向け出発。

周防大島到着は2時半、日陰に車を止め夕方まで休憩。

当日は大潮満潮午後956分、時合は8時半。

半夜釣りで12時位まで釣るつもりです。

ポイントは以前釣行に音連れた事の有る

「サザンセト道の駅」の護岸、

Img_1384
Img_1385

一日目は置き竿3本ですので、出来れば車横付けが

可能な場所をチョイス、クーラーのきいた車内から

横着釣り・・・

午後5時日陰より抜け出して、コンビニで食料を

買い求めポイントに向かいましたが、

今年の殺人的な暑さは影を潜め、風が吹くと

涼しい位です。

おそらく先日発生した台風12号影響によるものかと

良いコンデションの中午後6時釣り開始。

ダイワの赤竿に置き竿用の自作2~3本針仕掛けに

「がまかつスピニングB10号」「ササメ大キスS

の各2本針で使用。

1
本目を約80100mのポイントにキャストし、

2
本目の仕掛けを準備していると、投げ込んだばかり

の竿に反応が竿先に集中しているとゴンゴンとお辞儀

軽く合わせて仕掛けを巻き取ると、

幸先よく18cmのダブル。

Img_1387

さらに準備の途中にもキスが掛かって、

Img_1386_2

3
本目を出した時は釣り開始から1時間ほど経過して

おりました。おそらく引き釣りで釣った方が釣果は

上がったと思いますが、

今回は「ゆっくり」がテーマですので・・・・

と言いながらも、貧乏性な私は1本に引き釣り用の

5
本針仕掛けに替えたりしましたが

それ程効果はありませんでした。

午後7時にいきなり竿をひったくるアタリ、

グイグイと竿を引き込んで

慎重に巻き上げると本日最長寸の23cm

Dsc01384

7
時半位まで良いペースでしたが、

8
時過ぎ携帯に広島N井氏より、着信があり、

それなりの釣果だと告げると、今からこちらに

来るとの事・・・翌日の土曜日が休みになったのかと

聞くと、午前中から仕事があるから、

今から行って仮眠後、

朝マズメに引き釣りをすると(絶句)

「こいつも見上げた釣りバカじゃ・・・」

しかしそれ以来3本の赤竿の穂先はピクリとも

動かなくなりました。

特に広島N井氏がこちらに来るからと言う訳では

有りませんが、電話を切った後からバッタリ・・・

逆にエサ取りが多く10分毎にエサの交換を

強いられる非常にめんどくさい釣り・・・

午後9時諸悪の根源の広島N井氏到着、

世間話をしながら、ルーティーンのエサの

交換をした時に、

「んん。。。なんか重い」

巻き取るとグイグイと抵抗が・・・

道糸3号、ハリス2号の仕掛けなので、一抹の

不安を抱えながら、護岸越しにぶっこ抜くと32cm

の塩焼きサイズの真鯛でした。

Dsc01388

それを確認して広島N井氏は仮眠に入ります。

その後数匹のキスが、忘れた頃にポツポツと

上がりましたが、午前1時半1日目は終了。

結局マアマアのサイズのキス14匹と真鯛1匹と微妙な釣果

にて一日目終了。

Dsc01389

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア1セット

仕掛け自作2本針モトス3号砂ズリ一体ハリス2号 

針:ササメ大キス(S)がまかつスピニングB10

ポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月23日 (月)

7月19日 宮津市 獅子~栗田プチ釣行

仕事で福知山市~宮津市1泊2日

「ホテル&リゾート京都宮津」に宿泊し、ホテルの近場

という事で、獅子付近と栗田湾で二日目の朝マズメ限定

で竿を出しました。途中「五輪堂栗田店」でエサを仕入

本日はチロリ無しでしたので、石ゴカイを購入し、

獅子姫神社付近の道路脇の駐車帯に車を止め、

キスリベロ6号5本針でまだ少し薄暗いAM4時過ぎ

スタートフィッシング

Img_1370

3色付近から1色半程度を左右投げ分けましたが、

キスのシグナル無し、今度は6色から探ると5色

から4色に入ったところでプルプルとキスのアタリが

ステイしてスローで1色程サビいて回収、

微妙のサイズのダブル、南蛮漬け用にキープ、

さらにサイズアップを目指して少しずつ、

西へ移動しながら釣りを続けると、

Img_1371

Img_1372

Img_1373

キスは5色~3色半にいる様子です。

しかし南蛮漬けサイズがメインで良型が釣れない。

暫く試しましたが、型が出ないため矢原に移動

Img_1374

ここは漁具に仕掛けを取られるリスクはあるものの

良型が釣れる好ポイント、

1投目東方向に斜めにキャストして、

様子を見るとスムーズにサビけます。

すると3色付近でキスのアタリが回収すると

南蛮漬けサイズ・・・

Img_1375

ついでにマゴチの子供・・・

Img_1376

さらに欲をかいて遠投すると、ロープに引っかかり

仕掛けをロスト・・・・

フラストレーションが溜まる一方です・・・

AM7:00
、残りあと2時間栗田浜に移動することに、

昼間程の酷暑ではないにしても、

この時間でもかなり暑い・・・

この暑さどうにかならんもんかね・・・

たまに吹く海風が涼しく感じます。

Img_1377
南蛮漬け2連
Img_1378
南蛮漬け3連
Img_1379
南蛮漬け4連(バナナ状態)
Img_1380
南蛮漬け5連

しかしキスはと言うと、やはり思った通りすでに

夏キス状態で、砂浜からこの時期良型は釣り辛い事

は判っていながらも、プルプルよりグィーンを

味わいたかったのですが・・・

南蛮漬けサイズが増えるばかりの釣り、

若干飽き気味で午前8時半

南蛮漬けサイズ30匹で納竿いたしました。

Img_1381

昼間は暑いし、サイズが出ないし8月は、

いくらか涼しい夜に置き竿で大型を狙う事にするか

7月27日(金)仕事で、広島市内に行く事に

なりました。おそらく昼までに終了すると

思われますので、当然釣りに行く事になるのですが、

豪雨の被害にあった広島・岡山で竿を出すのは

やはり躊躇しますので、27日の夜から翌朝マズメの

時間まで山口・島根の山陰側もしくは周防大島で

夜釣りする計画。夜は置き竿、朝から引き釣りで

キスの良型を狙おうと思っております。

どなたか今年の状況をご教授願いませんか・・・。

ポイントは当ブログには掲載いたしませんので、

よろしくお願いいたします。


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル)拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、テルナーシンカー

仕掛け:自作 4本~6本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、
  シマノ(装飾入り)掛けキス、攻めキス

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1_by 釣りバカ