« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020年9月30日 (水)

台風一過の遠征釣行はことさら悲惨でした ~これも修行なんでしょうか?~♪

2020092104
拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

さて、これは何でしょう?
正解は関門橋を下から見てみた図でした~!

と言うことで、今回は九州と本州の海峡である関門に遠征してみました。
1つテンヤなんですけどね。

関門の潮流で鍛えられたマダイ、どんな釣り味でどんな食味なのか。
楽しみです。

2020092101
さーて、夜が明けたら釣り場に向かって出発~!

波が結構あるし、船長が言うには台風後から潮が濁って全然釣果が良くないとのこと。
でも、魚はいるはずだし、なんとかなるでしょ!

と思ってたのですが・・・。

やっぱり海峡だけあって、潮流が半端じゃないです。
船も流される、テンヤも流される。
そして、根掛かりの連発。
一投一根掛かり、って感じです、冗談抜きに。

これってアラカブ釣り???(笑

潮が濁ってる以前に、潮が速すぎて魚の捕食が追い付いてないんじゃないのかな?
期待していた根魚もアラカブがたまに食ってくるだけ。
2020092102
2020092105
もう、観光気分で楽しむしかない状態でした(笑

ABE組御用達の場所を海から撮影~!
2020092106

と言った感じで、結果は足の裏サイズのマダイを3枚とアラカブを3枚。

テンヤを10個は無くしたかなぁ。
船長は「関門はこんなものじゃないんだけどなぁ」って言ってました。

まぁ、初めての関門だったんでほろ苦デビューってことで。
海水温が落ちたらまた来てみようかな。

冬のアラカブ釣りは3桁って言ってたし。

楽しみにしとこうっと!



と言うことで、関門の釣りはちょっと厳しい結果に終わりました。
次は良い報告が出来るでしょうか。



ではでは、皆さん、良い釣りを~。



9月21日  晴れ   釣行時間 : 6時00分 ~ 12時00分

タックル   炎月1つテンヤマダイ  +  ストラディック2500
        道糸 PE 1.5号

仕掛け    遊動テンヤ 5、6号

餌       エビ

結果     マダイ(小)

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

台風一過の地元釣行は悲惨でした ~魚もどこかに飛んでった?~♪

2020090701

拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

連続で九州に接近した台風、警告に従って備えをしたせいか、大被害って事は無かった感じです。
BOZUは予定していた外出先で風雨が強まる前に帰宅したのですが、翌日の自宅前は風で飛んできたゴミが・・・。
裏が林なんで葉っぱがすごいんですよね・・・。

さて、台風一過の福岡で気温も下がってきたことだし、投げてみましたよ。

まずは定番の福吉サーフ。
2020091301 
2020091303 
結構波が残ってますね。
でもゴミが打ち上げられて無いので、釣りづらく無いとは思います。

2020091302
2020091305 
しかし、遠くから波が砕けてるなぁ・・・。

2020091304 
いつものセットで釣り開始!

3色、2色、1色、力糸・・・。
キスいません・・・。

あれ?!
9月ってこんなだったっけ?

では、次の定番ポイントの寺山に移動!
2020091306
2020091307
ここなら間違い無くキス釣れるはず!

フラットな浜なんで投げるのも楽です。
気持ち良く竿を振ったら珍しく7色が出切ってます。

しかし、アタリが全くありません。
えー、魚どこいったの?


こうなったら鉄板ポイントの岐志に移動!
2020091309
2020091310
ここで釣れなかったら、糸島のキスはもういないって言いきれる!(笑

相変わらずアマモが生えているんで釣りづらいんですが、1色で待望のアタリが!
やっと釣れた! って喜んで回収したら・・・
2020091308
ちみか・・・。

ここでは初めて釣った気がするけど、まぁ魚が釣れて良かった。


と言うことで、台風後の地元の海はキスが全くいなくなってました。
え?!
オイラがへたくそなだけ?!

まぁ、そうとも言いますね(笑


最近、まともな釣果が無いなぁ・・・。
ヤバい!!


次はなんとかまともな報告が出来るように頑張ろうっと。


ではでは、皆さん、良い釣りを~。



9月13日  晴れ   釣行時間 : 14時00分 ~ 17時00分

タックル   キススペシャル 405BX+  スーパーエアロキススペシャル 極細
        道糸 PE 0.6号

仕掛け    デルナー25号 + 手返しキス4号5連

餌       デコ

結果     キス 0匹

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

夏の最後の思い出に・・・? ~釣り三昧の週末でした~♪

2020082901
拙者ブログを読んで頂いている皆さん、こんばんは。

九州ブロガーのBOZUです。

8月の最後の週末、今年は大会も無いし釣りで遠征や連チャン釣りなんてしてなかったんですが、ちょっと計画立てて遠征してみました。
まぁ、投げ釣りも出来たらって思惑なんですけどね。

土曜日、久しぶりにアジが食べたいなと思って、地元の漁港にサビキ釣りに(笑
サビキ釣りの撒きエサはいつ買ったかわかんないアミエビのチューブ(笑
サビキ釣り仕掛けはあるものの、竿やリールは倉庫に入れちゃってるので出すのが大変。
フカセ釣りの竿とリールでいいや、とチヌ釣り用のタックルでサビキ釣り(笑

セットで数百円の仕掛けがレバーブレーキ付きリールにぶら下がると言う、知ってる人が見たら大笑いしそうな・・・。

で、釣り開始したらアジがいないんですねー。アジゴもいない。
釣れるのは写真のフグ、そして木っ端グロ。
良いアタリが入ったと思ったらコノシロ。

うー、アジの刺身やアジゴのから揚げが食べたいのに・・・。
結局、アジは1匹しか釣れず失意の帰宅となりました。
釣具店の釣果情報を見たら、あらら行く漁港間違えてたのね・・・。残念・・・。

でも釣れた木っ端グロを刺身にしてみたら思いのほか美味しかったですよ!
これは良かった。


そして翌日。

飛んで大分は国東。
今シーズン初のカワハギ釣りに挑戦!
2020083001
2020083002
さぁ、夏のカワハギはどんな感じなのか、ワクワクが止まりません!

天気は快晴、海は凪、夏本番って感じです。
2020083003

そして・・・
2020083004
帰港(笑

決して釣れなかったわけじゃないですよ。
リリース含む、つ抜けはしました。

でも、爆釣ってならなかったんですよね・・・。
同船した他の方々もそんなに釣れて無い感じ。
まだ水温が高くて外道の活性が高い状態なのかな、キュウセンは20枚は釣ったかな・・・。

帰宅後に捌いたら、やっぱ夏は全然肝が入って無い状態でしたね。
産卵に体力使っちゃったのかな。
でも、刺身は美味しかったです。

根掛かりで仕掛けや錘を結構なくしたので、また作らなくちゃ・・・。


で、カワハギが貧果だったのでこのままじゃ帰れない!
ってことでせっかく国東まで来たんだからキスも釣ってみようじゃないか!
と思って国東サーフで投げることに。

まず行ってみたのは羽田海岸。
なんかキャンプしてる人たちが大勢いて釣りするのが危ない感じだったんでここは却下。

来浦まで行っても帰りが大変だしなぁ・・・、と思いながら海岸見てたらちょっと離れた場所に車で浜まで出れるとこみっけ!
ここで投げてみよう! てことで、ここはどこだ?(w
2020083005
2020083006

この時点で午後2時。
結構な砂利浜で投げるのもV字で。

1投目に1.5色で弱いアタリがありピンが1匹。
うーん、このサイズじゃないんだよねー。

ってことで2投目、4色で思いっきり竿引きのアタリ。
これ、キスじゃねぇし・・・。
マゴチかなー、と思ってやり取り始めますが、そのうち全く動かなくなりました。

エイじゃん・・・。
なんで国東まで来てエイ引っ掛けるの???

仕方無いので回収を試みますが、1色まで来たところで魚が走った時に錘が底の石に当たってハリス切れ。
ま、仕方ない。

そして3投目、エイの回収でライン巻取りにテンションが変にかかったりしてたせいか、投げた瞬間に「モワッ!」とラインの団子が飛んでいくのが見えました。
うわー、やっちまった・・・。

回収したら力糸と道糸の結束部分でバックラッシュ。それも重症。
別に時間あるから切るのもなぁ、と思ってラインをほぐし始めたらなんとそれから1時間半も悪戦苦闘。
途中で頭がクラクラしてきたし、やばい熱中症!

なんとかバックラッシュを解消してみても、もう釣りする気力無し。
結局キス1匹で浜を後にしました。


と言った感じで、週末に釣り三昧やって来ました。

釣り場には全然釣り人いなくて、密になる事は無かったですね。
魚も密になってないのが残念でしたが(笑


次は大漁になるといいなー。
さて、何釣りに行こうかな。



ではでは、皆さん、良い釣りを~。




8月30日  晴れ   釣行時間 : 14時00分 ~ 17時00分

タックル   キススペシャル 405BX+  スーパーエアロキススペシャル 極細
        道糸 PE 0.6号

仕掛け    デルナー25号 + 手返しキス4号5連

餌       デコ

結果     キス 1匹!

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ