« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月18日 (土)

4月17日 キス釣り宮津湾周辺、半日限定釣行

いつも拙者の投げ釣り関西エリアブログを
ご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、金曜日偶々仕事で午後2時に
宮津市へ所用がありましたので、
現在テレワーク中、自宅から直行する
ことになりました。

少し早めの午前3時起床(笑)
自宅を出発。宮津五輪堂でエサを購入。
サーフからはまだ早そうですので、
久しぶり伊根の網干場へ行くつもり
でしたが、午前5時半周囲はどんどん
明るくなると、気持ちが焦ってくるのは
私だけでしょうか?

11
時前後には納竿予定の為、近場で釣るか
とは言え、先週末の獅子崎に行くのも
躊躇われるため、先週試した栗田海水浴場と
反対側の栗田湾北側の岸壁を最初のポイント
と致しました。

潮回り長潮(島崎) 
満潮13:17、22:59
干潮5:20、18:
40

本日のタックル
竿 ダイワマスタライズキスSMT、
リール ダイワZ45-0.5PE
道糸 PE0.8~1.0号

力糸 拙者の黒糸
天秤 拙者半誘導天秤、フジワラファラウェイ
シンカー 拙者超発砲シンカー、フジワラVシンカー
仕掛け 自作3~5本針
針 拙者競技用キスリベロ、キステック、
  シマノ掛けキス、攻めキス

到着したのは午後6時前、上げ潮に変わったばかり、
周辺に釣り客はゼロ

000-2_20200418133601 000-1_20200418133601

初めてのポイントですので様子見で4色辺りから
探るも反応なし、キャスト方向を変え数投しても
キスのアタリを捉えることはできません
徒歩で移動しながら探りましたが、
ハゼの小さいのが釣れますが、

002_20200418133601

まだ時期が早いのか本命のキスは掛かりません。

やむなく移動

先週先客が入っていた矢原のカーブ付近に行く事に、

003_20200418133601
細仕掛けでは海藻帯に
切られることがありますのでハリス2号、
エダス0.8号掛けキス64本仕掛けで、
ラインからの感触でシモリや海藻帯に掛かりそう
になるとシャクリをいれて根掛を回避しながら
引き釣りでキスの反応を探りますが、
置き竿の方が良いポイントなのかもしれません。
根掛を気にしながら45色を探りましたが、
反応はなし手前の2色位は綺麗な砂底が
拡がっていますが、水深はおそらく1m程度
いないだろうなと、試しに投げてみますと、
2投目にコツコツと前アタリ、
30秒くらい待つと「グィーン」と久しぶりの感触、
良型キスが針掛かり、回収中にもゴンゴンと
抵抗を見せ上がってきたのは21cmの良型キス、

004_20200418133601

随分手前に入っているなぁと思いながら期待を込めて
3色に投げ込みリーリングして静かに着底させ
ゆっくりサビくものの反応が薄い
何度か前アタリは捉えたのですが、
食い込みまで行かない。
浅場に何度もシンカーを落とすのも良くないので、
根掛回避が面倒くさい4色辺りも探ることに・・・
「う~ん釣れない」
目線の先には矢原のベランダ、あそこなら水深は十分
完全な砂底で釣りやすい・・・・・

午前8時移動、上げ潮の時合の真っただ中、
道路わきの民家の邪魔にならない場所に駐車し、
南側のベランダ迄徒歩で移動

数は期待できない釣り場なのでハリス1.5
エダス0.6号攻めキス3本針に替え第1投、
すると3色に着水して糸ふけを取ったところで
いきなりガツーンとアタリが回収すると
20cmの良型

005-1_20200418133601
005-2_20200418133601

しかし後が続かない、
3投に1回程度のペースでポツポツと
キスが釣れるものの一度仕掛けを通すと
アタリがなくなり、5色で釣れるし3色でも釣れる
南方向も北方向にも反応があり、
広範囲に小さな群れが回遊しているって感じですかね。

基本一つの場所でじっくり腰を据え
釣るタイプではない私ですので
少し飽きてきて場所移動。

結局20cm21518cmの天ぷらサイズを
3尾追加して累計7
時間は10時まだ多少時間はあるので、
最後に思いっきりキャストするため神崎海水浴場へ移動、
車では由良川沿いを大きく迂回しなければならないため、
到着したのは10時半

仕事の場所までは神崎から40分位さらに
食事着替え休憩などを考えると
1時間程度しか時間はありません。

中央の駐車場に車を止め由良川より

006-1_20200418134101 006-2_20200418134101

23番テトラの間を探るも反応なし
3投で少し移動、34番テトラの間斜めに
抜き探り出すと2色付近で回収と思ったところで
ゴンゴンとアタリが続き3本針に天ぷらサイズが
連で上がってきました。

007_20200418134101

あと2匹で「ツ抜け」少し方向を変えながらも
3投したところで残念ながら時間切れ
「ツ抜け」は達成できなかったものの、
型の良いキスが釣れましたのでタレに
漬けて土曜日は久しぶりにづけ丼です。

008_20200418134101

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

4月11日キス釣行宮津市獅子「ツ抜け達成」

いつも拙者の投げ釣り関西エリアブログを
ご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、宮津市獅子海岸周辺を探ってきました。
サーフと違って水深があるので、
数は出ませんが基本年中キス釣りを楽しめる
ポイントで、遠投有利ですが夏場はチョイ投げ
でも良型が釣れます。

潮回り大潮(上司)
満潮5:36、16:05
干潮9:50、23:50
本日のタックル

竿 シマノキススペシャルCX+
リール スーパーエアロキススペシャル

    コンペエディション
道糸 PE0.5~0.8号
力糸 拙者の白糸(遠投スペシャル) 
天秤 拙者半誘導天秤、フジワラファラウェイ 
シンカー フジワラVシンカー 
仕掛け 自作 3~6本 
モトス フロロ1.5~1.7号 
エダスホンテロン0.6~0.8号 
針 拙者競技用キスリベロ、キステック、
  競技キスSPシマノ掛けキス、攻めキス
  自作装飾入り

大変な時期ですが、人との接触はコンビニと
釣り餌店いずれもマスク着用して会話は無し
釣り場に行けば周囲100mは誰もいません。
コンビニや物販店は日常生活で使用してますし
「三密」はクリアと自身に言い訳をしながら

最初のポイントはよく行く矢原のカーブ付近に
車を走らせましたが、先客あり坂の手前で
数回キャストしましたが、
3色から先は根掛があり、
探れる距離は2色半まで水深もなく探れる範囲
も少ない為3投で移動、

Img_1189

次は獅子姫神社の三差路、

Img_1190

がまかつ競技キスSP55本針で3色から探ると
いきなりグィーンと竿先が曲がり、
18cmまぁまぁの天ぷらサイズ
Img_1191
2投目は空振りで3投目に2連、
Img_1195
本日のレギュラーサイズ15cm19cm
ポツポツと釣れます。
Img_1193
4色中心に前後半色でアタリが入りますが、
少しすると当たりが遠のきます。
歩いて場所を移動するにもこの周辺10m
大丈夫なのですが、
丁度岸から5m付近に浮き藻が流れており、
キスを取り込む際に非常に邪魔、
掛かったキスが藻に引っかかり強制リリース。
また偶にヒルがくっ付いて上がってきます。
3回に1度キスが掛かる程度の釣りに飽きて、
7匹目を釣り上げたところで車移動、

浄化センター付近の様子を見に行きましたが、
置き竿のカレイ狙いでしょうか先客が2
ここも浮き藻がびっしり、キャストできそうな
場所は限られますが何とか取り込みが
楽そうなところで数投致しましたが
アタリ無し移動。
Img_1196

時間は10時半栗田海水浴場の様子を見に行くことに、
Img_1197

到着すると消波テトラを増設工事中
去年も1列増えたのですが事にも1列追加になる
みたいですね。

Img_1197-1_20200412192601

工事中ですのでキスは居ないだろうなと思いながら
折角、浜まで降りてきたので2投で退散、

現在11時半釣果は7匹、
せめて「ツ抜け」はと今朝行った獅子に戻ることに、
先程同じように4色中心に探りましたが、
2投しても反応なし、
3投目に6色から半色ほどリーリングして、
5色半から探り出すとググっと前アタリ少しステイ
少し待つとグィーンと食い込み18cmのキスが単発、
その後単発でしたが3尾追加して「ツ抜け」達成。

Img_1198

もう少し水温が上昇すると、67連というのは
ありませんが、34連程度は掛かってそれなりに
型も出てきます。
夏場には海水浴客を気にする必要はなく、
距離も2色位で釣れますし、
長い海岸線でファミリーフィッシングに最適です。
ただし置き竿では海毛虫がくっついて
上がってきますのでご注意を・・・・

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

2020年4月4日キス釣り 中紀津久野町・湯浅町ランガン釣行

いつも拙者の投げ釣り関西エリアブログを
ご覧いただきましてありがとうございます。


新型コロナの感染の影響で5月中のキストーナメント
が中止になりました。

シマノ中部・関西大会、報知新聞SESSYA-CUP
からも中止のメールがおそらく6月の大会も中止の
可能性が高いと思われます。

特にシマノJCのセミファイナルの
切符がただの紙切れになるのは、
大変残念なのですが、ここまで感染が拡大すると
諦めざるを得ませんね。

このところ週末悪天候が続きましたが、
今週末は良い天気3週間ぶりの海です。

4月になりましたので予定通りカレイから
キスにスイッチです。

まだ本格シーズン前で釣果は望めないところ
ですがサーフ限定でどれだけキスが戻っているのか
調査してきました。

この時期日本海側の方が釣果は上がると思いましたが、
なんとなく和歌山方面に足を向けてしまいました。

潮回り中潮(下津) 
満潮4:11、15:09
干潮9:51、21:
55

本日のタックル
竿 ダイワマスタライズキスSMT
リール ダイワZ45-0.5PE
道糸PE0.3~1.0号

力糸 拙者の白糸(遠投スペシャル)
   拙者の黒糸 
天秤 拙者半誘導天秤、
   フジワラファラウェイ
シンカー 拙者超発砲シンカー、フジワラVシンカー
仕掛け 自作連結仕掛け5~6号 
針 拙者競技用ササメ キスリベロ、キステック
  シマノ掛けキス、攻めキス

最初のポイントは津久野町のさわむら筏の船着き場
横の砂浜以前数は出ないものの良型が良く釣れる
ポイントでしたが、2年前より釣果が出なくなり、
去年は一度も足が向きませんでしたが、
今年の様子を探りに行きました。

000-1_20200405171601
津久野町さわむら筏 船着き場横の砂浜

午前5時半周辺は既に明るくなっております。
3色辺りから方向を変え探りますが、
全く反応なし、6色~3色もアタリ無し

000-2_20200405171601  

1
色から波口を探ると針が無くなった仕掛けが
上がってきます。
1時間程度探りましたが、キスのアタリは捉えられず、
今年も良くないのか・・・・
真裏の津久野町小浦海岸に向かいました。

001-1_20200405171601
津久野町小浦海岸
001-2_20200405171601

午前7時小浦海岸第1投目は東端の岩場付近に
密生している藻場の際に仕掛けを落とし、
スローでサビくとコツコツと前アタリが、
30秒待つとグッグッと食い込み仕掛けを
回収すると15cmのキス、更に10cm
小型キスが釣れます。
しかし小型キスでもアタリがあっても
食い込むまで時間がかかります。
さらに小型キスを1匹追加、
23色付近にキスが居ることが確認できました。
002_20200405171601
海水浴シーズンを外すとそれなりの釣果が出る
ポイントと思います。

次は同名の湯浅町の小浦海岸まで移動、
以前最盛期に1520cmの中型キスが
数釣れたポイントです。

0033 003-2_20200405171601  
湯浅町小浦海岸

到着すると浮き藻が岸にびっしり流れ着いており、
引き釣りは無理かと思いましたが、
北端のテトラ付近だけ浮き藻が流れ着いて
おりませんでしたので、とりあえず投げてみることに
4色付近に海藻が密生しており、海藻帯に着水させて
少しリーリング3色半からサビき始めると強い当たりが
残念ながら乗りませんでしたが、
次投2色半で前アタリ今度は慎重にステイしていると
ググッと食い込み20cmのキスをGET

003-1_20200405171601

「オホッ!」

「ツ抜け」に向けて3色~2色付近を重点的に探りましたが
何せ水深がないの加えて波打ち際の浮き藻がびっしりです
ので移動する事も出来ず、キスが散ってしまったのか
アタリが遠のきます。
さらに子供連れ家族が砂浜に降りてきたので、
時間は午後1時半、昨日グーグルで見つけた湯浅町の
小浜海水浴場移動する事に

004_20200405172001  
湯浅町小浜海水浴場


ここは初めての釣り場ですが綺麗な砂浜で4色付近から
少し水深があり、釣れそうなポイントですが、
34色を探りながら少しずつ場所を移動しても
ガッチョは釣れるもののキスのアタリは無し、
遠投すると釣れそうなのですが、
西風が強くなり27号のシンカーでは精々6色手前に
仕掛けを落とすことが精一杯
2時半を過ぎると3組の家族連れが次々と
浜に下りたので納竿と致しました。

この時期余り家族連れの姿を見たことが
なかったのですが、コロナの影響で行くところが
無くなり浜に遊びに来たのでしょうか?
確かに海辺ではコロナ感染は無いでしょうから
今年は家族連れでキス釣りなど楽しめば
良いのでは・・・

005_20200405172001
たった4匹、シーズン前のサーフと言っても・・・

今回のポイントをドローンで空撮しております。
今後の釣行にお役立てください。YouTubeはこちら
さわむら筏横の砂浜
津久野町小浦海岸
湯浅町小浦海岸
湯浅町小浜海水浴場



 


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »