« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

今年初の地元で竿出し ~プライベート釣行~♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今年初めて、やっと地元でのんびり釣ることができました。
仕事pcで休めなかったり、悪天候thunderが続いたりで行くチャンスが無かったんです。

今回も天気予報は雨rainでしたが午後になって晴れてsunきたため、行ける! って思って即座に出発しました。
行き先は自宅から一番近い深江海岸です。
ここはいつも7月が一番良い時期で、8月になるとキスがぱったり釣れなくなる場所です。

今年は姉子浜で拙者さんが釣ってるのをブログで見て、深江にもまだ残ってないかなと思っての場所選択です。

釣れるか不明なので、エサはアオムシを50gだけ購入。
釣り場に着くと、アレレ?!
あれだけ晴れていた空がどんより曇ってcloudいます。
結構このパターン多いんですよねー、釣り場に着いたら雨ってこと。

せっかくエサも買ってきたので、ちょっとの雨なら釣ろうかなってことで急いで準備します。
曇っているので海水浴の人も少なく、駐車場から入ってすぐの場所で釣ることにしました。

今日はのんびり釣ろうと思っているので仕掛けは簡単なものしか持ってきていません。
拙者スリム天秤にホゴライナー25号を1つ、仕掛けはキスZの8連だけ。
もしキャスト切れしたらそこで終了です。

第一投は4色付近。3色に入ったところでアタリがありました。
まだキスfishがいたことがわかって一安心です。
群れは小さいみたいで、全部の針にキスがかかることはありませんでしたがそれなりに楽しめます。
5色付近に投げると20cm近いサイズが釣れてくるので、小気味良いアタリを楽しみました。

釣り始めて1時間したくらいから雨rainが降ってきました。
釣っているすぐ後ろに風よけの板と松林があるので、そこに退避して雨宿りをして、小雨になったら釣り再開してました。

ふと波打ち際を見ると、黒い影waveが波にもまれています。
あれ!? チヌじゃないのかな!? と思ってよく見てみると、やっぱりチヌです。
へぇ~、こんな近くに寄ってくることもあるんだなー、と思って見ていました。

この仕掛けで引っ掛からないかな? と考えてチヌのちょっと先に投げてチヌが泳いでいる辺りに仕掛けが通るように引いてみました。
まさか引っ掛かるとは思っていなかったのですが、なんとホントに引っ掛かってしまいました。

それからがチヌとの引っ張り合い(笑)
ラインを巻いて出して、15分位は一進一退でした。
やっと波打ち際まで寄せましたが、陸まで引っ張るのはさすがにハリスが細すぎるのでタイミングを計って足で蹴り上げようとしましたが・・・。

今だ!っと頭を蹴ろうとした瞬間にチヌがくるっとsign02回転。なんと今まで頭があった位置に背ビレが!
勢いの付いた足は止まらず、なんと背ビレに蹴りが炸裂。「痛ってー!!!」と叫びたいとこでしたが、チヌが波にさらわれてしまったら今までのやりとりが水の泡。
怪我だけ負って逃げられちゃたまらないので逆の足でチヌ踏んづけて手で回収。最初からそうすれば良かった・・・。

チヌを計測するとジャスト40cm。思わぬ大物でした。
Thumbnail  

 

 

 

 

 

 

 

足はと言うと、見事に6カ所の刺し傷bearing
皆さん、チヌを蹴るのは止めましょう(笑)

その後は雨足が強くなり、雨宿りしている松林も水滴が落ちてくるようになってきました。
3時間の内、1時間は雨宿り、30分はチヌに使ったのでキスは1時間半くらいしか釣ってませんが結構楽しめたし、キスも釣れたので引き上げることにしました。

その日は久しぶりのキス天を頂きました。
チヌも刺身で。
ごちそうさまでした。

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

8月21日  雨   釣行時間 : 14時 ~ 17時

タックル   マスタライズキス 33-405 + トーナメントサーフZ45 極細

       道糸 PE0.6号 + サーフセンサーハイパー力糸

仕掛け    拙者スリム天秤 + ホゴライナー25号  キスZ6号 8連

餌      岩デコ

結果     シロギス 40匹 チヌ 1匹

| | コメント (1)

2011年8月24日 (水)

鹿児島大物釣行記3 ~これが実力でしょ~♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。
九州ブロガーのBOZUです。

今回も鹿児島大物狙いの結果です。

今年はタマミ初挑戦で3匹fishfishfishの本命を釣っています。
これはこれで嬉しいことです。狙ってもなかなか釣れない魚だそうで。

そしてタマミの強い引きはクセになります。
竿も折れんばかりの力強い引き魚との真っ向勝負、その瞬間はもう頭の中が真っ白です。
その感触を求めて、またまた行ってしまいました。

今回は自分の目を付けた場所で、初の竿出しポイントへ入ります。
なんと車が横付けできるので、荷物持っての移動が無くすごい楽チンポイントです。
これで釣れたら最高です。
Nec_0485  

 

 

 

 

 

 

 

Nec_0486

 

 

 

 

 

 

 

まだ日のある時間にポイントに入り、錘のみでキャストして地底の状況を探ってみます。
すると、結構ゴツゴツimpactと引っかかる感触が続きます。どこに投げても同じ状況。結構根が荒い場所のようです。

根と根の間にエサが落ち着けばきっと食ってくると信じて、準備に取り掛かります。
本日もエクストラサーフ+PAフリーゲンの2セットで戦闘開始です。

開始早々、ドラグが短く「ジャー!」と出ます。
しかしその時、あいにくの電話対応中にて即時対処が出来ませんでした。悔しい~。
電話を切って巻き上げようとするも、根掛かりです。きっと針を咥えて根に入ったんでしょう。ウツボじゃない鋭いアタリだったなー。

その後は全然アタリがありません。
そして投げるたびに根掛かり。100%の根掛かり率です。力糸から先がドンドン無くなります。
唯一釣れたのがこのお方。模様はカラフルなんですけどねー。
Nec_0482  

 

 

 

 

 

 

 

本日はこれまで、本命は釣れませんでした

明けてsun翌日はこれまでの実績場に入ります。
明るいうちに現地入りして戦闘準備を整えます。

そして暗くなる前からキャスト開始です。タマミ、モンツキ、かかってこ~い!!

薄暗くなった時刻にいきなりの「ジャ、ジャ、ジャーーー!!」とドラグ音が鳴り響きます。キタァー!!
ドラグを締め、合わせを入れるとガッツン!と手ごたえを感じた瞬間、フッと軽くなりました。
悔しいことに針外れです。エサだけを咥えて走ったのかも知れません。

これで気合が入りました。時合は今だ!ってことで集中的にアタリのあった方に投入を繰り返します。
しかし、その一発の後は全く何もアタリません

そのまま朝を迎えてしまいました。完全にボーズです。やられました。
まー、これが実力でしょー。

本命が釣れなくても、何か他の魚種が釣れてくれていれば気も紛れるんですけどね。

次回は大きな魚が釣れたらいいな。

いかんいかん、SBCブロックやがま決勝に向けて準備せねば!!
ってことで、大物狙いは少しの間封印です。

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

8月11、12日   晴れ   釣行時間 :18時 ~ 3時

タックル   エクストラサーフT 33-405 + PA フリーゲンTD 極太

        道糸 PE6号 + 力糸 PE15号

仕掛け    HIT天秤35号  ナイロン40号ハリス + 極太タマン20号

餌       イカ切り身

結果     無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

出版社の取材にお付き合い ~大分南部宮崎北部~♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回は宮崎の知人から投げ釣りの取材cameraがあるので来てみないか?とのお誘いを受けての釣行報告です。

ちょっと前の話になります。
JC九州終了後、宮崎の知人であるW氏から「地元の釣具店から「投げ釣りの取材で雑誌社が来たので紹介しておいた」って話があって」と連絡がありました。
そして取材を受けることになったため、同行出来ないかと問い合わせがありました。
場所は宮崎です。
宮崎のキス釣りがどんな感じなのか知りたかったため、日程が合えば参加させて欲しいと回答しました。

そして取材当日、午前4時に集合です。場所は延岡北部、大分との県境です。
W氏の他にキス釣りの達人S氏もご一緒です。
S氏にはマスオくんの調達もお願いしてました。マスオくんの故郷に程近い場所に在住とのことでしたのでお言葉に甘えました。

雑誌社の方も到着され、4人で最初の釣り場に移動です。
まずは岩場に両端を囲まれた浜から開始です。
この場所は遠投で釣れるそうですが、今日はうねりがあり魚の反応は今ひとつです。
6色でポツリとアタリがあるだけで単発に終わります。
端っこの瀬ギワで良い型のキスがS氏に釣れているようですが、根掛かりもひどいようです。
Nec_0468  

 

 

 

 

 

 

 

雑誌社の方は本格的な投げ釣り取材は初めてらしく、針の小ささやフィンガープロテクター、ドラグ無しリールに興味津々のようでした。
ちょっと魚fishの写真が少ないので、場所を移動する事にしました。

キス釣りでは有名な佐伯市南部の波当津の浜に移動です。
Nec_0434  

 

 

 

 

 

しかしここでもキスのアタリは渋い状態です。うーん、この時期に小型のキスが群れていないとは・・・。
浜の右半分は遠投でキスが釣れている状態ですが、BOZUは左半分のエリアにいて一匹もキスが釣れませんcrying
首を傾げてばっかりです。なんでだろー???
ここではW氏が良い型のキスを連で上げていました。

最後に海水浴場waveとなっている浜に行ってみようと言うことになり、移動しますが目的の浜は海水浴客で大混雑でした。
こりゃダメだ、ってことで次の浜を目指します。
海水浴場だから次の場所も混雑してるだろうな、と思っていると予想に反してガラガラです。
なんででしょ?さっきの浜から10分も走ってないのに。

広々とした浜なので思いっきりキャストできます。
3色より向こうでアタリがあります。それも20cm近い型のキスがアタってきます。ここは楽しい!!
竿引きのアタリを堪能しました。
25.5cmと26cmの連が来たときはキスじゃない程の引きを感じました。
Nec_0465  

 

 

 

 

 

 

 

今期の最大サイズ更新です。延岡って楽しい所ですねー。(朝の渋さを忘れて楽しみました)

14時に解散、雑誌社の方にお礼を言って掲載時期を確認させてもらうと8月末の号に掲載するそうです。
と言うことは、その記事を見てキス釣りに行く人達にはタイムリーな情報では無いことになりますが・・・。
仕方無いですね、月刊誌ですので。
Nec_0464  

 

 

 

 

 

 

 

その後、スーパー銭湯にS氏と行ってから反省会と言う名の飲み会beerに突入~(笑)
W氏とS氏の投げ釣りに対する熱い思いが伝わってきました。
10月の潮吹杯、拙者杯に参加するかも、とのことです。

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

PS.今回の取材にあたって拙者さんに何か注意点があるか事前に確認をしました。
   その回答が「SESSYAアイテム満載で臨むこと!」でした(爆笑)

7月30日(土) 晴れ 釣行時間 : 5時 ~ 14時

タックル   マスタライズキス 33-405 + Z45 極細

        道糸 PE0.6号 + サーフセンサーハイパー 力糸

仕掛け    拙者スリム天秤 + TOPGUN25号 + キスR7号5連

餌       いきいきゴカイ マスオくん

結果     シロギス 12匹

| | コメント (2)

2011年8月10日 (水)

第15回フレンドリーカップキス投げ釣り大会 参戦♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回は兵庫のドン様こと松尾会長率いるレインボーキャスターズ主催のフレンドリーカップの参戦レポートです。

去年は拙者さん、國さんと一緒に参戦しました。
招待選手枠となったので二回戦(決勝戦)からの出場で、運良く今年のシード枠に入れました。

なので今年も二回戦(決勝戦)からの出場なのですが、國さんが異動で出場不可拙者さんも所用で出場不可
BOZUだけが参戦予定となってしまったので、行くか止めるかギリギリまで迷ってました。
東海ブロガーのイストさんから「淡路で会いましょう」とメッセージをもらって、行くことを決めました。
でも、一人じゃありません。
今回は淡路観光旅行hotelで家族同伴になりました。

土曜日の朝にゆっくりと福岡を出発cardashして、淡路島に到着したのが17時過ぎ。
ホテルにチェックイン後、嫁さんと娘は温泉にspaBOZUは吹上浜会場waveにご挨拶に行きました。
会場の受付用テントでは松尾さんを中心にレインボーキャスターズの方々、著名な方々が宴会の真っ最中でした
まだまだ若輩のBOZUは恐れ多くてその輪に入っていけません(
ご挨拶と今日の釣れ具合を確認させてもらって、ホテルに戻りました。

下見の状況では沖にしか魚がいない状況で、仕掛けを止めるとメゴチ、近場だとフグが来る感じ。
あまり沖に投げすぎるとチャリコが来ると言う状況のようです。

浜の様子もかなり変わっていて、右半分の玉石エリアが砂をかぶって一面砂浜状態になってました。
下見が出来なかったので底の様子が探れませんでしたが、吹上のキスfish自体はやはり薄いようですcoldsweats02

明けて翌日、4時に受付開始なので3時45分に会場入りします。
ダイワ、シマノ、がまかつの大会で見たことのある方、上位入賞されていた方、等々 やはりすごい選手が集まっています
受付を済ませ、マスオくんを受け取ります。

そうそう、今回はマスオくんのフレンドリーカップバージョンを撮影してとマスオくんパパさんから依頼を受けていたんです。
ただ、撮影できた写真はちょっと寂しい写真になってしまって申し訳無い気持ちです・・。

受付後、イストさんに連絡すると会場に向かっている最中とのことでした。
あらら、急がないと一回戦始まっちゃいますよ、と伝えようとしたのですが、イストさんから「私、招待選手なんですよ」と聞いて安心しました。
team SESSYAは今年も招待選手扱いでした!

そして懐かしい再開!
昨年の関西ブロガー、アラビギさんが参戦されていました。
お互いの健闘を誓いあいました。
アラビギさんは仕事が多忙でなんと今回がやっと今年2回目の大会だそうで・・・。

イストさん到着後、開会式~第一試合開始までいろいろと釣りについて語り合います。
東海より東の方面では遠投が当然とか、今日の吹上は荒れている方なのですがこんなの静かな方だとか。
場所が変わると釣りが変わりますね。
一回、湘南方面に釣りに来たら? と言われましたが、いやいや、BOZUなんて湘南方面じゃ手も足も出ないでしょう。
尻尾巻いて逃げ帰ることになりそうです(笑)

その後、家族を迎えにホテルまで戻りチェックアウト。
会場に戻ってきたのが8時15分位でしたが、なんとなんと、もう二回戦のゼッケン抽選は終了したとのことcrying
余りのゼッケンも無いとのことで、急遽レインボーの岡野さんが引き当てたゼッケン(なんと7番)を頂戴することになってしまいました。
岡野さん、本当に申し訳有りませんでしたng

急いで準備に入りますが、試合開始時間を繰り上げるようで非情に焦りました。
なんとか忘れ物無いようにして出発の列に並びます。
そこからやっと一回戦の情報収集。トップは12匹だとか、右の方が釣れていたとか。
アラビギさんは残念な結果になってしまったようです。この浜は難しいですもんね!

過去2年は右の浜に入って負けているので、今年は左に行くことを決めていました
移動開始となると右に向かう選手が多いです。
左に向かう少ない選手の中に横山名人flairがいらっしゃったので、どの辺りに入るのか付いていきました
自分の見極めたポイントと違いがあるか、確かめたかったのです。

自分が選んだポイントは2色先に黒いエリアが有るのですがそのエリアが途切れているポイントです。
ゴミとゴミの間、潮通しの良い場所と判断して入りました。
横山名人は一番奥の岩場まで行かれていました。回遊してくるキス狙いなのでしょう。

竿を継いで、仕掛けをセットして、エサを付けたら、あら!? もう周囲は釣ってる!?
出遅れちゃいました。
今回はダメダメです準備はあたふたするし試合開始までにストレッチは出来てないし開始時間に出遅れるし
ストレッチしていないので、遠投は腰や肩に負担かけないように極力控えました。回転投法は一切無しです
一投目は3色から。1色でアタリ有り。回収するとキスが1匹付いています。幸先良く1匹ゲットです。
が、やっぱり後が続きません。30分位は素バリが続きます。

結構良いアタリがあったのですが釣れなかったりして、我慢の釣りが続きます。
娘が観戦に来たのですが、エサいじったり波打ち際に立ったりで観戦なのか一人遊びなのか・・(苦笑)

イストさんが隣に来てくれたので、全然釣れないですねーと話していると急に竿に「ゴンゴンッ」とアタリが伝わって来ました。
こりゃチャリコだなーと思ってると、これが良いサイズのキスfishでした。
さっき釣れなかったヤツだなー、と。
大きいキスがいるようなので、下バリ3本はマスオくん1匹掛けに変更して一発目でした。一番下の針に掛かっています。

イストさん、切れ藻と格闘中
Nec_0472

 

 

 

 

 

 

 

その後はやっぱり釣れません。
開始1時間後位になんと隣に横山名人が移動されてきました。
岩場は全然ダメだったとのことです
横山名人が釣れない状態ならその周囲は多分釣れてないんだろうなー、と思いました。
殆ど誰も動かない状況です。釣れているのか、動くに動けないのか・・・。

BOZUは沖を攻めたいのですが、遠投するのをためらってばかりです。
腰や肩を壊すと帰りの運転に支障が出るため、家族に迷惑がかかります
と言っても、沖を攻めないと魚が獲れない。中途半端な釣りを展開してしまいました。

そして決定的な事象が。
遠投した方達の仕掛けが沖の潮流で右upwardrightに流れているようです。
BOZUがいくら正面に4色投げても、完全にBOZUの前をラインが横切っている状態で仕掛けが交錯します。
四国の増田さんにもご迷惑かけてしまいました。スミマセン・・weep

周囲には2m間隔程に人が入ってきています。お手上げですrun。集中力が完全に切れてしまいました。
ポイント選択は間違っていなかったようです。
釣る選手はきっちり釣っていましたから。

自分のクーラー位置から離れた空いているエリアまで走って投げて、1匹追加して3匹で終了でした。

試合結果は投翔会の塩崎さんが8匹で優勝でした。
横山名人、徳島の石川さんも入賞されていました。おめでとうございます。やっぱり著名な方は上位に入りますね。
イストさんは1匹、切れ藻に悩まされたようです。確かにゴミが多かった。

team SESSYA 特攻隊2名?!(笑) 右側はイストさんのお知り合いの方
Nec_0470  

 

 

 

 

 

 

 

4匹までが来年のシード選手と思います。
今年は完全に負けました。応援してくれたアラビギさん、中年さん、ありがとうございました。

敗因は多くありますが今年も吹上浜で釣りが出来たと言うことで良しとしましょう
松尾会長、レインボーキャスターズの皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。

試合終了後、家族イベントで渦潮クルーズtyphoon、土産物散策restaurant、何故か姫路城見学eventまで行って来ました。
(姫路城は改修中で天守閣は見られませんでした。残念。)

いや~、今年も疲れた~。

と思ったら!
今、レインボー松尾会長のHPに結果が掲載されていました。
なんと3匹までが来年のシードとのこと。BOZU、シード権獲れちゃいました。

来年も参戦決定か?!

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

8月 7日(日) 晴れ(強風) 釣行時間 : 8時30分 ~ 11時

タックル   マスタライズキス 33-405 + Z45 極細

        道糸 PE0.6号 + サーフセンサーハイパー 力糸

仕掛け    拙者スリム天秤 + TOPGUN25号 + 秋田狐4号13連

餌       いきいきゴカイ マスオくん

結果     シロギス 3匹 12位タイ

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »