« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

四国三連戦を終えて♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回は四国トーナメントロード終了の感想レポートです。
(JC四国、G杯四国のレポートは別途アップします)

SBC、JC、G杯 と3週連続で四国に行ってのトーナメント。
これまでの自分の殻を破ってみたくて、あえて地元じゃない場所にエントリーしたのですが結果はびっくりでした。
・SBC 準優勝
・JC  敗退
・G杯  2回戦敗退

釣り場のエリア分けやスタート順等、運不運はありますが、自分としては納得いかないんです。

総じて言える事は「詰めが甘い」と言うこと。
SBCでは、後から隣に入られた選手に良型を抜き上げられ続けたこと。
JCでは「どうせ勝てない」と早々に試合を諦めたこと。
G杯では予備タックルだったことで満足な準備が出来てなかったこと。

特にJCの時の気持ちなんて、トーナメンター失格(-_-X)ですね。
自分を戒めるために、あえて書きました。

さてさて、四国に遠征して嬉しかったこともありました。
参加者の方から「ブログ読んでますよ」と声をかけて頂いたり、強豪の方々と会話が出来たり。
九州ブロガーのT中さんに以前、「どうやったら知り合いを増やせます?」と聞いた時に「トーナメントで上位に食い込むことです。そうすれば自然に知り合いが増えます。」と教えられたことがありました。
まさにその通りで、運でも上位に入れば少しは認知してもらえるようです。

そして、現地の名物等も。

有明浜にて。

Nec_0128  

 

 

 

 

 

たこ判、美味かった~。

Nec_0129  

 

 

 

 

 

やっぱ旅の疲れは温泉で取らなきゃ。

Nec_0129_2_2  

 

 

 

 

 

さて、今年のトーナメント前半戦が終了したので、後半戦へ気合を入れなおしましょうかね。

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

| | コメント (2)

2010年5月18日 (火)

第7回ダイワSBC投 四国香川大会 参戦♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回は第7回ダイワSBC投 四国香川大会のレポートです。

去年は九州福岡大会で辞退者多数のため、繰り上げ当確したブロック出場でしたが今年はなんとしても実力でブロック出場権利を取りたいです。
開催場所は香川県の有明浜。初めて釣る場所です。

最近、初の場所が多い気がするなぁ・・。気のせいかな・・???

有明浜で釣ったことのある人の話だと
「干満の差が激しい」「釣れる時間と釣れない時間がある」「キスは小ぶりで数勝負」等々・・。
去年のフレンドリーカップや今年の拙者杯福吉のように釣れない状況には慣れてます(笑
キスが小さいなら小針かな、と小さめのハリを中心に仕掛けも作成してきました。
(ここでお断りがあります。
 まだ四国トーナメントシーズンであり、他の方からの情報も含め、書けない内容が多々あります。
 仕掛け、ポイント、等は四国トーナメント終了してから書きますのでご了承下さい。)

金曜日は東京日帰り出張、土曜日は運動会参加とイベント続きで、運動会終了後そのまま香川に向かいます。
team SESSYA 拙者さんと國さんは下見で土曜から有明浜に入っています。なんでも、金比羅さんまでお参りに行ったとか。
必勝祈願、私の分までして頂けたのかと思いきや、「自分で行かないと」と言われてしまいました(爆
やっぱ他力本願はいけませんね。(=´Д`=)ゞ

丸亀のホテルに到着したのが20時過ぎで、拙者さん、國さんと合流します。

Nec_0114  

 

 

 

 

 

Nec_0113  

 

 

 

 

 

明日の作戦や下見の状況 等々、打ち合わせを行って早めに就寝です。
(ホテルに大浴場があって、疲れた体を一休みさせることができました。(o^-^o))

試合当日、3:30に現地着です。すでに申込のために皆さん並んでいます。
でも時間が時間だけに、真っ暗(笑 

今年は青赤じゃなく、白赤でブロック分けしているようです。
拙者さん、國さん、BOZU共に赤エリア。team SESSYAの紅一点なお姫さんも赤エリアです。
なお姫旦那さんは抽選で惜しくも漏れてしまったため、今日はサポート役で四国入りされてます。
(他、抽選で漏れてしまった方は九州の二十人の会キス釣り大会に参戦している模様です)

なお、潮の干満を考慮して、試合時間が30分短縮され5:30~8:00が一回戦となりました。
5時を少し過ぎた時点で移動開始です。
SBCは試合時間終了まで釣りが出来て、規定時間までに帰着なので時間いっぱい釣りができます。
(JCは試合時間終了までに帰着なので、少し焦ってしまいます。)

さて、お決まりの駆けっこタイムです(笑
57番目スタートのBOZUですが、とりあえずドンドコ走ります。クーラーや竿がこんなに重いものか?! と日頃感じない感覚を味わいながらの疾走です。
途中で國さん発見! 追い抜くや否や、國さんから追い抜かれ置いて行かれます(爆笑
すでにスタミナ切れです。前日の作戦で決めた場所に入ることができたので良しとしましょう。

休む間もなく試合開始です。
用意した仕掛け、狙ったポイントでキスを掛けていきます。思った以上にキスの魚影が薄い感じです。
しかし、潮の流れ、地形、その他の要因を考えながら、キスの居場所を探します。

途中、静岡から結婚式で来たと言うおじちゃんや、マテ貝掘りの親子さんと談笑しながらの釣りができました。
拙者さんも「多分、一回戦通過出来るから、視察に来た」と余裕の状況です。
自分は周囲で魚を釣ってる参加者が多いため、気が気じゃありません。
(実は釣れてるのは半数以上が”ベラ”だったんです。BOZUもベラの5連とかありました。)
負けないように の一心で仕掛けを打ち返しました。

Nec_0126  

 

 

 

 

 

team SESSYA ステッカー、貼ってますか?
「勝」の文字がクーラー見る度に目に入ります。勝て! 自分に勝て!! とステッカーから聞こえてくるようでした。
プレッシャーに負けてなるものか! と平常心を保つことを意識します。

國さんが思ったより苦戦しているようでしたが、自分の隣に来ての一投で良型をズラリと上げた時には「さすが!」と思いました。
上手な人はここぞの一発大逆転を起こせる何かを持っていますね~。
そんな型のキス、自分は釣ってません~(泣

一回戦が終了し、検量のために本部へ戻ります。
多分、一回戦は通過できるだけのキスは釣ったと思うのですが、結果は検量するまで分かりません。
 
検量集計中にteam SESSYA 撮影会です。
関西ブロガーのアラヒフビギナーさんも集合して、本部前でタスキを持ってパチリ!!

アラヒフビギナーさん、なお姫さんは残念ながら釣れなかったとのことでした。
初対面のアラビギさん、とても穏やかで優しい雰囲気の方でした。今週末のJC中国、頑張ってくださいね!!
なお姫さんも天草では良い型のキスを釣られてたのに、四国では実力を出せずと言う状況でした。

一回戦の結果は拙者さん、國さん、BOZUが二回戦進出。
BOZUは赤エリアトップの成績でした。マジ?! 自分が?!
拙者さん曰く「全然、手抜いて無かったもんなー」とのこと。えー、だって手を抜くような余裕ありませんでしたもん~(笑
拙者さんと國さんが「あー、1位かー。やっちゃったねー。」と。どうも一回戦1位は二回戦惨敗となるジンクスがあるようで・・。
逆に、負けたらジンクスのせいにすれば良いのかな???

二回戦はエリアを1つにして戦います。
さて、トップスタートのBOZU、目を付けていたポイントまで本日二度目の駆けっこタイムです。
案の定、走れません(笑 きつい、きつい。
えーい、こうなったら奥の手! 今日はゴム長を履いて参戦のBOZU。ビーチシューズの人が走れない膝くらいまである雑草の茂みをショートカット!!
(後で聞いたのですが、國さんが「あれはゴム長じゃなきゃできんな」と思ったそうです・・)

二回戦もとりあえず、狙ったポイントに入れました。潮は満潮近くで一回戦の時に出ていた中洲は完全に水没してます。
10:30より二回戦開始。これから二時間が勝負です。
仕掛けを投げ入れ、キスを探ります。程なく、居場所を発見。
そこからピンポイントでキスを掛けていきます。
一回戦が干潮時刻だったので地形を確認できたことが収穫でした。

しかし、この二時間がなんと長く感じられることか。「早く終われ!」と思いますが、まだ一時間しか経って無い状況だったりします。
ちっちゃいハゼもしっかりエサに食いついてきて、アタリがあるものですから「ん?!、キスか?!」と思ったりしてなかなか数が伸びません。
それに、隣に移動してきた方が良い型のキスを移動直後に釣るものですから「なんでこっちにこないの~?」と思ったり。

気がつくと自分の周囲は超密集状態。なんだ、なんだ?
そして皆がキスを釣ってる。まずい、釣り負けてる!

こんな時って、結構自分だけ釣れないんですよね。焦ってさびきが雑になるのか、殺気が魚に伝わるのか。
ここでもteam SESSYA ステッカーに助けられました。
「勝」の文字。自分に負けちゃ、他のトーナメンターに勝てる訳無い。
平常心を取り戻す事ができました。
釣れなくても、周囲が釣れてればキスはいるんだ。後は自分のところに来たときに釣ればいい。

そして程なく二回戦終了。最後にまたまたBOZUはやっちゃいました。
検量の列に並んでズボンのポケットを探ると「あれ?!」 検量カードが無い?!
そんな、何処行った?!
クーラーや全部のポケットを探しても無い。まずい、失格か?!
スタッフの方に「検量カード紛失しました。すみません。」と伝えると、急遽、代わりのカードを作成してくれました。
GLOBERIDEさん、ご迷惑お掛けしました。

検量結果、BOZUはまさかまさかの準優勝。初のお立ち台に上がることができました。
team SESSYA の今年の抱負で書いたことが実現しちゃいました。
優勝者との差は18gでした。普段なら悔しいんでしょうけど、あまりに嬉しくてそんなこと考える余裕なかったです。
副賞、そしてブロック大会出場の権利を受け取り、改めて勝ったんだと思いました。(優勝じゃないですけど)

BOZUは大分県北部出身で、去年も時間があれば国東半島にキス釣りに行ってました。
大分県北部は干満の差が激しく、BOZUの地元や国東の浜は干潮時に数キロ先まで干上がります(大げさな書き方じゃありません)。
そんな環境に今回の有明浜がたまたま似てたんです。なので、自然とこう釣れば良いのでは? と思えた気がします。
いろんな場所での竿出し経験が意外なとこで効果発揮?!

team SESSYA 國さんは6位でブロック権利獲得、拙者さんは惜しくも権利獲得ならず(ホント惜しい順位) でした。
出来過ぎの結果で本人がまだ信じられてません。

team SESSYA メンバーの皆さん、ステッカーの御利益は絶大ですよ!!
ステッカーに足を向けて寝られなくなりました(笑

今回の釣り方は國さんと殆ど同じでした。
team SESSYA メンバーであれば、質問フォームから問い合わせることで回答が得られると思います。

でも、まぐれってあるんですねー。なははは~。

JCやG杯も頑張ります!

そして月曜日はは歩けない位の筋肉痛が全身を襲いました(運動不足だぁ~)┐(´-`)┌

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

5月16日   晴   釣行時間 : 5時 ~ 12時

タックル   ランドキャスター 33-405 + サーフベーシア35 極細

        道糸 PE0.8号 + サーフセンサーハイパー力糸

仕掛け    後日書きます

餌       岩デコ

結果     シロギス 214g(一回戦) 480g(二回戦)

| | コメント (4)

2010年5月12日 (水)

第5回熊本オープン投げキス選手権 ~ヒマオヤジ杯~♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回はGW釣行第二弾 第5回熊本オープン投げキス選手権のレポートです。

前回の下見があるとは言え、初挑戦に近い天草での釣りです。さて、どうなることやら。

開催場所は天草半島一帯。港湾有り、サーフ有り、岩場有り、で何処を攻めようか迷います。

5:00に受付開始、合ったことある方は主催のK・ハンターさん、赤竿☆のぎたんさん、愛宕浜漁協さん、u-chanさん、彦一さん、なお姫旦那さん、なお姫さん、秀麿さん、オヤスマンさん、関門の主さん。
半分くらいの方が初対面でした。でも、皆さん気軽にお話してくれます。
共通の趣味って、やっぱり良いですね~。

主催のK・ハンターさんから競技説明があり、すぐに移動開始です。
詳しいルール等については拙者の投げ釣りサイトにあるリンクを参照お願いします。

自分の目指すポイントは集合場所から約40分かかります。しかも狭いサーフなので1人入られたらアウトです。
場所は龍ヶ岳 高串の松が浜堤防。鹿児島の釣り雑誌で天草の情報が書いてあり、「ここだ!」と目を付けたポイントです。
実は知ってました。天草で釣ったこと無いので、その雑誌情報に飛びついただけです

移動の途中に漁港や海水浴場など「釣れそうだなぁ」と思うポイントがあり、ついつい寄り道したくなります。

が、今日はトーナメントです。真剣勝負です(笑)。まずは目指すポイントへまっしぐら。

松が浜堤防に着くと、幸いサーフには誰もいません。よかったー。
早速、仕掛けを準備して釣り始めます。海草天秤25号に7号3連仕掛けで臨みます。
ふと海に目を向けると、地元の漁師さんの小舟が浮いています。距離にして3色程の場所。
このサーフは2色先までシモリがあってその先は砂地のような感じです。
何を始めるのかな? と思っていると、なんと網を上げ始めるではないですか!シモリとのキワに網が入ってるとなると・・・。
あっちゃー、こりゃキスは逃げてるなー、といきなりのテンションダウンです。

それでもこの場所しか知らないし、網を入れるならそれだけキスが濃い場所なんだろうと思い釣り開始です。
2色半に投げ入れ、半色程さびくといきなり「ガッツン!」と竿引きのアタリ!
キスはいました!仕掛け回収すると22cmの丸々としたキスです。やった、これで0申告は無くなった。一安心です。
その後、3連続で20cmオーバーのキスが釣れ、「この調子だともしかするかも・・」なんて思ったりしちゃいます。

でも、そうはいかないのがいつものパターン。アタリはあるのに乗らなかったり、シモリに根掛かって仕掛けロストしたりで数が伸びません。
キスも段々サイズが落ちてきて、19、18、17、16・・と(笑
15cm規定に引っかかるキスは釣れないのですが、連で掛かってきません。

移動も考えたのですが、知らない土地で知らない場所に移動もできず、結局松が浜で粘ってました。
10匹程釣れた時点でのぎたんさんからTELです。
手前の漁港で釣ってるけど、小型ばっかりとのこと。こちらは数は伸びないですが大型は釣れますよ、と答えます。

そのうちに潮が満ちてきて、砂浜が完全に水没してしまいました。
それでもテトラに上に立って粘っているとのぎたんさんが移動してきました。
ようこがんところで釣りよるねぇ」と。いえいえここしか知らんのですわ(笑

のぎたんさんの移動案に乗っかって、近場の海水浴場に移動します。
家族連れで釣りをしている人がいましたので、邪魔にならないように離れて釣ります。

ここでは5色辺りにキスがいるんですが、4色辺りにウミサボテンの群生があるようでキスや仕掛けがごっそりいかれてしまいます。
釣れてくるのは30cmのウミサボテン(笑
これには自分ものぎたんさんも閉口。
それでものぎたんさんはここで数匹のキープサイズをゲット。やっぱ上手いです。自分は16cm1匹のみ。

早めに切り上げて、途中のポイント(なんと歩道からのキャスト、しかもポイントは岩場)で釣っている参加者の方の様子を覗くと、かなり良い型を多数釣ってます。
やはり引き出しの多さが釣果に出ますね。岩場で釣るなんて普通はしませんもん。

検量場所に到着すると、皆さんさすがに多く釣ってきています。天草のキスは完全にシーズンインのようです。
自分は20オーバー5匹、総数13匹でした。順位は10位くらいです。

Nec_0098  

 

 

 

 

 

Nec_0097  

 

 

 

 

 

Nec_0096  

 

 

 

 

 

トップの方たちは総数30超、20オーバー9匹 等、BOZUはダブルスコア以上の負けっぷりでした。

今年は完全アウェー、初参戦の熊本オープンでしたが来年はきっと今年以上に釣りますよー!
負けず嫌いの性格なので、もう来年の勝負に気持ちが移行しちゃってます。

今年の秋には現地実施調査に行かなくては(笑

参加者の皆さん、いろいろお話を聞けて勉強になりました。ありがとうございました
また、この大会は参加賞だけでもいっぱいもらえますよー。
天草の綺麗な風景も見れたし、20オーバーのキスの数釣りも出来たし、良いとこですね。

Nec_0095  

 

 

 

 

 

K・ハンターさん、来年は福岡勢が上位取りますからねー!

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

5月2日   晴   釣行時間 : 6時 ~ 12時

タックル   ランドキャスター 33-405 + サーフベーシア35 極細

       道糸 PE0.8号 + サーフセンサーハイパー力糸

仕掛け    海草天秤25号  キスR7号 3連

餌      岩デコ

結果     シロギス 13 

| | コメント (0)

GW釣行 ~川内川は良いところ~♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回はGW釣行第一弾 川内川河口のレポートです。

鹿児島、川内の秀麿さんと仕事で鹿児島出張のu-chanさんに連絡すると、u-chanさんが都合悪いとのことでした。

4月29日、早朝から出発の予定が予想通りの寝坊(笑
出発後に秀麿さんに連絡するともう釣れているとのこと。急がねば!!

GW初日、鹿児島では桜は散ってしまってますが朝夕はまだ肌寒いです。
ホットコーヒーを飲みつつ、目的地へ走ります。

秀麿さんに遅れること約1時間で現地到着。早速、タックルをセットです。
前回の訪問では振り出し竿だったので、今日はジーシスXをチョイス。
そういえばジーシスでまだキス釣ってなかったな、と思って感度チェックも兼ねての出撃です。

風が結構吹いてます。来るときはそうでもなかった感じですが、河口付近は白波の立つ荒れ模様。
なにやら波乱の予感・・???

Nec_0102  

 

 

 

 

 

秀麿さんに挨拶して釣り開始です。
BOZUの到着前は水も綺麗に澄んでいて、キスも活性良かったようですが、ついさっきに上流から濁った水が流れて来始めてあっという間に一気に濁り水になってしまったそうです。
それにあわせて、キスの活性も落ちたとのことでした。

準備前に秀麿さんからホゴライナー25号を1つ、譲ってもらいました。
拙者さんとこで扱い始めた直後から気になっていたんですよね、買ってなかったけど・・(苦笑

欲しかったシンカーを入手したので、早速スリム天秤にセット。
堤防投げなので軽くキャストしたんですが、竿もいい感じでシンカーを弾いてくれました。
4色からさびきますが流れがムチャクチャ速いです。右流れですが正面に投げても回収時は右60°位にまで流されます。で、流れた先でアタリがあるんです。最初は17cm位のキスが釣れました。
流れに逆らって回収なので重い、重い。大型キスかと思っちゃいました。

Nec_0103  

 

 

 

 

 

調子に乗って、振り子で投げて飛距離を稼ごうとした第二投目。
キャストと同時に「パッチーーン!」。
・・・、やっちゃいました。多分、ガイド絡みでしょう。力糸と道糸の継ぎ目付近でのキャスト切れ。
これまで、2008年ジャパンカップ九州予選2回戦でのガイド絡み切れに続く2回目のキャスト切れです。

しかも、せっかく頂いたホゴライナー25号が飛んで行っちゃいました・・。
うーん、ガイド位置が良くない??? いやいや、自分のランドキャスターと同じガイド位置だから使い勝手は良いはず。単に投げ方に問題があっただけでしょう。

気を取り直して、再度釣り再開です。
秀麿さんからもっと下流側が釣れてると言われたので、100m程下流側に移動しました。

素バリもありますが、1~2匹でキスがあがってきます。楽しい~。
拙者杯が激シブだっただけに、キスのアタリがとっても嬉しいです。
ジーシスの感度も特に問題ありません。今度はサーフでピンのアタリをどの程度拾えるか、試してみます。
竿引きのアタリも数投に一度ありましたが、これは全部ヘダイでした。美味しいからキープです。

お昼前までの約4時間、楽しく釣ることが出来ました。秀麿さんも付き合って頂いてありがとうございました。
お昼ご飯は近くのランチバイキングに秀麿さんと奥様、お嬢さんと。しかもご馳走になってしまって。
次回は何かお持ちしますね

その後は秀麿さんが所用のため、BOZU単独行動です。
川内川で釣り続けるか、5月2日の熊本オープンキスの下見に向かうか・・・・。

で、選択したのは天草へGo!!
14時に川内を出て天草に着いたのは17時。まだ陽が沈まないうちに目的の場所まで行って下見せねば!!
目的の場所へ着いてみると、こりゃ浜とは呼べないほど小さいサーフ。しかもシモリいっぱい。
釣ってるのはみんなフカセ釣り師です。

ちょっと挨拶してここでキス釣れるかを聞くと、先週チヌ釣りの時に結構大きいキス釣れたよ と良い情報が!
短時間ですが竿出し決定です。ランドキャスターをここでは選択。
釣ってみると思った通り、根がきついです。がつがつ引っかかります。ハリも飛びます。
ハリ数を落として、1匹づつ回収する方法が良さそうです。

6色に投げても全然アタリ無し。4色でも同じ。キスいないんじゃ??? と思って2色から探り始めたその時!
ゴンゴン、グィーッン と竿を持っていくようなアタリ。何だ? とびっくりしました。
上げてみると23cmのキス。デカい~、嬉しい~。キスいました。

5月2日はここで決定です。
その後、もう1匹22cmを追加。30分でこの2匹が来るなら、サイズも十分、ポイントのキスストック数も大丈夫でしょう。

Nec_0099  

 

 

 

 

 

初めての場所でキス釣れると嬉しいですね。今年一番のキスも釣れたし。
5月2日が楽しみです。

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

4月29日  晴   釣行時間 : 8時 ~ 12時、17時半~18時

タックル   ジーシスX 30 + サーフベーシア35 極細
       ランドキャスター 33-405 + サーフベーシア35 極細

       道糸 砂紋1号 + サーフセンサーハイパー力糸
       道糸 砂紋0.8号 + サーフセンサーハイパー力糸

仕掛け    拙者オリジナルスリム天秤 + ホゴライナー25号  キスR7号 3連
       國天秤29号  キスR7号 3連

餌      岩デコ

結果     シロギス 20 ヘダイ 4 

| | コメント (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »