1_by 海風

2018年1月~

2018年5月15日 (火)

新松調査_2018/05/15

前回の新松調査から絶不調が順調に続いています・・・なぜか、師匠や釣友達は大喜び・・・?
なので、組対抗戦も遠賀川道場の足を引っ張ってしまいました。「みんな、ごめんね('◇')ゞ」
今週末は、今年のトーナメント初戦、ダイワキスマスターズ福岡大会です。
このままの状態で初戦を迎えるわけにはいきません。と言うことで調査というより、リハビリに行ってきました。
エリア内を移動しながら探ってみました。

キスは、近くに寄ってきているようで遠投してもアタリはありません。

Dsc_1437
日曜日よりは、かなり活性が上がっていますが「ブルッ!」・・・のらない・・・何度もあり。又、場所ムラもあります。
少しではありますが歯車が噛み合ってきたようでバレは少なくなりました。自分の釣り方が戻ってきたようです。
Dsc_1441

あとは、悔いが残らないように全力で挑みます。

| | コメント (2)

2018年5月 6日 (日)

新松調査_2018/05/06

ゴールデンウイークの後半(5日、6日)にやっと時間がとれたので、新松に行ってきました。

5日(土曜日)は好天に恵まれましたが、波も残っており西風の影響で

仕掛けが右に流される状況 + キスの活性が低く激渋状態。

遠くにいたり近くにいたりするので、距離も絞りきれないまま時間切れとなりました。
Dsc_1421
時間 : 7時から11時
釣果 : 5匹

手を変え品を変えいろいろやってみましたが、相手にしてもらえませんでした・・・

6日(日曜日)は、朝から雨模様。波なし潮も動かない。昨日とは違う海になってました。

昨日の反省を踏まえ遠投の準備をしてきましたが遠投空振り・・・戦意喪失

手前のキスを狙いますが、何かが合ってなく釣れません・・・
Dsc_1427
時間 : 7時から12時

釣果 : 4匹

ダイワまで後2週間、来週の組対抗戦では何とかパターンを掴んでおきたいところです。

| | コメント (1)

2018年4月30日 (月)

第4回遠賀川道場杯_2018/04/30

新松で開催された遠賀川道場杯に参加してきました。

24名参加中15名は釣果ありでしたが9名は釣果なしの厳しい試合になりましたが、トーナメントとは違い皆さん楽しく真剣に釣りをされていました。

ちなみに私は、246グラム(6匹)で2位の成績でした。
7144
7141
7140
20180430_180430_0023
20180430_1
1位 永原さん
20180430_2
2位 私
20180430_3
3位 中尾さん
20180430_180430_0004
ボーズを覚悟していましたがなんとか釣れてよかったです。
新松の海は、いつも厳しい・・・
参加していただいたみなさん ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

ダブルフックテスト&7.5度スプルール実釣テスト_2018/04/21

今年初めに飛距離テストを行った7.5度スプールが発売されることになったので、さっそく実釣テストを行いました。又、6月に発売する予定のダブルフックも併せてテストを行いました。
Dsc_1394
S__6283272
まずは、ダブルフックのテスト。写真ではわかりづらですが先針は喉の奥に2本目は口にかかっていました。
Dsc_1396
Dsc_1397
当日はキスの活性が少し高かったので先鈎以外にも掛かる事がありましたが、活性が下がった時や、バラシが多い時など困ったときの「ダブルフック」(^^)/頼りになりそうです。
Dsc_1383
スプールテストは、特に注意することもなく使用しましたがトラブルは一度もありませんでしたし、
安定した飛距離をだしてました。当日は6.5色がポイントでしたが、向かい風になっても8色目に落せたので普段使いしてみます。
Dsc_1408
『ダブルフック』
競技モデル糸付き鈎にダブルフック仕様が登場。鈎はがまかつ競技SP。上鈎7号下鈎4号、上鈎5号下鈎4号の2アイテム。上鈎には夜光グリーンチモト塗り。ハリスはアピール抜群の拙者のケイムラハリスを使用。6月発売予定。
S__6283273

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

温泉旅行_2018/04/07

番外編です

記憶にないぐらい久しぶりの家族旅行は、親子4世代の温泉旅行!

南阿蘇の温泉旅館に行ってきました。

ただでさえ寒かった週末に更に寒い山間部へ

Dsc_1293_2雪降ってるし・・・

なかなか良い旅館でしたよ
Dsc_1367_2
Dsc_1296_2

部屋についてる露天風呂が気に入りました
Dsc_1298

たまには、のんびりするのもいいですね
Dsc_1361

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

投げ釣りパラダイス_2018/04/02

「投げ釣りパラダイス2018春夏号」にG杯決勝戦のレポートを掲載させてもらっています。

何を考えて釣っていたかをメインに書いたつもりです。

参考にはならないでしょうがご一読されては(^^)/

Dsc_1292

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

山口釣行_2018/03/25

「そろそろ釣れだしてるかも」っと言うことで、キスken師匠とサカアツさんと私の三人で山口に行ってきました。

まずは、栗野川河口へ

水深もあり、なかなかよさそうな感じですが、風が強く寒い。

まったく生体反応なし、3投で諦め本命の特牛(こっとい)漁港に移動。

特牛漁港は栗野川河口よりも水深があり釣り人も居ます。

今日は気温が上がって風も無く暖かくなるはずだったのに寒くて寒くて

少し凍えながらの釣りです。

『師匠ゴイスー!ゴチメの2連』
Dsc_1265

1投目からキスが釣れました。アタリは小さめで鈎は口掛かり、活性は低いようです。

2投目は同じところに投入しますがアタリすらありません。

ポイントを探しながらの釣りとなり「メゴチ」「フグ」とも戦いながらなんとか6匹釣れました。

昼も近付きアタリもなくなってきたので昼食を取り室津浜に移動しましたがアタリなしで納竿となりました。

『グーフー2連』
Dsc_1269

きれいな海で釣りができたのでリフレッシュでき楽しい釣行となりました。

Dsc_1272

ではでは












| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

スカイキャスター シェイクダウン_2018/03/17

拙者さんに頼んでいたスカイキャスターAGS 33号-405が意外と早く届いたので遠賀川道場でシェイクダウンを実施しました。

Dsc_1234




鉛は30号、PE0.8号、右正面からかなり強い風


まずは6割程度の力で投げてみます。「反発が速い!」7色目が少しでました。

次は、鉛の位置をバットガイドにして8割程度の力で投げます。「やっぱり反発が速い」鉛は右方向にぬけちゃいました。

3投目は鉛の位置をバットガイドより少し下げて8割の力で投げます。ドンピシャのタイミングで正面に飛んでいきます。距離は7.5色程度。

これ、33号?
バットが長いからか35号に近いかも?

コンペ_プロトギアの調子に似ているようです。

竿を曲げたあと、反発に負けずに振り切らないと距離が伸びない!?かもです。

鉛が着底し、さびいてみると穂先がスッと曲がってくれます。穂先は柔らかめでいい感じ。

早く実釣で試して感度がどんなものか知りたいとこです。

Dsc_1233






竿のインスペクションは、個人差がありますのであくまでも参考程度にしてくださいね('◇')ゞ


| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

拙者の釣行会_2018/03/11

熊本県の天草で開催された釣行会に参加させてもらいました。

拙者さんのお店に集合し、ワンボックスに乗せてもらい9名で一路天草へ。

道中は釣りの話(腰が痛い…足が痛い…)等、おっさんがワイワイガヤガヤ話している間に現地の釣り具店に到着。

目的地に先に入っていたノギタンさんからまさかの「釣れない」情報の入電。

目的地を変更し牟田に移動。

初めての天草、1投目で良型キスが釣れましたが、その後1時間、誰もアタリもなく結局私の1匹のみ。場所移動です。

牛深の砂月海岸へ。きれいな砂浜、ロケーションは最高!
浜の左側からスタート。

Photo
Photo_2

あれっ?フグしか釣れません。

Photo_4

『フグ釣りを堪能しているサカアツさん』

愛宕浜さんが浜の右側で1匹釣らていたので右奥の川の流れこみまで移動。

2色ラインのポイントでアタリがありますが連掛けはできません。

アタリはピンポイントエリア、1メートルずれるとアタリはありませんでした。
なんとか5匹追加できました。

Photo_5

予想とは、違った釣果でしたが楽しい釣行となりました。

お昼はノギタンさんの案内で美味しいカツカレーを堪能でき充実した1日となりました。

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

遠賀川道場_キャスティング_2018/03/04

昨日の8色ツンしない反省会で本日も道場で投練

昨日より横風が強い・・・

本日のポイント、振り幅・上半身のスエー・体重移動等を気にしながら練習します

少し感触が戻ってきたような

やっと目標達成しました

Dsc_1159_2

Dsc_1161

ではでは

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

1_by 海風 | 2_by 國