« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月24日 (月)

9月22日 宮津市獅子崎キス釣り

先週に引き続いて、今回も舞鶴市に仕事が入り、

交通費会社持ちの釣行です。

参加を見合していたシマノジャパンカップ中部大会

が延期になったものの、予備日が報知キス決勝の

前日となり、愛知県表浜から徳島県北の脇までの

移動と、連日のトーナメントはやはり体力的に

厳しいので、やむを得ず参加を先ほどキャンセル

いたしました。

最近台風等々で仕事がパンク寸前なのですが、

振り返ると何のことはなく毎週釣りをしております。

これも日頃の行いの賜物?と感謝ですね。

現場は舞鶴市の東端でしたので、

高浜の難波江か宮津湾周辺かと迷いましたが、

予報を熟考した結果

波の少ない内湾の宮津市獅子崎に行く事に

致しました。午前4時半五輪堂で石ゴカイを

購入し、現地に到着しましたが、

まだ真っ暗・・・

しばらく車の中で仮眠することに、

6
時前少しアタリが明るくなりましたので、

釣りの準備。

Img_1592

獅子公園付近の海岸線に車を止め

掛けキス64本針に石ゴカイを1匹付けして、

4
色付近に仕掛けを投入。

反応なし・・・さらに範囲を広げて3投致しま

したがアタリ無しで、移動

獅子姫神社の交差点付近に移動してきて

Img_1594

4色付近に仕掛けを投入・・・・

すると直ぐに小さなアタリが、コンコンと断続的に

続いております。

それでもサビいていると、一度キスっぽい当たりが、

仕掛けを回収すると案の定、カワハギとキス15cm

エサはすべて無くなっております。

Img_1593

次は少し遠投し、5色が出きったところからサビキ

ますと、4色半でキスのアタリが、同型の2連。

Img_1595

さらに範囲を広げるため6色まで遠投すると

直ぐにググッと前アタリが、20秒ほどステイ

すると、竿がグィーンと引き込まれ、

少し負い食いを待ちましたが追加はなし

21cm
の良型

Img_1597

さらに5色に入ったところで22cmを続けてゲット。

Img_1598

これも着底度すぐに当たりが入りました。

どうやら沖目にいる良型は食い気が立っている様子

明日の夕ご飯は久しぶりのキスの漬け丼

が食べられるか?

しかし群れは小さいのか追い食いしてきません。

その後沖目を数投しましたが、着底後サビいていると

コンコンと断続的な当たりが・・・・

カワハギのエサ取り攻撃が開始、

針数を増やして石ゴカイを上3本に小さめに付け、

3本に1匹掛けしたり、装飾なしの仕掛けにしたり

試行錯誤を繰り返しても、効果なし。

3
色から6色付近までその範囲を広げてみると、

さらに追い打ちをかけるかのように、

フグが参戦してきて

手の打ちようがなくなり、矢原へ場所移動。

Img_1599

カーブ付近で根掛、ベランダでは生体反応を

見つけられずに、由良に方向に場所を移動する

ことに、しかし途中海の状況を見ると白波が

立っており、ポイントを栗田浜に変更、

Img_1600

しかし南側の岩場付近より、

テトラまで小移動を繰り返しましたが、

フグが多く、キスの姿は見れずじまい

時間はすでに9時半。時間も残り少なくなり、

最後にチョイスしたのは、朝一良型が釣れた

獅子崎に戻ることに致しました。

先ほどと同様に沖目に仕掛けを投入すると、

1
投目に着底と同時にいきなりグィーンと

竿が引き込まれ20cmをゲット。

Img_1601

気をよくして打ち返しサビくとカワハギと

フグの猛攻を受け、どうやら海の中では

仕掛けが着底したところにキスがいると

ラッキーで、仕掛けを動かすと、

カワハギやフグが気付きアタックしてくる

という感じ・・・かな?

小移動を続け宮津湾浄化センターまで着いた時

にはすでに10時半を回っており。

仕方なく納竿・・・・

結局20cmオーバーが31215cm4尾計7尾。

ツ抜け出来ずでした。

Img_1602
良型が3匹いたので何とか漬け丼1杯分は確保


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペ

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作46本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年9月16日 (日)

9月16日久しぶりの淡路島、プチ釣行南あわじ市

地震が一段落ついたと思っていたら、

台風2120号で私のスケジュールはパンク状態

今度こそはセミファイナル進出に思っていた

来週のシマノJC愛知大会も出場を諦めホテルの

予約をキャンセル・・・
(;ω;)

この様な状況で、さすがの釣りバカも釣りに

行く事に躊躇いが、3連休は家で書類整理を

するつもりでいたのですが・・・・
(゚ー゚)

金曜日、事務員より日曜日に淡路島の南淡で

仕事入れて良い?
( ̄ー ̄)ニヤリ

現場は南あわじ市津井・・・・・

仕事ですから・・・・

午後1時のアポもあくまでも偶然です。

さらに3
連休渋滞を避けるため、午前2時半

自宅を出発したのも、あくまでも渋滞を

避けるため決して仕事前に釣りなど・・・

まぁついでだから、途中尼崎の「サワムラエサ店」

によって、石ゴカイなんかを仕入れて・・・・

どちらかというと最近日本海側で良型が上がって

いるとの噂、出来れば日本海側が良かったのですが

高速代、ガソリン代会社持ちの釣行ですから

ましてこの時期贅沢は言えません・・・

午前4時半まだ暗い中「津井の浜」に到着。

明るくなるまで休憩・・・・

南あわじ市雁子岬の東側で竿を出すことに、

初めて来たポイント、ワクワクします。

Img_1464

場所は津井漁港の東側でテトラが埋めてある

砂利浜ですが、東端にはテトラは無し

基本砂底で、所々にシモリと海藻帯周辺が荒い

程度で、根掛は気にしなくて良さそうです。

5
時過ぎ少し明るくなりましたので、

堤防の切れ目にある階段から浜に降りていきます。

最初は掛けキス66本針で、

3
色付近にチョイ投げで様子見です。

幸先よく2色付近でアタリが入るも、

明らかにビィーンビィーンとチャリコのアタリ

仕掛けを回収すると案の定チャリコとハオコゼ

Img_1465

Img_1466
キスも居るには居るのですが

4連、さらに方向を変えチョイ投げ2.5色で

コンコンとキスのアタリ、仕掛けを1.5色まで

引いてくると、チャリコの攻撃に会い、

針数に残らずチャリコが付いてきます。

チャリコに混じって偶に小型キスが掛かり

ますが、結局5投で場所移動。

今度は雁子岬の西側に入ることに、

ここも同様にテトラ入りの砂利浜ですが、

北側の一部にテトラなしの砂利浜があります。

Img_1467

テトラの間から狙えないことはないのでしょうが、

この後仕事もありますし、安全第一ということで

北端から第12色付近で明確なキスのアタリ、

波口までサビいてくると1015cmのキスが5尾、

針掛が浅いのか1匹落ちています。

Img_1468
4匹???

Img_1469
1匹落ちてまーす

さらに5連、針数を8本に増やして、乱獲モードに

距離は3色手前から1色まで当たってきます。

リーリングのスピードは少し早めで回収すると、

最高7連、平均45匹程度のキスが水揚げされます。

Img_1470
Img_1472

範囲は浜全体でアタリは取れますが、

北端の岩場近くの方が、アタリの入りが良いみたい

でした。サイズはイマイチですが、から揚げ、

南蛮漬けには十分・・・

とりあえず50匹目標にクーラーに投げ込んでいきます。

しかし完全に陽が上がった8時すぎ位からチャリコの

猛攻が始まり、針掛するキスの数よりチャリコの

数の方が多くなり始めます。

Img_1474

とはいえ順調にクーラーのタッパが一杯になり、

レジ袋に移し替え、

Img_1476

帰宅後の地獄の捌きが頭をよぎり出します。

小型はもう十分、サイズアップを図り、

午前9時前場所を移動することに・・・

近くの丸山海水浴場に車移動、

10
分程で到着、

浜に降りると投げ釣り師の姿が、

声を掛けると小型がポツポツ程度と・・・・

さらに地引網の準備で漁船が十数m先を

Img_1477

ウロチョロ、折角来たので、投げ込みますが

チャリコばかりで、2投で諦め

少し離れた場所まで車で移動。

ここなら大丈夫だろうと、

Img_1478
遠くに漁船が・・・ここまで来れば・・・

釣りを開始しますが、釣れるのはハオコゼと

チャリコばかり、ここも数投で切り上げ、

午前十時往復30分五色浜まで行く事にしましたが

結果から申し上げると、チャリコに轟沈・・・・

午前11時少し早めの食事をとり、仕事に向かうことに・・・・

午後4時半帰宅後、魚を裁きましたが50尾は居ると

思っておりましたが38尾でした。あのまま場所移動せずに

釣り続けたら、少なくともこの倍は釣れていた

と考えると、場所移動してよかった・・・


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:キススペシャルコンペエディション

道糸PE0.50.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー

仕掛け:自作 36本針 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック、

  シマノ掛けキス、攻めキス

最後までお読みいただきまして、有難うございます。
下のバナーをポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年9月 9日 (日)

9月8日シマノJC関西予選に出場いたしました。惜惜惜・・・・

今年で参戦3年目、前々回は8g足りずで20位以下選外

前回はセミファイナルまで4g足りずの15

今回こそはと張り切って、自宅を出発いたしました。

小雨は降っておりましたが、開催できそうです。

会場には430分到着。

車の中で休憩していますと、シマノスタッフさんが

「現在大雨警報と土砂災害警戒情報が出ており

午前7時まで様子を見て、可否を決定します」

そのころにはあたりは薄暗くなっておりましたので、

海のコンディションを見ると、波もなく風もなく葛野浜では

最近の無かった絶好のコンディション

Img_1450
箱石方向
Img_1451
小天橋方向

予想もしなかった2時間待ち・・・

お隣の選手と「なんで???」と話していると、

ブログを読んでいただいているGreenさんで、

今回は岡山美作市からの出場、

雨は降ったり止んだりで、Greenさんと談笑しながら、

2
時間を過ごし楽しい時間を過ごさせて頂いた上に

自作の天秤をいただき有難うございました。

Img_1463

弓ヶ浜に行くときは連絡させていただきます。

午前7時シマノスタッフさんから、1回戦3時間に変更

して開始するとの通知があり、タックルチェックへ

Img_1454

Img_1453

今回スタートは801回戦なら、箱石方面まで歩る

積りでしたので、クーラーを担いで随分大回りになりますが

足を取られる砂浜は避けて、1/3になった肺と心臓に

負担の少ない遊歩道をゆっくり歩くことに、

私の横を走って通過する選手・・・

いつの間にか207番の選手に抜かれて、

後ろを見ると誰もいません。

「うぅーんハンディをくれ!!」

今回のエリアは前回前々回と違って、箱石の岩場の随分

手前になっておりました。試合は3時間ですから30分以上

かかる岩場の向こうまで行く人は少ないと判断されたので

しょうか、そのため選手の間隔が少なく、結構詰め込み状態

でした私は箱石の岩場の手前に着いたところで、

Img_1455

試合開始のホイッスル。

今更焦っても仕方がないので、クーラーに座り息を整え

保冷材の入ったタオルで、クールダウンして、

竿を継いでタックルの準備、掛けキス56本からの

スタート、岩場の隙間2色位から探ることに、2投目で

待望のアタリが、10cmの2連マズマズの調子・・・

と思ったらそれ以降全くアタリすらありません。

周囲の選手は苦戦しており、5投で箱石側に場所を

移動、波口で1匹ずつ拾っていく作戦に、

小移動を繰り返しながらなんとか5匹を釣り上げて、

他選手は苦戦模様0匹の選手も多数いらっしゃる様子

去年の4g足りなくて、セミファイナルを逃した教訓を

生かし、小移動を繰り返していたら、突然隣の選手が

6
4連とキスをゲット

「ラッキー、群れが回ってきた!!」

4
色位でアタリが入っている模様、

しかし今度は逆側の選手が波口で4連、

私は欲張って5色から4色を探り、アタリがなかったら

2.3
色をスルーして1色から波口を探ることに、

しかし私の竿にはあたりが出ません。

後で思い返すと、隣の選手の6連はバナナ状態で

上がってきており、私は少し焦っていたのかリーリング

スピードが速すぎたのかもしれません。

周辺のお祭り状態はあっという間に過ぎ、

アタリが無くなり、残された時間はあと1時間

大きく本部側に移動することに、波口を

探り歩きますがアタリはなく、残り30分に本部まで

少なくとも20分は掛かりますので、

時間はありませんこのままでは、セミゲットは100

不可能、シンカーをタングステンに替え、7色から

探っていると6色に入ったところで、ゴンゴンとアタリが、

ステイするとさらにアタリが続き、慎重に仕掛けを回収

すると18cm以上の良型を4連でゲット、

急いでエサを付け替え遠投しかしアタリはなく、

結局9匹で時間切れ・・・

なんとも微妙な釣果

計量すると294gスタッフさんに聞くと大丈夫じゃない

ですかと・・・

車に戻り着替えをして、結果発表を待ちます。

Img_1457

放送が流れたので会場に向かうと、ボードに私の

名前が、しかし11位までがセミファイナル出場、

私は去年と同じく15位今回は30g足りません。

Img_1459

1
位通過は29562gでした。

おそらく200人位の投げ師の方が参加されており

その中で15位は十分納得できる結果なのですが

去年に続く惜敗にあと12匹何とかならなかったか

・・・・と今回は悔しい思いを引きずっております。

次のシマノJC表浜では・・・と思っておりますが、

最近の台風・地震と自然災害が続き私の仕事は、

とても捌き切れない状態が続いております。

なんとか報知キス決勝大会には出たいので、

今年のトーナメント予選はこれで終了でしょうね・・・・

と言いながら、見苦しく宿泊先のキャンセルを出来ない

でいる私です。

疲れて帰宅すると、報知キス拙者カップの決勝大会の案内

が届いておりました。

予選と違って、少し豪華ですな・・・

Img_1462


本日のタックル

竿:シマノキススペシャルCX+

リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

道糸PE0.8

力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

天秤:拙者半誘導天秤、キスケL

シンカー:拙者超発砲シンカー、キスケFPシンカー 

仕掛け:自作 3~8本 

針:拙者競技用キスリベロ、キステック

  シマノ掛けキス、攻めキス

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »