« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月24日 (月)

トーナメント参戦記 その2 シマノJC中国大会

拙者ブログご覧の皆さん こんにちは!

アラヒフビギナーです。

今週も先週に引き続き、「トーナメント参戦記」のレポートです。

今回は悪天候にビビッてしまい、デジカメを忘れてしまう失態をおかしてしまいました。

大会中に車に戻ることもできず、開き直ったアラビギでした。したがって掲載写真はありません。ス・イ・マ・セ・ン(。>0<。)

先週の反省から「自分の釣り」を再度心掛け、落ち着いて行動するようにしました。

しかし、またもや平静を失ってしまいそうな出来事が…

S社のインストラクターのY山さんが受付で「おはよう」と一人一人に声を掛けていらっしゃいます。誓約書を提出し、ゼッケンの入った封筒を引きます。先週のSBCでは「白の1番」で今週は、、、なんと「13番」。いつまで続くんですか、この引き運は!?

1回戦は南側でポツポツ釣れ、どうにかツ抜け。2会戦は北側で尻切れ、ビリ貧状態で合計384gでした。でも今回は自分の釣りができたんで○とします。 優勝された方はなんとキロオーバー!!絶句!

2回戦に入る前に中国ブロガーの投人ボビーさんが声を掛けてくれました。大会終了後、「拙者ブロガー・チーム拙者の皆さんで集まろう」と音頭をとってくれ、モコモコさん、釣り馬鹿さんたちと5人で写真を撮りました。ボビーさん、モコモコさんのブログでご覧になって下さいね!!いろいろお世話をしていただいたボビーさんありがとうございます。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

さぁ来週はまたもや聖地「弓ヶ浜」です。

予定に狂いがなければ、土曜日の「報知」から弓ちゃんに入りたいと思います。

そして、SBC、、、、

どうなることやら。

| | コメント (3)

2010年5月19日 (水)

連休中の夕べの釣り

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは!

○ボ驀進中のアラヒフビギナーです。

本日デジカメのファイルを整理していたところ

いい型のキスの写真が出てきました。

釣行日記と照らし合わせると…5月4日 紀ノ川、、、27cm、、、とありました。

連休中の暇つぶしに行ったホームグランドの「紀ノ川河口」の記録でした。

連休中に交通渋滞を覚悟して遠出するほどの釣果も上がっていませんし、連休後のトーナメント参戦を考え、「家内のご機嫌とり作戦」を実行している途中での釣行です。

午前中にそれなりの家事を済ませ、リビングでくつろいでいると

家内 「今日は釣り行けへんの?」 とまさに天の声!!ちょっと返答につまりながらも

アラビギ 「今日は潮は夕方からいいから、それから、、、」

家内 「そうなん」

ってことでなんの苦労もせず、釣行にこぎつけたのでした。不思議なもので今日のように朝から家事を済ませると機嫌よく送り出してくれます。朝から釣りに行って、帰ってきてから同じことすれば一緒ですよね! 家内のことはこれくらいにして本題に入りたいと思います。

以前にもレポートしましたが、今の時期の紀ノ川河口は底からの上げ潮を狙うのが「セオリー」です。できれば潮の大きい日がベストですが、天候(特に雨は一気に活性が落ち、フグさんが大活躍してくれます。濁りも入ります)が大きく釣果を左右します。

15時過ぎに自宅を出発し、大した交通渋滞もなく、途中「牛の家の吉丼」で早めの夕食を摂り、1時間ちょっとで到着。さすがのゴールデンウィーク!!波止にはたくさんの家族連れが竿を出していました。幸い、マイポイントの橋上は空いていました。

Cimg9815_3   

こんな感じで賑わっていましたが、日暮れと

共に皆さんお帰りされました。

それからは「アラビギの独壇場」となりました。といっても爆釣したわけではありません。「他人さんに気兼ねなく投げれた」というだけです。

道具を置いて近隣の釣果を尋ねます。サビキに小さばが喰ってるとのこと。全く興味がないのですが、そこはご愛嬌です。16時過ぎに干潮を迎え、17時くらいからが本日のメインタイムとなるはず!黒竿31-390とキスmgのコンビで挑みます(オーバーホールキャンペーンに出しているZⅡがまだ返ってきてませんでした)

南向きの風が強いのですが、橋が妨げてくれて然程気になりません。第1投は橋脚の方向へ5色。ここは極めつけのピンポイント!アラビギは半色程度しか引かない場所です。理由は、、書かないことにします。糸ふけと取ってゆっくり待機。程なくキスのシグナルが!!良型ではなさそうですが、即回収します。20cm弱のきれいなキスです。やっぱり1匹目はうれしいものですね!ですが、活性が低いのか、群れていないのか、散発3安打です。風が和らぎ、ファミリーもお帰りになられたので橋下のポイントへ。こちらもマイピンポイント!ここは気合を入れて投げないと届かないし、方向も。どうにか着水6色半、糸ふけ取って6色!ピンポイントOKです。ここではほとんど引きません。回遊の待ち伏せです。仕掛けも引き釣り仕掛けの中では大きなものを使います(キスリベロ7号3本ばり ハリス2号、モトス3号)周囲が暗闇になりかけたその時、やっぱりきました!小さな前アタリの後、竿先を少し送ってやると1m程ひったくる大アタリです。フッキングを信じて回収!何度も頭を振ってシグナルを送ってくれます。暗闇の中上がってきたのは大型のキス。

Cimg9818 写真ではわかりづらいですが、結構な太めのキスでした。

口の真横の硬いところとエラブタの2箇所にハリがかかってました。

ざっと27cmってところでしょうか。

久々の大型の手ごたえに「感無量」です。

これがやめられません。

ほんとはこの時期にこんな釣りやってたらあかんやけど…

とにもかくにも、大型に気を良くし、再度マイピンポイントへ。今度は糸ふけをとっている途中に結構な「ブルル~」これも即回収し、24cm程の良型。これで家族分のおかずが確保できたので一安心。

ここからが地獄の2時間の始まり!!ピンポイントの釣りは終わり、新たなポイントを探すが手がかりなし。やけくそで投げた橋梁の根元で大アタリ!不意をつかれたものだから、竿先を送れず、痛恨のバラシ!!2時間ぶりのアタリに、そしてバラシにテンション↓↓その後は17~8cmをキープし、寒さに耐えかねて納竿としました。

Cimg9820 本日の釣果

17cm~27cm   6匹

ツ抜けできず。

娘が塩焼きでペロッと食べました。

「まぁまぁやったな」とのご感想でした。

食べてくれるだけマシかな!

てなことで、忘れていた釣行をお送りいたしました。やっぱり、大型のアタリはやめられません。こんなことしてる場合やないんやけど…

本日のデータ

潮      小潮(干潮16時過ぎ)

釣り時間  17時位から22時前まで

釣果     キス 17cm~27cm  合計  6匹

単独釣行

エサ     チロリ(Tポート貝塚店)

ロッド    サンコン31-390

リール    キスmg

ライン    Y社0、8号  

力糸     G社 0、8~6号

ハリ     G社 Kスペシャル6号、S社 リベロ7号

ついでの24cm

Cimg9813_2  

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

トーナメント参戦記 その1 SBC四国有明浜編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは

実力発揮中のアラヒフビギナーです。

今回はメーカートーナメント初参戦の模様をお届けいたします。

冒頭の「実力発揮中」なんですが、早い話が「○ぼの撃沈」なんです。トホホ

トーナメント経験のないアラビギには「荷が重い」というか、「身分不相応」でしたね!

前日夜よりS師匠のお迎え、運転で6人を乗せた「オクレちゃん号」で淡路島経由で四国入りしました。本部裏の駐車場は満車に近くなっています。

Cimg9835

大会本部です。

グローブライド・ダイワの皆さんありがとうご

ざいました。

大会をサポートしてくださったコンパニオンの女性もきれいで優しく接してくれました。

募金をいいことに写真を迫った方もいらっしゃたとか…

3時45分より受付開始です。タックル確認があるので黒竿とZⅡを持って本部へ。

テレビや雑誌等、マスコミで見たことのある方々がちらほら確認できます(当然、神戸の虹のドン様も私たちの後方でいらっしゃいました。ご本人は私のことなど知りません)

タックル確認の後、エリア・スタート順を決める抽選があります。

そこでアラビギが引いた抽選番号は???なんと!!!「白の1番」

Cimg9856

これです!

なんと1番スタート

でも、何の引き出しもないアラビギには「無

用の長物」でした。

欲しい人にあげたかったんですが、そうもい

かず(;´Д`A ```

「W-1」はエリアを左右に分け、浜右半分を白(W)、左半分を赤(R)エリアとし、プレゼントされた帽子にピン止めします。

本部席に集合し、スタート順に整列。クーラーチェックの後、合図と共にスタート!!

でも、どこへ行けばいいのかわからないアラビギはとりあえず、堤防沿いに走りました。50mも走らないうちに後続の方に追い抜かされます(。>0<。)

迷った挙句、水門付近の干潮で中州ができた左角へ入りことにしました。

Cimg9829_3

約150人の皆さんが虎視眈々とキスと1回

戦突破を狙っています。

アラビギも皆さんと同様、釣りたい一心であ

りましたが、思いは届かず、アタリなしの散々な結果が待っているとは…

1投目にこともあろうに「力糸ブッチ」をやっ

てしまいました。なにが原因かはわからないままなんですが、「平素の釣り」を心がけたつもりが緊張で空回りしてたんでしょうね!

気を取り直し、スプールを交換して第2投!5色付近の青く深みになっている所へ。丁寧にさびき、ステイを繰り返しますが、全く反応なし。ぜんぜーんアタリはない、ない、なーい。

競技終了時間の8時まで上げ潮に乗ってくるキスを願って移動はせず、ポイント、サビキ方、エサのローテ、仕掛け等を換えてみたのですが、結局、○ボの撃沈でした。

アラビギの入ったWエリアはキスの活性?(キスいない?!)が低く、半数以上の方が釣果なし。こましなキスなら1匹で1回戦突破もあったかも!!「1匹の重み」「たかが1匹、されど1匹」をひしひしと感じたアラビギでした。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんな中、チーム拙者の皆さんは見事1回戦を突破されました。

拙者さん、クニさん、九州エリアブログ担当のBOZUさん です。

2回戦でも見事な戦いぶりで、BOZUさん 表彰台の2位、クニさん 6位でブロック大会の権利を収められました。拙者さんはあと一歩のところでした。

Cimg9849 BOZUさん おめでとうございます。

早くも今年の目標達成ですね!

ブロック大会も頑張って下さい。

 

来週はJC中国大会(弓ヶ浜)へ参戦いたします。今回の反省を踏まえて行ってきまーす。

なにしろ、「今年の目標」はトーナメントに慣れること、雰囲気を感じることですから。

次回も「トーナメント参戦記」をお送りしたいと思います。

乞うご期待!!

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

レインボーキャスターズ主催 第2回新春キス釣り大会

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは!

アラヒフビギナーです。

あちらこちらでパールピンクが華やかになってきましたね!

今回は前編でご紹介しました兵庫県の名門 松尾会長率いる「レインボーキャスターズ」主催の「第2回 新春キス釣り大会」の参戦記を報告します。

4月25日 京都府の天橋立で開催されました。

ベテランキャスターの情報通によるとキスの活性が上がってきて「数釣り勝負」になるとのこと。大方の狙いは型狙いの大天橋より小さいながらも数釣りが望める小天橋に!

アラビギもベテランに連れられて小天橋へ。

Small_1272197190

松尾会長より大会のご挨拶とルール説明

が行われました。初めてお目にかかったの

ですが、すごいオーラが出ています。

でも、きさくに声を掛けていただける高尚な

お方です。クラブの猛者たちを率いる実力

を感じます。

会長 後ろ姿ですいません。

駐車場から山門をくぐり、水道沿いに小走りしますが、だんだんと息が上がってくるのが

感じられます。若い人たちはどんどん先端めがけて突進して行きますが、50歳を目前に

控えた小生にはかなりの無理があります。

やっとのことで先端から2つ手前の石波止までたどり着きました。息が上がって竿出しどこ

ろではありません。しばらく息を整え、準備に取り掛かりますが、緊張のあまりいつもの準

備ができません。(もうこの時点で自分の釣りができない自分になっています(。>0<。))

後から来られた方にどんどん先に投入されていきます。釣り座の小さな湾にはアラビギの

他に6人となっていました。

Small_1272197225 こんな感じでWWGGと楽しく釣ってました。

でも、やっぱり上手な方は違います。

私の真横で釣っておられた岡山県のF田さ

んは1投目にいきなりの4連です。動きに無

駄がなく、手返しの早いこと!余計に焦って

きます。

やっとのことで第1投!でも素バリトホホ

海底は海草や小さなシモリ(?)が点在し、抵抗を感じます。

続いて第2投!着水6色糸ふけとって5色半。丁寧にさびいて5色をきったところで本日初

の「ブルル~」続いて再び小さいながらも「ブルル~」待ちきれず期待をしながら回収!

途中に妙な重量感!? こともあろうか、石波止をはさんだ左隣の方とオ・マ・ツ・リ!

ザンネンながらキスは回収できず、撃沈\(;゚∇゚)/

投点・方向を変えてキャストを繰り返すが、全くアタリなし。

移動を決意し、小天橋の先端へ移動する。そこでもアタリはとれず、○ボ驀進中(。>0<。)

その後も移動を繰り返すが、ガッチョが数匹釣れただけ。結局、○ボで競技終了。

Small_1272197360 団体戦優勝の皆さん

皆さんのチームワークの勝利です。

松尾会長は「本日は個人戦成績より団体

戦成績を!」とおっしゃっていました。

すばらしい成績で優勝(v^ー゜)ヤッタネ!!

おめでとうございます。

総引数は17匹とのことでした。

茫然自失で結果発表の場へ(ほんとに何が何だかわからなくなっていました)。

すると、チーム磯ノ浦101のN田キャプテンさんが上位へ食い込みそうとの情報。

大天橋へ入り、5~6色を狙っておられたとのこと。釣りは11匹( ^ω^)おっおっおっ!!

中には良型も混じり、「キスの通り道に仕掛けを置いて、、」とのキャプテンワールド連発!

Small_1272197433個人優勝されたチーム磯ノ浦101のN田キ

ャプテンさん。「キスの通り道」が見えてい

たそうです。小生のような凡人にはなんの

ことやら。さっぱりわかりませんでした。

昨年もチーム磯ノ浦101の近藤パパが優

勝されたそうです。

ショッキングピンクが眩しいです。

今年、トーナメント初参戦のアラビギには苦~いデビューとなりましたが、切り返しの早い

私(単に忘れるだけかも…)は 連休後のSBC目指して精進してまいります。

松尾会長はじめ、テレビ・DVD・釣り雑誌等でお見かけする皆さんはそれぞれにオーラを

感じました。同席できるだけでも幸せかも…

Small_1272197505 成績発表の後、松尾会長のご提案で皆さ

んで記念撮影。

関西を問わず、西日本各地からトップキャ

スターがいらっしゃってました。

夏の「フレンドリーカップ」にも是非参加せ

せて頂きたいと思います。

しかし、すごい人ばっかり!!

本日のスペック

ロッド    キススペシャル BX

リール    キススペシャルmg (道糸よつあみ ウルトラジーニススリム0、8号 力糸拙 者の黒糸 1、0~7、0号)

仕掛け   白キスファイン5号 5本仕掛け ハリス1、0号 モトス2、0号 30cm間隔

錘      自作固定L型天秤30号  デルナー30号

P・S  拙者様 こんな感じになりました。どうもありがとうございました。

Cimg9821       

拙者の投げ釣り専門店さんよりオリジナル

グッズが送られてきました。

クーラーに貼ってみました。

H・N入りのステッカーはクニさんのデザイン

だそうです。指サックも使いやすく、簡単に

ポケットに入りますよ!しかも安い!!

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

釣行記 その8 和歌山紀ノ川編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは!

アラヒフビギナーです。

だんだんと気候が安定してきました。

冬の魚から春の魚に移行してきたのではないでしょうか?

アラビギの近郊もキスの活性が上がってきました。

「数釣り」もめずらしくなく、60匹、70匹と初夏を思わせるような大漁をされている方もいらっしゃます。やっぱりポイントは陽気が差し込み、温海水が入りやすい海岸に軍配が上がっています。

そんないいニュースを知りながら、まだまだ「ビッグ1」を追いかけている小生です。

4月17日 (土) 懲りずに「ビッグ1」を求めての釣行記をご紹介します。

今期、まだまだその実力を発揮していない「紀ノ川河口」へ。

お昼過ぎに自宅を出発し、1時間少々のドライブ!!途中、T-ポート貝塚店でチロリ、石ゴカイを購入(いつも多量)します。

現地には2時頃到着。チヌのフカセ釣り、さびき釣りの方がいらっしゃいます。

紀ノ川河口大橋の上流側にスペースを見つけ、お隣に声を掛けて入れてもらいます

本日は最近調子が上がってきている白竿と同じくmgのコンビでチャレンジします。

キスファイン5号 5本仕掛けにチロリをつけて正面5色に投入!最近は4色前後でのアタリが多いとの情報。しかしながら、ところどころの障害物に根がかりするだけで、アタリはない。回収すると5本中4までがハリが伸びた状態(。>0<。)

今度はアスリートキス5号に変更し第2投! 先程よりやや左の置き竿ポイントへ6色!といっても糸ふけを取ると5色半(実力はこんなもんです) スティ時間を多くとりアタリを待ちます。3回リールを巻いたところで前アタリ!直後に本日初の「ブルル~」 ( ̄ー ̄)ニヤリ

丁寧に回収し、21cmのキス!いつも1匹目はとってもHAPPY!!

気を良くして第3投!先ほどと同ポイントへ。

今度はスティ戦法は効なく、3色頭で素バリで回収する。

その後、方向、投点を変えて探るが、キスの魚影は薄く、22cmまでを4匹。

橋梁の付近での3連発バラシを経験し、テンションは俄然 \(;゚∇゚)/ 何れも残り1色の回収時にバレてしまう。(1度目は「ハリのなまり」と察知し、仕掛けをキススペ6号に更新したが、2度目、3度目も同様!カカリが浅いだけ??)

薄暗くなって、フカセ釣りの方が帰ったため、橋下流のピンポイントへ!!

ここはほんとにピンポイントで釣れる場所なんです。

しかしながら、リスクも多く、橋に近くて風向きによっては糸を引っ掛けてしまうこと!投げ損ねると5色付近での根がかりがきつく、ロストの可能性大!最低6色必要!幸い風も殆どなく、0、6号に変えてフル遠投!!(といっても着水6色半くらい…トホホ) ほとんど置き竿状態です。程なく、会心の「ブルル~ル」いいサイズと直感し、回収に入ろうとすると、またもや「ブルル~」。群れが回ってきたのか、やけくそで追い食いを待っていると3度目の「ブルル~ル」 トリプルを期待しながら回収。重いのが快感!!ホントにトリプル!!サイズは頭24cm、22cm、20cmでした。

Cimg2001 こんなのばかりだったら……

キスはまだ、冷たく色もまだ紫かかってます。

いつもの「焼き南蛮」でおいしく頂きました。

トリプルの後は群れに出会えず、素バリの状況が続き、夕闇と共に納竿としました。

本日のスペック   白竿BX   mg08と06  デルナー30号  5本バリ仕掛け

エサ  石ゴカイ 、 チロリ ( 優位性なし )  釣果  24cmまで 7匹 (ショボーい!!)

次回は兵庫県の名門 松尾会長率いる「レインボーキャスターズ」主催の「第2回新春キス釣り大会」に参加させて頂いたので「参戦記」を掲載します。

      

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »