« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月21日 (日)

4月20日宮津市獅子ヶ崎付近でキス釣り、1投目から良型が・・・

GW中の釣行用の仕掛けが少し足りないので、仕掛け作りでもと思いましたが、

天気予報は釣り日和・・・・

我慢できなくなり、由良川の河口にでも行こうかと、午前3時起床で自宅を出発。

途中京都縦貫道の綾部ジャンクション付近で、小浜・高浜と頭をよぎりましたが、

高速道路を直進し宮津方面へ

シーズン当初に数は少ないけど良型が出る獅子ヶ崎をランガンすることに致しました。

途中「五輪堂」で石ゴカイを1000円分購入

最初は矢原と栗田港の間にあるカーブ付近のポイント、

この時期良型が釣れる私の好きなポイントです。

 

Dsc04082

 

海面より5m位高さがあってさらに1.5mの手すりをかわすため、

長仕掛けは使えません。

拙者競技用キステック4本針エダス間28cmに石ゴカイ1匹付けで、

日曜日漬け丼を食べるため良型ゲットを目指して第1投、

当日は蛸ツボ漁のロープが50m位に、

周辺は藻場がポツポツと散らばっておりますが、

ある程度目視が可能ですで十分かわせます。

4~5色位を探ると1投目からいきなりグィーンです。

4色に入ったところでした。

リーリングの途中でもグイグイ抵抗をして楽しませてくれます。

仕掛けを上げると21cmの漬け丼サイズ、2.3投目は藻場に引っかかり、

エダスが1本で戻ってきました。

当然釣れたキスも・・・

沖のブイを目標に藻場がないルートを探しながらの釣り、

 

1投毎にキスは掛かるのですが、3回に1回位は藻に引っかかり

エダスとキスが無くなりストレスが、しかしこんな場所に良型が

潜んでいますので、我慢して釣り続けます

Dsc04083
Dsc04084 
ヒルがくっついてきます

ポツポツとキスの数は増え小さくても天ぷらサイズですので、

アタリと引きは楽しめます。

さらにサイズアップを目指していると、午前7時頃にコツコツと前アタリが

そしてグィーンと、強い引きを楽しみながら仕掛けを回収すると波間から

結構大きなキスが・・・上がるかな?と思いましたが、

問題なくGET26cmのお刺身サイズ。

Dsc04085 

20cmオーバー3匹と天ぷらサイズ8匹を釣ったところでアタリが無くなり、

漁船がタコ壺を回収に来ましたので、場所を移動することに、

次は先週の獅子姫神社前のT字路です。

先週は2色半で釣れましたが、今日は3~4色付近にいる様子です。

ここは藻場が少なく釣りやすいのですが、天ぷらサイズメインで

しかも単発ばかりです。

Dsc04089
偶に連もありましたが・・・

キスにアピールするため大半が1匹掛けで釣ってきましたので

エサの石ゴカイが残りわずかに・・・

「五輪堂」はすぐそこですのでなくなったら買い足しに行けばと

思っていたのですが、午前10時石ゴカイが無くなったのを機に

場所移動を兼ねて「五輪堂」に向かうと、「石ゴカイ売り切れました・・・・」

昼から入荷しますが・・・

店の人が赤イソメでもキスは釣れますよと言われ、「いりません」

とは言えず赤イソメでキス釣りしたことなかったので試しに

「それでは500円分」

海岸に戻り、藻が少ない取り込みに問題のない場所を探し、

再スタート場所はし尿処理施設の北側、

Dsc04090

初めての赤イソメでのキス釣り、

5色付近から探るといきなりグィーンと良型キスが針掛り、

藻場がないルートで回収していると、あと50mのところで急に重くなり、

藻に引っかかります。

抜け出しはするのですが、エダスとともにキスはいなくなっておりました。

目視で確認できないところに藻が生えている様子です。

うーーーん!

Dsc04086
Dsc04091

キスの活性は高く良型がいることが分かっているだけに移動しづらい・・・

シンカーをダイワのフロートシンカーから浮力のある拙者発砲シンカーに

チェンジして、キスが乗ったら追い食いを無視して強引に浮かせることに、

2投目やはり4色に入ったところでグィーンとキスは乗っています。

強引に浮かせて回収、すると21cmの漬け丼サイズ、

さらに天ぷらサイズの2連と続き、いくらか回収できるようになりましたが、

やはり見えない藻に引っかかり40%の確率で藻にキスを取られます。

キスはいるんですがネ・・・

試行錯誤していると、2人組投げ師の方から「拙者ブログの」と声を掛けて頂きまして、

西宮津公園で釣ってみたけど、藻が多くてあまり芳しくなかったとの事、

お話していると前回のブログを見て「栗田港」に寄ってみたけど、釣れなかったと・・・

しかし話を良く聞いてみると、砂浜の方に行かれたみたいで・・・

「ごめんなさい!」

その後昼前ですが、若干の疲労感と空腹感で納竿することに致しました。

お声を掛けて頂いた二人はここで釣ってみると言っておりましたが、

その後如何でしたか?


獅子ヶ崎には春ギスは入ってきています・・・

しかし例年より多く生えている藻を攻略すると、納得の釣果が上げれると思います。

まぁ攻略できなくても、キスのアタリは十分楽しめます。

赤イソメ使えるのなら、キス張りに1匹掛けは無理ですが、動きもいいし

十分アピールできますよね・・・実際釣れてましたし、

アタリが止まった時に目先を変えるために良いのかも

本日の釣果ジャスト20匹、キスが良く針掛したので、結構釣れた気分になっており、

Img_0543

前述の投げ師二人組さんには30匹位と言ったかも・・・

「勘違いです。お詫びして訂正させていただきます。」


本日のタックル
竿 シマノキススペシャルCX+
リール:スーパーエアロキススペシャルコンペエディション
道糸PE0.8~1号
力糸 拙者の白糸(遠投スペシャル) 
天秤 拙者半誘導天秤、キスケL型
シンカー拙者超発砲シンカー、ダイワフロートシンカー 
仕掛け 自作 3~6本 
モトスフロロ1.5~2.0号 
エダスホンテロン0.6~0.8号 
針 拙者競技用キスリベロ、キステック、
シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

4月15日キス釣り高浜町難波江・赤礁崎、宮津市獅子調査

当初は京都のO氏と宮津辺りにカレイ釣りの予定でしたが、

先週に引き続き仕事で福知山市に行くことになりました。

しかも土曜日は11時から、釣りをする時間は精々4~5時間、

キス釣りならまだしもカレイ釣りは時間的に無理があり、

急遽中止になりました。O氏ごめんなさい・・・・

しかし釣りに行く気は満々だった私は、単独で高浜町から

宮津市の気になる数か所の様子を見ることに致しました。

早朝3時起床で難波江に向かいます。途中石ゴカイ¥1000

を購入し、難波江北浜に5時前

まだ暗い中南側の岩場付近から釣り開始

Img_0499
やはり海はいいですなぁ!!

夜光玉付の掛けキス6号4本針でスタートいたしましたが、

干潮午前5時37分(小浜)上げ潮時朝マヅメと重なり、

いい感じではないでしょうか、ゴロタ浜の海岸線ですが、

今日は砂地が露出し竿は振りやすい、

Img_0501
こここんな砂地広かったかな?

念の為短竿サーフランダー335を持ってきましたが、

今日は十分キススぺを振れます。状況はGOODです・・・

しかし南から北に移動しながら、広くキスを探りましたが、

キスどころかフグのアタリもない。

ここまで探ってもアタリがないのならキスは居ないと???

自分の気持ちに断言し7時半移動、

今日は10時まで限定ですので、次のポイントの赤礁崎のキャンプ場へ

Img_0507
桜満開ですな!!!

去年は5月の初旬に、良型の釣果があった場所。

移動時間は25分、おそらく現着後2時間程度しか時間はありません。

ここは何より良型が釣れます。

コンクリート製の波戸から、春先は遠投が必要、

夏場は2色位で釣れていました。

予定より少し早く到着は8時急いでコンクリート製の

波戸に向かいます。波戸先端にはフカセでチヌを狙っている先客が

いらっしゃいましたので、ご挨拶をして邪魔にならない場所に入れて

貰いました。

Img_0508

ここは良型が釣れるので、エサを大きめにして

掛けキス7号で、6色から、探ると5色位でコツコツと前アタリが、

ステイするも針掛しない・・・

さらに次投も同様に5色付近でアタリは取れますが、

食い込みが悪く針に掛からない、石ゴカイを短めに付け6色から5色に

入れますと今度はアタリがない、石ゴカイを大きめに付けアピール

するとアタリはあるけど、少しかじって「プイッ」と、

活性が低いのか食い込まない。

派手目の装飾に石ゴカイを短めに付けてみても、針の号数を5号まで

落としても・・・・食い込んだのは17cm1匹のみ、

Img_0510

キスは居るようですが・・・

難しい!

しばらくするとアタリも止まり、先客がいますから、

波戸から探る範囲は限定されるので横の小さな砂浜に移動し、

Img_0514

探る範囲を確保すると当たりが出てきますが、

相変わらず針掛が悪い15cmを1匹追加し、

Img_0516

お腹が空いたので置き竿にして、コンビニおにぎりをかじっていると、

竿先がゴンゴンと

「オッ食い込んだ!」

としかし間が悪く新しいおにぎりを開けている最中・・・・

意識が竿先に行った時、手の中からポロリとおにぎりが、

丁度開けていた場所から砂浜に落下・・・・

Img_0512

おにぎりに砂が・・・・

しかし竿を持つとズッシリとお魚ちゃんの感触が、

良型間違いなし・・・でも感触が違う魚の様・・・

フグでもない、良型のキスでもない、

仕掛けを回収すると小さなカレイでした。19cm・・・

Img_0511
iPhoneの機能計測に便利です・・・多少の誤差あり 

微妙なサイズ・・・針も食い込んでるし、おにぎりの恨みで

から揚げにして丸かじりすることに致しました。

9時半駐車場に戻ることを考えると、ここでタイムアップ・・・

石ゴカイはまだタップリ残っている。福知山市11時、

おそらく30分ほどで終了、宮津市辺りまで戻るのに1時間、

1時には釣り再開可能・・・・

釣果はキス2匹とちびカレイ1匹

「これでは帰れん!!」

午後1時前竿を持って宮津獅子海岸に居ました。

微妙に北風があり、釣り辛いのですが、

アスリートキス6号4本針で釣り再開、

Img_0517

方向を替えて5色から3色を数投探りますがキスは居ない。

手前は居ないだろうと思いながら、4色付近から探りますと、

2色半でキスの反応が、しかし渋く針掛はしない、

ここも1匹掛けするとアタリあるけど食い込まない。

針数6本に増やし1匹掛けと針下3cm垂らしただけの短い餌を

交互につけ投げ込むと、1匹掛けのエサに寄ってきたキスが少しずつ

針掛するように、単発で掛かるように、

Img_0518

スローでサビきアタリがあるとステイ非常に効率が悪い

複数掛かるとバナナ状態、数は伸びません。

Img_0519

とりあえず「ツ抜け」を達成したので、午後3時前納竿。

この時期こんなものでしょうか?

獅子海岸で豊岡方面から来れれた投げ師と少しお話しできました。

栗田港で最大サイズ27cmを含めて30匹程度釣れたと・・・・

今まだ知らなかったのですが「栗田」って「クンダ」と読むんですね・・・

今まで「クリタ」と思ってましたので、

最初は話がかみ合わないなぁと思っていたのですが・・

Img_0521
本日の釣果 最大サイズ18cm 

本日のタックル 
ロッド シマノキススペシャルCX+
リール スーパーエアロキススペシャルコンペエディション
道糸 PE0.8号
力糸 拙者の白糸(遠投スペシャル) 
天秤 拙者半誘導天秤、キスケL型
シンカー拙者超発砲シンカー、ダイワフロートシンカー
仕掛け 自作 3~6本 
モトス フロロ1.5~1.7号 
エダス ホンテロン0.6~0.8号
針 拙者競技用キスリベロ、キステック、
シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

4月6日キス釣りIN小浜市

今年もそろそろ各メーカーのトーナメントが始まります。

 

5/11日にはシマノJC愛知大会をはじめに今年はダイワ、ササメ、報知キス計5会場にエントリーしました。

 

週末は都合よく土曜日15:00福知山市で休日出勤です。

 

当然竿持参で午前3時自宅を出発。

 

そろそろ肩慣らしと久し振りのキス釣り狙いです。

 

宮津市か小浜市と迷った結果、この時期よく行った岡津港横の砂浜に行くことにしました。

 

まだ夜が明けない時間に置き竿と引き釣り両方で大型キスを狙い、

 

陽が上がったら、引き釣り一本でキス狙いの戦略

 

到着は予定通り5時、真っ暗な中遊歩道を歩き浜に降りる階段に到着、

 

足場の悪い海岸を歩き南側の岩場へ、

 

去年は階段前が良かったのですが、

 

アベレージを考えるとやはり岩場付近に足が向いてしまいます。

 

釣り開始5時半

 

1本は岩場付近に投げ込んで良型の回遊を待ち置き竿に、

 

もう1本を手持ちでキスを探ります。

 

少しずつ夜が明けて海の状況が見えてくると手前に藻がびっしりと

 

密生しておりますが、実釣ではフロートシンカーを使い早めに浮かしたら

 

問題のない程度です。

 

しかし60mラインに密生している藻が厄介です。

 

手前の藻場よりも濃く、全体的に例年よりも少し多いように見えます。

 

1・2投は空振りで3投目に3色に入ったところでグィーンと竿先を引き込む良い当たり、

 

いきなり食い込んできました。リーリングと途中でも、抵抗を見せます。

 

フロートシンカーで手前の藻場に入る前に浮かせて、引き上げると良型20cm。

 

更に18cmと引き釣りの方は順調ですが、置き竿の方は全くです。

Img_2054
20cm
Img_2055
18cm

北端の岩場にキス釣り師の姿が、行ってみたい釣り座ですが干潮時でも途中膝まで

 

海に浸かるためヴェーダーが必要です。

 

途中更にキス釣り師が前後して2組、

 

皆さん北側に陣取っております。

 

此処は藻が取り込みの邪魔になったリ、多少根掛がするものの釣れ始めが早く

 

良型が出るため人気のポイントです。

 

午前7時飽きない程度に天ぷらサイズ~漬け丼サイズがポツポツと釣れておりますが、

Img_2057
サイズは小さいながらも連掛けも
Img_2056
本日最大22cm弱

アタリは頻繁にあるのですが、食い込みが悪いのか針になかなか乗りません。

 

6号から5号に替えたら少し良くなりましたが、サイズが落ちてきます。

 

相変わらず置き竿にはアタリがありませんので、置き竿を止め引き釣り1本に、

 

今日は4色から3色辺りにキスがいる様子です。

 

去年は2色前後でよく釣れたのですが、今年はその距離に藻場がある為2色に入ったら

 

仕掛けを浮かせ回収しなければ掛かったキスがばれる可能性があります。
Img_2059
手前の藻場
Img_2058
60mラインの藻場

 

波口はデカフグが泳ぎ回っているのが目視で確認できます、

 

試しに石ゴカイを投げ入れたら、瞬間にパクリと食いつき釣りになりません。

Img_2060

 

8時を過ぎたらアタリが少なくなり、モゾモゾと針に触っている感覚はあるのですが、

 

食い込みがなく5号から4号に替えてみたのですが状況は変わりません。

 

釣れない時間が長くなり、置き竿を再開しますが釣れません。

 

「ツ抜け」は達成しているのですが漬け丼1回分位、

 

仕事は福知山に3時ですので1時位までは大丈夫、

 

せめて2回分はと釣りを続けますが、

 

北側の釣り師の方も帰り支度を始めております。

 

少しお話をしますと、ブログをお読みいただいている方で23cmが出たけど、

 

数は釣れなかったと、午前11時半粘っても釣れない。

 

ここは数より型のポイントですし、この時期の釣果としてはこの程度でしょうが

 

少し早いのですが仕事に向かうことに致しました。

 

車に戻ると北端の岩場で竿を出していた方が、車に戻ってきて

 

お声をおかけしましたら、今日は渋く20匹に届かなかったとの事。

 

一度岩場に行きたいのですが、ウェーダーもなく60歳を過ぎると

 

岩場で竿を振るバランス感覚もなくなっており、安全に楽しくがモットーですので・・・・

本日の釣果
最大寸
Img_2062
Img_2061
軽1匹かろうじてツ抜け・・・・です。

 

本日のタックル

 

竿 シマノキススペシャルCX+、サーフランダーFX335

 

リール スーパーエアロキススペシャルコンペエディション

 

    ダイワキャスティズム

 

道糸 PE0.5~0.8号力糸:拙者の白糸(遠投スペシャル) 

 

天秤 拙者半誘導天秤、キスケL型

 

シンカー拙者 超発砲シンカー、無垢シンカー

 

仕掛け:自作 4本針

 

針:拙者競技用(グロー付き)ササメ キスリベロ、キステック

 

  シマノ(発光パイプ、金ビーズ、赤ビーズ入り)掛けキス、攻めキス

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »