1_by 釣りバカ

2016年6月~

2019年4月14日 (日)

4月15日キス釣り高浜町難波江・赤礁崎、宮津市獅子調査

当初は京都のO氏と宮津辺りにカレイ釣りの予定でしたが、

先週に引き続き仕事で福知山市に行くことになりました。

しかも土曜日は11時から、釣りをする時間は精々4~5時間、

キス釣りならまだしもカレイ釣りは時間的に無理があり、

急遽中止になりました。O氏ごめんなさい・・・・

しかし釣りに行く気は満々だった私は、単独で高浜町から

宮津市の気になる数か所の様子を見ることに致しました。

早朝3時起床で難波江に向かいます。途中石ゴカイ¥1000

を購入し、難波江北浜に5時前

まだ暗い中南側の岩場付近から釣り開始

Img_0499
やはり海はいいですなぁ!!

夜光玉付の掛けキス6号4本針でスタートいたしましたが、

干潮午前5時37分(小浜)上げ潮時朝マヅメと重なり、

いい感じではないでしょうか、ゴロタ浜の海岸線ですが、

今日は砂地が露出し竿は振りやすい、

Img_0501
こここんな砂地広かったかな?

念の為短竿サーフランダー335を持ってきましたが、

今日は十分キススぺを振れます。状況はGOODです・・・

しかし南から北に移動しながら、広くキスを探りましたが、

キスどころかフグのアタリもない。

ここまで探ってもアタリがないのならキスは居ないと???

自分の気持ちに断言し7時半移動、

今日は10時まで限定ですので、次のポイントの赤礁崎のキャンプ場へ

Img_0507
桜満開ですな!!!

去年は5月の初旬に、良型の釣果があった場所。

移動時間は25分、おそらく現着後2時間程度しか時間はありません。

ここは何より良型が釣れます。

コンクリート製の波戸から、春先は遠投が必要、

夏場は2色位で釣れていました。

予定より少し早く到着は8時急いでコンクリート製の

波戸に向かいます。波戸先端にはフカセでチヌを狙っている先客が

いらっしゃいましたので、ご挨拶をして邪魔にならない場所に入れて

貰いました。

Img_0508

ここは良型が釣れるので、エサを大きめにして

掛けキス7号で、6色から、探ると5色位でコツコツと前アタリが、

ステイするも針掛しない・・・

さらに次投も同様に5色付近でアタリは取れますが、

食い込みが悪く針に掛からない、石ゴカイを短めに付け6色から5色に

入れますと今度はアタリがない、石ゴカイを大きめに付けアピール

するとアタリはあるけど、少しかじって「プイッ」と、

活性が低いのか食い込まない。

派手目の装飾に石ゴカイを短めに付けてみても、針の号数を5号まで

落としても・・・・食い込んだのは17cm1匹のみ、

Img_0510

キスは居るようですが・・・

難しい!

しばらくするとアタリも止まり、先客がいますから、

波戸から探る範囲は限定されるので横の小さな砂浜に移動し、

Img_0514

探る範囲を確保すると当たりが出てきますが、

相変わらず針掛が悪い15cmを1匹追加し、

Img_0516

お腹が空いたので置き竿にして、コンビニおにぎりをかじっていると、

竿先がゴンゴンと

「オッ食い込んだ!」

としかし間が悪く新しいおにぎりを開けている最中・・・・

意識が竿先に行った時、手の中からポロリとおにぎりが、

丁度開けていた場所から砂浜に落下・・・・

Img_0512

おにぎりに砂が・・・・

しかし竿を持つとズッシリとお魚ちゃんの感触が、

良型間違いなし・・・でも感触が違う魚の様・・・

フグでもない、良型のキスでもない、

仕掛けを回収すると小さなカレイでした。19cm・・・

Img_0511
iPhoneの機能計測に便利です・・・多少の誤差あり 

微妙なサイズ・・・針も食い込んでるし、おにぎりの恨みで

から揚げにして丸かじりすることに致しました。

9時半駐車場に戻ることを考えると、ここでタイムアップ・・・

石ゴカイはまだタップリ残っている。福知山市11時、

おそらく30分ほどで終了、宮津市辺りまで戻るのに1時間、

1時には釣り再開可能・・・・

釣果はキス2匹とちびカレイ1匹

「これでは帰れん!!」

午後1時前竿を持って宮津獅子海岸に居ました。

微妙に北風があり、釣り辛いのですが、

アスリートキス6号4本針で釣り再開、

Img_0517

方向を替えて5色から3色を数投探りますがキスは居ない。

手前は居ないだろうと思いながら、4色付近から探りますと、

2色半でキスの反応が、しかし渋く針掛はしない、

ここも1匹掛けするとアタリあるけど食い込まない。

針数6本に増やし1匹掛けと針下3cm垂らしただけの短い餌を

交互につけ投げ込むと、1匹掛けのエサに寄ってきたキスが少しずつ

針掛するように、単発で掛かるように、

Img_0518

スローでサビきアタリがあるとステイ非常に効率が悪い

複数掛かるとバナナ状態、数は伸びません。

Img_0519

とりあえず「ツ抜け」を達成したので、午後3時前納竿。

この時期こんなものでしょうか?

獅子海岸で豊岡方面から来れれた投げ師と少しお話しできました。

栗田港で最大サイズ27cmを含めて30匹程度釣れたと・・・・

今まだ知らなかったのですが「栗田」って「クンダ」と読むんですね・・・

今まで「クリタ」と思ってましたので、

最初は話がかみ合わないなぁと思っていたのですが・・

Img_0521
本日の釣果 最大サイズ18cm 

本日のタックル 
ロッド シマノキススペシャルCX+
リール スーパーエアロキススペシャルコンペエディション
道糸 PE0.8号
力糸 拙者の白糸(遠投スペシャル) 
天秤 拙者半誘導天秤、キスケL型
シンカー拙者超発砲シンカー、ダイワフロートシンカー
仕掛け 自作 3~6本 
モトス フロロ1.5~1.7号 
エダス ホンテロン0.6~0.8号
針 拙者競技用キスリベロ、キステック、
シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

4月6日キス釣りIN小浜市

今年もそろそろ各メーカーのトーナメントが始まります。

 

5/11日にはシマノJC愛知大会をはじめに今年はダイワ、ササメ、報知キス計5会場にエントリーしました。

 

週末は都合よく土曜日15:00福知山市で休日出勤です。

 

当然竿持参で午前3時自宅を出発。

 

そろそろ肩慣らしと久し振りのキス釣り狙いです。

 

宮津市か小浜市と迷った結果、この時期よく行った岡津港横の砂浜に行くことにしました。

 

まだ夜が明けない時間に置き竿と引き釣り両方で大型キスを狙い、

 

陽が上がったら、引き釣り一本でキス狙いの戦略

 

到着は予定通り5時、真っ暗な中遊歩道を歩き浜に降りる階段に到着、

 

足場の悪い海岸を歩き南側の岩場へ、

 

去年は階段前が良かったのですが、

 

アベレージを考えるとやはり岩場付近に足が向いてしまいます。

 

釣り開始5時半

 

1本は岩場付近に投げ込んで良型の回遊を待ち置き竿に、

 

もう1本を手持ちでキスを探ります。

 

少しずつ夜が明けて海の状況が見えてくると手前に藻がびっしりと

 

密生しておりますが、実釣ではフロートシンカーを使い早めに浮かしたら

 

問題のない程度です。

 

しかし60mラインに密生している藻が厄介です。

 

手前の藻場よりも濃く、全体的に例年よりも少し多いように見えます。

 

1・2投は空振りで3投目に3色に入ったところでグィーンと竿先を引き込む良い当たり、

 

いきなり食い込んできました。リーリングと途中でも、抵抗を見せます。

 

フロートシンカーで手前の藻場に入る前に浮かせて、引き上げると良型20cm。

 

更に18cmと引き釣りの方は順調ですが、置き竿の方は全くです。

Img_2054
20cm
Img_2055
18cm

北端の岩場にキス釣り師の姿が、行ってみたい釣り座ですが干潮時でも途中膝まで

 

海に浸かるためヴェーダーが必要です。

 

途中更にキス釣り師が前後して2組、

 

皆さん北側に陣取っております。

 

此処は藻が取り込みの邪魔になったリ、多少根掛がするものの釣れ始めが早く

 

良型が出るため人気のポイントです。

 

午前7時飽きない程度に天ぷらサイズ~漬け丼サイズがポツポツと釣れておりますが、

Img_2057
サイズは小さいながらも連掛けも
Img_2056
本日最大22cm弱

アタリは頻繁にあるのですが、食い込みが悪いのか針になかなか乗りません。

 

6号から5号に替えたら少し良くなりましたが、サイズが落ちてきます。

 

相変わらず置き竿にはアタリがありませんので、置き竿を止め引き釣り1本に、

 

今日は4色から3色辺りにキスがいる様子です。

 

去年は2色前後でよく釣れたのですが、今年はその距離に藻場がある為2色に入ったら

 

仕掛けを浮かせ回収しなければ掛かったキスがばれる可能性があります。
Img_2059
手前の藻場
Img_2058
60mラインの藻場

 

波口はデカフグが泳ぎ回っているのが目視で確認できます、

 

試しに石ゴカイを投げ入れたら、瞬間にパクリと食いつき釣りになりません。

Img_2060

 

8時を過ぎたらアタリが少なくなり、モゾモゾと針に触っている感覚はあるのですが、

 

食い込みがなく5号から4号に替えてみたのですが状況は変わりません。

 

釣れない時間が長くなり、置き竿を再開しますが釣れません。

 

「ツ抜け」は達成しているのですが漬け丼1回分位、

 

仕事は福知山に3時ですので1時位までは大丈夫、

 

せめて2回分はと釣りを続けますが、

 

北側の釣り師の方も帰り支度を始めております。

 

少しお話をしますと、ブログをお読みいただいている方で23cmが出たけど、

 

数は釣れなかったと、午前11時半粘っても釣れない。

 

ここは数より型のポイントですし、この時期の釣果としてはこの程度でしょうが

 

少し早いのですが仕事に向かうことに致しました。

 

車に戻ると北端の岩場で竿を出していた方が、車に戻ってきて

 

お声をおかけしましたら、今日は渋く20匹に届かなかったとの事。

 

一度岩場に行きたいのですが、ウェーダーもなく60歳を過ぎると

 

岩場で竿を振るバランス感覚もなくなっており、安全に楽しくがモットーですので・・・・

本日の釣果
最大寸
Img_2062
Img_2061
軽1匹かろうじてツ抜け・・・・です。

 

本日のタックル

 

竿 シマノキススペシャルCX+、サーフランダーFX335

 

リール スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

 

    ダイワキャスティズム

 

道糸 PE0.5~0.8号力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

 

天秤 拙者半誘導天秤、キスケL型

 

シンカー拙者 超発砲シンカー、無垢シンカー

 

仕掛け:自作 4本針

 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

 

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (1)

2019年3月31日 (日)

3月30日カレイ釣り若狭加尾の浜

釣りニュースのウェブ版風波予報によると週末は、関西は昼から雨模様です。

 

どちらかといえば南より北方向の方が雨の降り出しが遅く風も弱そうですので、

 

今週は福井県小浜エリアの加尾海岸に行く事にしました。

 

以前近くを通ったので様子見で1時間ほどキス釣りしたことはあるのですが、

 

腰を据えての釣行は初めてです。

 

湾奥で三方山に囲まれていますので、北西風が強い日以外は釣り可能です。

 

沖には筏が並び、波も無く夏の夜釣りで大型キスが出るという情報もあります。

 

本日は小浜で干潮4時01分満潮12時22分です。

 

朝から10時位までが勝負ですかね?

 

竿は4セットで3本にカレイもう1本をキス仕掛けで加尾のお魚ちゃんに挑戦です。

 

コンクリート製の階段式のベランダの先に5m位の砂浜、

 

海藻等で滑ることもなく足場は非常に良いです。

 

001

駐車場は少し西に離れておりますが、少し坂を上がった場所の

道路沿いに駐車スペースがあります。

付近の空き地はロープが張っておりますので、くれぐれも

路上駐車は地元の方の迷惑になりますので、遠慮しましょう。

西側はシモリや海藻帯が見えます。中央は基本的に砂地で根掛かりは有りません。

005-2

005-1

手前に海藻帯が点在しているものの、取り込みには問題のない程度、

本日の戦略は、2本は根掛かり覚悟で西側のキツイ海藻帯の真ん中に

根掛かりが少ない二股、先錘仕掛けを投入し放置

003-2
003-1

中央の二本は100mラインに点在するシモリ帯に吹き流し仕掛けを投げ込み

数分毎に探りながら引き寄せる戦法です。

午前5時スタート、青イソメとマムシのミックス掛けをたっぷりとつけ4セット投げ込んだ後

最初に投入した仕掛けを巻き取りエサのチェック、アオイソメがかじられていますが、

マムシは残っております。とりあえずはマシンガンキャストの必要はない模様。

 

午前6時過ぎに遠投した竿にアタリが出ます。

大きな食い込みはないものの針掛しているみたいで、フグにしては上下動が大きい・・・

合わせを入れ巻き上げると、結構な重量感

んっ???

本命か?いや・・・・?

岸に近づくと急に軽くなり波間に大きな風船がプッカリと・・・・

フグでしたぁ!

004

いやいや始まったばかり・・・

その後頻繁には、ないもののこのデカフグが4号のエダスが噛み切る為、

結構仕掛けを消費、午前8時なんとなく重い雰囲気です。

何とか一尾!とキャストを続けます。

9時過ぎてもキスの当たりはないので、4本ともカレイ仕掛け交換して、

本命を・・・・

002-1

10時釣れませんねぇ!

4本ともカレイ仕掛けに交換して、広範囲に探っては居るのですが

午前11時過ぎました。今日は午後2時位から、本降りになりそうですので、

残るは後3時間。BOZUの確率85%、

昼過ぎ雨は降っていないものの少し雲行きが怪しくなってきました。

時期的にそろそろキス狙いに切り替える時期、この調子ならカレイの顔見るのも

秋までお預けになりそうですね・・・・

午後1時過ぎ・・・・

いやぁ・・・

カレイ釣り下手ですねぇ・・・

ポイントのそばの桜は3分咲き位でしょうか?

006 

私の花見はいつになるのでしょうね???

GW九州へ里帰りを兼ねて広島N井氏と島根県浜田港沖波戸にて

4/28日夕方より・29日に掛けて遠征する予定ですが、

今年の長いGWどうせなら4月26日夜出発し27日竹野の大波止、28・29日境水道~浜田港

30日萩、長門と途中良さそうなポイントで竿を出す、4日間昼夜問わず耐久釣行の予定です

このブログをご覧の皆様、お勧めのポイントがありましたら是非コメントお願いいたします。

竿
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
 
トーナメントサーフTⅡ27-405+キャステズムGD1セット
 
サーフゲイザー+パワーエアロ1セット

仕掛け自作

吹き流し2本針、先錘2本針、二股2本針

モトス6~8号

枝針ホンテロン4号ハリスフロロ4~5号針

天秤拙者全誘導天秤

シンカーカゲヤマキャストシンカー「無垢」23~27号

針カレイイレグ12~15号、デルタカレイM、シーフォースサーフ12~15号

私の花見の為にポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

3月23日またまた淡路島カレイ釣り

拙者ブログは「ココログ」を使っておりますが、

最近システムを更新した模様、さらにランキングは「日本ブログ村」で

ここもリニューアルした様子。

いずれもまだ慣れず書きにくい!

慣れたら使い易いのでしょうが、60歳過ぎたら、なかなか慣れないですな。

今週末の天気は安定しており、今期初めて日本海側にと考えて見たものの、

先日私が子供の頃から食べなれている北九州市門司区「ヤマニ醤油」

をネットで購入、この旨口醤油で煮つけが食べたい・・・・

と貧果ながら実績優先で淡路島に渡ってきました。

さらに前回同様津名港です。

次回はポイント変えようと思っております。

さて津名港に来たものの予報に反して結構風が強い!

悪い事に向かい風!

本日の潮回りは大潮

満潮7時56分

干潮14時04分

勝負は干潮前の10時位から2時間程度でしょうか?

先日作った派手目の仕掛けも、試してみるつもりです。

スタートは6時前、砂置き場の角から釣り開始です。

8時を過ぎ作業船が往復しだすと、角部は目の前をハシケが

すぐそこ通過しますので、多少水深があり、道糸の角度が取れるので

引っかかることはないでしょうが、目の前を通りますので、

少しだけ移動が必要です。

昨日作った派手仕様の先錘2パターンとノーマルタイプの吹き流しに

上針にマムシ下針に青イソメの房掛けで釣りを開始、

Img_2010
津名港砂置き場の角

Img_2009
Img_2007

前回釣れた100mラインに4セット投げ込みアタリを待ちます。

数分後最初に投げ込んだ竿を上げてエサ取りをチェック、

マムシはそのまま青イソメの方は半分くらい残っておりま
エサ取りは居るようですが、本日マシンガンキャストは不要のようです。

開始して1時間.やはり餌取りはあるものの、苦にはなりません。

周りに釣り客は居ませんので広範囲に探ってみますが

未だアタリ無しさらに午前8時、風が少し強くなりましたが、

さほど問題では、餌取りも同様に気にはなりません、

唯一の問題は当たりがない事。

Img_2011
はしけが通り出しましたので少し横に移動

午前9時、潮が止まりだしました。相変わらず竿先に変化なし、

午前10時、この調子だと餌が残りそうなのって、

たっぷり付けてキャストするも、当たりはありません!

午前11時まったりした時間流れております。竿先はピクリとも動きません。

BOZUの確率95%。

さらに昼になっても、あきまへん!

BOZUの確率99%海を見ても釣れる気がしない、

日本海側が正解だったか、というよりも淡路島の他のポイントも

考えるべきだったと午後1時になりまだ少しエサは残っているものの

釣れる雰囲気ではなく、ついにモチベーションが切れ納竿・・・・

来週末は海毛虫攻撃にもひるまず宮津湾に・・・・


竿:トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
  トーナメントサーフTⅡ27-405+キャステズムGD1セット
  サーフランダー+パワーエアロ1セット
仕掛:自作吹き流し2本針、先錘2本針モトス6~8号
   枝針ホンテロン4号ハリスフロロ4~5号
天秤:拙者全誘導天秤
シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」23~27号
針:カレイイレグ12~15号、デルタカレイM、シーフォースサーフ12~15号

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

春分の日はおとなしく自宅でカレイの仕掛けを作ってみました。

春分の日ですねぇ・・私の頭はすでに桜満開!!
待ちに待った。花見カレイの季節です。
週末は連続でどこに行こうか画策中のため、本日はおとなしく自宅で仕掛けを作ることに致しました。
仕掛け造りにはBOZUがありませんので、楽しく試行錯誤をしております。
実は投げ釣りの仕掛けは既製仕掛けで十分だと私も考えておりました。
私も本格的に作り出したのは5年前、砂ズリの作り方、針の結び方さえ解らず、
釣りクラブ等に入ってない私はすべてネット情報と、感覚のみで作っておりました。
当初は針の結び目が切れ折角釣れた魚を逃がしたこともありました。
「こんなので釣れるの???」と疑心暗鬼にも、
やっと最近多少は使えるなと・・・・
自作のメリットはまず「安い」市販仕掛けの1/3程度で作れます。
エダスの間隔、全長、針数、針サイズ等々組み合わせは無限大、
色々なパターンを試行錯誤することが楽しくなります。
自作仕掛けで始めて釣れた時はハマると思いますよ!
このブログをお読みのベテラン投げ師諸氏の参考になるとは思いませんが、
投げ釣りビギナーからステップアップを考えている方が少しでも参考になればと、
不定期ですがUPしていこうと考えております。今回はカレイ仕掛けですが、
私は極力サルカン等を使用しないで、砂ズリと仕掛けは直結方式で仕掛けを作っております。
そのため砂ズリが多量に必要になり、基本的に8号2本撚りで作っております。
当然手で撚るのは大変ですので、こいつの力を借ります。
Dsc03481
砂ズリは3種類「赤」はカレイ用「黒」は夜釣りに、薄緑は五目釣りに各6号8号で使い分けて、

Dsc03478

私は実釣中頻繁に仕掛けを試しますので、1~2回程度しか投げていない仕掛けは、

袋に入れてリサイクルに、その際砂ズリにヨレが来ますが、

Dsc03480
ヨレが出来ても大丈夫!!


帰宅後ケトルを沸かし出てくる蒸気に当てますと、綺麗にヨレは取れます。

また装飾や針は十分リサイクル可能で非常に経済的ですよ。

今回「遠投用の先錘」「半誘導の先錘」「吹き流しの二股」の三種類を作ってみました。

遠投用先錘、天秤は「まるふじのスラスト天秤」を主に使っております。

Dsc03462

「半誘導先錘」
Dsc03474
Dsc03473

誘導の可動域には硬質0.6㎜パイプを入れております。

三つ又仕掛け
Dsc03476

作った仕掛けは5本セットでビニール袋にまとめて釣り場へ

これだと風に飛ばされることなく、後片付けも楽です。

以上参考にしてくだされば・・・・・

今週の土曜日は宮津の方面も穏やかな釣り日和みたいですね!!

淡路か日本海か迷うところ・・・・




 


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村







| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

さて5回連続BOZU回避なるか!淡路島カレイ釣り

 

 

 

 

金曜日の夜TV天気予報では、関西は悪天候との

事でしたが、釣りニュースとウェザーニュース

では風はあるものの雨は7時位にあがる予報。

北西の風で早朝は雨が残るかもしれないので、

仮屋は諦めて車横付けの良い津名港の砂置き場

をチョイス朝3時起床で尼崎「サワムラさん」

に向かいました。

少し早く着いたので車を止めていると、

急に暴風雨が・・・・

中止が頭によぎったものの暫くするとピタッと

雨が上がったので、予定通り餌を入手して

淡路島へ向かいました。道中も雨の気配なし

決行して正解だった。

午前6時前津名港に到着、

釣り場には誰一人といらっしゃいません。

車を止めて早速準備を開始していたら、

ポツポツと小雨がと思ったら・・・・

急に爆風雨が・・・・

準備の途中だった竿立てが倒れ、さらに体が

もっていかれそうな爆風と雨。

急いで車に避難すると、車が揺れております。

Img_1991

 

 



とても外に出でていけず釣りどころの

騒ぎでもない・・・

昨夜のTV天気予報では、急に風雨が激しくなる

お天気姉さんが話しておりました。

ポジティブに考えると、いつか雨はやみ風は収まる

とも考えられます。

エサを購入した今更中止は・・・・

車の中で一時待機・・・

すると30分ほどすると風は強いものの雲の切れ間

から太陽が出てきました。

Img_1995

 

 


Img_1992

 

 



とりあえず道具を用意して投げ込んでおけばと

7
時過ぎ仕掛けを付けた竿からキャスト・・・

長い時間は無理だろうと4本体制で釣り開始。

エサをたっぷり付け定石通り遠近と投げ分け、

当たりを待っておりますと、遠投した竿に

小さな当たりが、竿先を注視すると、

グィーンとしなる竿先!

合わせを入れリールを巻くと、

ズッシリした感触久しぶりのカレイです。

Img_1997

 

 


Img_1998

 

 


裏が汚れているから居着きのカレイかな?

少し抵抗を見せましたが、難なく良型GETです。

何とか5連続は回避。

2
枚目目指して同じ処に仕掛けを投げ込もうと

するのですが、さらに増した爆風に先ほどの

ポイントまで仕掛けが届かない。

午前9時過ぎ・・・

相変わらず爆風が吹いております。

Img_2004

 

 


Img_2002

 

 



雨は完全に上がったのですが、

時より体を揺らす突風が・・・

ロッドスタンドは倒れるし、

竿先は激しく揺れ、アタリを取るどころではなく

車の中で待機しながら20分毎に竿を上げることに

致しましたが、前回と真逆でエサが全くなくならない

極端すぎるでしょ・・・!

午前10時爆風はやみそうになく、

釣りのできる状況ではないと、

さすがの私もここで納竿・・・・

エサはまだほとんど残っており、

マムシは帰宅後塩マムシにできますが、

青イソメは撒き餌と致しました。

帰路数か所ポイントを見て回りましたが、

投げ師の姿は見えません・・・

まぁ当たり前か・・・

しかし釜口の砂浜からおそらくキス狙いでしょうか、

投げ師の姿を確認いたしました。

かなりの釣りバカとお見受けいたしました。

Img_2001

 

 


34.5cm
Img_1999

 

 


アタリエサは青イソメ房掛け(5本)
針はカレイイレグ14号、装飾も少し
派手めでした。

 

竿トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

 トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

 サーフランダー335+パワーエアロ1セット

 仕掛け 吹き流し2本針

 モトス ナイロン6~8号
 
 枝ス ホンテロン3~4

 下ハリス フロロ3~4号

 天秤 拙者全誘導天秤 海藻天秤

 シンカーカゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

 針カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215

5連続BOZU脱出記念でポチッとお願いします。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

3月9日カレイ釣り4連続は避けるため淡路島実績場へ

比較的暖冬傾向だった今年の冬でしたが3月に

入って、完全に春めいてきました。

防寒具もそろそろクリーニングの季節です。

目下、和歌山県深日港、周防大島、先週の


淡路島大石海岸
3連続のBOZUが続いております。

今回は春カレイGETするために、実績のある

仮屋港へ向かう予定でした。

早めに行こうにも3月はいつもの尼崎のエサ屋

「さわむらさん」の開店は4時から、

ポイントは大丈夫かと思いながらも、

エサを入手し仮屋港に向かいました。

到着したのは午前5時過ぎ案の定、予定の

ポイントの小波戸には、ヘッドライトが2組。

大波止を見ると結構な数の先客さんが、

午前5時過ぎやはり出遅れておりました。

プランB、予定変更・・・・・・

今年は乗っ込み期は芳しくなかったものの

一昨年の11月に3430cmのマコカレイ+

70cm
のスズキとおまけのチャリコ30cm

釣り上げた大磯海岸に向かうことに・・・

ものの10分ほどで到着。


すでに周囲は明るく釣り客も私だけ、

ゆっくり準備にかかります。

ここはサーフからですので、水深が浅く遠投が必要。

赤竿3本を方向を替え100mアタリに仕掛けを投入。

3
本とも投げ終わったら、エサ取りの様子を

見るために最初の竿を巻き上げると綺麗さっぱりと

餌が無くなっております。

本日もマシンガンショットを余儀なくされます。

各竿2本×3本 針数は計6本

マムシと青イソメ5~6匹のミックス

どんどんエサが無くなります

しかし良い天気朝焼けが綺麗です。

Img_1981

あまり潮が動いていないので本日は長めの

吹き流しを使っておりましたが、

Img_1978
Img_1979
Img_1980

エサ取りが多さに、装飾なしの仕掛けに

替えてみましたが、あっという間にエサが

無くなります。

移動するにしても午前8時前すでに

有力ポイントには先客さんがいるだろうし

風もないし西側に移動するかなどと迷っていると

すでに9時太陽はかなり昇っております。

Img_1984

ほぼ10分置きにエサを点検しますが、

パーフェクトでエサが無くなっております。

しかしエサ取りが無くなる時間が必ず来るはず

仕掛けを先錘や二股を試したりしたものの、

釣れるのはこいつとこいつだけ・・・

Img_1982
フグフグフグ
Img_1987
キンポ

10
時お日様は随分高くなりましたねぇ!

しかしエサ取りは全く止まることなく、

着底後すぐに竿先をコツコツ動かしております。

その度食い込めと期待するのですが、

その期待が諦めに変わり

午前11時エサ切れ納竿

お日様は真上に来ておりました。

Img_1988

うーーーーーーん!!!!

不調だ・・・・・!

来週も淡路に行くぞ!!!!!


竿
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

仕掛け:自作吹き流し2本針、先錘・二股2本針

モトス:6~8号

枝針:ホンテロン3号

ハリス:フロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:シーフォースサーフ1215号、デルタカレイ(S)(M)

4連続BOZUを達成したの私にポチッと
  

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年3月 3日 (日)

3月2日暖かくなってきましたので淡路島にカレイ釣りに行ってきました。

2月の後半より、暖かい日が続き春めいてまいりました。

2
月は我々の業界は皆さんげっそりするほど忙しくて

私もさすがに釣りの気分ではなく、釣行は控えて

おりましたが、そろそろ淡路のカレイさんの戻り具合

が気になりまして、淡路島に行ってまいりました。

当日は暖かく風波共にもなく絶好の釣り日和、

津名港か先日サンテレビのビックフィッシングで

松尾さんがレポートしていた釜口港のカレイか、

仮屋と実績のある東側かと考えておりましたが、

冬の間波が高く北西風で断念していた淡路島の

西側も風波ともなく良好な状況なので、

釣果は二の次にして

大石海岸のベランダに行ってまいりました。

例のごとくエサ取りの多い淡路島西側を

尼崎さわむらさんでエサを多めに購入し、

現地に6時に到着致しました。大石海岸は

キス釣りで一度着たことはあるのですが、

ガッチョとフグに撃沈、カレイ釣りは

初めてのポイントです。

Img_1967

水深はないみたいですので、遠投オンリー

仕掛けは吹き流し2本針3セットで、

Img_1968
Img_1969
Img_1966

大石海岸のカレイにアタックいたします。

1
本は北方向にある藻場周辺に・・・

Img_1974

2
本は正面のブイに向けて遠投120

アタリに仕掛けを投入して、カレイのアタリを

待ちます。エサはマムシと青イソメのミックス、

青イソメは長さを合わせてカット体液とマムシの

においでカレイを寄せます。

Img_1970

1
投目はエサの確認を行うため、1本目の竿を

上げてみますと10分も経っていないのに

青イソメはなくなり、マムシがかろうじて少し残って

おります。

やはりエサ取りは激しそうです。

特に青イソメは510分置いたらなくなります。

そこで5cm位にカットしていたマムシを大きめし、

少しでもエサが残るように青イソメのカットを

やめて投げ込みます。

本日の潮は若潮、カレイ釣りには余り良い潮ではなく

おまけに841分の満潮を最後に後は下げるだけの

1
1回潮、私の愛用しているスマホアプリ

「釣り気分」はその日の時合が出るのですが、

本日は初めて見る時合なし、

まぁ天気もいいし久しぶりに気持ちの良い釣り日和

気にしないことに・・・・

午前9時過ぎ少し潮が動き出したところで、

フグの活性が高くなります。

仕掛けを投入した途端フグのコンコンといった

アタリが出ます。BOZUの予感が・・・

Img_1975
Img_1976

さらに1時間防寒着を着てると汗ばむ陽気・・・

デッキチェアーに座って海を見ながら気持ちの

良い時間を過ごしております。

Img_1973

久しぶりの釣り・・・

海にいるだけでもストレス解消・・・・

本当に気持ちの良い半日でした。

エッ???

釣果ですか、

聞くんですか??

タックル

トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1セット

シマノサーフランダー335+パワーエアロ1セット


仕掛:自作吹き流し2本針

モトス6~8号

枝:ホンテロン4

ハリス:フロロ45号針

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:シーフォースサーフ1215

  デルタカレイ(S)(M)

  シーフォースサーフ1215

武士の情けでぽちっと・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年2月 4日 (月)

2月2日久しぶりに山口県県周防大島に冬キスとカレイを・・・

仕事で広島市へ、今回は測量がありましたので一人

では不可能、ということで事務所の同僚同行。

金曜日に仕事を終わらせて、広島市内に泊まってと

思いましたが、当日はサッカーのアジアカップ決勝

の日。見終わると、午前1時に近い時間となります。

ホテルに宿泊するのももったいないということで、

広島市内のサウナで仮眠をとることに、

まぁサッカーは残念な結果になりましたが・・・・

これについて色々な意見はありますが、釣りのブログ

ですので、控えておきますが「GK権田・・・(怒)」

マヤが右消してたのに何でそのポジション?

半歩左だったらボール触れてたのに・・・



気持ちを切り替えて午前3時起床

釣り場は当初の予定では「釣りごろ釣られごろ」

で江田島市宮原の冬キスを放送しておりましたので、

ここにするかと思っておりましたが、

車だと大回りになり広島市内から1時間21

フェリーだと1時間8分ですが待ち時間等を

考慮すると余り変わらない、

2
週間前広島N井氏が冬キスを爆釣した周防大島は

1
時間28分・・・・

潮通しが良くカレイも釣れるポイント、

考慮した結果、周防大島に決定。

残念ながら前回冬キスを堪能した広島N井氏は

家庭サービスを理由に私との直接対決を避けた様子。

同行のK宮氏は、筏や海上釣り堀によく通ってますが

カレイ釣りは初めてです。

今回の作戦は、K宮氏が赤竿3本でカレイを狙い、

私が手持ち+置き竿1本でキスを狙うことに、

広島N井氏が一人で30匹近く釣っておりましたので、

今回はやはりキス40匹を超えないと彼から

何を言われるかわかりません。

釣り場にはまだ暗い5時前に到着。

釣りの準備を行い、日が昇るのを待っておりました

やはり関西より以西の為か、日の出は遅い

7
時過ぎてようやく明るくなり、本格的な釣り開始。

Img_1942

赤竿にはカレイ吹き流し2本針、私はマスキスに

引き釣り用拙者競技用針の3本仕掛け

置き竿の
サーフランダーFX335にはスピニングB10

2
本針を軽い20号のシンカーで潮に乗せながら

キスを探ります。

本日は中潮823分が満潮

上げの時合は過ぎておりますが、

10
時過ぎから下げの時合に期待が持てます。

天候は少し西風があるものの釣りには支障なし

今年は暖かい冬で助かります。

しかしコンディションは上々なのですが、

針に掛かるのはトラキスや小さめのマハゼと

リリースばかり、カレイの置き竿の方には

海毛虫も顔を見せております。

K
宮氏と雑談をしながら時間を過ごしますが、

カレイはもとより、キスが1匹も釣れません。

一昨年この時期にカレイ釣りに来た時、

ここで23時間竿を出した時もキスが

3
4連で良く釣れたのですが、今日は広範囲に

探ってもアタリが全く出ません・・・

いやな予感が漂った9時過ぎ、

コツコツと待望の微かな当たりが、竿先から

伝わってきます。慎重に竿を立てて様子を見ると、

久しぶりの感触です。

2019
年初キスは18cmでした。

Img_1943

次投もアタリが出ましたが乗らず、

やっとキスの居場所を見つけました。

とその時「たなかさーーーーん!!」

K宮氏の声が振り向くと、嬉しそうな顔

初カレイをGETした様子です。

33cm
の良型でK宮氏
ニッコリ・・・

Img_1944

さあこれからと二人で、声を掛け合いましたが、

80m位にいけすが入っており係船ロープが

ありさらに東側にはシモリが点在していますので、

広そうな釣り座ですが、探るポイントは少ない


10時を少し過ぎて場所移動もと躊躇してました

と、その時・・・・サーフランダーと赤竿のラインが

お祭りしたので直していると、急にゴンゴンと竿先が、

引き込まれ、何????

手早くラインをほどき赤竿を引き上げてみると

何とカモが・・・・「釣れました!!」

Img_1945

N井氏・・みたかこれが私の実力・・・

カモの捌き方判らないので直ぐにほどいて

リリースいたしました。


K
宮氏から再度
「たなかさーーーーん!!」

とみると先ほどと同じサイズのカレイをGET

しております。

Img_1948

うーーーん!!このままでは終われん・・・

カモ1匹とキス1匹では

広島N井氏の笑顔が頭によぎります・・・!

なんとかこの状況の言い訳を考えねば・・・・

そうだ!!!夕方まで釣りを続けると、

キスが爆釣間違いなしでしたが、どうしても

K
宮氏に用事があるので仕方なし納竿したと

いうことにしておこう・・・

で午前11時半納竿です。

Img_1949

帰りは車で450km・・・くぅ・・・!

日本代表も負けるし・・・やはり広島は嫌いだ!!

本日の仕掛け

カレイ釣り


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

仕掛け:2本吹き流し仕掛け モトス6~8号

枝ス:ホンテロン3~4号

針:カレイ(S)(M)カレイイレグ11~14号

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー23

キス釣り


竿:ダイワマスタライズキスSMT

  サーフランダーFX335

リール:ダイワZ45-0.5PE
    スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸:PE0.8

力糸:拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤

シンカー:拙者超発砲シンカー、ガゲヤマキャストシンカー

仕掛け:自作 仕掛け3・4本仕掛け

針:拙者競技用キスリベロ、キステック
  シマノ 掛けキス、攻めキス(装飾入れ)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

1月12日淡路津名港19日泉南市深日漁港にカレイを・・・

112日、最近越冬キスを狙うと釣れるカレイ・・・

先日カレイが釣れた淡路島津名港へカレイを狙う気満々で

越冬キスを釣りに出かけました。

ポイントは前回の砂置き場までグーグルで測ると

155m
、遠投すれば届きそうな津名港志筑川河口の波戸

私は竿を出すのは初めてですがカレイの実績場らしい・・

途中尼崎さわむらさんでエサを購入

午前5時半到着、車を波戸の根元に止め100m程歩くと

波戸の先端に到着

Img_1931

風もなく多少寒いのですが、先日購入したダイワの

ゴアテックスが寒風をシャットダウンして、寒がりな

私も車横付けの必要はありません。

暖かさも武器ですね・・・

赤竿3本にキスを狙ってんだぞと、言い聞かせながら

装飾を沢山つけた派手々カレイ仕掛けを、

河口付近と砂置き場側にキャストし・・・・

念の為持参したマスキスで、キスの様子を探って

おりますと直ぐに赤竿が上下に揺れ竿先が引き込まれて

おります。そのままゆっくり竿を持ち上げると、

お魚ちゃんの感触・・・

でもカレイではない感じ・・・

仕掛けを上げてみると鈴木君の子供さんが遊んでくれて

おりました・・・・

Img_1928

大人になって掛かって来いとリリース

1投目からとりあえず幸先良し・・・

と思っていました・・・・・・

結果から申し上げますと・・・

朝のうち20cm
位のマハゼポツポツ釣れておりまして、

最初はリリースしていたものの、それなりに良型だし

から揚げにもするかと途中からクーラーに入れていた

マハゼ計4匹・・・・以上。

Img_1932
こいつをお土産に・・・・

Img_1933
最後は5本体制でカレイを狙ったものの


1
19日先週のリベンジをどこでと考えておりました

ところ、耳寄りな情報が・・・

阪南市の深日港でカレイが釣れている。

偶には和歌山方面もと釣行決定・・・

エサは以前地マムシが置いていた

泉南市「つり師」さんで購入。

最近の情報を聞いてみますと、カレイも釣れますが

キスも結構釣れていると・・・

おぉ・・・これは良い情報です。

深日港は漁協の釣り堀がある埋め立て地の階段状の

ベランダと、以前淡路島フェリーの発着所がある

深日港の赤灯台、白灯台付近がポイントになりますが

今回足場の良い埋め立て地をチョイス

ここは埋め立てられる前は、

カレイのA級ポイントだったらしい・・・

Img_0351
ベランダのカーブ付近投げ師の方はいらっしゃいません

本来は赤白いずれかの灯台が良い感じがするのですが・・

車から近いというだけでポイントを決めてしまいました。

Img_1934
少しずつ西へ移動しながら・・・・

まぁ・・言い訳をグダグダ書くのもなんですし・・・

結果から言いますとBOZUでした。

50m
付近にシモリが点在しているは、判っておりましたが

どうやら漁具のロープが入っているみたいで、

強引にまくと天秤シンカーは無事ですが、

エダスが切れて仕掛けが無くなります。

100m
以上の遠投が必要かと・・・

納竿後白灯台に寄ると波戸の方に投げ師の方が数組、

さらに根本のテトラ帯に一人いらっしゃいましたので、

話しかけてみると、潮が動かず苦戦しているみたいで、

カレイの姿は見ていないとの事でした。

石ゴカイを買って引き釣りをとも考えましたが、

連敗疲れで午前11時帰宅いたしました。


本日のタックル

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

  偶にマスキスで引き釣り

仕掛け:自作カレイ吹き流し、先錘仕掛け 

モトス:ナイロン6~8号ササメ投魂赤色

枝ス:ホンテロン3~4号

下ハリス:フロロカーボン4~6号

針:カレイ(S)(M)カレイイレグ12~15号

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327
 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1_by 釣りバカ