« 糸島方面ピンだらけ! | トップページ | 良型狙いで唐津方面へ »

2009年6月14日 (日)

束の季節!?

Dsc03204  前回のピンの多い釣果を会社の同僚に渡したところ、南蛮漬が家族に好評だったとの事、今度は小さいのも全部持ってきてとの依頼を受け、数が期待できそうな福岡東方面に向かいました。 

今季初の東方面は、昨年も良く通ったお気に入りの白石浜、綺麗な砂浜で釣り師が少ないところがgoodです、 第1投は6色からサビキ始めます、5色中盤で微かなアタリが出始め、ポツポツと2色まで続きます、上げてみると中~ピンの3連で他2本の針もエサが無くなっています、後もアタリの割りに上がるキスの数が少なく、先々週使用した7号針×5本から、新品の6号針×9本に変更すると見事に針数のキスが上がってきます、セコイ考えで使い古しの仕掛けを用いるとこんなハメに陥るんですね~ハズカシイ!!

 

Dsc03210

最大でも15cm足らずのキスを毎投連掛け、トーナメントの練習にはもってこいの状況、マイクロピンも残らずクーラーへぶち込みます、干潮を過ぎてもアタリに変化なし、珠にひったくるアタリが出て、マゴチかと思われますがナカナカ乗らず、回収時1色で食ってきた小型のマゴチをようやく引きずり上げました。

 

Dsc03212

積極的に移動しながら良型を探りますが、上がってくるのは小型のみ、後に水上スキーが沖合い50m付近で行き来し始めて万事休す、キスカウンターが「101」になったところで移動準備に入ります、約3時間であっけなく束になりました。

 広い砂浜の西側から東側へ移動、満杯だったクーラーの中身を予備クーラーに入れ替えて仕切り直しです、沖の根がある場所を避けて神社前付近から始めます、数投しても上がるサイズは小型のみ、黙々とトーナメント練習モードで数を稼ぎます。

 暫くすると、帰りがけのXTさんと遭遇、釣果を見せてもらったら、やはり同じようなサイズで納得、今日の白石浜~勝浦浜は小型が中心のようです。

 北西の風が出始め、波が少しずつ高くなり始めると、所々に小さな離岸流が発生し、その付近を集中して狙うと型が少しだけUP、それでも最大19cmまででした。

Dsc03215  

キスカウンターが順調に増えていき、「188」となったところで、50g購入したデコが切れ、自己初の2束釣りをしたくて、予備エサで持参していたサンドワームを取り出します、タッパの蓋が緩かったのか、中身はなんと燻製状態!・・・トホホ、針に通すことも出来ずにチョン掛けして投擲、少しユックリ目にサビキを入れると活性が高いのかアタリが出ました、 匂いがまだ強烈だったので使えたのでしょうね、6-4-6でカウンターが「204」になったところで納竿、勝浦浜は3時間半で終了となりました。 

 まだ気温があまり高くないので、集中力が切れませんでしたが、本日は幼児大虐待の一日で、少しだけゴメンナサイ・・・。

<釣行データ>

場所:福岡県宗像市白石浜、勝浦浜 日時:2009614日(日)5:3012:50 小潮:干7時頃 天気:曇晴れ 風:無→北西 表面海水温:24℃(12:00

釣果:シロギス19cm以下204

<タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノSUPERAERO TECHNIUM Mg、 道糸:PE0.6号 固定天秤27号 仕掛け:モトス1.5号、ハリス0.8号、針6号×98本 エサ:岩デコ、ガルプサンドワーム

|

« 糸島方面ピンだらけ! | トップページ | 良型狙いで唐津方面へ »

2_by 見学人」カテゴリの記事

コメント

2束までの集中力継続は私にはできません。
じっと我慢のカレイ釣りに通じるものがあります。
まだまだ修行が足りません。
 

投稿: 愛宕浜漁協 | 2009年6月16日 (火) 23時02分

愛宕浜漁協さん、おはようございます

そうですね、カレイ釣りに精神的には似てたかも知れません
それでも、同僚に「ピンが欲しい・・」と言われなければ、確実に無理でした

投稿: 見学人 | 2009年6月17日 (水) 07時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 糸島方面ピンだらけ! | トップページ | 良型狙いで唐津方面へ »