« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

「いやぁ・・寒いっス!!!」

冬だから当たり前と言ったら、それまでなのですが・・・

先々週の大寒波襲来!!!

Img_0095
殆ど雪の積もらない高槻市でも・・・


先週は風邪・・・くしゃみと咳するたびに、手術痕がとても

釣りに行ける状態ではなく
今週こそはと思ってはいたので

すが・・・

前回の釣行でタックルの方は何とかメンテは終わりましたが

実は余りの寒さで、クーラーを洗っておりませーーーン!!

釣行後軽く水は掛けたのですが、クーラーの底には

嫌な色の物体が、、、、

軒先に佇むクーラーを見ながら、今週末はと思いながら

今日になりました。


週の中頃は天気が良ければ、

「淡路島の福良にアイナメを狙いながらカレイが・・・」

「洲本港・仮屋・久留麻アタリで、越冬キスを狙おう」

と考えるのですが、

今週末はやはり暖かい家の中で、仕掛け作りとあいなりました。

先週愛用しておりました「針結び機」がついに壊れました。

十数年間壊れもせずせっせと針を結んでくれたのですが、

針止が甘くなり使えなくなりました。

Img_0102
まだナショナルのロゴが入っております

拙者の投げ釣りで細糸用太糸用を購入致しました。


Img_0103
左が太糸用、右が細糸用

私は10
号以下は針結び機を使用

それ以上は手結びで仕掛けを作っていたのですが、

年々悪くなる視力、どんくさくなる手先・・・

で、太糸用を試すことに致しました。

使い始めは「何だ手結びより遅いじゃん」

でしたが、そこは機械、操作に慣れてくると、

早くしかも確実に針が結べていけます。

もう少し早く買っとけばよかった。

こうなると仕掛けが作りたくてウズウズしてきます。

何処かのブログで読みましたが

「キスの仕掛け作りは修行だけど、

カレイの仕掛け作りは楽しい」私も同感です。

暇つぶしにネットで「カレイの仕掛け」と画像検索したら、

結構皆さん派手派手仕掛けを作っているのですね。

「こりゃ派手さが足りんか」

派手派手仕様のさらに上を行く、

「超派手派手仕掛けを」作ろう・・・

タックル用の引き出しを開けると肝心の針の在庫が

無くなっておりました。

それもそのはず、去年末からカレイ仕掛けの在庫は

すでに100セットを軽く超え200セットに迫る勢い、

Img_0107
仕掛け入れ

Img_0108
ストックボックス

「流石にもういらんじゃろ」

とカレイ針を注文していませんでした。

しかし一度火が付いたら止まらない性格の私は、

「1年使わなかったらもう使わん」

去年春先に根魚用に作った仕掛けを取り出し

バラシに掛かります。

Img_0109

こうなるとほとんど病気・・・


てな具合でカレイ吹き流し用仕掛けと段差仕掛け

先錘仕掛け計20セットを作ってしまいました。

数えてみると
215セット

「春先の花見カレイが楽しみじゃ・・・」

恐らく再来年まで大丈夫・・・・

Img_0104

Img_0105

Img_0106
うーーんまだ派手さが足りんか?

前回の周防大島の釣果がちょびっと「釣り画報」に掲載されました。

170123_082123


早く釣りに行け!と思った方は

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年1月11日 (水)

カレイ釣り 周防大島遠征その2

2日目午前5時起床、部屋の中にいても、風の音と

雨の打ち付ける音が聞こえます。

それでもN氏はやる気満々です。

(キス1匹ではご家族のカルシウム摂取は不可能)

やはり北東の風が強く、周防大島の西側にあるポイント限定で、

検討していると、良型キスの好ポイント
「水産試験場の岸壁」

に行くとN氏が、但し去年の話らしい、私はキスのいる場所

はカレイがいると考えており、この天候だとどこに行っても、

貧果に終わることは必至

中止も頭を得ぎっていたところですので

あっさり賛同致しました。

フロントガラスを雨粒がたたく最悪のコンディション中、

水産試験場に到着、雨は相変わらずだし、風も強い

しかも時より西風も吹くので、投げにくい状態、

Dsc05395
水産試験場前の岸壁

私はトーナメントサーフ3本を投げ込み、竿は放置し

あったかい車に避難

タイマーを25分にセットしタイマーが鳴ると竿を点検に

行くといった横着釣り

2
回目の打ち返しの時に近投の竿を巻き上げていると

お魚ちゃんの抵抗が、巻き上げると良型21cmのキス

N
氏が休憩中している車のフロントガラスに、釣れたキス

を引っ付けますと、車から出てきて、キスの引き釣りの

用意を始めました。私はこの時期のキスが置き竿で

釣れたからって、引き釣りで簡単に釣れるかと、

私は車の中へ、数分後私の車のフロントガラスに

連掛けしたキスがブラブラと・・・・しかも2匹とも良型

N
氏「久しぶりのキスの感触じゃー」

私「どうせそれで終わりじゃー!」

寒さと雨に負けて車の中にとどまっていると、

さらに数分後、今度は再度ウインドウ越しに

良型キスの3連掛けを見せにきて

N
氏「これでも釣らんかぁ!」

これは本物良型キスの群れが接岸しとる。

車の中でゆっくりしている場合ではないと飛び出し

去年暮れに届いて、使用できずにいた

NEW
キススペシャルを掴み、雨の中の投魂注入

することに致しました。

Dsc05396
雨の中初キャストするキススぺ

置き竿と比較して当然固い竿なので、

キャストすると手術跡が引き攣る様に痛いのですが、

N
氏によると3色位から1色までの広範囲で釣れるらしいので、

何とか我慢しながら竿を振ると、着底後半色サビくといきなり、

グググィッとキスのアタリが、ステイして追い食いを待つと

直ぐに2匹・3匹目と追い食いしてきます。巻き上げると

良型の3連、さらに単発、チャリコ含みの5本針パーフェクト・・・・

Dsc05398
良型キス3連

Dsc05399
良型キス4連+チャリコ

Dsc05397
良型キス単発

とてもこの時期のキスの釣れ方ではない・・・・

その後も2~3匹の良型キスが釣れるのですが、

体の方が寒さと痛さで根を上げてしまい1時間くらいで

車の中へ避難
その後体が温まったら、

車から出て、冷え切ったら車に戻る

を繰り返しながら15~21cmの良型キスをGET

ついでに置き竿にちびカレイが付いていましたので、

N氏も小さいながらカレイを上げた事で、

カレイも釣れるポイントではないでしょうか?

N
氏も最大24cmの良型キスを含め24匹の良型キスを釣りあげ、

さらに置き竿でカレイの20cmを釣りあげて、家族のカルシウム

摂取に十分な釣果を上げました。

Dsc05401
私の釣果

Dsc05402
N氏の釣果

Img_0007

ニュータックルのキススペシャルですが、

正直この体調ではなんともコメントのしようがありません

とりあえず投げてみたで終わってしまいました。

竿先の感度も今回は、キスの活性が高く前アタリもなく

いきなり食い込んでくるため、繊細な前アタリを感じることもなく

終わりましたが、休憩しながら2時間位竿を振りましたが

ポテンシャルの高さは感じ取ることが出来ました。

釣行当日潮回り

若潮満潮:543.1719

干潮11272405

潮位差は約1.2m


本日のタックル竿

置き竿
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット 

トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア1セット

仕掛けカレイ用吹き流し

モトスササメ達人直伝・投魂ライン8号 (赤)

エダス 拙者ケイムラハリス4
 

針 
ササメ デルタカレイM ササメ 改良カレイイレグ13・14

仕掛けキス用吹き流し

モトスササメ達人・投魂ライン6 (黒)

ハリス 拙者ケイムラハリス2.5
 

針 ササメ大キス(S・M

引き釣り用タックルシマノキススペシャル 

リールシマノキススペシャルコンペエディション 

仕掛けモトス22本撚り砂づり一体

枝ス 
枝ス付き針拙者競技モデル糸付き針 
    ダブルケイムラ&朱塗りbyササメキステック
    Fusso 連結仕掛け


Dsc05403

Dsc05404



快気祝いでポチッと

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年1月 9日 (月)

カレイ釣り 周防大島遠征その1

手術後2カ月ぶりの復活釣行です。

ここ十数年仕事で2週間程度は釣行を空けることは

ありましたが、2か月間も空けたことはなく、気になる

のは釣行日の天候ですが、なんとしても良いコンデ

ションで楽しみたいと考えていたのですが、数日前の

天気予報は北東の風が強く雨のち曇り・・・・

まぁ自然が相手なので、どうしようもないのですが・・

せめて豪雨にならないことを願うばかりでした。

釣行日の1日前に周防大島の「大観荘」に前泊し


風呂で体を温めると手術跡の痛みが治まるので

湯治も兼ねて少し贅沢に露天風呂付きの客室に致しました。

Img_0093
露天風呂の目の前が海

到着は遅かったのですが、寝るまで計5回入浴

明日の釣行に向けてコンデションを整えました。

Img_0004
2日間のポイント

午前4時起床で同行者N氏との待ち合わせ場所の

沖家室島郵便局前の海岸に向かいました。

今回は重たい荷物を持っての釣行は無理ですので、

出来れば車横付けできるポイントをとN氏にお願いし、

風向きを見ながら数か所のポイントを考えておりましたが、

1日目は天気予報に反して西寄りの風で天気は晴れ

但し海上の波は高く少し沖には白波が立っているコン

デションです。


Img_0009
沖家室島郵便局前


沖家室島は島中がカレイの好ポイントで、島に掛かる

橋の下が1級ポイントなのですが、

少し駐車場から離れており

同行のN氏もまだ到着しておらず、荷物持ちがいないので

郵便局前に釣り座を構えました。到着は5時まだ暗い中、

道具の用意をはじめ5時半釣り開始

置き竿にカレイ吹き流し3本針段差仕掛け

先おもり2本仕掛け、カレイ吹き流し2本仕掛け

キス吹き流し2本針仕掛け

計4本でお魚ちゃんを狙います。

当日の潮回り

長潮


満潮:
4:2716:16

干潮
10:0823:05

潮位差は約
1.1mです。

朝マズメの時合は6時過ぎから8時過ぎ、

もし釣果が出なかったら9時位に場所移動を予定

少しずつ仕掛けの位置を変えながら、カレイのアタリ

を待ちますが、エサは付いたままで上がってきます。

その内N氏も到着して二人で釣りを続けますしたが、

陽が出てきたら少しエサ取りの活性が上がりだし、

手返しを頻繁に行いますが、全くアタリは無し

たまに針に掛かる海毛虫を外しながら釣りをつ

続けていますと、

小さなアタリの後、直ぐググッと竿先が沈み込んだので

合わせを入れ仕掛けを回収すると

良型の22.5cmカワハギ、肝パンで美味しそうです。

Dsc05379

Dsc05388_2

その後全くアタリは無く、

海毛虫が釣れるだけ、しかし結構、潮の流れが

あるところなのに海毛虫は居ます。

まぁこんなもん捕食する魚は居ないだろうし、

天敵なしで増え続けているんでしょうね・・・

と思ったら魚は食べなくとも物好きな人間が食べて

おりました。

詳しくは下をクリック(少しグロです)

海毛虫を食べてみました。

話は釣りに戻りますが結局同行のN氏にも釣果は

無くカワハギ1匹のみで、午前10時場所移動です。

Img_0008_2

橘港の波戸先を目指しましたが、先客ありでNG

N
氏が大型カレイの実績ありと太鼓判を押す

押前鼻 北側の浜」の波戸が空いていましたので、

釣り座を構えることに、何本かある波戸の南端の波戸

が良いというのですが、無理したら二人は入れない

ことはないのですが、N氏は南端の波戸を私に譲ってくれ、

他の波戸に向かいます。

Dsc05380
私の入った波戸

Dsc05381
N氏の入った波戸

ポイントを何か所か偵察したので、釣り開始は11時、

私は置き竿4本に吹き流しのカレイ2本針仕掛けと

段差仕掛け2本で、とにかくカレイを狙います。

Dsc05382

しかしここにも海毛虫が・・・・頻繁に打ち返しますが、

高いエサ取りの活性と海毛虫に悩まされます。

釣れたのは顔が怖いので海にお帰り願った38cmのエソ

すると12時を過ぎてN氏から電話、「釣れたぞ!!!」

の連絡かと思いきや「カップヌードル食べる?」

お腹もすいたので、仕掛けを投入したままN氏の

車へ向かいます。コンビニで買ったおにぎりと

カップヌードルを食べながら、お互いの貧果を称えあいます。

40
分後エサも買い足さなければならないし、

3
時位の納竿を確認して、釣り座に戻り港内方向に

投げ込んだ竿から、エサの交換と思いましたが、

合わせを入れ巻き取ると、なんか重い、しかも

お魚ちゃんの手ごたえを感じる・・・

さらに途中に締め込みがあり、カレイ確定・・・

竿先が大きく曲がり、かなりの大物の予感

タモはN氏が持っており、こちらはタモなし、

どうしようもなければ、砂浜が近いので砂浜に

寄せて取り込めば良いので、ゴリゴリとリールを

巻きます海面に姿を現したのは、

上針に良型マコカレイよく見ると下針にマゴチが

掛かっていますが、マゴチの向きが妙におかしい?

カレイの口元には深く針が刺さっているのを確認し、

そのまま上げると、37cmのマコガレイと尻尾に下針

が掛かっている27cmのマゴチの2

重たい筈だわ・・・・

Dsc05385

Dsc05386
なんと尾ひれに針が掛かっていました。

Dsc05390
37cmマコガレイ

Dsc05389
27cmマゴチ


丸フロートに毛鉤を付けた派手仕様の仕掛けでした。

すぐにN氏に連絡、どうもこちらに移りたい様子、

仕方がないので置き竿を1本減らし、彼のご家族

のカルシウム摂取に協力するためカレイが釣れた、

港内側をN氏に譲ることに致しました。

1
本の波戸に置き竿6本多少窮屈な感じですが、

釣りを続けているとN氏が港内側に投げた竿に22cm

の良型キスが掛かりました。

「おっキスがいるぞ!」

とN氏はキスの引き釣りを始めましたが、

その後置き竿にも、引き釣りにも当りは無く、

予定通り午後3時1日目は納竿です。

Img_0006

その後釣具店に向かい足りなくなった本虫と

青イソメと念のため石ゴカイを入手し、

明日予定している道の駅の岸壁を視察

車が横付けできるのを確認し、

午後4時半宿泊先の「かわい寿司」さんへ到着

6時半の夕食まで、ゆっくり風呂につかりのんびり

致しました。

夕食は寿司屋さんが経営する民宿だけあって、

新鮮な刺身や煮つけに満足。

部屋に帰って天気予報を確認すると午前中から

雨で北東の風が7mの予報

目の前の道の駅のポイントは、完全に向かい風となり、

明日の様子を見ながら、ポイントを検討することにして、

午後9時就寝いたしました。


本日のタックル

竿:
トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット


トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア1セット

ダイワトライビーム並継+キャステズムGD1セット

仕掛けカレイ用吹き流し

モトスササメ達人直伝・投魂ライン
8号(赤)

ハリス 拙者ケイムラハリス4号

針 
ササメ デルタカレイM ササメ 改良カレイイレグ13・14号


仕掛けキス用吹き流し

モトスササメ達人・投魂ライン6号(黒)

ハリス 拙者ケイムラハリス2.5号

針 ササメ大キス(S・M)


快気祝いでポチッと

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »