« 釣行記 その6 和歌山 紀ノ川河口編 | トップページ | 釣行記 その8 和歌山紀ノ川編 »

2010年4月24日 (土)

釣行記 その7 和歌山 夜釣り編

拙者ブログをご覧の皆様 こんにちは!!

アラヒフビギナーでーす。

「春」といっても寒暖の差が激しく、体調管理に気を遣われているのではないでしょうか?

各地からパールピンクのホットな情報が寄せられてきております。

皆様方の近郊もそうではないでしょうか?

アラビギのホームグランドの和歌山周辺、中紀でも徐々に数釣りへと変化し、それに伴って小型のキスが増えてきてます。

今回の釣行記へ行く前に前編の「お詫び」と「訂正」があります。

日付けは4月11日ではなく4月10日で、最長寸は25、5cmの間違いです。釣り日記の記載間違いと内容の見間違えでこのようなことになってしまいました。

お詫びして訂正いたします。(ペコリ)

今回は「紀ノ川河口夜釣り編」です。

だんだんとキスの活性が上がり、ひと潮ごとに状況が良くなってきています。

前編でご紹介したとおり、ポツポツと大型の気配も感じられ、「ここはひとつ、夜釣りでジャンボ!」なんて、妄想を抱いての釣行となったわけです。でも、釣果は……トホホトホホでした。

4月14日(水) 23時前に自宅を出発し、小一時間のドライブです。

潮変わりの底から釣りを始める段取りでしたが、途中心配していた「雨」が降ってきました。幸い、雨粒は小さく大降りとはならない様子。

今の時期の紀ノ川は少ない雨量でも、上流の六十谷(ムソタと読みます)の堰では放水量が一気に増え、水温が下がります。河口特有の現象ですね!釣り上げたキスを触ってみると、込み潮では温かく、下げ潮では若干冷たくなっています。したがって、1匹目のキスを釣って触ってみると状況が概ね判断できます。

現地は北東から北北東の風が強く吹いており、かなり寒い!当然のように釣り人は全くいない。右岸の釣り公園前に駐車し、釣座は紀ノ川河口大橋の下。つまり、雨をしのぐための作戦です。

ゆっくりとスペックを準備します。本日は大好きなスピンパワー425CX × 3本で挑みます。以前は旧スピンの同スペックを使っていましたが、デビューと同時に1本を試したところ、今までにない「シャキシャキ感!!」 それでいて胴はしっかりしていました。買い足しをしていって3本になりました。

Cimg1987

愛竿 スピン3兄弟

金太郎、銀次郎、朱三郎です。

なぜか、大物は銀次郎に軍配があが

ります。キス・カレイはほとんどコイツです。

「大物を釣る竿、小物や外道ばかりの竿、○ボーズばかりの竿」などなど特徴的ですよね!

1本ずつ「チロリ」をつけて投入!正面に110~120mくらい。早ければ2本目の準備中にドラグ音が、、との期待も虚しく、出ません。続いて2本目投入!やや左方向に同投点。1本目のエサ確認を行います。回収すると、エサどころかハリスがありません。どうやら、「フグさん」がたくさんおられるようです。さっさとハリ交換し、再度投入!糸ふけをとっている時、置き竿にわずかにアタリ!聞き合わせをしながら、軽く合わせると「のり」ました。o(*^▽^*)o 回収途中で軽~く頭を振ってくれるのは間違いなく「キスさん」それも中型!!丁寧に陸に上げると24cmの良型。気を良くしてエサ付け、3本目投入!!すぐさま、左の竿にアタリ!小さいながらもドラグ音!でも、アタリの出方がおかしい??聞き合わせをしながら合わせると妙に重い。「やっぱり奴は今宵も出たか!」紀ノ川では税金代わりの「エイ」です。横幅30cmそこそこなので簡単に上がってきました。ハリを外してお帰りいただきました。続いて、軽~いドラグ音と共に上がってきたのは30cmそこそこのキビレ(キチヌ)。群れが回ってきたのか、ドラグを鳴らしてくれるのはいいのですが、釣れるのはキビレばかり(。>0<。)肝心のキスはキビレより少なく、3匹。キビレ6匹。エイ2匹、アナゴ3本。退屈しない程度にアタリは送ってくれますが、キスが…

Cimg1994 24cmのキスが大きく見えます。写真のパック右下に見える黒いのは「ヒル」です。一番小さなキスについていました。砂に潜った時に寄生したんでしょうか?この後、納竿回収についていた20cm弱のキスを入れて、全4匹。気温と同様「お寒い結果」となりました。

当日の紀ノ川は気になるような濁りはないものの、雨の影響でイマイチ水温が上がらなかったことが残念です。

Cimg1988_2

写真は撮影用です。私は取り込みが難しくなるので、三脚に3本立てることはまずありません。こんなのを見かけられましたら、お声かけをお願いいたします( ̄▽ ̄)Cimg1991

チロリです。「Tポート貝塚店」で購入しました。上質で量もたくさんあります。アラビギはチロリは海水で保管・管理します。時々、海水を変えてやると色を変えてパックの中を元気に泳ぎまわります。低水温に弱いので冷やし過ぎには注意ですね!

本日のスペック  スピン425-CX

パワーエアロ × 3  遊動天秤 30号 ナイロン2号 力糸3~14号 2本バリ仕掛け 全長140cm モトス5号 ハリス3号 大ギス S  大潮

|

« 釣行記 その6 和歌山 紀ノ川河口編 | トップページ | 釣行記 その8 和歌山紀ノ川編 »

2_by アラヒフビギナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣行記 その6 和歌山 紀ノ川河口編 | トップページ | 釣行記 その8 和歌山紀ノ川編 »