1_by 釣りバカ

2016年6月~

2019年2月 4日 (月)

2月2日久しぶりに山口県県周防大島に冬キスとカレイを・・・

仕事で広島市へ、今回は測量がありましたので一人

では不可能、ということで事務所の同僚同行。

金曜日に仕事を終わらせて、広島市内に泊まってと

思いましたが、当日はサッカーのアジアカップ決勝

の日。見終わると、午前1時に近い時間となります。

ホテルに宿泊するのももったいないということで、

広島市内のサウナで仮眠をとることに、

まぁサッカーは残念な結果になりましたが・・・・

これについて色々な意見はありますが、釣りのブログ

ですので、控えておきますが「GK権田・・・(怒)」

マヤが右消してたのに何でそのポジション?

半歩左だったらボール触れてたのに・・・



気持ちを切り替えて午前3時起床

釣り場は当初の予定では「釣りごろ釣られごろ」

で江田島市宮原の冬キスを放送しておりましたので、

ここにするかと思っておりましたが、

車だと大回りになり広島市内から1時間21

フェリーだと1時間8分ですが待ち時間等を

考慮すると余り変わらない、

2
週間前広島N井氏が冬キスを爆釣した周防大島は

1
時間28分・・・・

潮通しが良くカレイも釣れるポイント、

考慮した結果、周防大島に決定。

残念ながら前回冬キスを堪能した広島N井氏は

家庭サービスを理由に私との直接対決を避けた様子。

同行のK宮氏は、筏や海上釣り堀によく通ってますが

カレイ釣りは初めてです。

今回の作戦は、K宮氏が赤竿3本でカレイを狙い、

私が手持ち+置き竿1本でキスを狙うことに、

広島N井氏が一人で30匹近く釣っておりましたので、

今回はやはりキス40匹を超えないと彼から

何を言われるかわかりません。

釣り場にはまだ暗い5時前に到着。

釣りの準備を行い、日が昇るのを待っておりました

やはり関西より以西の為か、日の出は遅い

7
時過ぎてようやく明るくなり、本格的な釣り開始。

Img_1942

赤竿にはカレイ吹き流し2本針、私はマスキスに

引き釣り用拙者競技用針の3本仕掛け

置き竿の
サーフランダーFX335にはスピニングB10

2
本針を軽い20号のシンカーで潮に乗せながら

キスを探ります。

本日は中潮823分が満潮

上げの時合は過ぎておりますが、

10
時過ぎから下げの時合に期待が持てます。

天候は少し西風があるものの釣りには支障なし

今年は暖かい冬で助かります。

しかしコンディションは上々なのですが、

針に掛かるのはトラキスや小さめのマハゼと

リリースばかり、カレイの置き竿の方には

海毛虫も顔を見せております。

K
宮氏と雑談をしながら時間を過ごしますが、

カレイはもとより、キスが1匹も釣れません。

一昨年この時期にカレイ釣りに来た時、

ここで23時間竿を出した時もキスが

3
4連で良く釣れたのですが、今日は広範囲に

探ってもアタリが全く出ません・・・

いやな予感が漂った9時過ぎ、

コツコツと待望の微かな当たりが、竿先から

伝わってきます。慎重に竿を立てて様子を見ると、

久しぶりの感触です。

2019
年初キスは18cmでした。

Img_1943

次投もアタリが出ましたが乗らず、

やっとキスの居場所を見つけました。

とその時「たなかさーーーーん!!」

K宮氏の声が振り向くと、嬉しそうな顔

初カレイをGETした様子です。

33cm
の良型でK宮氏
ニッコリ・・・

Img_1944

さあこれからと二人で、声を掛け合いましたが、

80m位にいけすが入っており係船ロープが

ありさらに東側にはシモリが点在していますので、

広そうな釣り座ですが、探るポイントは少ない


10時を少し過ぎて場所移動もと躊躇してました

と、その時・・・・サーフランダーと赤竿のラインが

お祭りしたので直していると、急にゴンゴンと竿先が、

引き込まれ、何????

手早くラインをほどき赤竿を引き上げてみると

何とカモが・・・・「釣れました!!」

Img_1945

N井氏・・みたかこれが私の実力・・・

カモの捌き方判らないので直ぐにほどいて

リリースいたしました。


K
宮氏から再度
「たなかさーーーーん!!」

とみると先ほどと同じサイズのカレイをGET

しております。

Img_1948

うーーーん!!このままでは終われん・・・

カモ1匹とキス1匹では

広島N井氏の笑顔が頭によぎります・・・!

なんとかこの状況の言い訳を考えねば・・・・

そうだ!!!夕方まで釣りを続けると、

キスが爆釣間違いなしでしたが、どうしても

K
宮氏に用事があるので仕方なし納竿したと

いうことにしておこう・・・

で午前11時半納竿です。

Img_1949

帰りは車で450km・・・くぅ・・・!

日本代表も負けるし・・・やはり広島は嫌いだ!!

本日の仕掛け

カレイ釣り


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

仕掛け:2本吹き流し仕掛け モトス6~8号

枝ス:ホンテロン3~4号

針:カレイ(S)(M)カレイイレグ11~14号

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー23

キス釣り


竿:ダイワマスタライズキスSMT

  サーフランダーFX335

リール:ダイワZ45-0.5PE
    スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸:PE0.8

力糸:拙者の黒糸 

天秤:拙者半誘導天秤

シンカー:拙者超発砲シンカー、ガゲヤマキャストシンカー

仕掛け:自作 仕掛け3・4本仕掛け

針:拙者競技用キスリベロ、キステック
  シマノ 掛けキス、攻めキス(装飾入れ)

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

1月12日淡路津名港19日泉南市深日漁港にカレイを・・・

112日、最近越冬キスを狙うと釣れるカレイ・・・

先日カレイが釣れた淡路島津名港へカレイを狙う気満々で

越冬キスを釣りに出かけました。

ポイントは前回の砂置き場までグーグルで測ると

155m
、遠投すれば届きそうな津名港志筑川河口の波戸

私は竿を出すのは初めてですがカレイの実績場らしい・・

途中尼崎さわむらさんでエサを購入

午前5時半到着、車を波戸の根元に止め100m程歩くと

波戸の先端に到着

Img_1931

風もなく多少寒いのですが、先日購入したダイワの

ゴアテックスが寒風をシャットダウンして、寒がりな

私も車横付けの必要はありません。

暖かさも武器ですね・・・

赤竿3本にキスを狙ってんだぞと、言い聞かせながら

装飾を沢山つけた派手々カレイ仕掛けを、

河口付近と砂置き場側にキャストし・・・・

念の為持参したマスキスで、キスの様子を探って

おりますと直ぐに赤竿が上下に揺れ竿先が引き込まれて

おります。そのままゆっくり竿を持ち上げると、

お魚ちゃんの感触・・・

でもカレイではない感じ・・・

仕掛けを上げてみると鈴木君の子供さんが遊んでくれて

おりました・・・・

Img_1928

大人になって掛かって来いとリリース

1投目からとりあえず幸先良し・・・

と思っていました・・・・・・

結果から申し上げますと・・・

朝のうち20cm
位のマハゼポツポツ釣れておりまして、

最初はリリースしていたものの、それなりに良型だし

から揚げにもするかと途中からクーラーに入れていた

マハゼ計4匹・・・・以上。

Img_1932
こいつをお土産に・・・・

Img_1933
最後は5本体制でカレイを狙ったものの


1
19日先週のリベンジをどこでと考えておりました

ところ、耳寄りな情報が・・・

阪南市の深日港でカレイが釣れている。

偶には和歌山方面もと釣行決定・・・

エサは以前地マムシが置いていた

泉南市「つり師」さんで購入。

最近の情報を聞いてみますと、カレイも釣れますが

キスも結構釣れていると・・・

おぉ・・・これは良い情報です。

深日港は漁協の釣り堀がある埋め立て地の階段状の

ベランダと、以前淡路島フェリーの発着所がある

深日港の赤灯台、白灯台付近がポイントになりますが

今回足場の良い埋め立て地をチョイス

ここは埋め立てられる前は、

カレイのA級ポイントだったらしい・・・

Img_0351
ベランダのカーブ付近投げ師の方はいらっしゃいません

本来は赤白いずれかの灯台が良い感じがするのですが・・

車から近いというだけでポイントを決めてしまいました。

Img_1934
少しずつ西へ移動しながら・・・・

まぁ・・言い訳をグダグダ書くのもなんですし・・・

結果から言いますとBOZUでした。

50m
付近にシモリが点在しているは、判っておりましたが

どうやら漁具のロープが入っているみたいで、

強引にまくと天秤シンカーは無事ですが、

エダスが切れて仕掛けが無くなります。

100m
以上の遠投が必要かと・・・

納竿後白灯台に寄ると波戸の方に投げ師の方が数組、

さらに根本のテトラ帯に一人いらっしゃいましたので、

話しかけてみると、潮が動かず苦戦しているみたいで、

カレイの姿は見ていないとの事でした。

石ゴカイを買って引き釣りをとも考えましたが、

連敗疲れで午前11時帰宅いたしました。


本日のタックル

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD

  偶にマスキスで引き釣り

仕掛け:自作カレイ吹き流し、先錘仕掛け 

モトス:ナイロン6~8号ササメ投魂赤色

枝ス:ホンテロン3~4号

下ハリス:フロロカーボン4~6号

針:カレイ(S)(M)カレイイレグ12~15号

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327
 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

1月4日再度志筑新島へ・・越冬キスかな?カレイかな?

前回は小潮3日後の本日は大潮。

どうなのでしょう、私はカレイは小潮の時の方は

良く釣れる気がするのですが、急流嫌いの私ですので

おそらく気のせいかもしれませんが・・・

カレイは潮で釣れと言いますが、要するに潮が

変化する時に釣れ出すこと多いという話ですよね

度合いの問題ではないと思っておりますがネ

私は初めてのポイントで釣れた時は、

日を置かず再訪することにしておりますので、

先日の志筑新島に行ってまいりました。

前回はキス釣りのつもりでしたので、

尼崎「さわむら餌店」さんへに寄らずに淡路島で

購入したのですが、年明け早々だったこともあるの

でしょうが、マムシの状態が非常に悪く、

今回はいつも通りにさわむらさんで餌を購入して

釣り場へ向かいました。到着は4時半前回の釣り座

には先客さんが入っておりましたので、挨拶をして

少し離れた場所へ、釣り座を構えてまだ夜が明けて

ない状況ですので、キス置き竿仕掛けのトーナメント

サーフ2本でスタート。

Img_1891

しかし竿を叩くのは細いアナゴとトラギスばかり、

たまにタコも・・・

Img_1889

それなりのサイズでしたが、捌くのが面倒くさいので

リリース・・・

そしてアタリが明るくなった午前6時半、

本日は午前650分が満潮ですので、

潮が止まりかけている状況。

2
本ともカレイの仕掛けに変え手前と沖目に投げ分けて

竿先を注視。

すると沖目に投げ込んだ竿にコンコンとアタリが

しかし食い込まないもののコンコンアタリは継続中

仕掛けを動かして誘いをかけたところグイグイと抵抗が、

軽く合わせると、ずっしりとした重量感。

さらに締め込みもあり、上がってきたのは32㎝のカレイ。

Img_1890

時合かと一方の竿にも餌をたっぷり付け投げ込みましたが

しばらくすると潮も止まり、竿先はピクリともしません。

干潮は11
43分中だるみの間に越冬キスの実績のある

洲本港へ移動しようかとも考えましたが、

7時を過ぎ次々に現れる投げ釣り客に

あまり広くない護岸に投げ竿がズラッと・・・

前回は私とアジ釣り客一人

新年二日に釣りに行く人もそんなに居ないのでしょうが

並ぶ投げ竿に少し期待が・・・

もしかしたら「釣れるのかも?」

キス釣りは次回に持ち越しということで、

干潮前後まで粘ることに致しました。

こうなると赤竿2本では少し物足りなくなり、

一貫性のない私はマスキスのリールにPE3号を

120
m巻いた極細用スプールを取り付け置き竿仕様

に変え3本体制でカレイを狙います。

まぁ結果から申しますと・・・・

「洲本港でキス釣り・・・」でした。

6
時半に釣れたカレイのみで納竿です。

Img_1894

次こそはキス釣りに、引き釣り一本で・・・・

邪な考えで置き竿は持っていきません。

でもキス用の1本位は赤竿持っていこうかな・・・・

本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT
  
  トーナメントサーフ
T27-405 2本

リール:ダイワZ45-0.5PE
サーフベーシア

道糸:ナイロン6号・PE3

力糸:拙者の黒糸 ナイロン

天秤:拙者半誘導天秤、全誘導天秤

ンカー:無垢27

仕掛け:置き竿用2本吹き流し引き釣り用4本仕掛け 

針:引き釣り用拙者競技用キスリベロ67

  置き竿用
ササメ大キス(S)(M

下のにほんブログ村のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

2019初釣り淡路島越冬キス釣り1投目からGET

拙者ブログをご覧の皆様

新年明けましておめでとうございます。

去年の釣り納めでBOZUを食らった淡路島に

リベンジ釣行。調子の悪いカレイ釣りを諦めて、

埠頭から越冬キスを狙う計画で、淡路島へ行って

きました。淡路東側中央部には佐野新島・生穂新島

志筑新島・塩田新島4か所の埋め立て地があり

投げ釣りのポイントとして有名、

私は何故か足が向かなかったのですが、

砂浜から越冬キスを狙うほど遠投力がないので

水深のある埋め立て地の岸壁から、

キスを狙うことに、最初は佐野新島の南側運動公園

辺りに狙いをつけ、現地に参りましたが、

東側の海岸線に出ることはできたのですが、

テトラが入っており、還暦越えの釣り師には

危なそうでしたので自粛。

グーグルを見てテトラのない南側に向かったものの

車の入り方がわからず、次の生穂新島へ

風が少し強いので風裏の南側の岸壁に車横付けで

釣り開始。

Img_1875_2

Img_1876
三日月の横に星が月星マークの出来損ない・・・

今回は引き釣り用にマスタライズキスと

置き竿用にトーナメントサーフ2本体制、

クーラーもキス用のクーラーの軽装備で移動は楽ちん

ここがダメだったらさらに南へ下がるつもりです。

準備をしていると7時前少しずつアタリが

明るくなってきました。置き竿は用意だけして、

マスキスで2019年第1投・・・・

4
色半辺りから探りますと、3色に入ったところで

ガサゴソって感じの変なアタリが入りました。

ステイして様子を見ていると、

何となく引いている感じ???

軽く合わせると、結構な重量感。

キスではないことは間違いなし、

ハリス1.7号にエダス0.8

針は少し大きめのキスリベロ6号ですが、

どうにか切れずに岸まで回収

海面から姿を現したのは小さめですが何とカレイ

こんな細仕掛けで上がるのかどうかわかりませんが

タモは持ってきておらず周囲に釣り人もいません。

一か八かぶっこ抜き25㎝カレイでした。

Img_1877
Img_1883

キスの引き釣りでカレイとは、

しかし初釣りの1投目に狙った魚じゃないにしても、

今年は幸先よし・・・

でしたが、3色辺りで当たってくるのはチャリコと

トラギス・ハゼ、本命のキスのアタリもなく

9
時前潮が止まったのを機に場所を移動することに

風がいくらか和らいだので次は対岸の

志筑新島の北角から竿を出します。

Img_1878_2

津名港フェリーターミナルへ向けて置き竿を投げ、

引き釣り用の竿で探っていますと、置き竿の方に

コンコンとアタリが「おおっ!」初キスか?

しかしその後大きく竿がしなり、あわせを入れ

巻き取ると海面から少しサイズアップした

カレイの姿が、これもキスの置き竿用のハリス3

エダス1.5号の仕掛けですので、

慎重に取り込みますと33cmのカレイ・・・・

Img_1879
Img_1886

ちなみにエサは石ゴカイに食っておりました。

このサイズになると引き釣り用の細仕掛けでは

絶対上がらないので、引き釣り用に少し太めの

置き竿用の仕掛けで、あくまでもキスを狙います。

すると2色半を探っているとブルブルっと

待望のキスのアタリが、仕掛けを回収すると15cmのキス

Img_1882

さらに18cm3色から2色半を重点的に探っていると、

ゴソゴソと仕掛けを引き込んでいる感覚が伝わってきます、

まさかと思いましたが、少し合わせを入れると

「んんっ・・・外れた?」いや乗っております。

テンションを保ちながら巻き取ると海面から、

またまたカレイの姿が・・・・

Img_1881

「今日・・・キス釣りに来たよな???」

仕掛けもキス用の装飾で、エサもマムシと石ゴカイ

さらにクーラーもキス用、

去年末苦労したカレイが3匹・・・

これは喜んでよいのか???かなり微妙・・・

その後、欲深い私はキス用の針にマムシと石ゴカイ

のミックス掛けをしたカレイ仕様で、エサを浪費し

12
時前餌切れ納竿

結局、本命キスは2尾、カレイ3尾計5尾で初釣りは

終了いたしました。


Img_1888

本日のタックル

竿:ダイワマスタライズキスSMT、リール:ダイワZ45-0.5PE

  トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア


道糸PE0.8号・3

力糸:拙者の黒糸ナイロンテーパー

天秤:拙者半誘導天秤、全誘導天秤


ンカー無垢27

仕掛け:自作 置き竿用2本吹き流し

     引き釣り用4本仕掛け 

針:引き釣り用拙者競技用ササメ キスリベロ67

  置き竿用
ササメ大キス(S)(M

お年玉代わりにポチっとお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

12月30日今年最後の釣行in淡路島カレイどこに・・・

新年あけましておめでとうございます。

Img20190101_07374010_3

今年も拙者の投げ釣り関西エリアブログを

よろしくお願いいたします。

60
歳を過ぎると特に一年がたつのは早いものです。

今年最後の釣りもやはり淡路でカレイ狙いに行って

きました。

釣りニュースの予報では淡路島は8~14m/sec

北西風が強く、若干波も高い様子です。

日本海側は論外・・・

そして北淡の大磯の砂浜に行くことに致しました。

ここは海岸線まで山がせり出しているので、

多少の悪天候でも釣り可能・・・

以前カレイ2枚と75cmのスズキをGETしたポイント

なのですが、その後にBOZUを食らい安定感は今一つ

確実なのは仮屋漁港の小波止なんですが・・・

結構風が強い場所・・・

最近は車付けもよく、楽な釣り場をチョイスする

傾向にある私は迷うことなく、この風裏のポイントに

途中いつもの「さわむら」で餌を購入し到着は4

投げ師の姿はあまり見たことがないポイント

ですので少し仮眠をとり、

5
時半釣りの準備し

6
時前には第1投・・・

朝日が気持ちいい・・・

風はほとんどなく、

波も穏やか・・・

これなら仮屋でも釣り可能だったか?

本日は小潮で1回潮ですので、

5
17干潮から1453満潮まで、上げ潮

海のコンディションは上々・・・

Img_1862

今日は大漁の予感がしておりました。

7時過ぎてかなりエサ取りが激しくなり、

仕掛けを10分置くと房掛けした青虫

(竿4本×吹き流し2本×5匹 計40匹)+マムシが、

きれいさっぱりと無くなります。

15
分毎に餌を付け替えるマシンガンショット・・・

大目に購入した青虫がどんどんなくなりますが、

エサ取りがいなくなる瞬間が来ることをあ信じて

投げ続けます。

Img_1864

8
時竿先はフグの小さなアタリを捉えるも、

カレイのアタリは無し・・・

9
時餌箱の青虫は半分に、

エサ取りはさらに激しく・・・

Img_1865

10
時餌箱の底が見えてきました。

釣れるのはこいつばかり・・・

Img_1870

11
時半ついに餌箱が空になり納竿・・・

Img_1867

同時刻先日の広島N井氏は、山口県周防大島に

越冬キスを狙っているらしい。すると、

貧果で心が折れそうな私に、心ばかりの皮肉と共に

このような画像が・・・・

Img_1872

そしてさらにこの様な画像が・・・・

Img_1874


来年年明け早々キス釣りに行くぞ( ノД`)シクシク…

下のにほんブログ村バナーをclickお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

12月23日広島N井氏と淡路島カレイ釣り勝負

広島N井氏が先週仕事で来阪しており、

カレイで勝負と連絡があり、胸を貸すことに

致しました。場所は淡路島カレイを含めて

クーラーインの数勝負です。

彼は土曜当日は夕方まで仕事

尼崎のサワムラ最寄り駅の阪神武庫川駅で

待ち合わせでしたが、何やら甲子園を

見たいと注文があり午後7時甲子園駅で

待ち合わせ、甲子園の外壁を触ってきたと

車に乗り込んできました。

「野球ファンの気持ちは良く判らん!」

とりあえず夕食を食べるため淡路サービス

エリアに寄りましたが、気になっていた

天候は風もなく明日は釣り日和になりそうです。

風の影響がありませんので、東・西側どちらでも

良かったのですが、遠来のゲストに対して、

BOZU
は失礼と実績場の南淡福良港で勝負です。

まぁ私が良型を23匹釣りあげ、彼がカレイと

名の付く魚を1匹程度釣らせて、私とのレベル差

をまざまざと見せつけようと計画しております。

福良港に着いたのは、午後9時過ぎ第1候補の

沖水産の前は、先々週に引き続き中央岸壁に

作業船が停泊しており、両角部しか空いて

おりませんが、先客は無し3週間前にカレイが

釣れた北側の角に釣り座を構えて、

先端ポイントには私が、彼は少し砂置き場側の

ポイントに入りました。

Img_0308_2


彼は出張で来阪ですので防寒具、釣り道具一式

トーナメントサーフ3本とリールのセットを貸与

私は置き竿で使ったことの無いキススペシャル

マスタライズキス・
サーフランダーに

替えスプールに強引にPE3130mを巻き、

多少違和感はありましたが、

夜釣りは、68号の五目仕掛けでクーラーに

入る魚を狙います。

最初は彼が15cmのカサゴ、

Img_1844

さらに18cmのカサゴを

釣り上げましたが、厳正なる審査でクーラーイン

ならず、さらにセイゴの25cm

Img_1842


これもクーラーインならず、開始早々N井氏は

飛ばしておりますが、彼は私より20歳近くも年が

下なのに、爺臭い奴で11時過ぎたら眠たくなり

車で寝ることは判っているので、

こちらはじっくりと腰を据えて・・・・

午前12時半案の定、彼は車の中で爆睡中・・・

すると私の竿がググっと沈み込み、

巻き上げるとセイゴの2連・・・・

Img_1845
ぶれておりますがセイゴの2連なんです

さすがに20cm満たないセイゴをクーラーに入れてたら

後で何を言われるかわかったもんではなく、

泣く泣くリリース・・・

するとN井氏の竿が微かにお辞儀をしており、

彼は車の中で爆睡中・・・・

彼には黙って巻き上げに掛かります、

厳正なルール上これは私の獲物です。

こっちの竿に掛かっていたと言い張れば良いだけです。

しかし釣り上げると小さなガシラ・・・

「ケッつまらん!!」

しかし優しい私は、彼の竿のエサを付け替えて

彼の飛距離を考えた距離に投げ込み

6本の竿でクーラーインできる私の獲物を

待っていると、キススぺがゴンゴンとお辞儀、

合わせを入れ巻き上げると結構な重量感と

引き・・・クーラーインサイズは間違いなし

暗い海の中から上がってきたのは、

極太のアナゴ(推定55cm)し
かし持ち帰った後に

捌くのが大変・・・

Img_1846

泣く泣くリリース、

それからさらにアナゴラッシュ・・・

さすがに疲れて、私の竿だけにエサを付け替え

午前2時半車の中で仮眠することに・・・

少しウトウトとした時に、何やら

「ブゥーー!」と異音が・・・

発生源は間違いなくN井氏・・・・

こいつ密室で屁をこき上がった・・・・

たまらず車の外へ退散・・・

ついでに竿の様子を見て、再び車の中へ、

またウトウトしかけたら今後はゴゥゴゥと

イビキ・・・これがうるさい・・・

午前3時寝るのは諦めiPhoneで本を読んでいると

「ブゥーーー!」またまた屁をこきやがった

午前5時半何事もなかったような顔で車から

出てきたN井氏とカレイ釣りの仕掛けに変更

今回本命のカレイ釣りをスタート、

福良港の満潮は720分上げ潮の時合

ここから1時間半程度が第1回戦・・・

しかしお互いエサ取りが多く、

手返しに終われる状況そんな中、1匹目は何と

N
井氏の竿に、それもガシラを狙うため真下に

投げ込んだ竿(推定飛距離3m)にアタリが

竿先を注視するとググッとお辞儀・・・

明らかにカレイのアタリ、37cmのマコカレイが

海の中から、生意気にも私にタモ入れを要求。

優しい私はゆっくりとタモを用意、

不運にもタモの中にカレイが入ってきて、

クーラーイン第1号はN井氏のポイント

Img_1847
37cmマコカレイ

今が時合とすかさず3本の竿に大量の青虫を

房掛けした仕掛けを5m付近にポチャッと

手前はフグの活性が高く私の竿にはフグばかり

その10分後またまたN井氏の竿にアタリが入り

30cm
のマコカレイ・・・

Img_1850
30cmマコガレイ


「何故あいつばかりに!!」

その後完全に沈黙・・・・

干潮12:42までまったりとした時間が流れます。

11:52
エサのチェックをするためにサーフランダー

を上げてみると・・・

なんか重い・・・

しかも生体反応あり、

しかしどう考えても小さい・・・

海の中から先のカレイと明らかにサイズが違う

ちっちゃなカレイらしき魚が上がってきました。

黙ってクーラーに入れようとするところをN井氏に見つかり

「はははっ・・・ちっちぇーー!」

Img_0310
25cmマコガレイ

ぬかしやがった・・・・!!!

しかし時合が来たことは間違いなし2回戦突入、

前回同様にエサをたっぷり付けて投げ込みます。

しかし私の願いもむなしく、

反応のないまま午後1時過ぎ、

またまた沈黙の時間が・・・・

エサも残り少なくなり、

最後の1投に願いを掛けキャスト、

午前1時半過ぎてアタリの兆候もなく納竿・・・

敗北感を感じながら、微かな望みと再度のドラマを

期待して1本づつ竿を片付け、

最後に残ったサーフランダーを手に持つと

「んっ・・・・?????」

重い、さらにグイグイと反応が、

しかもかなりの重量感、

大逆転のドラマを見せるために、竿を片付けていた

N
井氏を呼び寄せ

「見たかぁ・・・!」

「おおっ魚付いとるなぁ・・」

ヨンマルで大逆転じゃー!と話していると、

モノは海面に上がってきました・・・・・・

良型フグの2連・・・・

Img_1851
デカフグの2連・・・なんで?

この先何年もネタになりそうな事をしでかして

しまった・・・・

今日は私の日では無かったってことで・・・

車中の屁とイビキで睡眠不足で集中力がなかった

等とは言い訳いたしません。


潔く敗けを受け入れることに致しました。



本日のタックル

N井氏)


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1セット

私ののタックル

竿:キススペCX405+リールキススぺコンペ

  マスキス27-405+トーナメントサーフ0.5PE+

  サーフランダー335FX+パワーエアロ

地元で惨敗・・・下のボタンをプチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

12月8日自然には勝てませんpart2

128日今週末の予報は晴れ、但し強風

日本海側北西風1115m/sec、瀬戸内側

北西の風1012m/sec

「うーーーーん、無理じゃん!」

でも「釣りに行きたい!」

てっ言うか昨日仕事で尼崎の近くを通った時に

「さわむらさん」で青イソメ、赤イソメ、マムシ

4000円分をすでに購入済み。

要するに昨日から行く気満々、

風は強いが淡路島東側ではフォローの風、

初ポイントですが阿万海岸に行く事に致しました。

一昨年より護岸工事が始まっており、

そろそろ終了していると思っておりましたが、

午前4時半ポイントに到着すると、

まだ工事立ち入り禁止の看板が・・・

そして体が押されるほどの西からの強風

しかも海には白波が立ってとても投げ釣り

は出来そうにないし、

しかも結構寒い・・・

しかし高速代ガソリン代にエサ代

今更止められない・・・

この状況では福良湾も無理っぽい・・・

海岸に出てみると高いテトラが砂浜に

ズラリと並びとても無理、

グーグルで見てみると南に下がると

流れ込みのところにテトラの隙間あり、

丁度駐車スペースもあるし、とりあえず竿を

出すことに、

真っ暗の中釣りの準備を終え第1投目

西風に仕掛けが真横に飛んでいく感じ、

本日の貧果は決定・・・

Img_1830

ヨンマルなんてことは言いません

せめてこんまいカレイ1匹でも・・・

釣れんかなぁ・・・

しばらくしてエサチェックのため仕掛けを

回収すると3本中2本が根掛

力糸からプッツン・・・・

「ガクッ!!」

それでも根掛のなかった西側へ仕掛けを

投げ込みましたが、結局風と潮流に

またまた流されて根掛・・・

どうにもこうにも・・・

少し明るくなりましたので海の状況を

見てみると、こりゃ根掛するわ・・・

正面から左右まるでシモリ帯にせっせと

仕掛けを投入していたようです。

6
時半モチベーションもテンションも

なくなりましたが、根性で砂浜を歩き

シモリ帯のないポイントまで重装備を

持って移動、3本を投入して、

砂浜までせり出ている崖のくぼみで

寒さと風をよけて竿を注視。

Img_1828
Img_1829
崖のくぼみから・・・

まさに苦行でしかない・・・

100
%坊主決定の惰性の釣り・・・

8
時半もう限界・・・

道具を片付けに掛かります。

エサはほとんど消費していない。

車に道具を積み込み、未練たらしく

車横付けだったら釣り可能ではと、

沖水産に向かうことに、到着すると釣り人の

姿無し、当たり前か・・・

風は幾らかマシな程度、

Img_1831

しかし車の中に退避可能な状況に少し

モチベーションが上がり、道具の準備。

強風で竿立てから落下すること2回・・・

それ以外全く竿先はピクリとも動かずではなく

強風にあおられてバタバタ揺れております。

アタリすら判らない。

それでも11時半まで粘りましたが、

エサチェックの回収時にフグが2匹と

ベラ1匹が針についてただけ、

何とかエサが残り少なくなった12時納竿です。

仕掛けの長さや装飾を考えても、

この状況では何とも、やはり自然には勝てない

風があるときは釣りに出ない・・・と


竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア×2

  トーナメントサーフT27-405+キャステズム×1

仕掛け:吹き流し2本針、先錘2本針

モトス:6~8号

枝針:ホンテロン3・4

下ハリス:フロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

12月1日自然には勝てませんpart1

週末、淡路か明石に釣行予定を考えておりましたが

ウェザーニューズ、釣りニュースの天気予報によると

日本海・瀬戸内側いずれも10m/secを超える強風の

予想で、波も高い北西の風で日本海側は無理、

淡路島にでもと早朝2時半起床で外に出てみると

結構な風、
高槻市でこの風なら海沿いは推して

知るべしってとこ・・・

釣りは諦め自宅でカレイの仕掛けを作ることに

致しました。私のカレイ仕掛けは、遠投用の吹き流し

と近投用の先錘天秤をメインで使っております。

これにシモリ際様に捨て錘仕掛けをアイナメ釣りと

共用しております。

自作なので装飾や全長は海の状況に合わすことも可能

まぁ!当初は市販の仕掛けが「高い!」

と考え作り始めたのですが、釣りクラブ等に入った

ことのなく、人の言う通りすることが嫌いな

へそ曲がりですので、ネットや雑誌等からの

見よう見まねで作っておりましたが、当初はハリス

の結び方が悪く緊結強度不足でお魚ちゃんを

逃がし悔しい思いをしたのですが、最近はヨンマル

のチヌや
70cmスズキを釣り上げ強度不足も解消。

特にカレイ釣りの仕掛け造りは結構楽しく、

ある意味実釣よりはまっております。

波の荒いとき、波のない時、食いが渋い時等

一つとして同じものがない仕掛けですので、

釣り場での自由度が高い!!

と言いながらもまともな釣果が残っておらず、

全く説得力はないのですが・・・

とにかく折角朝早く起きたので、今シーズン用

のカレイ仕掛けを作成することに致しました。

当初は仕掛け巻きに巻いて収納してましたが、


3
年前よりくせが付くことと使い捨て可能、

そして何よりも安価なビニール袋を使っております

(釣り場には捨てないで持って帰っております)

Img_1757

Img_1758
先錘天秤

Img_1760

Img_1761
吹き流し段差仕掛け

Img_1763
吹き流し二股

Img_1759
最終的にビニール袋に収納しています。

本日のタックル

Hapyson」太針針結び機

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

11月23日淡路島カレイ釣り2戦目・・・

3連休の初日、2日連続で釣行を目論んで

おりましたが、中日の土曜日はどうしても

外せない所用が出来ましたので、

初日のみの釣行となりました。

天気予報では日本海側は北風が強く、

釣りにならない様子でしたので、

明石大橋を渡ることに致しました。

いつものようにさわむら商店でエサを購入。

淡路SAに着くとやはり北西風が強い!!

西側は諦めて東側か南淡か?

午前3時半まだ早いので大丈夫だろうと、

先日の沖水産前に行く事に午前4時半

現地に着きましたが、先週と同じく

大きな船が停泊しており、竿が出せる両隅

には先客さんがいらっしゃいました。

そうなると津井の浜は風向きが悪くNG

よく考えると淡路島の特に南淡のカレイ

ポイントをよく知らないことが判明

北淡の実績場に行こうにも折角ここまで

来たのにという気持ちが邪魔を・・・・

それなら新規開発と言ってもキス釣りと

違い重量物の運搬が必要なカレイ釣りで、

頻繁に場所移動できないので、車を止めて

グーグルでチェックすると、先日キス釣り

で足を向けた吹上浜がヒット、

型物は出ないがそこそこ釣れている様子

しかも車は砂浜脇の道路に駐車可能。

この時間まだルアーマンは少ないだろうと

車を走らせました。

午前5時吹上浜に到着。

Img_1748

思った通り広い砂浜には数人のルアーマン

しかいません。

情報によるとカレイは西側のシモリ付近から

中央付近までが好ポイントらしい。

車を止めた真正面がちょうど良さそうな場所。

荷物を担いで波打ち際まで徒歩50

ラクチンラクチン・・・

これで釣果が残ると最高ランクのポイント。

赤竿3本に吹き流し2本針を付けマムシ+

青イソメの房掛けをたっぷり付け

フォローの風に乗せ70m~100m付近に

方向を変えキャスト、本日は大潮6時半が

満潮、おそらく潮が動き出す8時位から

時合いが始まる・・・

現在6時前、海は風に煽られ白波が立っており

ヨレどころか潮目も判らないなんとなく、

嫌な予感が・・・

Img_1749

Img_1750

エサチェックしてみるとキャスト時に千切れた

だけで、全部の針に残ってきます。

お魚ちゃんの反応は全く・・・

風が強く結構寒い・・・

モチベーションゲージが下降。

釣りパラダイスで記事を書かれている

アトミックライダーテスター東さんと

釣行前にメールを交換したのですが、

土曜日に東二見に行くとの事、

同行したかったのですが、

所用のため断念・・・。

周囲はルアーマンばかり投げ師の姿は全く

一人ポツンとクーラーに座って竿先を見つめ

頻繁に誘いをかけても、エサが残ってきます。

手の打ちようがありません。

北淡の実績場に場所移動を考えましたが、

道具を片付け移動さらに道具の準備を考えると

1
投目まで少なくとも2時間はかかる

一番美味しい時合を外すよりも、

ここで我慢した方が・・・・

そして我慢を重ねて午前8時半

待望のお魚ちゃんからのシグナルが

竿先がコンコン、コンコンと明らかに

風とは異質な反応が、竿先に集中、

グググッと引き込まれ、さらに竿尻が

ガタンとドラグを締め合わせると、

お魚ちゃんの重量感・・・

乗ったーぁ!!!

グイグイ首を振って抵抗????

んっ?首を振る???

明らかにカレイとは様子が違う、

嫌な予感が・・・

リールを巻いている間も抵抗が激しく、

ドラグを少し緩めて対応・・・

それでも大物君とのやり取りは楽しい、

頭の中にはネット記事が渚釣りでチヌも

釣れるという文字が浮かぶ・・・・

数分後波間から上がってきたのは、

案の定42cmの黒い奴でした。

Img_1751
Img_1752

一瞬の盛り上がりでした。

最後はやけくそで青イソメ10匹を房掛け

にして、海にまき散らしながらキャスト

強引にエサ切れ納竿。

久しぶりにお土産なしで帰路につきました。

ちなみに前述の東さんは土曜日に東二見に

行きヨンマルを含めたカレイ3枚良型キス2

とアイナメ1匹・・・・さすがです。

本日のタックル


竿:
トーナメントサーフT27+サーフベーシア2セット

  トーナメントサーフT27-405+キャステズム

仕掛け:吹き流し2本針 モトス6~8号

    枝針ホンテロン4

    下ハリスフロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215

お土産なしの釣行でした・・・せめてポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

11月17日今シーズン初カレイ狙いby淡路島南淡

今シーズンは落ちキス・越冬キスをメインに

行くつもりでした。しかし「なんだかなぁ!」

の釣果ばかり、数はおろかサイズの方も芳し

くない。

今週末は気分転換に淡路島南淡にカレイを狙

いです。

去年から3連続釣果ありでそこそこの実績が

あって、何といっても車横付けのラクチン釣り

ができる福良港沖水産の岸壁に行く事に致しま

した。

早朝2時半に自宅を出発

夏場は日本海側メインですので久しぶりに

尼崎の「サワムラ商店」でマムシと青イソメを

購入、

やはりここは活きが良い!


おまけに安い!


明石大橋を渡り高速を南下して南淡方面に、

最寄りは西淡三原ICですが、ナビの到着時間に

ほとんど差が無い洲本ICで高速を降り福良港へ

午前4時沖水産の岸壁に着くと大きな作業船が

横付けされていて、いつもの釣り座では釣り

はできません
(;ω;)

仕方がないので北側の岸壁から真っ暗な中釣り

開始。

Img_0229

最初は置き竿で良型キス狙いのササメ大キスM

2本針3セットで3色の距離で投げ、少しずつ

仕掛けを移動しながらアタリを待ちましたが

不発。

次は前後に遠中近投で投げ分けて、待っていると

3
色位に投げ込んだ竿にコンコンとアタリが、

少し間をおいて巻き上げると20cmのキス

Img_1693

さらに近投の竿をエサ確認するため仕掛けを

回収すると「なんか重い?」

しかしお魚ちゃんの感触ではないけど生体反応を

微かに感じる・・・

「カニでした!」

Img_1694

それなりに大きいので持ち帰ろうかと思いました

が・・・

料理方法不明・・・

針を取ろうとするとハサミを大きく広げて私を威嚇

「目が怖い・・・!」

「何もしないから海にお帰りください!」

リリース

3
本を投げ返して車の中に戻っていると、

急に眠気が・・・・iPhoneのタイマーを20分にして

目を閉じていると・・・

いつの間にか熟睡・・・

タイマーが鳴り外の見てみると


「んっ・・・?????」

竿立てが倒れ、重しのバケツがひっくり返って


竿が1本見えない・・・・

「ゲッ!
・・・」

知らぬ間に大きなお魚ちゃんから反撃を受けていた

様子・・・しかしよく見ると、係船ロープの間に

かろうじてリールのハンドルが引っ掛かり今にも海に

ダイブしそうなトーナメントサーフとリール一式、

すぐさま手を伸ばし大事には至りませんでした、

しかも幸運なことにまだお魚ちゃんが掛かったまま、

それもすごい引き・・

真鯛かチヌかそれともエイかサメかただの勘違いか

・・・いやゴンゴン引っ張り込む引きはおそらく

「これは真鯛だ!!・・・・・」

  おそらくですけど・・・

ドラグを緩め長期戦の構えに、

なるべくテンションを保ちながら、ハリス3号に

エダス1.5号の細いキス仕掛け無理は禁物、

珍しくタモを用意も万全・・・

「おおぅ!久しぶりの大物ゲットじゃー!!!」

とテンション急上昇・・・

残りは後1色半+力糸・・・・

もう少し・・・しかし大物君の抵抗は全く落ちない

今まで逃した大物君の中でも最高クラスの引き・・

今回は釣り上げるぞーーー!!!

慎重に巻き取りながら・・・


「あと半色じゃー!!」

もう少しで久しぶりの大物ちゃんとご対面・・・

頭の中はゴーマルオーバーの
真鯛ちゃん

刺身に煮つけに、鯛飯もいいなぁー!!

いやいや・・・ゴマダレを掛けたタイ茶漬けも

おおっ・・ゴーマルなら半身で分ければ

フルコース・・・・も・・・


「ブチッ」

「エッ!」

仕掛けを回収すると下バリとハリスの結び目が

切れておりました・・・・

茫然・・・・

立ち尽くしていると、

横の竿がゴンゴン・・・

慌てて竿を上げますとお魚ちゃんの感触、

竿をグイグイと引き込みますが、先ほどの大物ちゃん

とは全く違う重さ、リールをゴリ巻きしぶっこ抜くと

30cm
の小さなメイタ・・・・

Img_1696

お前じゃない・・・とリリースいたしました。

まぁ竿とリールを海にリリースしなかっただけでも

良しとするか・・・・7時過ぎて陽が上がりアタリ

が明るくなったので、キス用の仕掛けからカレイ釣り

の仕掛けへ変更

本日のメインターゲットのカレイを狙います。

Img_1698

針はカレイイレグ、シーフォースサーフ、ビッグ

サーフ、カレイSML1215号の2本針

仕掛けは吹き流し2本と、先錘1本で、

淡路のマコガレイゲットを目指し第1投、

当日は長潮で干満は1周だけの11回潮の日、

干満差は激しくなく10時ごろからゆっくり

潮が動き始めます。

微妙な時合いが長く続くのが、どう釣果に影響

がでるか?

8
時すぎにカレイ釣り開始、

10
分に1回程度仕掛けを動かしながら、

エサ取りは居るみたいですが、予想通り

お魚ちゃんの活性は低く

まったりとした時間が過ぎていきます。

そして10時過ぎようやく3色位に投げ込んだ

竿がお辞儀をはじめ、しばらく見ていると

糸が弛みだしたので、合わせを入れて

巻き上げると、微妙なカレイの重量感・・

海面に出る前に少し締めこんだだけで、

あっさりと上がってきます。

Img_1699

26cm
のこんまいカレイ・・・

Img_1700


煮つけ用にクーラーイン、

さぁー!!時合だと3本の竿にマムシと

青イソメ6匹のミックス掛け

2
本針+段差仕掛け計3本に山盛りのエサを付けて、

先ほどアタリのあった付近に投げ込み、

竿先を注視・・・・

・・・・・・・・・

立っているのもきついのでクラーに腰かけ、

竿先を注視・・・

・・・・・・・・

さらにお尻が痛くなったので、

車のシートに座り窓越しに

竿先を注視・・・・


午後1時まぁ・・・

BOZU
でないだけ良しとするか・・・

20cm
キス1匹、26cm真子カレイ1

貧果に終わった今シーズン最初のカレイ釣りでした。


Img_1701
持ち帰りはこの2匹だけ・・・・

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2本

  トーナメントサーフT27-405+キャステズムGD1本

  
3本体制

仕掛け:吹き流し2本針、先錘2本針

モトス:6~8号

枝ス:ホンテロン4

ハリス:フロロ45

天秤:拙者全誘導天秤

シンカー:
カゲヤマキャストシンカー「無垢」2327

針:カレイイレグ1215号、デルタカレイM

  シーフォースサーフ1215

さみしい釣果に激励でぽちっと・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1_by 釣りバカ