« 第8回組対抗ウキウキ超ビッチ潮吹杯キス ~マスオくん大活躍~♪ | トップページ | SHIMANO JapanCup投げ 九州福岡大会 参戦♪ »

2010年7月15日 (木)

第31回がまかつG杯争奪全日本がま投げキス選手権 中国島根大会 参戦♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。
九州ブロガーのBOZUです。

今回は第31回がまかつG杯争奪全日本がま投げキス選手権 中国島根大会の参戦レポートです。

金曜の仕事が終わってさて、鹿児島から一路九州道の基山PAまで移動です。
そう、今回は「肥後もっこす軍団」の一員として参戦なのです。
Team SESSYAから短期レンタル移籍です(笑)

参戦されるのは赤竿☆のぎたんさん、k・ハンターさん、なお姫旦那さんとBOZUです。
しかもk・ハンターさんの愛車で移動、今回はホテルランクルの出番はありません。

基山PAに着いたのが20:30頃、聞くところによると謎の行商人dollarがPAまで必殺仕掛け等を売りに来てくれるそうです。
程なくもっこす軍団が到着、軍団の証「釣るばいた」Tシャツを受け取ります。
2010年バージョン、一層気合いの入ったデザインになっています。

謎の行商人が到着、厳選された仕掛けやアイテムをテーブルに並べていきます。
謎の行商人は明日から東西100人の会fishで静岡に行かれるそうで、今日は寝れないなー と。
私たちのためにありがとうございます。

そして一路、開催場所の島根県、尾浜海岸へ向けて出発です。
k・ハンターさんは足首捻挫で走れない位痛い!とか、高速上でのぎたんさんが持病で苦しみ始めbearing、ヒヤヒヤする場面があったことは内緒です。
(御三方、今回自分は一切運転せず申し訳ありませんでした。次回はメーター振り切るまでぶっ飛ばして運転しますね)

午前5時頃に現地到着、そのまま下見に入ります。
今日の自分のエサは先週のアスリートで生き残ったマスオくんです。
昨日、海水で洗ってあげた時はピンピンしてて元気良かったのですが・・・・・・・。

どうもその海水浴が良くなかったようで、死にかけたヤツの腐敗菌がまわってしまい全体が弱々しくなってしまってました。
ありゃりゃ、なんてこったい!crying
ただ、下見用としては特に問題無さそうなので私のエサで下見開始です。

尾浜海岸はパッと見て、あまり大きな浜ではありませんでした。
ここ、100人以上入るキャパあるのかな? って感じです。
大きな風車が何機もあって、特徴的な浜です。
晴れてればもっと詳細にわかったんでしょうけど、高台から見てそんなに水深は深く無い感じでした。

とにかく竿を出して、魚がいるかチェックです。
浜の左端から右に向かってチェックしていきますが、2色と5色に魚がいるようです。
浜の中央近くになるとその傾向が強くなってきました。
10:00近くになり下見は終了。朝ご飯を食べて、ホテルにチェックインできる時間(15:00)までどこかで時間を潰さなきゃいけません。

しかし、めぼしい場所が見つかりません。温泉センターspaでもあれば良いのですが、温泉旅館が殆どで休憩する場所が無いところばかりです。
最後の手段、宿泊先に電話して「チェックイン時刻前だけど、入れてくれ~」と懇願(笑)してみます。
なんとOKがもらえて、とりあえず横になることができました。
(ホテルの方、無理言ってしまって申し訳ありませんでした)

そして昼食。ホテルに食堂もあります。明日の戦いに勝つ! ためにカツ丼を注文。
ちなみにのぎたんさんはカツ定食。考えることは同じ(笑)。
しかし、ここの食事、マジ美味い!! メニューも多くて色々食べたくなってしまいます。

食べた後は温泉に入り、眠りこけてしまいました・・zzz。
なお姫旦那さんと相部屋(愛heart04部屋ではない)でしたが、自分のいびきがうるさかったらすみましぇーん。
でも、下見で確認したキスの大きさにマッチした仕掛けを準備する必要があります。
夕方に起きて、仕掛けをせっせと作ります。

んで夕食(食ってばっかり)。尾道ラーメンnoodleを注文。これも美味い。k・ハンターさんも絶賛。
なお姫旦那さんは刺身定食、のぎたんさんはチャンポン。これがまた、ボリューム満点。
明日の善戦を誓い、就寝しました。

試合当日、3時に起床。
あいにくの曇天ですが、雨はまだ降ってません。
会場まで移動すると、すでに駐車場はほぼ満車。九州からABE組の皆さんも参戦です。
ルールは四国とほぼ同等、ブロック分けで下見を行った右ブロックになりましたがゼッケンが若干遅い67番でした。
ただし、前の選手の追い越しは原則禁止。これは参った。特例として、声をかけて許可もらったら追い越し可とのことです。

でも、下見した場所から考えるとスタート地点そばが良い場所だったので、そこに陣取りました。
同じエリアはk・ハンターさん、反対エリアはのぎたんさん、なお姫旦那さんと2:2で分散されました。
k・ハンターさんも自分の左に陣取ります。
右にはABE組のピカピカチューさん、CIMAさんです。

試合開始の合図がわからなかった(聞こえなかった)のですが、みんなが投げ始めているので自分も急いで投げます。
一投目は7連。サイズは関係無いので「よし!」と思います。
二投目は3連。そして三投目は素バリ。あれれ!?
キスの活性からして、そんなに一気に散ってしまうはずは無いのに?
と思っていると、k・ハンターさんが「今、セイゴが群れで通ったからキスがいなくなった」と教えてくれました。
そうかー、それなら仕方ないなーと思って若干遠目に投げてアタリのあった場所で仕掛けを止めておく作戦に切り替えます。
それでも釣れてくるのは2,3連。一度散ってしまうとなかなかもとの場所に戻ってこないようです。
k・ハンターさんは結構釣れてるようです。仕掛けに魚がいっぱい付いて上がってきてます。

隣のピカピカチューさんが移動したので、自分も右側に移動します。
CIMAさんの隣に入り、少しだけ雑談しながらもテクニックを教わります。
やっぱりいつも上位に入る人だけあって、いろんな知識を持っています。
(CIMAさん、お世話になりました)

遠投が良いと言われたので、可能な限り遠目に投げると中型のキスが5連で付いてきました。
やった、と思い遠投を続けます。ラストでは6連(抜きあげで1匹落としたcoldsweats02)も有り、なんとか一回戦突破できないかなー? と思っての帰着でした。
検量の結果、39匹で何とか一回戦突破。k・ハンターさんは惜しくも突破出来ませんでした。
あんなに魚上げてたのに? と聞くと、あれ全部コアジとのこと。k・ハンターさんの釣ってたエリアは他魚が多かったようです。
他エリアではのぎたんさんが一回戦突破。60匹超!? 奥エリアは爆釣だったようです。
いつもの「もう悪いことしませんban」のお祈りをずっと検量所前でやってたのかな?お祈り通じて良かったですね。
なお姫旦那さんは善戦されたのですが突破ならず。でも確かBOZUと同じ位釣ってたと思います。エリアが悪かったですね。

10:30~が二回戦なのですが、9:45位に二回戦進出者に説明が行われます。
そして雰囲気的には時間繰り上げて開始されそうな感じになったところで、「休憩が欲しい」と選手から要望が出ます。

二回戦は予定通り10:30~になり、少しの間休憩になりました。
その前に二回戦のスタート順を決めるくじ引きがありました。一回戦の順位でスタートじゃないんですね、以外でした。
BOZUが引いた番号は・・「1」。なんと1番を引き当てました。やった!!
のぎたんさんは「3」。その番号を見た瞬間に半分死にかけてた表情から、今にもスタートせんかいっ!! って表情に変わったのが可笑しかったです。

二回戦の作戦はBOZUは爆釣だった浜の左端を狙います。のぎたんさんは裏をかいて人気の無いだろう右側を思う存分使っていく作戦のようです。
スタート前にスタッフの女の子virgoから「なんさま ってどんな意味ですか?」と聞かれます。釣るばいたTシャツの左袖口に「なんさま キスば つろごたる」と書かれているのですがそこに目がいったようです。
はい、私、肥後弁ワッカリマッセ~ン。のぎたんさん、HELP! 「なんさま」とは「どうしても」と言う意味のようです。
つまり、どうしてもキスが釣りたいっ!! って意味ですよん と解説します。
釣るばいたTシャツ、つかみはバッチリscissorsのようですね!

Nec_0163  

 

 

 

 

 
 青い靴のおねーちゃんが釣るばいたTシャツにバイト!

二回戦開始とともにダッシュで左端を狙います。追い越し禁止なのでゆっくり目に走っていたら次点の選手から抜かれます(当然、抜いて良いですよ、と言ってます)。
その選手が「端っこ狙います」ってボソッと言われたので、まずい!! と思って再ダッシュです(笑)。
抜いて良いですよって言った割には、抜き返してる自分がいました。たはは、カッコ悪い。
とりあえず、左端は確保できました。

爆釣エリアだった場所に入れたのでもうワクワクして我慢できません。早く釣りたい♪って高揚しまくりです。
そして試合開始。一投目7連、二投目6連、三投目4連と順調に釣れます。楽しい~。
しかし、その後に空が一気に真っ暗に。そして土砂降りrainとなりました。大量の雨水が比重の関係で海底に流れたのか、キスの活性が一気に落ちます。釣れても1~2匹になりました。
風も吹いてきて、寒くなってきます。なんで一回戦はレインコート準備してたのに降らなくて、二回戦でレインコート置いてきたら降るの~?

雨の量が半端じゃなく、マスオくんにまぶした石粉も降ってくる雨で全部流されます。エサ付けにかなり手間取ってしまいます。
試合終了まで、ほぼ素バリ無かったのですが、活性が落ちた状態だったので1~2匹釣るのがやっとでした。

帰着後、すでに検量終えたのぎたんさんがニコニコhappy02してます。もしや、やっちゃってくれたのかなー?
何匹釣ったか聞くと、40超えたとのことでした。BOZUは最後から2番目位で検量です。
その列に並んでいる時に、四国のキス釣りおやじさんと対面できました。「みっぴ(秋丸美帆)」のブログにお互いコメ書き込んでるので存在は知っていたのですが、まさか対面出来るとは。
今後ともよろしくお願いします。

BOZUの検量結果は36匹。うーん、エサ付けがスムーズに出来たり素バリが無かったらなぁ、と思いますが仕方ありません。

優勝は50匹釣った四国の中島さん。「たかでたまるか」ってブログを書かれている方でした。
SBC四国やJC四国にも参加されている方だったので、次回お会いできたらご挨拶しなきゃ。おめでとうございました。
準優勝はキスKENさん。第三位はのぎたんさん(キタ~!!)。第四位はCIMAさん。みなさん、おめでとうございます。
なんと全国大会出場者4名の内3名が九州勢でした。四国で権利ゲットしたK-1さん良かったですね、一人で全国参戦にならなくて(笑)

そしてBOZUの順位は・・・。なんと36匹が多数いたのです。六,七,八位が36匹。同数の場合は重量勝負になります。
最後の36匹だったBOZUは重量でふるい落とされてしまったようです(泣)。せめて同数でHPに掲載して~(懇願)

くぁ~、四国では8匹が入賞で7匹。中国では36匹同数で重量負け入賞できず。後一歩及ばず~!! 残念~!!!
ホント、1匹が勝負を分ける世界でした。
今年初参戦のG杯で2大会とも2回戦に進むし、入賞まで後一歩なんてすごい って慰められましたが、反省点は山積みです。

手返し重視で9本バリにしたのですが、数を取るためにはもっと針数を増やすべきだったとか。
エサ付けをやりやすいように、濡れないように工夫を凝らすとか。

雨で全身びしょ濡れになったBOZUは濡れたパ○ツが気持ち悪くてソロ~リソロ~リ歩いてたら、みんなから「あいつ、ウ○コng漏らしてるぞ!」って指さされる始末。
違いますって~!!(笑)

ではでは、皆さん、良い釣りを~。
 

6月27日   雨   釣行時間 : 6時 ~ 12時

タックル   ジーシスX 30-405 + スーパーエアロ フリーゲン 極細

        道糸 PE0.8号 + 拙者の黒糸 力糸

仕掛け    海草天秤20号 + 秋田狐4号9連

餌       いきいきゴカイ マスオくん

結果     シロギス 一回戦39匹(6位) 二回戦36匹(敗退)

|

« 第8回組対抗ウキウキ超ビッチ潮吹杯キス ~マスオくん大活躍~♪ | トップページ | SHIMANO JapanCup投げ 九州福岡大会 参戦♪ »

1_by BOZU」カテゴリの記事

コメント

BOZUさん

ほんま惜しかったですね!

これは「来年また出直せ!」なんでしょうか?

「たかが1匹、されど1匹」なんて名言なんでしょう。

これから私もそう言えるところまで行きたいものです。

ちなみに、ジーシスの調子はいかがでした?
 

投稿: アラヒフビギナー | 2010年7月19日 (月) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回組対抗ウキウキ超ビッチ潮吹杯キス ~マスオくん大活躍~♪ | トップページ | SHIMANO JapanCup投げ 九州福岡大会 参戦♪ »