« 9月2日兵庫県大塩海岸へキス釣りとチロリ保存ケースの効果 | トップページ | 9月9日シマノジャパンカップ関西大会葛野浜に参加しました。 »

2017年9月10日 (日)

9月8日、チロリ保存ケースと「シマノJC葛野浜」前日下見

そろそろ、チロリも終わりの時期です。此処という餌屋さんに

予約はしたのですが、入荷は不明。

それならと先週の土曜日に残ったチロリを、どれだけ保存できるか

試してみました。


前回のブログ93日からの続きです。

3
日目少し変色したチロリが出て来ました。

動きはしているのですが・・・・ほかのチロリの影響を考慮して廃棄。


0904
3日目の様子

4
日目変色と一部に分断して、ここに来て海水に血が混じりだし

ましたが、まだまだ使用可能。

0905
0905_2
4日目の様子

5
日目変色と分断した個体を廃棄、しかしまだかなりの個体が

使用可能。


0906
0906_2

5日目の様子

6
日目も5日目と変化なし、

0907
0907_2

6日目の様子

1
週間経過して、金曜日下見に移動。

やはりかなりのチロリが移動のストレスでが影響し分断しておりました。


0908

7日目の様子 分断が目立ちます


JC
当日何とか、試合分のチロリは確保できました。

0909_2
0909_1
JC当日の状態

生存率30%位でした。

金曜日
JCの下見は、どうしても抜けられない仕事がありましたが、

運よく午前
10時福知山で崖崩れの調査でしたので、

石ゴカイを購入して午後
1:00には、葛野浜へ到着できました。

とりあえず箱石方面から下見を開始ですが、駐車場で、トーナメント

参加者が下見に来ていましたので様子を聞くと、


1
時間下見で、アタリが一度もなく、小天橋方面に今から行くとの事

箱石海岸の浜詰側から探っていくことに、

チロリは明日にとっておき、
6本針に石ゴカイを付けキャスト。

前述の投げ師の方が仰った通り、数投してもキスどころか他魚の

アタリすらありません。探りながら葛野浜方向へ歩きます。

箱石のシモリが点在するワンド去年はここでボウズ逃れの


1
匹を釣り上げました。

しかしここも生体反応なし

良型を期待して根掛覚悟で遠投してシモリ帯の外で仕掛けを

ステイさせても、波口を探っても、どうにもなりません。

Img_0628
箱石のワンド

さらに葛野浜方向に進むことに、先々週に小型ですが1時間半で

4
連を含め20匹釣れた、途中にある岩場付近を探ることに・・・

すると12色付近を斜めに探ると、1投目に波口で天ぷらサイズが

掛かりましたが、その後は全く生体反応なし。

一度シモリの間で激震がありましたが、
25cmのイサキ・・・・

Img_0631


箱石は諦めて反対側の小天橋方面へ車で移動

箱石よりかなり波があり、ササメ
ASの時は悪条件の中匹数が

稼げたらしいポイントですが、切れ藻ラインに掛かり釣り辛い

しかも生体反応なしでした。
Img_0632
小天橋方向の競技エリアの端


午後3時半下見をやめて旅館へ

去年シマノ
JCやササメASの時と比べて、波が全くなく釣りやすいの

ですが、ここはある程度波がないと釣れないポイント。

しかもこの時期は毎年激渋

おそらく明日は
1回戦1本勝負となりそうです。

明日は頑張るぞ!!!

潮回り中潮(伊根島) 

満潮347 1546 

干潮931 2210 

潮位差は13cm

本日のタックル竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー

仕掛け:自作6本針 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス

ポチッとお願いいたします!!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

|

« 9月2日兵庫県大塩海岸へキス釣りとチロリ保存ケースの効果 | トップページ | 9月9日シマノジャパンカップ関西大会葛野浜に参加しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月2日兵庫県大塩海岸へキス釣りとチロリ保存ケースの効果 | トップページ | 9月9日シマノジャパンカップ関西大会葛野浜に参加しました。 »