« プライベート釣行はお気楽極楽!? ~初夏の気まぐれキス~♪ | トップページ | 第33回がまかつG杯争奪全日本がま投げキス選手権 中国島根大会 参戦♪ »

2012年6月21日 (木)

第9回ダイワSBC投 四国香川大会 参戦♪

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

今回は第9回ダイワSBC投 四国香川大会のレポートです。

中国大会後に拙者さんが「今年は遠征止めておこうかな」と一言。
おぉっと、すると四国大会はBOZU一人だけで参戦かな? と思っていたら、赤竿☆のぎたんさんから「行くならrvcar乗せていって~」と連絡が入りました。
一人より二人が良いですので、当然返事はOKokです。

その後、隊長さんも参加表明があり、3名で四国香川へ向かうことになりました。

移動するのは6/15の金曜夜から。
その日はBOZUにとっても特別な日でした。

BOZUの移動手段である車rvcarが変わったのです。
いつもチェックインしていたホテルランクルrvcarから、アルファードホテルrvcarに変更となりました。

なので荷物の積み替えbearingや設置場所の確保等sadでバタバタしてました。
そうこうしているうちにのぎたんさんから「もうフリーになったよー」と連絡が。

実はのぎたんさんの荷物は前日のうちに受け取り済み、金曜日は博多で仕事だったので合流予定なのです。
姪浜の某釣具店piscesで準備を整え、夕食を食べようとファミレスに入った時に隊長さんから「準備OKです!」との連絡が入りました。
よっしゃー、全員準備OK!

一路、四国香川の有明浜へ向かいますsoon

現地着は3時前。軽く仮眠sleepyを取って受付時刻を待ちます。
この大会でブロック権利が取れなかったら今年はブロック大会出場が出来ません。
なんとか勝ち上がりたいです。あ、出場している皆さん、同じ思いか・・・。

受付が始まり、引いた番号はW-58
参加人数は100人いないでしょう、とのことです。
んー、Wエリア50人で58番ってことはビリでしょうね? とスタッフの方に話すと、いやーそんなことないでしょう と返してくれました。
その後に、限りなく最後の方でしょうけど と付け加えられましたけど。

まぁ、こうなったら空いたエリアに入るしか無いかな、と考えて大会説明を受けゼッケン順に並びます。
のぎたんさんはW、隊長さんはRエリアです。本部から見てWが手前、Rが奥と言う区切りです。

四国のキスまにあさん、丸井さん、I川さん、中国のボビーさん、九州からはABE組の方々が参加です。

移動開始となり、BOZUも駆け出しrunます。
ん?そんなに皆さん走っていません。
じゃ、お先にと言うことで追い抜きしながら浜waveに出てみます。

潮は満ち込みの八分位です。
力糸のエリアに横一列にゴミと思われる黒いラインが全エリア繋がっています。

その中で比較的潮の黒い深みのある部分を選んでクーラーを置きました。
BOZUの予想では4~3色で小型が、ゴミのラインで中型のキスが釣れるはず! と出ています。

小型メインで狙うため、仕掛けは袖3号の10本針としました。
マスオくんを針サイズに付け、試合開始を待ちます。

一か月前のJC四国では一回戦負けだったからなぁー、と弱気な面が脳裏をよぎります。
いやいや、そんな弱気でどうする! と気分を奮い立たせて開始ホイッスルです。

3.5色に落とし、3色入口でアタリがありました。最初はピンギスfishの2連でしたsmile
周囲も手前のゴミを嫌って、早めの巻き上げをしているようです。

ならば!
2投目はわざと2色に落とし、力糸まで早くさびいて錘をゴミの中に入れます。
ゴミの流れに仕掛けを流す作戦です。

そうすると結構強い「ブルブルッ!」との感触が響いてきました。
上がってきた仕掛けには15~6cmのキスが2匹付いています。
狙い的中! ゴミの中には大きめのキスがいた!!

そこからは集中的に1色から力糸の範囲を攻めます。
左右に移動をしながら、同サイズのキスを拾っていきます。
数は少ないですが、型は揃っている状態で一回戦は終了しました。

一回戦の検量結果は285g。14位で一回戦通過できました。
良かったー、ブロック進出の可能性を皮一枚で残せた~。

引き続き、二回戦が開始されます。
二回戦の競技説明で「潮が引いて洲が出てくると思うので、洲に出て釣って下さい」と説明がありました。
ここでBOZUは「自分の釣っている場所の前に洲が出来たら、そこに移動して釣って下さい」ってことだな、と思い込みます。
が・・・・・・

二回戦の移動が開始されます。
海を見た感じで深みのある場所と去年のG杯の経験から、エリア最奥が一番良いと判断して一気にダッシュで最奥をゲットします。

開始時間までに2色程先に洲が出来そうですが、洲が出来たら移動すれば良いだろう、と考えて仕掛けを準備します。
が、他の選手は審査員に「もう洲に出ていいか?」と確認しているようです。
審査員も「洲が出たら渡って良いです」と答えるのみです。

まだまだ全然洲は出てないのになー、と思って海側を見てみて唖然とします。
BOZUはエリア最奥を取りました。一番に旗の際に着きました。審査員も「早いねー」と言ってました。
が、BOZUの前の洲が出始めた場所、旗の際の延長線上にすでに数人の選手が立っています。

えぇーーーーー?????




審査員に即座に抗議します。pout

 ・先に自分が確保した釣り座の前に立っている(先行者の優位性)
 ・前に立たれると危険なため、投げられない(投げ釣りの基本の安全面)
 ・マナー、安全面を考慮してルールを確認しなおしてほしい

しかし、抗議は一切受け付けられませんでした。

当然、今の場所からキャストすることは前にいる選手を危険にさらすため出来ません。
何のために走ったのか、何のために頑張ったのか。またしてもルール変更が立ち塞がるか・・・。
かなり落ち込みながら、仕方無く自分も洲のエリアに移動することにしました。
洲に移動と言っても自分の選択した場所からかなり離れた、まだ10cm位水に浸かっている場所しか空いてません。

洲に出てみると、やっぱり自分が選択した部分が深くなっていて、本部側に行くにつれて沖に洲が伸びています。
浅いエリアが3色先ほどまで続く場所しか残っていませんでした。

選んだエリアが釣れなかったではなく、選んだエリアで釣りをさせてもらえないなんて・・・。

もうここからは思い出したく無いcrying、って言うのが本音です。

二回戦の二時間で、アタリが一回もありませんでした。ホントに一回も竿にアタリが響かなかったんです。
どこに投げても、仕掛け変えても、キス釣れません。
仕掛けを回収すると極小ハゼ、極小メゴチのオンパレード。
試合中ですが「キスを避けて釣ってます~」なんて言って、もう笑うしかありませんでした。

ついに0申告、やっちゃったかな」と覚悟して二回戦終了のホーンを聞きました。
最後に巻き上げた仕掛けの一番上に、なんと小指サイズのキスfishが付いていました。
あー、有明浜からの餞別だなぁーと思いました。

結果は6g。ピンギス、最後に釣れてくれてありがとう。

隊長さんが優勝、のぎたんさんが準優勝でした。
お二人ともおめでとうございます。

Nec_0728

Nec_0726_3

Nec_0725_2


なお姫旦那さんと3名で全国大会の切符、ゲットしてください。

今年のSBC、終わりました。
松尾さん、小池さん、ブロック大会行けませんでした、ゴメンナサイ!!
ブロック大会で松尾さん、横山さん、山村さんの戦い、見たかったなー。

抽選でラーメン一箱が当たりましたが、ブロック大会出場出来なかったことが残念で仕方ありませんでした。
あまりに今回の出来事がショックで、釣れなかったことが情けなくて、「もう釣りする気無いし、明日のG杯に出る資格無いわ」と思ってこのまま帰ろうかと考えました。

でも、一緒に来ているのぎたんさんにも、エサを待っているなお姫さん夫妻にも迷惑かけることになるので、移動するだけしようと思いました。

なんだか今年を象徴する結果、って感じです。

えー、実は拙者さんサイトのおみくじを今回の遠征前に引いていたんです。
そしたら出たのがこの結果でした。

Nec_0731

見事、的中!!
ってオチがついたところで!!

ではでは、皆さん、良い釣りを~。

 

6月16日   雨 

タックル   マスタライズキス 33-405 + Z45 極細
       道糸 サーフセンサーハイパー0.6号 + サーフセンサーハイパー力糸

仕掛け    袖3号10連  海草天秤15号

餌       マスオくんトーナメント仕様

結果     シロギス 285g(一回戦) 6g(二回戦)

|

« プライベート釣行はお気楽極楽!? ~初夏の気まぐれキス~♪ | トップページ | 第33回がまかつG杯争奪全日本がま投げキス選手権 中国島根大会 参戦♪ »

1_by BOZU」カテゴリの記事

コメント

BOZUさん どうもです!
私 虹のメンバー見て恐ろしくなって来ました(笑)
勉強してきますねぇ~JC九州ガンバッテ下さい。

投稿: ヒゲじ~ | 2012年6月21日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プライベート釣行はお気楽極楽!? ~初夏の気まぐれキス~♪ | トップページ | 第33回がまかつG杯争奪全日本がま投げキス選手権 中国島根大会 参戦♪ »