« 春分の日はおとなしく自宅でカレイの仕掛けを作ってみました。 | トップページ | 3月30日カレイ釣り若狭加尾の浜 »

2019年3月23日 (土)

3月23日またまた淡路島カレイ釣り

拙者ブログは「ココログ」を使っておりますが、

最近システムを更新した模様、さらにランキングは「日本ブログ村」で

ここもリニューアルした様子。

いずれもまだ慣れず書きにくい!

慣れたら使い易いのでしょうが、60歳過ぎたら、なかなか慣れないですな。

今週末の天気は安定しており、今期初めて日本海側にと考えて見たものの、

先日私が子供の頃から食べなれている北九州市門司区「ヤマニ醤油」

をネットで購入、この旨口醤油で煮つけが食べたい・・・・

と貧果ながら実績優先で淡路島に渡ってきました。

さらに前回同様津名港です。

次回はポイント変えようと思っております。

さて津名港に来たものの予報に反して結構風が強い!

悪い事に向かい風!

本日の潮回りは大潮

満潮7時56分

干潮14時04分

勝負は干潮前の10時位から2時間程度でしょうか?

先日作った派手目の仕掛けも、試してみるつもりです。

スタートは6時前、砂置き場の角から釣り開始です。

8時を過ぎ作業船が往復しだすと、角部は目の前をハシケが

すぐそこ通過しますので、多少水深があり、道糸の角度が取れるので

引っかかることはないでしょうが、目の前を通りますので、

少しだけ移動が必要です。

昨日作った派手仕様の先錘2パターンとノーマルタイプの吹き流しに

上針にマムシ下針に青イソメの房掛けで釣りを開始、

Img_2010
津名港砂置き場の角

Img_2009
Img_2007

前回釣れた100mラインに4セット投げ込みアタリを待ちます。

数分後最初に投げ込んだ竿を上げてエサ取りをチェック、

マムシはそのまま青イソメの方は半分くらい残っておりま
エサ取りは居るようですが、本日マシンガンキャストは不要のようです。

開始して1時間.やはり餌取りはあるものの、苦にはなりません。

周りに釣り客は居ませんので広範囲に探ってみますが

未だアタリ無しさらに午前8時、風が少し強くなりましたが、

さほど問題では、餌取りも同様に気にはなりません、

唯一の問題は当たりがない事。

Img_2011
はしけが通り出しましたので少し横に移動

午前9時、潮が止まりだしました。相変わらず竿先に変化なし、

午前10時、この調子だと餌が残りそうなのって、

たっぷり付けてキャストするも、当たりはありません!

午前11時まったりした時間流れております。竿先はピクリとも動きません。

BOZUの確率95%。

さらに昼になっても、あきまへん!

BOZUの確率99%海を見ても釣れる気がしない、

日本海側が正解だったか、というよりも淡路島の他のポイントも

考えるべきだったと午後1時になりまだ少しエサは残っているものの

釣れる雰囲気ではなく、ついにモチベーションが切れ納竿・・・・

来週末は海毛虫攻撃にもひるまず宮津湾に・・・・


竿:トーナメントサーフT27-405+サーフベーシア2セット
  トーナメントサーフTⅡ27-405+キャステズムGD1セット
  サーフランダー+パワーエアロ1セット
仕掛:自作吹き流し2本針、先錘2本針モトス6~8号
   枝針ホンテロン4号ハリスフロロ4~5号
天秤:拙者全誘導天秤
シンカー:カゲヤマキャストシンカー「無垢」23~27号
針:カレイイレグ12~15号、デルタカレイM、シーフォースサーフ12~15号

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

|

« 春分の日はおとなしく自宅でカレイの仕掛けを作ってみました。 | トップページ | 3月30日カレイ釣り若狭加尾の浜 »

1_by 釣りバカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春分の日はおとなしく自宅でカレイの仕掛けを作ってみました。 | トップページ | 3月30日カレイ釣り若狭加尾の浜 »