1_by 釣りバカ

2016年6月~

2017年10月17日 (火)

10月8日仕事の前と後にちょこっと釣行to三重県香良洲海岸

三重県松坂市で休日出勤、他の場所なら「いやだ!」

だったのですが、松坂市は海のすぐ傍さらに休日なので

仕事前と仕事後に釣り可能、経費会社持ちの釣行。

「喜んで!!」

仕事は午前10時以前に釣行した香良洲海岸からなら

およそ30分足らずの距離

余裕見ても9時まで釣り可能。

午前3時自宅を出発し松坂市内の「餌昭」で石ゴカイを

購入し、香良洲海岸へ到着はまだ暗い5時半

Img_0753


浜には釣り客の姿なし、満潮時で砂浜にはキャストする

スペースがないので、階段状の石積みのスロープから

始めることに、しばらくすると引きに入るので、

砂浜からのキャストは可能になる。

Img_0756

足場は非常に良いのですが、フルキャストすると

弱った足腰では階段に躓きそうで・・・・・

拙者競技用グロー付きキスリベロ5号4本針

最初はキス君にアピールするため石ゴカイは大きめに


3色半から様子を見ることに、1色までサビいてくると、

いきなりグィーンと針掛かりして、竿を引っ張り込む

当たりが、どうもキスではない

仕掛けを回収すると
セイゴの稚魚2連

 
波口にセイゴの稚魚が群れている様子。

その後ポイントをずらしながらキャストを続けますが、

2色でチャリコ、波口でセイゴの稚魚が食ってきて、

キスのシグナルはゼロ、

移動したいのですが、砂浜にはキャストするスペースが

まだ出来ない。階段から思い切って投げるとやっと4色半

すると着底後すぐゴンゴンとキスの前あたりが少しステイ

するとグイグイと乗ってきました。

Img_0757


やはりキスは少し遠めにいるみたいです。

午前7時半すぎると砂浜に少しスペースが出てきましたので

移動しようと思い準備を始めると、投げ釣り師がその場所に

入ってきました。

しかし何とか二人分の釣り座は確保できそうですので、

投げ釣り師にご挨拶をすると、快く近くに入れて頂くことに

とは言っても仕掛けを垂らしてフルキャストするほど

のスペースはなく、ズボンのすそを上げ靴下を脱いで

波口に入ると、何とかキャスト可能。


8
時を過ぎた位から下げ潮が動き出して、6色辺りから

サビくと5色に入ったところで、キスのアタリが出るように

なってきました。サイズは唐揚げ以上天ぷら未満ですが、

連で釣れ出します。

Img_0758
Img_0759
セイゴの稚魚との2連

Img_0760

隣の投げ師の方も順調に釣果を伸ばしている様子。

しかし予定の
9時までの1時間はあっという間に過ぎ

仕事に行く時間。

隣の投げ師の方は地元の方で、聞くと午後から干潮に

なっても釣れるとの事

Img_0762
午前中の釣果

仕事は1時間くらいで終わるので、
11時過ぎ辺りから

再度釣りは可能。

車を松坂市内に走らせることに


11
時前仕事を終え、グーグルで確認すると近くには、

良さそうな砂浜が数か所、香良洲海岸に戻るか、

新規開拓するか、下げ潮の時合は終わっているし、

上げ潮の時合までまだ間があるので、

新規開拓をチョイス、松名瀬海水浴場、大淀西海岸を

見てきましたが、投げ師の姿はなく、釣れるオーラが・・・

昼食をとり午後
2時香良洲海岸へ戻ることにいたしました。

市内で渋滞に会い香良洲海岸に到着したのは午後3時

そろそろ上げ潮の時合です。

しかし午前中と潮が引き午前中と全く違う状況

Img_0763
砂浜は広々

道具を用意してキャストすると4色でキスのアタリを

拾うと
15cmの2連

Img_0766

先ほどの投げ釣り師の方もまだいらっしゃって、

調子を聞くとまずまずの様子、

しかし投げ釣り師から予想外の一言が

「大阪から来たのでしょ?早く帰らないと渋滞がひどく

 なるよ、今日は鈴鹿で
F1があるので・・」

(´・ω`・)エッ?



本日の釣果1018cm13

Img_0767


潮回り中潮 

満潮723 1918 干潮:105 1322 

潮位差は190cm(宮津じゃ考えられない)

本日のタックル竿:シマノキススペシャルCX+
リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.5

力糸:拙者の白糸0.5~6号

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:拙者超発砲シンカー、無垢シンカー

仕掛け:自作4~6号 4~6本

 針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック
   シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

9月18日 広島市N井氏の怨念・・・

先週の9/9シマノJCから帰宅後、広島のN井氏に所用で電話をした

ところ、何と登山で転倒して重度の捻挫、ギブスをしていると・・・・

しかし転倒した場所が悪かった。


山を終え平坦な道で転んだ・・・プッ(笑)


そこで、釣り友思いの私は以下の様な励ましメールを送付いたしました。


今週末は、京都N口氏と福井県に釣行致します。貴殿の方は三連休

当然どこかに釣行されるのでしょうね、釣果メール楽しみにしております。

エッ?

それどころではない!

アッ!そうでした、そうでした!

お御足を骨折なさったのでした。

申し訳ない。知っていながら嫌味なメールを致しました。

ゆっくり養生して下さい。


私が数年前、磯場から脚を滑らせて捻挫した時は、 完治まで

数ヶ月を要しました。

当然。私よりお若い貴殿ですから、 数ヶ月は掛からないでしょうが、

少なくとも釣行まで、 1カ月はかかるでしょうね!

そこで優しい私は、毎週釣果メールを送って、 釣りに行けない

あなたの気持ちを逆撫でする事に致しました。



メール楽しみにして下さい。ハハハッ!


なんと心優しいメールに対して、この様なメールを

「一晩経っても返す言葉が見つからんわ、ボケィ!、性悪ジジィめ!」

とさらに連休前にダメ押しのメールを頂きました。

「ざまみろ。怨念台風じゃ!食らえ関西と上信越!」

ご存知の通り楽しみにしていた3連休の釣行は中止

しかし何とかN井氏に励ましの釣果メールを送るために、

ウェザーニューズと気象庁のサイトを見ながら、検討した結果

福井の高浜町なら雨は降るけど1mm/h程度で、風も34m/sec

これなら大丈夫と単独で釣行しようと、土曜日の3時に自宅を出発。

しかし自宅を出た時は小降りでしたが、京都縦貫道の亀岡を過ぎた

辺りで激しい雨、さらに雷、止む無くUターン・・・・

うううううっ!N井氏の怨念かぁ!

まだ連休は二日ある・・・


意地でも釣りに行ってメール送ってやる。

月曜日、気象庁の予報と大幅に外れた台風18号は近畿圏を

通り過ぎ、気象庁とウエザーニューズを検討した結果、淡路島なら、

午前3時には雨が上がり、風は強いけど、そこは淡路島風裏に行けば

よい。


強い西風に対して東側の宮前海岸から南に下ろうと考え

午前3時半高速道路で淡路島へ

石ゴカイを入手し、宮前海岸にまだ暗い中午前5時前到着。

Img_0648


海岸に出て海の様子を確認すると、予想外に荒れていない、

久留麻海岸寄りの砂浜から1投目・・・・
think

2
投目・・・・・
think

少し移動・・・・
coldsweats02

かなり移動・・・・・
crying

さらに移動・・・全く生体反応なしフグもいない。
crying

N
井氏の怨念かぁ!

宮前海岸は諦めて、海が荒れたのでキス君は港内に入っているの

ではと、
津名港へ移動することに、そしてR28号線に出てびっくり、


チャリンコが列をなして走っているではありませんか、

何と今日は淡路島のサイクリング大会開催・・・

どこまで行っても途切れないチャリンコの列、運悪く年配女性の車の

後ろで、中々チャリを抜けない。時速
2030kmのノロノロ運転が続く

N
井氏の怨念かぁ!

何時もは15分位の道のりを倍の30分掛かって、津名港へ到着。

港内を見て回ると外海は白波が立って、

無理そう・・・予定通り港内で様子を見ることに致しました。

Img_0649


結果はチャリコ数匹やはり
N井氏の怨念は続いております。

さらに塩田の砂浜以前は良型よく釣れた場所です。

Img_0652

波戸からのミオ筋を狙って砂浜から遠投・・・・・

数十分後・・・・・キス1匹も釣れず・・・・

まぁ夏枯れの時期で、しかも台風の翌日に行っても、

釣れないわなぁ!

時間は既に
9時半を回っております。最後のポイントは、

洲本港河口周辺の波戸は案の定海が濁っております。

しかし港内の砂置き場からなら、川の流入もなく、波戸で濁りも

堰き止められており、クリアな状態。

このままでは
N井氏を喜ばせるために釣行に行ったようなもの、

せめて「ツ抜け」を・・・・

多点掛けなど要らん!

悪活性用の枝ス間
40cm4本針仕掛けでキャスト、

すると洲本港
1投目から、コンコンコンとアタリが、竿を送り込むと

ググッと乗ってきました。

とりあえずキス君お顔を拝むために、早々に仕掛けを回収。

すると
16cmのキス君がチャリコ君と一緒に上がってきました。

Img_0656

「良し、キスは居る!」こうなればこっちのモノ、

あと
1時間「ツ抜け」を目標に・・・しかし連で来たのは1回だけ、

単発を拾い集めて、午後
11時ついに「ツ抜け」達成。

Img_0657

Img_0658


朝からここに来ればよかった・・・・

途中、グィーーーンと竿をひったくるアタリが入り、ゆっくり岸まで

引き寄せてみたら、ヒラメが喰っていました。

さすがにこの仕掛けじゃ上がらんわ。

横を見るとルアーマンがタモを持っていたので

「お兄さんタモですくって・・・」

快く引き受けてくれたのですが、

岸でよく見ると大したサイズではなかったので

「これなら抜けるはと・・・」

竿を立てると針から外れて海へお帰りになりました。

まぁ・・・夏枯れの時期「ツ抜け」を達成したという事で、


N
井氏の怨念も大したことない事が良く判りました。


潮回り中潮 

満潮433 1750 干潮1115 2325 

潮位差は110cm


本日のタックル竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.30.8

力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL型異軸

シンカー拙者超発砲シンカー

仕掛け:自作 4~6号 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

9月9日シマノジャパンカップ関西大会葛野浜に参加しました。

今年最後のトーナメント参加。

何とかセミファイナルへ・・・

行きたいなぁ・・・その前に1回戦突破が目標ですが

旅館に前泊し睡眠は十分、前日の下見でかなり砂浜を

歩きましたので、若干腰が痛い・・・

午前420分会場到着。

タックルチェック、クーラーチェックを終え開会式


Img_0633_2


しかし前日の試し釣りが芳しくなかったと、案の定1回戦1発勝負

競技説明を終えスタート・・・

スタート順ははるか後ろの171番。

Img_0647_2


まぁ200番台より良いか・・・

今回も前回同様激渋大会の様相を呈しております。

とりあえずボウズだけは避けたい、ポイントは前日下見で、

天ぷらサイズが釣れた箱石海岸の途中にある岩場付近

休憩しつつの砂浜の移動ですし、スタート順より、おそらく

最後尾近くなることを予想、

予定していたポイントは目の前が岩場なので、

あそこに入る選手は少ないだろうと・・・・

移動途中で競技開始のホイッスルを聞きながら、

ポイントに到着すると予想通りスペースはあいており、

斜めにも探れる状況です。

Img_0638_2


ここは岩場と砂浜との間が2色程度なので、斜めに探らないと

釣りになりません。

焦っても仕方が無いので、取り敢えずクーラーに座って息を

整えます。少し楽になってきたので、準備を開始。

チロリはモーニングサービス用に67匹ほど使用可能状態。

仕掛けは拙者競技用グロー付きのキスリベロ

3本にチロリをした3本に石ゴカイを大きめに付け、

狭い岩の間を通す、多少底が荒いのですが、竿をしゃくると

何とか脱出できる状況

1
投目反応がなく巻き上げようかと思ったときに、

力糸範囲の波口でゴンゴンとキスのアタリが・・・

「おおおぅ!」仕掛けを回収すると

から揚げ以上天ぷら以下の16cmが、下針に

しかしここは水深が殆どなく同じポイントにに仕掛けを通すと、

散ってしまうので我慢して、1投目と離れたポイントにキャスト

反応なし・・・・

さらに34投目もアタリ無し、

もう良いだろうと1投目のポイントから2色程沖に投げ仕掛けを

通すと、なんとトリプル・・・

すべて石ゴカイに食っております。

あれだけ苦労して、チロリを保存してきたのに、


チロリは見向きもされておりません。

しかし周囲を見ると激渋の様相、

たまに針を切られますが、エサ取りのチャリコやガッチョもいない。

もしかしてラ・ラ・ラッキーかも・・・

釣れるのは波口だから、着水音は無視できますので、

2
投程間隔をあけてポイントを通すと、

さらにダブル。こうなると周辺の選手が集まってきて

「そりゃいくらなんでも」という方向にキャスト。

まぁ試合ですから仕方が無いのですが・・・

「どこで釣れるの?」と聞いてくる選手も・・・

当然キスが散り全くアタリがなくなり、

途中参戦の選手達にもアタリは無く

その後単発2匹釣りあげ、8時半場所移動することに、

現在16cmクラス2匹を含めて計8匹ほかの選手は激渋状況

話を聞くとボウズの選手も結構いるみたいです。

2回戦突破を通り越しセミファイナル進出の可能性が・・・・

帰着時間を考えたら9時半まであと1時間

最後の追い込み・・・

皆さん12色付近を探っているので、

私はスプール0.3号にシンカーをタングステンに替え

6
色付近探る事に、すると1投目でいきなり激震が・・・・

巻き取る間にもグイグイ抵抗を見せ良型を予感させます。

しかし波間から上がってきたのは、シマイサキでした・・・

ガクッ
(;ω;)

その後遠投すると結構シマイサキが喰ってきます。

まぁ余り美味しい魚ではないのですが、

皮を素揚げにすると絶品らしいので・・・

今度釣りに来てみるか・・

とのんびりした事考えていると、あっという間に
9時半、

会場へ戻る時間です。

途中選手の会話を聞いてみると、やはりボウズの人も多く、

これは結果発表が楽しみです。

会場に戻って計量すると、予想外に軽く
136g

Img_0641_2


うーーーん!!非常に微妙・・・・

恒例の砂浜のクリーンアップを終え結果発表のボードが・・・


209
名中11名がセミファイナルへ・・・

私は
4g足らずの15位・・・・

Img_0644_2


この前のダイワマスターズでも
2回戦進出に4g足りず・・・

連続して4gの壁に泣くことに・・・

まぁここが私の限界か・・・

本日のタックル

竿:シマノキススペシャル
CX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸
PE0.5

力糸:拙者の白糸

天秤:キスケ
L型シンカー

シンカー拙者超発砲シンカー、無垢タングステン

仕掛け:自作 
45号 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス

4gの壁を越えられないかわいそうな私にポチッと。。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

9月8日、チロリ保存ケースと「シマノJC葛野浜」前日下見

そろそろ、チロリも終わりの時期です。此処という餌屋さんに

予約はしたのですが、入荷は不明。

それならと先週の土曜日に残ったチロリを、どれだけ保存できるか

試してみました。


前回のブログ93日からの続きです。

3
日目少し変色したチロリが出て来ました。

動きはしているのですが・・・・ほかのチロリの影響を考慮して廃棄。


0904
3日目の様子

4
日目変色と一部に分断して、ここに来て海水に血が混じりだし

ましたが、まだまだ使用可能。

0905
0905_2
4日目の様子

5
日目変色と分断した個体を廃棄、しかしまだかなりの個体が

使用可能。


0906
0906_2

5日目の様子

6
日目も5日目と変化なし、

0907
0907_2

6日目の様子

1
週間経過して、金曜日下見に移動。

やはりかなりのチロリが移動のストレスでが影響し分断しておりました。


0908

7日目の様子 分断が目立ちます


JC
当日何とか、試合分のチロリは確保できました。

0909_2
0909_1
JC当日の状態

生存率30%位でした。

金曜日
JCの下見は、どうしても抜けられない仕事がありましたが、

運よく午前
10時福知山で崖崩れの調査でしたので、

石ゴカイを購入して午後
1:00には、葛野浜へ到着できました。

とりあえず箱石方面から下見を開始ですが、駐車場で、トーナメント

参加者が下見に来ていましたので様子を聞くと、


1
時間下見で、アタリが一度もなく、小天橋方面に今から行くとの事

箱石海岸の浜詰側から探っていくことに、

チロリは明日にとっておき、
6本針に石ゴカイを付けキャスト。

前述の投げ師の方が仰った通り、数投してもキスどころか他魚の

アタリすらありません。探りながら葛野浜方向へ歩きます。

箱石のシモリが点在するワンド去年はここでボウズ逃れの


1
匹を釣り上げました。

しかしここも生体反応なし

良型を期待して根掛覚悟で遠投してシモリ帯の外で仕掛けを

ステイさせても、波口を探っても、どうにもなりません。

Img_0628
箱石のワンド

さらに葛野浜方向に進むことに、先々週に小型ですが1時間半で

4
連を含め20匹釣れた、途中にある岩場付近を探ることに・・・

すると12色付近を斜めに探ると、1投目に波口で天ぷらサイズが

掛かりましたが、その後は全く生体反応なし。

一度シモリの間で激震がありましたが、
25cmのイサキ・・・・

Img_0631


箱石は諦めて反対側の小天橋方面へ車で移動

箱石よりかなり波があり、ササメ
ASの時は悪条件の中匹数が

稼げたらしいポイントですが、切れ藻ラインに掛かり釣り辛い

しかも生体反応なしでした。
Img_0632
小天橋方向の競技エリアの端


午後3時半下見をやめて旅館へ

去年シマノ
JCやササメASの時と比べて、波が全くなく釣りやすいの

ですが、ここはある程度波がないと釣れないポイント。

しかもこの時期は毎年激渋

おそらく明日は
1回戦1本勝負となりそうです。

明日は頑張るぞ!!!

潮回り中潮(伊根島) 

満潮347 1546 

干潮931 2210 

潮位差は13cm

本日のタックル竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー

仕掛け:自作6本針 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス

ポチッとお願いいたします!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

9月2日兵庫県大塩海岸へキス釣りとチロリ保存ケースの効果

来週99日は今年最後のトーナメント「シマノJC葛野浜大会」です。

先週下見に行ったのですが、今週も早朝下見をして、どうせ激渋

なのは判っているので、その後、間人・砂方・立岩アタリの砂浜で

良型を狙う計画を練っておりましたが、当日は波が高い予想、

ライブカメラを見ると「まっ無理か・・・!」

という事で、淡路島にと思っていたのですが、これも北東の風

8
m~10m「まっ無理か・・・!」

ウェザーニューズで予報を見ると瀬戸内側の姫路辺りは3m程度

と風も弱い、姫路方面に余り足を向けたことがないのですが、

大塩海岸あたりに一度行ってみたかったのと、エサも尼崎市

「さわむら」さんに予約をしていたチロリが入荷したとの事

同じ方向だしと行ってみることに致しました。

早朝2時半起床で、尼崎へ向かいそのまま姫路市大塩海岸へ

着いたのが、4時半まだ暗かったので、陽が出るまで仮眠・・・・

午前5時過ぎアタリが明るくなったのを機に起床。

堤防沿いを徒歩で大塩海岸に、砂利交じりの砂浜で、

漂着物が散乱しており、仕掛けに絡まりそうですが、

波打ち際からならキャストは出来そうです。

Img_0595
Img_0596


着いた時には釣り客はいませんでしたが、その後6時過ぎに

キス釣り師2名が浜に降りて来ました。

とにかく初めてのポイントなので、様子見で拙者競技用の

グロー付きのササメキステック56本針で、4色辺りより様子を

見ることに、3色、2色とサビいて来ますが反応なし、

取り敢えず波口まで引いてくると、力糸が見えだしたときに、

ゴンゴンとアタリが、キスなら良型と仕掛けを回収すると、

クロダイの稚魚チンチンの2連・・・

Img_0597


次は3色から引いてくると同様に波口でアタリが・・案の定

チンチンの3連。それならと、遠投で攻めるとこれが当りで、

5
色半でキスのアタリが、仕掛けを回収すると天ぷらサイズの

2
連。6色出きりから、4色に入るまでダラダラと当たる感じです。

サイズはから揚げサイズに混じって、天ぷらサイズがチラホラという

感じ、リリースサイズも少し混じって23連掛けで上がってきます。

エサはチロリより石ゴカイの方が掛かりは良いようです。

Img_0598
Img_0599

しかし陽が昇ってくると、キスの活性が上がり45連と増えてくるの

ですがリリースサイズの割合が高くなり、釣ってはリリースしていると、

急にニンニクの入ったカリカリのキスのから揚げが食べたくなり、

少し位はとリリースサイズもクーラーイン・・・

Img_0600
Img_0602

向こうの投げ釣り師を見ると同様に、数釣りを楽しんでいる様子。

もう少し型が良ければ、最高なのですが・・・

最後の方はほぼピンギスばかりとなり、これでは帰宅後が大変と

午前8時半、かなり早いのですが納竿いたしました。

Img_0607
本日の釣果

帰宅後尼崎「さわむら」さんで購入した\2,000分のチロリは殆ど

消費しないまま残っており、さらに来週の入荷は不確定・・・

チロリ保存ケースで、どれ位持つのか、あわよくば来週のシマノJC

まで保存できればと、釣場から帰るときにペットボトル2本に海水を

入れ、大型クーラーに氷と一緒に放り込んで、帰宅。

保存ケースの海水は起床時と仕事から帰宅した時に、

海水は10%位カルキを抜いた水道水を混ぜ、氷と一緒に

替える事に、結果は後日報告いたしますが、

3
日以上経過した現在チロリはまだ元気に動いており、千切れも

全くない状況です。

Img_0609
Img_0608


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 連結仕掛け36号 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック、

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

8月31日高浜町難波江プチ釣行

831午後1時仕事で舞鶴市へ

先日良型がそれなりに釣れた難波江の遊歩道or
岡津の砂浜

いずれも良型キスの実績場です。

調査先まで難波江だと20分、岡津だと45

どちらも十分釣りの時間が確保できる。

とりあえず難波江の遊歩道へ行ってダメだと岡津まで足を延ばす

作戦をチョイス。

午前4時起床で高速道路を舞鶴市へ 
car

途中釣り餌店により、石ゴカイを購入

難波江の遊歩道へ到着したのは午前6

夜が明けて辺りは十分明るくなっており、遊歩道へ着くと

結構波が高い、沖にも白波が・・・・

Img_0590_2

サーファー軍団がいますが、遊歩道からだと全く問題なし、

早速道具を準備して・・・

仕掛けはグロー付きの拙者競技用ササメリベロ6本針

前回同様4色辺りから様子を見ます。

今回はマスタライズキス27-405ですので、前回使った

キススぺCX+より幾分柔らかい竿ですので、

窮屈なポイントですが、竿が曲がってくれますので投げやすい。

しかしショートロッドが欲しいところ・・・

1
投目前回アタリの有った4色から2色までサビキましたが、

全く反応なし、ポイントをずらして2投目これも反応なし、

前回と同じポイントに仕掛けを通しているのですが・・・・

少し釣り座を移動しても結果は同じ激渋状況

しかも波が高くなり仕掛けを回収する時に苦労する状況

此処で岡津に場所替えすれば、良かったのですが・・・

前回の釣果が頭に残っており、場所移動を躊躇。

ならばちょい投げでと2色位に仕掛けを入れますと、

今度はググッとアタリが、そのまま少しステイして仕掛けを

回収すると、小アジの2連・・・
(ノ∀`) アチャー

Img_0591


1
時間ほど粘りましたが、小アジばかりでキスのアタリ無し、

どうやら土用隠れしている様子

ここで岡津に行けばよかったのですが、遠くの方に難波江の

北側海岸に投げ釣り師が2名を確認

さらに沖にはボート釣りが3組ほど浮かんでいるのを確認

駐車料金1,000円徴収されますが、今年は一度も釣行して

いないこともあり、落ち期にはかなり早いのですが、

何となく根拠のない爆釣の予感が漂い気づいてみたら、

1,000
円お支払い

浜に降りて先客さんに様子を聞くと、全然ダメたまにピンギス

が釣れる位・・・・

Img_0593


ゲッ、やはり岡津だった。
(;ω;)


しかし止めますと言っても1,000円は戻ってくるわけでもなし

仕方なしに道具を準備に取り掛かったものの

遠投、近投、場所移動を繰り返し、反対側の岩場付近まで

探りましたが、釣れるのはピンキスのみ、キープサイズは

全くゼロ・・・・
(ノ_-。)

やはり難波江の砂浜はまだ早かった。

10
日ほど前に釣行した遊歩道も土用隠れ(夏枯れ)状態。

落ち期まで我慢の釣りが続きそうです。

潮回り長潮 
満潮816 
干潮200 1626 
潮位差は20cm

本日のタックル
竿:ダイワマスタライズキスSMT
リール:ダイワZ45-0.5PE
道糸PE0.50.8
力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル)
天秤:拙者半誘導天秤、キスケL型異軸
シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 
仕掛け:自作 連結仕掛け46号 
針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック
   シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

8月26日~27日久美浜町蒲井浜夜釣り、明朝葛野浜へ・・・

826日運悪く休日出勤、それも京都府八幡市に午後1時。

本当は金曜の夜から行きたかったのですが、土曜日の夜大キスを

狙って久美浜町蒲井浜に夜釣りに行ってまいりました。

2
年位?前に30cmの真鯛と良型キスと27cmの大キスが釣れた

蒲井浜の波戸。

冬場はアイナメ狙いの磯投げポイントですが、波戸の先端から遠投

すると25cmを超える大キスが狙えます。

仕事をチャッチャと終わらせ、そのまま久美浜町へ直行。

途中コンビニで私のエサと宮津市の「フィッシングナガジマ」

でマムシ、青イソメ、石ゴカイを入手。

そろそろチロリは終わりの時期。

今年のキスシーズンも終盤に差し掛かっております。

今年最後のトーナメントシマノJCには、なんとしてもチロリを入手しな

ければと、何件かの釣り餌屋さんに当たってはいるのですが、

取り敢えず予約はできますが・・・・・の回答。

そういう事で、午後5時を過ぎ蒲井浜に到着。

Dsc07118
Dsc07119
波戸の中央付近から

しかし唯一の釣り座波戸の先端は先客あり、竹野の大波止まで足を

延ばすことも考えましたが、少なくとも1時間弱掛かる。

とりあえず波戸の真ん中では竿を出し可能ですので、道具の準備を


ダイワの赤竿3本体制で、マムシと青イソメを仕掛けに付け遠投。

途中先端の釣り客がいなくなったので、先端に移動いたしました・・・・・

Dsc07120
波戸の先端へ移動・・・しても

しかし・・・・エサ取りが激しく(おそらくカワハギ)釣れるのはベラ、チャリコ

フグ結果から申し上げますと、見事なボウズ真鯛はおろかキスのアタリ

さえなく、午後10時モチベーションが限界に近づき納竿。

明日は葛野浜にシマノJCの下見がてらの釣行

激渋の時期釣果は期待できないし、帰宅後の地獄の捌きだけは

回避できそう・・・良いのか悪いのか??

翌朝3時半起床し、途中コンビニによって4時葛野浜へ到着

すると何やら多数の釣り人が・・・どうやら何かの大会が開催されている

様子。とりあえずスタートの混乱をやり過ごして、皆さんが釣り座に

着いた後ゆっくり道具の準備して、砂浜に降りました。

Dsc07123

まずは4色位から探りますがアタリ無し。

周囲のトーナメント参加者の方も何やら渋い様子。

直ぐに箱石方向に場所移動し、2投目3色からサビくと2.5色で、

微妙なアタリがありましたが、仕掛けを回収するとフグの攻撃を

受け6本針が2本に
Dsc07125
針が無い・・・
Dsc07128
原因はコイツ・・・

朝早いのでグロー付きの仕掛けを使っていたので、装飾無しのキスリベロ

に交換し同様に3色からサビくと2.5色で、微かなアタリが、

ステイするとグググッと。仕掛けを回収するとピンギス以上から揚げサイズ

以下が掛かっておりました。
Dsc07124


針掛かりも浅くリリースと思いましたが、周囲は大会参加者・・・

リリースするのも気が引けるし・・・やむなくクーラーに、1~2投毎に

仕掛けの種類を変え浜詰方向に移動しながら様子を見ました。

今日は2.5色から1色までにアタリが集中しており、3連が何回か

ありましたが、やはり渋く単発から2連が多く、8時に納竿。
Dsc07126
Dsc07127
バナナ3連・・・

結局ピンギス含めて21匹がクーラーに「また捌かなあかん!」

しかしまだ午前8時過ぎ、このまま帰るには、早すぎるし、せめて天ぷら

サイズを10匹ほど追加したいところ、エサの石ゴカイはまだタップリ・・・

帰り道に宮津付近によることに、宮津天橋立で高速を降り、

どこへ行こうかと考えましたが、砂浜はまだ海水浴客がいるし、

天敵の「水上チャリンコ」が煩いし、となると獅子崎から矢原までの

長い海岸線を探る事に、車で海岸沿いの道路を走っていると、

結構投げ釣り師が竿を出しております。

浄化センター過ぎた辺りにも数人の釣り客が、道路脇のスペースに

車を止め道具を担いで、空いているスペースに釣り座を構えて釣り開始。

ここはちょい投げでもキスは釣れますが、やはり良型は沖の藻場周辺で

釣れることが多いので、6色辺りからサビくことに、1投目からアタリは

あるのですが、仕掛けを上げるとガッチョ、チャリコ、ベラの4

方向を変え探っても結果は同じ

たまにキスのアタリらしきものがあるのですが、どうも食い込みが悪く

乗らない。針を5号から4号に落としても結果が出ません。

場所替えかと考えていたところに

お隣の投げ釣り師から「間違ったらすいません・・・ブログ書いている人

じゃないですか?」とお声をかけて頂き少し話していると、

早い時間に矢原のカーブ付近で26cmが釣れたとの事、

しかし朝のうちだけだったらしく、ここに移動してきたのですが、

同様にエサ取りばかりで・・・と

最近釣り場で声をかけられることが多くなりまして、これは非常に

嬉しいのですが、下手なことが出来んな・・・と

気が付かれた方は気軽に声をかけてください・・・。

この後先程の矢原のカーブ付近と海水浴客が少なかったので

田井海水浴場を回りましたが、


数匹のから揚げサイズを追加して今度こそ納竿です。

Dsc07129
矢原のカーブ付近


最後隣でキス釣りしていた少年に釣ったキスをもらって頂きました。

少年も大変喜んでいましたが、オジサンも帰って地獄の裁きから

解放されて大変うれしい・・・・

夜釣りのタックル

竿
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1セット

仕掛け:キス2本仕掛け 

モトス34号枝ス:ホンテロン22.5

針:ササメ大キス(S)(M

天秤:拙者全誘導天秤

シンカーカゲヤマキャストシンカー無垢2327

キス引き釣りのタックル


竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.5

力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 無垢シンカー

仕掛け:自作68本針 

針:拙者競技用ササメ ビクトルキス、キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

8月23日仕事で御坊市に、中紀の気になる良型キスポイントを調査

以前より気になっていた、和歌山県有田郡広川町の小浦海岸、何度か

釣行している日高郡日高町の小浦海岸とは違う場所なのですが、

良形キスが釣れるとの噂を耳にしておりました。

満タンになった自宅の冷凍庫を見ると数釣りより型狙いの釣りに・・・

土用隠れの時期でもあり、実績場を増やすことを考え午前中限定で、

紀中に良型キス調査に行きました。

午前7時途中でエサ屋により石ゴカイを購入しポイント到着は午前7

Img_0578
Img_0559

全長400m位の砂利混じりの砂浜ですが、北端と真ん中付近に岩場が

あり、岸から約120m付近にシモリ帯がありますので、良形を狙うには

根がかり覚悟で、シモリ帯を攻めたいところです。

所々に海藻がありますが、0.8号の道糸で煽ると外れるようです。

今回は北側の砂浜から様子を見ました。

丁度満潮時も重なって、砂浜には降りれず広い路側帯からの釣りとなり

6本針でシモリ際4色から引いてくると、早速半色位でプルルッとキスの

アタリが追い食いを待ち仕掛けを上げると唐揚げサイズが4連で上がって

きます。道路際と砂浜までの高低差が、45mほどありますので、

かかったキスが暴れ深く針掛りするので仕方なしにキープ。

活性が良くキスは釣れるのですが、リリースサイズ以上天ぷらサイズ未満

1315cmがレギュラーサイズで、35連でかかってきます。

午前8時を過ぎると潮が引きだしたので、砂浜からキャスト可能に

道路上からは高低差で角度が付き探れなかった手前を探る事に、

すると少しサイズアップ・・・
Img_0580
Img_0581

しかし数投するとピンギスが混じってきだしたので午後8時半移動です。

Img_0582
小浦海岸での釣果

次の気になるポイント、津久野の「サワムライカダ」横の磯場。

砂浜には何度か足を運び最近の釣果は散々でしたが、浜の雰囲気が

良く「今度こそは!!」と通っておりました。

グーグルで見ると波戸の南側に磯場があり、20mほど沖は砂底になって、

各所にシモリが点在している状況。

シモリの周辺に良型キスが・・・と期待を込めて行って来ました。

Img_0583
磯場に降りれないことはないのですが・・・・

ポイントに着くと磯場に降りれないことはないけど、年々弱ってくる足腰が、

一人では危険と判断し、波戸から磯方向にキャストすることに、

しかし釣れるのは海タナゴとベラ、チャリコ何時ものエサ取り・・・

時々良型キスらしき辺りはあるのですが、全く乗らない。

移動に時間が掛かったので、既に10時を過ぎております。

ラスト1投で納竿と磯場をデッドに攻めたら、着底後すぐに、

グィーンと竿をひったくる激震が、直ぐに慎重に回収すると22.5cm

漬け丼サイズ。11時後ろ髪をひかれながら納竿いたしました。


Img_0584

本日の釣果

Img_0585

潮回り(下津)大潮 

満潮638 1932 

干潮045 13:11 

潮位差は170cm


本日のタックル竿:ダイワマスタライズキス
SMT

リール:ダイワ
Z45-0.5PE

道糸
PE0.8

力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤、キスケ
L型異軸

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケ
FPシンカー 

仕掛け:自作 
68本針 

針:拙者競技用ササメキスリベロ、キステック、シマノ掛けキス、攻めキス

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

8月19~20日 福井県高浜町、小浜町良型キスを狙って・・パート3

ホテルに1泊し十分な休養を取り、午前4時半起床、今回最後はやはり良型

キスの実績のある、昨日行った岡津港波戸近くの砂浜に行くことに致しました。

岡津港からは山側の遊歩道を78分程度歩くと海岸に出る階段を降りたら、

砂浜に出ます。

蚊が多いので虫よけスプレーは持って行った方が良いです。

ここは樹木が海にオーバーハングしているので、好ポイントの岡津港側の

岩場行くには、満潮だと膝まで海に浸かってという事になります。

Img_0539
釣り座より東側
Img_0540
釣り座より西側(岡津港側)


基本砂地で、各所にシモリやきつい海藻帯がある小場のポイントですが、海藻や

シモリに引っかかってもフロートシンカーなら、うまく煽ると脱出可能です。

ポイントはやはり岡津港側の岩場付近のシモリ周辺に、良型が潜んでいます。

ただしベラの活性が良いときは閉口します。

手前ではから揚げサイズが連掛けできますが、海のすぐ側まで樹木が覆茂って

いますので、長仕掛けはキャストしづらく、手返しも悪くなりかえって、効率の悪い

釣りになります。

405
ロッドでは6本針程度が限界かも・・・

こうなるとやはりスピンパワー365が欲しいところ・・・・

メインロッドで使うわけではないので、中古探そうかな・・・。

午前5時半釣り開始

1投は岩場周辺にキャスト・・

着底して糸ふけをとっている時に、ビィン・ビィンとアタリが、さらにゴンゴン、

そしてコツコツ・・・

仕掛けを回収すると案の定、チャリコとベラとから揚げサイズの5連・・・

Img_0534

2
投目は岩場から少し離れたところに3色、するとビィン・ビィン、コツコツ・・・で、

ガッチョとチャリコの4

Img_0535

3
投目は海まで入って、正面に精一杯のキャスト5色半から引いてくると、

グィーンと竿をひったくるようなアタリがステイしてると、さらにモソモソとしたアタリ

がありましたが乗らず、しかし20cmオーバーの漬け丼サイズ。

Img_0536


再度同じところに仕掛けを通すと20cmオーバーの3連。

Img_0537

今日は岩場方向より、正面方向のシモリ際が良いみたいです。

集中して中央のシモリ際を攻めると、一旦シモリや海藻帯に掛かると、釣れた

キスが全部持っていかれるので、サビく距離が余り取れないため多点掛けは

できないものの、23連と天ぷらサイズ、漬け丼サイズが掛かってきます。

Img_0541
Img_0546
Img_0549
Img_0550


たまに欲を出して岩場方向にキャストすると、ガッチョ、チャリコ、ベラの数釣りが

楽しめます。

Img_0543

中央の
2色程度を試してみましたが、活性が良く連掛けできますが、

から揚げサイズメインとなり、昨日からの釣りで、結構釣っていますので、帰宅後

の事を考えると、やはり精一杯キャストで良型狙い続けました。

結局、前回同様8時半すぎるとバタッとアタリが止まり、場所移動しながら様子を

見ましたが、全くアタリ無し。

暑くなる前の午前9時前納竿です。

本日の釣果
Img_0554
Img_0553
本日の最大寸22cm

前日からのキスはクーラーに塩氷を入れ、鮮度を保っておりましたので、

帰宅後も鮮度が落ちることなかったのですが、クーラーから魚を取りだして

見ると、一気に疲れが・・・・

Img_0558

1
時間半掛かって捌き終わると、広島のN井氏から、メールが届きました。

N井○弘ついに覚醒!!!」

と何やら大きな魚を釣り上げたみたいです。
P_20170820_104550
P_20170820_122302

私は小物のキスで十分・・・・


本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT

リール:ダイワZ45-0.5PE

道糸PE0.8号力糸:拙者の白糸

天秤:拙者半誘導天秤

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作6本針  

針:拙者競技用ササメ キステック、キスリベロ、シマノ掛けキス、攻めキス


ポッチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

8月19~20日 福井県高浜町、小浜町良型キスを狙って・・パート2

午前中は、型狙いとしては、まぁまぁの釣果ではなかったでしょうか?

午前11時半、予約した高浜町内のホテル併設の日帰り温泉で、ゆっくりした後、

道の駅で昼ご飯をとっても、まだ時間は2時前、何もすることもないので、

ホテルのロビーで所在なさげにしていると、フロントの方のご厚意で3時から

チェックインですが、早めに部屋に入れてもらえることになり、直ぐにベッドで

仮眠・・・・
_ノフ○ グッタリ

起きたら時間は4時半

身支度をして午後5時前、夜釣りの大型キス実績ポイントの岡津漁港へ

午後5時過ぎに到着、波戸にはルアーマンが一人いましたが、

釣り座は問題なく確保。

Img_0530_2

ここは波戸の中央部より、上部に架空線が走っていますので、投げ釣りは

不可能。釣り座は波戸の際、車横付けのポイントです。

早速ダイワの赤竿3本体制で、良型キスの回遊ポイントを狙い撃つことに、

仕掛けはササメキス(S)と(M)針数は2本、他魚は全く考えず大キス1本狙いで、

モトスは23号、エダスは11.5号の細めの仕掛けを使用

波戸の根元には岩礁帯が広がっており、水深は遠投しても5m位でシンカーが

底に着きます。

向かって右側のシモリ帯を回遊する大キスを狙って2

波戸の中央より左側に向かって1本を投げ分けアタリを待ちます。

まだ明るい中、シモリ帯の方の竿にアタリが、さらにもう1本にもアタリが、

仕掛けを上げると連続して、漬け丼サイズ2GETです。

Img_0531
Img_0532


さらに中央部の竿にもゴンゴンとアタリが何やら忙しくなってきました。

アタリが頻繁にありますが、流石に針が大きいのか針掛が悪く、これなら暗くなる

まで引き釣りの方が良かった。

型は天ぷらサイズ、漬け丼サイズメインでから揚げサイズが少し混じる感じです。

午後7時位まで、飽きない程度にポツポツ釣れましたが、

午後8時を過ぎると、急に竿先の反応がなくなり、時間が過ぎていきます。

結局9時過ぎに23cmの良型が一度ドラグを鳴らしましたが、それ以降全く

アタリもありません。

しかしエサ取りも少なく、陽が落ちると涼しい風が吹き、やはり夜釣りは、

気持ちがいい。

もう一つ特筆すべきは、先日も書きましたが、チロリ保存ケース

今回は少し大きめのケースを作ってきて、海水を一度交換しただけなのですが、

チロリはベストコンデションで、プチプチと千切れたり、海水がチロリの血で汚れる

こともなく、ケースの中で元気よくウニウニ蠢いております。

明日も恐らく良いコンデションを維持することと思います。

本日のタックル


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1セット

仕掛けモトス23

枝針ホンテロン1号~1.5

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:無垢2527

針:ササメ大キス(S)(M

釣果;漬け丼サイズ6匹天ぷらサイズ3匹から揚げサイズ3匹 計12匹 

Img_0555
翌日撮影



累計 漬け丼サイズ14匹、天ぷらサイズ10匹、から揚げサイズ13匹 計44


パート3へ続く・・・

ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1_by 釣りバカ