1_by 釣りバカ

2016年6月~

2018年12月10日 (月)

12月8日自然には勝てませんpart2

128日今週末の予報は晴れ、但し強風

日本海側北西風1115m/sec、瀬戸内側

北西の風1012m/sec

「うーーーーん、無理じゃん!」

でも「釣りに行きたい!」

てっ言うか昨日仕事で尼崎の近くを通った時に

「さわむらさん」で青イソメ、赤イソメ、マムシ

4000円分をすでに購入済み。

要するに昨日から行く気満々、

風は強いが淡路島東側ではフォローの風、

初ポイントですが阿万海岸に行く事に致しました。

一昨年より護岸工事が始まっており、

そろそろ終了していると思っておりましたが、

午前4時半ポイントに到着すると、

まだ工事立ち入り禁止の看板が・・・

そして体が押されるほどの西からの強風

しかも海には白波が立ってとても投げ釣り

は出来そうにないし、

しかも結構寒い・・・

しかし高速代ガソリン代にエサ代

今更止められない・・・

この状況では福良湾も無理っぽい・・・

海岸に出てみると高いテトラが砂浜に

ズラリと並びとても無理、

グーグルで見てみると南に下がると

流れ込みのところにテトラの隙間あり、

丁度駐車スペースもあるし、とりあえず竿を

出すことに、

真っ暗の中釣りの準備を終え第1投目

西風に仕掛けが真横に飛んでいく感じ、

本日の貧果は決定・・・

Img_1830

ヨンマルなんてことは言いません

せめてこんまいカレイ1匹でも・・・

釣れんかなぁ・・・

しばらくしてエサチェックのため仕掛けを

回収すると3本中2本が根掛

力糸からプッツン・・・・

「ガクッ!!」

それでも根掛のなかった西側へ仕掛けを

投げ込みましたが、結局風と潮流に

またまた流されて根掛・・・

どうにもこうにも・・・

少し明るくなりましたので海の状況を

見てみると、こりゃ根掛するわ・・・

正面から左右まるでシモリ帯にせっせと

仕掛けを投入していたようです。

6
時半モチベーションもテンションも

なくなりましたが、根性で砂浜を歩き

シモリ帯のないポイントまで重装備を

持って移動、3本を投入して、

砂浜までせり出ている崖のくぼみで

寒さと風をよけて竿を注視。

Img_1828
Img_1829
崖のくぼみから・・・

まさに苦行でしかない・・・

100
%坊主決定の惰性の釣り・・・

8
時半もう限界・・・

道具を片付けに掛かります。

エサはほとんど消費していない。

車に道具を積み込み、未練たらしく

車横付けだったら釣り可能ではと、

沖水産に向かうことに、到着すると釣り人の

姿無し、当たり前か・・・

風は幾らかマシな程度、

Img_1831

しかし車の中に退避可能な状況に少し

モチベーションが上がり、道具の準備。

強風で竿立てから落下すること2回・・・

それ以外全く竿先はピクリとも動かずではなく

強風にあおられてバタバタ揺れております。

アタリすら判らない。

それでも11時半まで粘りましたが、

エサチェックの回収時にフグが2匹と

ベラ1匹が針についてただけ、

何とかエサが残り少なくなった12時納竿です。

仕掛けの長さや装飾を考えても、

この状況では何とも、やはり自然には勝てない

風があるときは釣りに出ない・・・と


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア×2

  トーナメントサーフT27-405+キャステズム×1

仕掛け:吹き流し2本針、先錘2本針

モトス:6~8号

枝針:ホンテロン3・4

下ハリス:フロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

12月1日自然には勝てませんpart1

週末、淡路か明石に釣行予定を考えておりましたが

ウェザーニューズ、釣りニュースの天気予報によると

日本海・瀬戸内側いずれも10m/secを超える強風の

予想で、波も高い北西の風で日本海側は無理、

淡路島にでもと早朝2時半起床で外に出てみると

結構な風、
高槻市でこの風なら海沿いは推して

知るべしってとこ・・・

釣りは諦め自宅でカレイの仕掛けを作ることに

致しました。私のカレイ仕掛けは、遠投用の吹き流し

と近投用の先錘天秤をメインで使っております。

これにシモリ際様に捨て錘仕掛けをアイナメ釣りと

共用しております。

自作なので装飾や全長は海の状況に合わすことも可能

まぁ!当初は市販の仕掛けが「高い!」

と考え作り始めたのですが、釣りクラブ等に入った

ことのなく、人の言う通りすることが嫌いな

へそ曲がりですので、ネットや雑誌等からの

見よう見まねで作っておりましたが、当初はハリス

の結び方が悪く緊結強度不足でお魚ちゃんを

逃がし悔しい思いをしたのですが、最近はヨンマル

のチヌや
70cmスズキを釣り上げ強度不足も解消。

特にカレイ釣りの仕掛け造りは結構楽しく、

ある意味実釣よりはまっております。

波の荒いとき、波のない時、食いが渋い時等

一つとして同じものがない仕掛けですので、

釣り場での自由度が高い!!

と言いながらもまともな釣果が残っておらず、

全く説得力はないのですが・・・

とにかく折角朝早く起きたので、今シーズン用

のカレイ仕掛けを作成することに致しました。

当初は仕掛け巻きに巻いて収納してましたが、


3
年前よりくせが付くことと使い捨て可能、

そして何よりも安価なビニール袋を使っております

(釣り場には捨てないで持って帰っております)

Img_1757

Img_1758
先錘天秤

Img_1760

Img_1761
吹き流し段差仕掛け

Img_1763
吹き流し二股

Img_1759
最終的にビニール袋に収納しています。

本日のタックル

Hapyson」太針針結び機

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

11月23日淡路島カレイ釣り2戦目・・・

3連休の初日、2日連続で釣行を目論んで

おりましたが、中日の土曜日はどうしても

外せない所用が出来ましたので、

初日のみの釣行となりました。

天気予報では日本海側は北風が強く、

釣りにならない様子でしたので、

明石大橋を渡ることに致しました。

いつものようにさわむら商店でエサを購入。

淡路SAに着くとやはり北西風が強い!!

西側は諦めて東側か南淡か?

午前3時半まだ早いので大丈夫だろうと、

先日の沖水産前に行く事に午前4時半

現地に着きましたが、先週と同じく

大きな船が停泊しており、竿が出せる両隅

には先客さんがいらっしゃいました。

そうなると津井の浜は風向きが悪くNG

よく考えると淡路島の特に南淡のカレイ

ポイントをよく知らないことが判明

北淡の実績場に行こうにも折角ここまで

来たのにという気持ちが邪魔を・・・・

それなら新規開発と言ってもキス釣りと

違い重量物の運搬が必要なカレイ釣りで、

頻繁に場所移動できないので、車を止めて

グーグルでチェックすると、先日キス釣り

で足を向けた吹上浜がヒット、

型物は出ないがそこそこ釣れている様子

しかも車は砂浜脇の道路に駐車可能。

この時間まだルアーマンは少ないだろうと

車を走らせました。

午前5時吹上浜に到着。

Img_1748

思った通り広い砂浜には数人のルアーマン

しかいません。

情報によるとカレイは西側のシモリ付近から

中央付近までが好ポイントらしい。

車を止めた真正面がちょうど良さそうな場所。

荷物を担いで波打ち際まで徒歩50

ラクチンラクチン・・・

これで釣果が残ると最高ランクのポイント。

赤竿3本に吹き流し2本針を付けマムシ+

青イソメの房掛けをたっぷり付け

フォローの風に乗せ70m~100m付近に

方向を変えキャスト、本日は大潮6時半が

満潮、おそらく潮が動き出す8時位から

時合いが始まる・・・

現在6時前、海は風に煽られ白波が立っており

ヨレどころか潮目も判らないなんとなく、

嫌な予感が・・・

Img_1749

Img_1750

エサチェックしてみるとキャスト時に千切れた

だけで、全部の針に残ってきます。

お魚ちゃんの反応は全く・・・

風が強く結構寒い・・・

モチベーションゲージが下降。

釣りパラダイスで記事を書かれている

アトミックライダーテスター東さんと

釣行前にメールを交換したのですが、

土曜日に東二見に行くとの事、

同行したかったのですが、

所用のため断念・・・。

周囲はルアーマンばかり投げ師の姿は全く

一人ポツンとクーラーに座って竿先を見つめ

頻繁に誘いをかけても、エサが残ってきます。

手の打ちようがありません。

北淡の実績場に場所移動を考えましたが、

道具を片付け移動さらに道具の準備を考えると

1
投目まで少なくとも2時間はかかる

一番美味しい時合を外すよりも、

ここで我慢した方が・・・・

そして我慢を重ねて午前8時半

待望のお魚ちゃんからのシグナルが

竿先がコンコン、コンコンと明らかに

風とは異質な反応が、竿先に集中、

グググッと引き込まれ、さらに竿尻が

ガタンとドラグを締め合わせると、

お魚ちゃんの重量感・・・

乗ったーぁ!!!

グイグイ首を振って抵抗????

んっ?首を振る???

明らかにカレイとは様子が違う、

嫌な予感が・・・

リールを巻いている間も抵抗が激しく、

ドラグを少し緩めて対応・・・

それでも大物君とのやり取りは楽しい、

頭の中にはネット記事が渚釣りでチヌも

釣れるという文字が浮かぶ・・・・

数分後波間から上がってきたのは、

案の定42cmの黒い奴でした。

Img_1751
Img_1752

一瞬の盛り上がりでした。

最後はやけくそで青イソメ10匹を房掛け

にして、海にまき散らしながらキャスト

強引にエサ切れ納竿。

久しぶりにお土産なしで帰路につきました。

ちなみに前述の東さんは土曜日に東二見に

行きヨンマルを含めたカレイ3枚良型キス2

とアイナメ1匹・・・・さすがです。

本日のタックル


竿:
トーナメントサーフT27+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズム

仕掛け:吹き流し2本針 モトス6~8号

    枝針ホンテロン4

    下ハリスフロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215

お土産なしの釣行でした・・・せめてポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

11月17日今シーズン初カレイ狙いby淡路島南淡

今シーズンは落ちキス・越冬キスをメインに

行くつもりでした。しかし「なんだかなぁ!」

の釣果ばかり、数はおろかサイズの方も芳し

くない。

今週末は気分転換に淡路島南淡にカレイを狙

いです。

去年から3連続釣果ありでそこそこの実績が

あって、何といっても車横付けのラクチン釣り

ができる福良港沖水産の岸壁に行く事に致しま

した。

早朝2時半に自宅を出発

夏場は日本海側メインですので久しぶりに

尼崎の「サワムラ商店」でマムシと青イソメを

購入、

やはりここは活きが良い!


おまけに安い!


明石大橋を渡り高速を南下して南淡方面に、

最寄りは西淡三原ICですが、ナビの到着時間に

ほとんど差が無い洲本ICで高速を降り福良港へ

午前4時沖水産の岸壁に着くと大きな作業船が

横付けされていて、いつもの釣り座では釣り

はできません
(;ω;)

仕方がないので北側の岸壁から真っ暗な中釣り

開始。

Img_0229

最初は置き竿で良型キス狙いのササメ大キスM

2本針3セットで3色の距離で投げ、少しずつ

仕掛けを移動しながらアタリを待ちましたが

不発。

次は前後に遠中近投で投げ分けて、待っていると

3
色位に投げ込んだ竿にコンコンとアタリが、

少し間をおいて巻き上げると20cmのキス

Img_1693

さらに近投の竿をエサ確認するため仕掛けを

回収すると「なんか重い?」

しかしお魚ちゃんの感触ではないけど生体反応を

微かに感じる・・・

「カニでした!」

Img_1694

それなりに大きいので持ち帰ろうかと思いました

が・・・

料理方法不明・・・

針を取ろうとするとハサミを大きく広げて私を威嚇

「目が怖い・・・!」

「何もしないから海にお帰りください!」

リリース

3
本を投げ返して車の中に戻っていると、

急に眠気が・・・・iPhoneのタイマーを20分にして

目を閉じていると・・・

いつの間にか熟睡・・・

タイマーが鳴り外の見てみると


「んっ・・・?????」

竿立てが倒れ、重しのバケツがひっくり返って


竿が1本見えない・・・・

「ゲッ!
・・・」

知らぬ間に大きなお魚ちゃんから反撃を受けていた

様子・・・しかしよく見ると、係船ロープの間に

かろうじてリールのハンドルが引っ掛かり今にも海に

ダイブしそうなトーナメントサーフとリール一式、

すぐさま手を伸ばし大事には至りませんでした、

しかも幸運なことにまだお魚ちゃんが掛かったまま、

それもすごい引き・・

真鯛かチヌかそれともエイかサメかただの勘違いか

・・・いやゴンゴン引っ張り込む引きはおそらく

「これは真鯛だ!!・・・・・」

  おそらくですけど・・・

ドラグを緩め長期戦の構えに、

なるべくテンションを保ちながら、ハリス3号に

エダス1.5号の細いキス仕掛け無理は禁物、

珍しくタモを用意も万全・・・

「おおぅ!久しぶりの大物ゲットじゃー!!!」

とテンション急上昇・・・

残りは後1色半+力糸・・・・

もう少し・・・しかし大物君の抵抗は全く落ちない

今まで逃した大物君の中でも最高クラスの引き・・

今回は釣り上げるぞーーー!!!

慎重に巻き取りながら・・・


「あと半色じゃー!!」

もう少しで久しぶりの大物ちゃんとご対面・・・

頭の中はゴーマルオーバーの
真鯛ちゃん

刺身に煮つけに、鯛飯もいいなぁー!!

いやいや・・・ゴマダレを掛けたタイ茶漬けも

おおっ・・ゴーマルなら半身で分ければ

フルコース・・・・も・・・


「ブチッ」

「エッ!」

仕掛けを回収すると下バリとハリスの結び目が

切れておりました・・・・

茫然・・・・

立ち尽くしていると、

横の竿がゴンゴン・・・

慌てて竿を上げますとお魚ちゃんの感触、

竿をグイグイと引き込みますが、先ほどの大物ちゃん

とは全く違う重さ、リールをゴリ巻きしぶっこ抜くと

30cm
の小さなメイタ・・・・

Img_1696

お前じゃない・・・とリリースいたしました。

まぁ竿とリールを海にリリースしなかっただけでも

良しとするか・・・・7時過ぎて陽が上がりアタリ

が明るくなったので、キス用の仕掛けからカレイ釣り

の仕掛けへ変更

本日のメインターゲットのカレイを狙います。

Img_1698

針はカレイイレグ、シーフォースサーフ、ビッグ

サーフ、カレイSML1215号の2本針

仕掛けは吹き流し2本と、先錘1本で、

淡路のマコガレイゲットを目指し第1投、

当日は長潮で干満は1周だけの11回潮の日、

干満差は激しくなく10時ごろからゆっくり

潮が動き始めます。

微妙な時合いが長く続くのが、どう釣果に影響

がでるか?

8
時すぎにカレイ釣り開始、

10
分に1回程度仕掛けを動かしながら、

エサ取りは居るみたいですが、予想通り

お魚ちゃんの活性は低く

まったりとした時間が過ぎていきます。

そして10時過ぎようやく3色位に投げ込んだ

竿がお辞儀をはじめ、しばらく見ていると

糸が弛みだしたので、合わせを入れて

巻き上げると、微妙なカレイの重量感・・

海面に出る前に少し締めこんだだけで、

あっさりと上がってきます。

Img_1699

26cm
のこんまいカレイ・・・

Img_1700


煮つけ用にクーラーイン、

さぁー!!時合だと3本の竿にマムシと

青イソメ6匹のミックス掛け

2
本針+段差仕掛け計3本に山盛りのエサを付けて、

先ほどアタリのあった付近に投げ込み、

竿先を注視・・・・

・・・・・・・・・

立っているのもきついのでクラーに腰かけ、

竿先を注視・・・

・・・・・・・・

さらにお尻が痛くなったので、

車のシートに座り窓越しに

竿先を注視・・・・


午後1時まぁ・・・

BOZU
でないだけ良しとするか・・・

20cm
キス1匹、26cm真子カレイ1

貧果に終わった今シーズン最初のカレイ釣りでした。


Img_1701
持ち帰りはこの2匹だけ・・・・

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2本

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1本

  
3本体制

仕掛け:吹き流し2本針、先錘2本針

モトス:6~8号

枝ス:ホンテロン4

ハリス:フロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:
カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215

さみしい釣果に激励でぽちっと・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年11月 4日 (日)

11月3日キス釣り小浜市周辺 加尾~鯉川~宮尾海岸ランガン

1031日に和歌山県新宮市に、午後より仕事

が入りまして、3時に家を出て高速道路を

新宮市に向かいました。

当然の様に車にはキス釣りセットを積んで、

エサは地元で購入する心算で、途中クーラー

にコンビニ氷を入れ、新宮市に到着したのは

6
時半車の中から熊野灘を見ると波もなく

風もなく絶好のコンデションでした。

Img_1653
良いコンディションの熊野灘

エサを購入するため、ネットで検索すると

新宮市内に数件のエサ屋さんが、近い店から

順にナビにセットし、車を走らせると・・

1
軒目900開店、2件目営業しているか

どうか解らない、3件目生き餌無し、

那智浜でも良いやと那智勝浦に向かい

ましたが、数軒ネットでヒットするも

営業前・・・

9
時から釣り始めてもと、近くの

道の駅でふて寝・・・

寝方が悪かったのか、翌日より

腰が痛くて・・・

やはり釣りは下調べが大事ですね。

てなことで本題のキスランガンですが、

痛い腰をさすりながら先週も行った

福井県に良型キス「バコバコ」を狙って

きました。ポイントは先週の高浜町より

北の小浜町周辺で、未釣行のエリア2か所

と実績場2か所、最初は加尾海水浴場、

未釣行の場所ですが一発大物場、

釣れないときは全く釣れないと・・・

キスの皮を短時間で綺麗に剥ぐ方法を

習得して、とにかく良型を釣って刺身が

食べたい私は、勝負の場所へ

Img_1654
東側
Img_1655
西側

1
投目拙者競技用キステックグロー付き

64本針に、さらに装飾を追加した

派手仕様の仕掛けに蓄光ライトで十分

光らせて、4色付近より波口まで丁寧に

探りますが、生体反応なし少し移動し、

今度は5色から・・・

痛い腰をかばいながら6色へ・・・

ピンギスはおろかエサ取りフグも

いらっしゃらない・・・

海水浴場の端から端まで、移動いた

しましたが、本日は釣れないときの

ようで、午前7時半ポイント移動する

ことに致しました。

次のポイントは未釣行のポイント

鯉川シーサイドパークの砂浜

Img_1671
西側

以前28cmのキスが上がったと聞き、

良型バコバコまで行かずとも、せめて

お刺身サイズ23匹を期待して

向かいました。途中数か所未釣行ポイント

を通過して、8時すぎ砂浜に到着、

先客さんは1名いましたが、今来たばかりと

期待を込めて、夜光パイプとビーズ球を

入れたシマノ掛けキス65本針で、

近投から探りましたが、アタリ無し

次投は波戸の間まで遠投して、

じっくりサビキますと、コツコツと

前アタリが、良型狙いで石ゴカイを1匹掛け

しているので食い込むまでに時間がかかる

30
秒ほど待つとグィーンと竿を引き込み、

良型の感触ですので追い食いを待たずに回収、

すると20cmの漬け丼サイズ

Img_1674

さらに天ぷらサイズとから揚げサイズの2

さぁこれからと思ったのですが、

以降全くアタリ無し、仕掛けを派手仕様

にしてもエサの付け方を変えても

かすりもしません。クーラーの中は寂しい3

刺身は無理でもせめて漬け丼と、

近くの実績場に移動。

Img_1675
Img_1677
岡津の砂利浜

よく行く岡津港そばの砂浜、しかし釣れたのは

から揚げサイズ2

Img_1678

しかも高価な拙者の超発砲フロートシンカーを

根掛してロスト、1時間ほどで移動することに

次は難波江南側、ここは去年のこの時期に

「バコバコ」タイムがあったと聞いて

おりましたが、近くについてみると

投げ師は一人もいない、

北側を見ると数人キス釣りをしておりましたが、

時間はすでに10時半1000円の駐車場代との

費用対効果は・・・・??

クーラーの中は5匹、そこでせめてツ抜けをと

先日行った宮尾海岸に行く事に致しました。

Img_1679
北側
Img_1676
南側

先日は1色半から波口で反応がありましたが、

6
色エリアで大きな反応があったので、

今日は太めの道糸と8号の3本仕掛けを持って

きましたので、正体を探るために遠投

着底後2mほどサビくと先日あった

大きなアタリが、今回は太めのモトス2.5

なので大丈夫、すると上がってきたのは

大して大きくもないヘダイ、、、

Img_1682

ガクッ・・・

さらに遠投して投げ込むとやはりヘダイ

仕掛けを替えツ抜け目指して、波口を探り

「ツ抜け」達成とともに納竿いたしました。

Img_1683
Img_1685
Img_1686
何かフィッシュイーターに齧られたみたいです

Img_1687
2週続けて「なんだかなぁ・・・」

新規開拓は朝マズメの良い時間で実績場で

ある程度釣果を残した後に行く事を心に

誓いました。


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.30.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル)

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 4~6本

針:拙者競技用ササメ キスリベロ、キステック

  シマノ掛けキス、攻めキス装飾入り

下のブログ村のバナーをポチッとお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

10月27日 キス釣り東舞鶴~高浜町落ちキス調査

先日新規ポイント開拓で悪天候のため竿が

出せなかった場所に再チャレンジしてきま

した。

多少風・波とも高い予報でしたが、田井

漁港の先、成生漁港手前の小場の砂浜から

午前6時夜明けを待ってスタートです。

Dsc02230
道路から見たポイント

以前試しに数投した時は、1投目より天ぷら

サイズ釣れた場所で、この時期はどんな感

じか気になるところ・・・

たまに北西風が強い時もあるのですが

コンディションは上々

湾内は砂地で所々海藻がある様子ですが、

0.8
号で竿をあおると抜けてくる程度、

右の岩場は沖目に結構シモリが張り出して

おり、気を付けないと根掛します。

手前は岩場付近をデッドに攻めれますが、

ベラばかり・・・

Dsc02234

実釣範囲は中央付近
2からアタリが


取れます。


1投目は2色半からサビいてきますと、

1
色に入ったところでゴンゴンとアタリが

さらにラインテンションを保ったまま

引いてくると、グググッと追い食いして、

回収中も抵抗を見せています。

Dsc02232
Dsc02233
キスの方は本日最長寸の20cm


上がってきたのは20cmのキスとスレ掛の

フグ、しかし良かったのはたった1投だけ

その後掛かるのはフグばかりで、4連5連

と掛かってきます。しかもエダスを切って

仕掛けの1投に1本の仕掛けを無駄に消耗

Dsc02236
Dsc02235
6本針が1本針に・・・・

1
投目から良型が釣れたもので、

位置を替え距離を替え粘っては見たものの

クーラーインは20cm12cm2匹のみ、

砂浜から護岸に釣り座を替えて探りましたが

Dsc02241
キスは居そうなんですが・・・

状況は変わらず午前8時半場所を移動

次は8月に行った時、濁りがひどく波も

荒く釣りができるような状態ではなかった

日引漁港近くの宮尾という場所にある砂利浜。

成生から直線距離は5km程度なのですが、

山を迂回しなければならないので25km

結構な距離、到着は9時過ぎ、車は以前は

船下ろしに使っていたと思われる

コンクリート製のスロープに止め、

目の前の浜より釣りスタート

Dsc02242
北方向

Dsc02243
南方向

しかし1投目からいきなり根掛り、

底が荒いのかと思いましたが、

ピンポイントでシモリに引っかかった

みたいで、その後は若干底が荒いところも

ありますが、スムーズにサビくことが

できていました。

1
投目からキスからのシグナルがあり

から揚げサイズが連で釣れます。

Dsc02244
Dsc02245
Dsc02246

Dsc02247
たまに良型が掛かりますが・・・

しかし良型をと距離を替え6色位を探ると、

何やら大きなアタリが頻繁にありますが

いずれも針掛しません。

キスだったら確実に20cmオーバーですが、

おそらく違う魚かと・・・

5
色~2色までは全く反応なし、

置き竿で12号以上の針だと、針掛する

かもしれませんが、振り出し竿でドラグ

付きのリールにPE3号では

6
色以上はとても無理でしょうね・・・・

キスは1色から波口まで多点掛けで数は

それなりに伸びますが、狙うは良型!!

群れを探して浜を釣り歩きましたが、

結局、巡り合えずでしたが、夏の夜釣り

なんかは思わぬ好釣果が期待できそう

です。から揚げサイズは波口を探れば

数釣りは楽しめそうなポイントです。

Dsc02251
南端の岩場付近 良型が潜んでいそうなのですが

クーラーの中はから揚げサイズばかりで

気分はイマイチ、まだ時間は11時前、

家内は何やら京都の歌舞伎座で何か

があるみたいで、帰宅は夕方過ぎ・・・

上げ潮の時合が12:00位からですので、

良型バコバコを期待していつもの

難波江に行く
事に致しました。

Dsc02253
多少波はありますが・・・

駐車場下には投げ師の先客が聞くと

手前はフグで、岩場付近でアタリが

取れるらしい・・・

折角の広い釣り場お邪魔するのもと、

私は南側の岩場付近まで歩いて移動し

1投、ここも半色~1色辺りで、

から揚げサイズのアタリが拾えます

しかしサイズは精々18cm・・・・

Dsc02252

しかもマイクロピンが混じってきて、

針を飲まれないように5号から8号に

交換して、北方向に小移動しながら

釣りを続けますが、南端の岩場から

離れると、アタリは遠ざかり、

上げ潮で浜は狭くなり、遠投も出来ない

先客さんが納竿したみたいですので、

竿が振れる北端の駐車場下まで移動すると

3
色付近で小さなアタリはあるものの、

波口まで引いてくるとフグの猛攻撃に会い

モチベーションダウン、

最後の1投を岩場付近まで遠投し斜めに

探っていると、ドンドンと重い当たりが、

合わせを入れてみると、なんとなく重い

針掛はしているみたいです。

カレイ????

ラインテンションを掛け魚の重みを

感じながら慎重に巻き取ると、

波間から上がってきたのは、

ウシノシタ(舌平目)でした。

Dsc02254

Dsc02255

こいつよく見ると気持ちわりぃー!!

34cm
の割には薄いし・・・・

食べるとこなさそうだし・・・

捌き方も料理方法も面倒くさそうだし

海に帰って頂きました。

結局「なんだかなぁ!」の釣果に

終わりました。

Dsc02256

本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:キススペシャルコンペ

道糸:PE0.8~1号

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:拙者超発砲シンカー、

     キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 連結仕掛け36本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック

  シマノ掛けキス、攻めキス5~
8号

にほんブログ村のバナーをポッチとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

10月20日淡路島南淡方面キス釣行

週末は、福井県常神半島へと考えておりました。

週中は安定した天気でしたので、天気予報の

チェックもせず頭の中は、釣姫から初ポイント

の食見・世食見・小川漁港・神子に行こうと

決めておりました。

金曜日に釣りニュースの天気予報を見ると、

福井県は日中の天気は雨

その上1015m/secの北風

「こりゃ無理だ・・・!」

そうなると和歌山か淡路島、天気は良いみたい

なのですが北風が強い、特に和歌山は15m/sec

を超え風裏のポイントではあるものの

釣り辛そう・・・

選択肢の残りは相性の良くない淡路島、

どうせ貧果に終わるのなら新規ポイント開拓

風向きを考えて、南淡の吹上浜から始めること

に致しました。

ネットで情報を集め要約すると

昔は良型も含めて釣れていたけど・・・

最近は???って感じ、

しかし「がまかつ」の大会が開催された事も

あるポイント、とにかく広くてきれいな砂浜、

淡路島の東側を南からランガンする心算で、

午前4時到着・・・

「当然真っ暗・・・」

「少しおやすみなさい」

タイマーで5時過ぎ・・・

まだ真っ暗・・・・

夜明けがどんどん遅くなります。

秋ですなぁ・・

Img_0002
iPhoneXSを購入して、さっそく撮影しました
肉眼ではかなり暗かったのですが・・・

5
40分少し暗いけど、車を出て砂浜に

ルアーマンが多数、投げ師は置き竿の方が23

Img_1639
この写真からiPhone8Sで撮影、iPhoneXS
には首から掛けるアクセサリーを付けて
いないので、iPhoneを何度も海に落として
経験を持つ私は恐ろしくて、最新機種を
海のそばで使用することはNGです。

ここはヒラメが良く釣れるらしい・・・

とにかく広い砂浜でどこに入って良いか迷う時

は真ん中と決めております。

ネット情報では遠投もチョイ投げも釣果が出て

いるみたいです。要するに全く手探りって事

派手目の66本針で4色から波口まで探りますと

1
投目からいきなり半色辺りでゴンゴンと

アタリが、さらに引きますと竿をゴンゴン

ゴンゴンと引き込んでいます。

どうも追い食い出かかっているのではなく

掛かった魚が暴れてる感じ、

仕掛けを回収すると

案の定少し大きめのチャリコが1匹・・・・

気を取り直し2投目

今度は5色から早目のリーリングで波口まで探ると

またチャリコ・・・

左右を見ますと両側に岩場があるのですが、

同じ砂浜でも西側は砂利を含んでおり、

東側はしっかりとした固めの砂浜、

歩きやすそうな東側の岩場に向かうことに、

岩場はグーグルで見ると水面から出ているのは

一部分で、シモリが広範囲に広がっており、

シモリの先端に仕掛けを通すことを考えて

少し手前から投げることに、

Img_1640

フォローの北風が強くなっていますので、

0.5
号の道糸に27号シンカーでも、

気持ちよく飛んでいきます。

赤色が全部出て少し青色に掛かっております。

「久しぶり青糸を見たような気がいたします」

キャストは距離が出て気持ちがいいのですが、

7
色~5色、6色~4色と3色ずつサビキながら

波口まで仕掛けを動かしても、

キスのアタリは全くなし・・・

「何でじゃ・・・!」

さらに中央部へ少しずつ移動しながら、

キャストしますが・・・

アタリ無し、キスは居ないと確信したふりを

して、自身を納得させる・・場所移動

北風は強いものの10m/secまでない感じ、

それなら西側でも釣り大丈夫と判断

新規ポイント開拓は「ツ抜け」達成後にと

先日釣行した津井の浜まで車で40分の移動

しかし途中淡路島の西側に行くといきなり

爆風・・・

海を見ると大荒れ・・・

Img_1641

砂浜からキャストは難しい状況

西は諦めて東側の洲本港へ移動、

洲本港は越冬キスを狙う時によく行く

ポイント、もちろん港内ですので、

数は出ませんがお刺身サイズのキスが

釣れます。釣れました。釣れた気がする

白灯台が有名なポイントですが、

西側と言っても風は強く、

砂置き場の砂山に隠れ、風をよけながらの

釣りです。

Img_1642

港内全体が砂底なので根掛はありませんが、

遠投すると中央付近に少し引っ掛かりがあり

さびきの角度によっては、引っ掛かり0.5

以下の道糸が高切れする場合もあります

でも0.8
号なら抜けてきます。

群れは小さく広範囲に探る釣りになり、

越冬ギスを狙う時には丁寧なリーリングは

必要ですが、この時期はまだ通常のスピード

でも当たってきます。

Img_1643

Img_1644
ちょっと大きめ20cm

Img_1646

Img_1647

本来は対岸の小波戸や中波戸を探り歩いたら

それなりに釣果は出ますが、今日は砂山に

隠れないと強風でアタリが分からない状況

仕方なしに数投に1回上がるキスを拾って

おりましたが、1時間半後・・・・

Img_1645 
蛸に墨を掛けられながら・・・・

「なんだかなぁ・・・・!」

結局10時半納竿です。

釣果は「ツ抜け」も達成できず

新規開拓も出来ず

こんなことなら家で、落ち・越冬キス用の

大きめの仕掛けを作ってた方が良かった。


潮回り中潮 

満潮302 1641 干潮941 2235

(淡路島 福良)

本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL型異軸

シンカー:拙者超発砲シンカー、

     キスケFPシンカー 

仕掛け:自作46

針:拙者競技用キスリベロ、キステック


  シマノ掛けキス、攻めキス 各56

にほんブログ村のバナーをポッチとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

10月14日 報知キス選手権SESSYACUP決勝大会に出場致しました。

本来は930日に開催予定でしたが、台風で

順延。参加人数47名がAブロック23

B
ブロック24名に分かれて1回戦を行い

上位選手が、2回戦へ進出です。

私は開催が日曜日だということもあり、

前日の土曜日早朝より、現地入りして試し釣り

を行っての気合を入れて挑戦です。

午前5時半受付開始の後、開会式、釣座の抽選

Img_1629
まだ真っ暗の中で受付です。

Img_1633_2
開会式

Img_1634_2
Aブロック方向
Img_1635
Bブロック方向


結果、私はB-3大会本部のすぐそば、

前日は全くアタリがなかったエリア、

とにかく1投してすぐに移動する心算で、

競技スタート待って第1投。

前日はシンカーが波間から見えてからもアタリ

が拾える超波口勝負、いきなり良型が食って

来たり、超マイクロピンギスが掛かったり

連できたと思ったら全くアタリが無くなる

面倒くさそうな状況です。

移動を繰り返し、匹数を稼ぐ予定でおりました

周囲の選手の皆さんも、

半色付近を中心に探っております。

私は38本針で1.5色から早巻きして半色付近

にステイし、アタリを待ちます。

すると波口でゴンゴンと大きなアタリが、

幸先良しと思ったら・・・・

「フグでした。」
(ρ_;)

予定通りすぐに移動、南に向かって早歩き、

京都の葛野浜と違って、歩きやすい砂質

ですし距離も短いので、随分楽です。

先日4連が拾えたポイントに移動し、

息を整えてキャストすると小型のキスが1

坊主回避成功。

周囲を見るとさすがに決勝に残った選手の方

連掛けを続けております。

私の竿には偶にかかっても単発。

差が広がるばかり、どこが違うのかよく観察

すると、皆さん非常に丁寧なリーリングを

しております。それに倣ってゆっくり

サビきますが、にわか仕込みでは効果なしです。

しかも数勝負で重要なピンギスのアタリが

拾えない・・・技術不足は体で補うしかない

10m単位で移動を繰り返しますが、

釣れるのはアタリのはっきりわかる10cm

前後のキス、ピンギスもちろんのこと

超マイクロピンギスは全く釣れない。

あっという間に2時間の競技は終了、

結果は12匹・・・

私の雑な釣りではこの辺が限界。

トップ通過はなんと30匹、素直に


「すげぇ・・!」

ボーダーは18

皆さん旨いなぁ・・・・でした。

しかしトップトーナメンターの釣りを間近で

見れて良い一日でした。

Img_1636
計量で本部前に戻ってきました

Img_1637
1回戦結果

計量時に選手の会話を聞いていたら、

1.5
号や2号の針がと話しておりました。

「そんな小さな針どこに売ってる?」

「教えてぇーーー!」

帰路
330㎞・・・

疲れるなぁ・・・


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.8

力糸:拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL型異軸

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 5~8本針 

針:3号 拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

にほんブログ村のバナーをポチッとお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

10月6日キス釣り福井県難波江海水浴場

3週続けて仕事ついでの釣行.

台風が近づいてきている状況でしたが、

天気予報では
日本海は余り荒れない予想

どうせ仕事ついでだから、出来なかったら

車の中で寝とけばいいや!

と難波江海岸秋キス釣りに行ってきました。

今年は台風のあたり年で

各メーカーのトーナメントも延期・中止が

相次ぎ、仕事の都合もあり、結局参加

できたのは、報知キスとジャパンカップ

関西大会の2回のみ、今年も残りは報知キス

のファイナルだけに、

思い返せば自然災害に振り回され、アッという

間に落ちギスのシーズン。

午前5時に難波江に到着、

明るくなるのを車の中で待って、

海岸に降りていくと、波も風も問題ない状況

Img_1604
日本海の朝やけ、和みますなぁ・・・

一番乗りかと思ったら南端の岩場付近で

数人の投げ師が先客で竿を振っておりました。

駐車場から砂浜を南方向に歩き先客さんの

邪魔にならないところで、良型サイズを

狙って掛けキス76本針で釣り開始。

しかし1投目からから揚げサイズが多点で

掛かってきます。

Img_1611
Img_1613
フィッシュイーターの活性も・・・・

しかもエサを大きめにつけているため、

食い込みが甘く波口でポロポロ針外れ・・・

まぁ小さいのは要らんけど・・・

1
色付近でから揚げのアタリが続いたと

思ったら、波口でグィーンと天ぷらサイズ

が連で掛かったり、素針が続いたと思ったら

思い出したようにアタリが続いたり、

天ぷらの連が来たと思ったら、

から揚げ・ピンギスが掛かってきたり、

釣果が安定しないおそらく水深1m以下の

釣りですので、散らないように気は使って

いるのですが、数回仕掛けを通したら

アタリが遠のきキスは散ってしまいます。

Img_1612
釣り日和・・・

5
6色の沖目にも少しアタリはあるの

ですが活性は低く、チョイ投げエリアでの

釣りになります。

少しずつ北方向に移動しながら、釣りを

続けますが、北側に行けば行くほど釣果は

落ちてきて、

駐車場のおじさんと話したところ、

最近は南端より北端の方がキスの型が良いよと

助言をいただき・・・思い切って、

北端の岩場付近へ移動・・・・

5~6色、2色から波口まで探りますが、

沖目でフグ、岩場付近はベラとキスからの

シグナルは全くなし、時間は9時過ぎ、

天ぷらサイズ56匹とから揚げ20匹位、

まぁ夫婦二人の食卓には十分ですが

「漬け丼が食いたい!」

残り1時間を再度南側へと移動を始めると、

急に雨が・・・「まぁすぐ止むだろ!」

Img_1614
雨が・・・・

とそのまま移動していたら「結構本降り!!」

雨の中車まで合羽を取りに行くのも面倒になり、

そのままびしょ濡れになりながら、

朝のポイントに到着

3
色に仕掛けを入れて、巻き取り2色から

サビくとゴンゴンとアタリが、

本日最大の21cm

その後56連と天ぷらサイズが釣れ出し、

Img_1617
バナナ・・・下手ですねぇ

Img_1618_2
6本針パーフェクト・・・「4匹じゃん!」
良く下を見てください。


Img_1619
Img_1620

雨も止んであっという間にタッパーが一杯に

Img_1621

コンビニ袋に入れ替え再度釣り開始

すると沖の方にイルカが数頭背びれを見せて

泳いでいます。

先日の舞鶴でイルカを見かけた後に

直ぐ大阪北部地震、イルカと地震発生との

因果関係はないにしても、

「うぅーん嫌なもの見ちまった!」

しかし帰宅後ググってみると、

9
5日に小浜市沖でイルカが群れで泳いでいたと、

福井新聞の記事を見つけ、

一安心・・・・

釣りの方は時間になりましたので

10
時前に納竿いたしました。

自宅に帰って数えてみると54

Img_1623

捌いた後真空パック後で冷凍庫に保存

Img_1626

キスのストックは妻の実家に冷凍パックで

送ったこともあり、在庫は100匹位、

おそらく今年一杯は十分・・・

また妻の嫌な顔が・・・・


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー

仕掛け:自作 6本針56号 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、
  
  シマノ装飾入り掛けキス、攻めキ


下のバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

9月22日 宮津市獅子崎キス釣り

先週に引き続いて、今回も舞鶴市に仕事が入り、

交通費会社持ちの釣行です。

参加を見合していたシマノジャパンカップ中部大会

が延期になったものの、予備日が報知キス決勝の

前日となり、愛知県表浜から徳島県北の脇までの

移動と、連日のトーナメントはやはり体力的に

厳しいので、やむを得ず参加を先ほどキャンセル

いたしました。

最近台風等々で仕事がパンク寸前なのですが、

振り返ると何のことはなく毎週釣りをしております。

これも日頃の行いの賜物?と感謝ですね。

現場は舞鶴市の東端でしたので、

高浜の難波江か宮津湾周辺かと迷いましたが、

予報を熟考した結果

波の少ない内湾の宮津市獅子崎に行く事に

致しました。午前4時半五輪堂で石ゴカイを

購入し、現地に到着しましたが、

まだ真っ暗・・・

しばらく車の中で仮眠することに、

6
時前少しアタリが明るくなりましたので、

釣りの準備。

Img_1592

獅子公園付近の海岸線に車を止め

掛けキス64本針に石ゴカイを1匹付けして、

4
色付近に仕掛けを投入。

反応なし・・・さらに範囲を広げて3投致しま

したがアタリ無しで、移動

獅子姫神社の交差点付近に移動してきて

Img_1594

4色付近に仕掛けを投入・・・・

すると直ぐに小さなアタリが、コンコンと断続的に

続いております。

それでもサビいていると、一度キスっぽい当たりが、

仕掛けを回収すると案の定、カワハギとキス15cm

エサはすべて無くなっております。

Img_1593

次は少し遠投し、5色が出きったところからサビキ

ますと、4色半でキスのアタリが、同型の2連。

Img_1595

さらに範囲を広げるため6色まで遠投すると

直ぐにググッと前アタリが、20秒ほどステイ

すると、竿がグィーンと引き込まれ、

少し負い食いを待ちましたが追加はなし

21cm
の良型

Img_1597

さらに5色に入ったところで22cmを続けてゲット。

Img_1598

これも着底度すぐに当たりが入りました。

どうやら沖目にいる良型は食い気が立っている様子

明日の夕ご飯は久しぶりのキスの漬け丼

が食べられるか?

しかし群れは小さいのか追い食いしてきません。

その後沖目を数投しましたが、着底後サビいていると

コンコンと断続的な当たりが・・・・

カワハギのエサ取り攻撃が開始、

針数を増やして石ゴカイを上3本に小さめに付け、

3本に1匹掛けしたり、装飾なしの仕掛けにしたり

試行錯誤を繰り返しても、効果なし。

3
色から6色付近までその範囲を広げてみると、

さらに追い打ちをかけるかのように、

フグが参戦してきて

手の打ちようがなくなり、矢原へ場所移動。

Img_1599

カーブ付近で根掛、ベランダでは生体反応を

見つけられずに、由良に方向に場所を移動する

ことに、しかし途中海の状況を見ると白波が

立っており、ポイントを栗田浜に変更、

Img_1600

しかし南側の岩場付近より、

テトラまで小移動を繰り返しましたが、

フグが多く、キスの姿は見れずじまい

時間はすでに9時半。時間も残り少なくなり、

最後にチョイスしたのは、朝一良型が釣れた

獅子崎に戻ることに致しました。

先ほどと同様に沖目に仕掛けを投入すると、

1
投目に着底と同時にいきなりグィーンと

竿が引き込まれ20cmをゲット。

Img_1601

気をよくして打ち返しサビくとカワハギと

フグの猛攻を受け、どうやら海の中では

仕掛けが着底したところにキスがいると

ラッキーで、仕掛けを動かすと、

カワハギやフグが気付きアタックしてくる

という感じ・・・かな?

小移動を続け宮津湾浄化センターまで着いた時

にはすでに10時半を回っており。

仕方なく納竿・・・・

結局20cmオーバーが31215cm4尾計7尾。

ツ抜け出来ずでした。

Img_1602
良型が3匹いたので何とか漬け丼1杯分は確保


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペ

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作46本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1_by 釣りバカ