« 釣行記 その7 和歌山 夜釣り編 | トップページ | レインボーキャスターズ主催 第2回新春キス釣り大会 »

2010年5月 4日 (火)

釣行記 その8 和歌山紀ノ川編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは!

アラヒフビギナーです。

だんだんと気候が安定してきました。

冬の魚から春の魚に移行してきたのではないでしょうか?

アラビギの近郊もキスの活性が上がってきました。

「数釣り」もめずらしくなく、60匹、70匹と初夏を思わせるような大漁をされている方もいらっしゃます。やっぱりポイントは陽気が差し込み、温海水が入りやすい海岸に軍配が上がっています。

そんないいニュースを知りながら、まだまだ「ビッグ1」を追いかけている小生です。

4月17日 (土) 懲りずに「ビッグ1」を求めての釣行記をご紹介します。

今期、まだまだその実力を発揮していない「紀ノ川河口」へ。

お昼過ぎに自宅を出発し、1時間少々のドライブ!!途中、T-ポート貝塚店でチロリ、石ゴカイを購入(いつも多量)します。

現地には2時頃到着。チヌのフカセ釣り、さびき釣りの方がいらっしゃいます。

紀ノ川河口大橋の上流側にスペースを見つけ、お隣に声を掛けて入れてもらいます

本日は最近調子が上がってきている白竿と同じくmgのコンビでチャレンジします。

キスファイン5号 5本仕掛けにチロリをつけて正面5色に投入!最近は4色前後でのアタリが多いとの情報。しかしながら、ところどころの障害物に根がかりするだけで、アタリはない。回収すると5本中4までがハリが伸びた状態(。>0<。)

今度はアスリートキス5号に変更し第2投! 先程よりやや左の置き竿ポイントへ6色!といっても糸ふけを取ると5色半(実力はこんなもんです) スティ時間を多くとりアタリを待ちます。3回リールを巻いたところで前アタリ!直後に本日初の「ブルル~」 ( ̄ー ̄)ニヤリ

丁寧に回収し、21cmのキス!いつも1匹目はとってもHAPPY!!

気を良くして第3投!先ほどと同ポイントへ。

今度はスティ戦法は効なく、3色頭で素バリで回収する。

その後、方向、投点を変えて探るが、キスの魚影は薄く、22cmまでを4匹。

橋梁の付近での3連発バラシを経験し、テンションは俄然 \(;゚∇゚)/ 何れも残り1色の回収時にバレてしまう。(1度目は「ハリのなまり」と察知し、仕掛けをキススペ6号に更新したが、2度目、3度目も同様!カカリが浅いだけ??)

薄暗くなって、フカセ釣りの方が帰ったため、橋下流のピンポイントへ!!

ここはほんとにピンポイントで釣れる場所なんです。

しかしながら、リスクも多く、橋に近くて風向きによっては糸を引っ掛けてしまうこと!投げ損ねると5色付近での根がかりがきつく、ロストの可能性大!最低6色必要!幸い風も殆どなく、0、6号に変えてフル遠投!!(といっても着水6色半くらい…トホホ) ほとんど置き竿状態です。程なく、会心の「ブルル~ル」いいサイズと直感し、回収に入ろうとすると、またもや「ブルル~」。群れが回ってきたのか、やけくそで追い食いを待っていると3度目の「ブルル~ル」 トリプルを期待しながら回収。重いのが快感!!ホントにトリプル!!サイズは頭24cm、22cm、20cmでした。

Cimg2001 こんなのばかりだったら……

キスはまだ、冷たく色もまだ紫かかってます。

いつもの「焼き南蛮」でおいしく頂きました。

トリプルの後は群れに出会えず、素バリの状況が続き、夕闇と共に納竿としました。

本日のスペック   白竿BX   mg08と06  デルナー30号  5本バリ仕掛け

エサ  石ゴカイ 、 チロリ ( 優位性なし )  釣果  24cmまで 7匹 (ショボーい!!)

次回は兵庫県の名門 松尾会長率いる「レインボーキャスターズ」主催の「第2回新春キス釣り大会」に参加させて頂いたので「参戦記」を掲載します。

      

|

« 釣行記 その7 和歌山 夜釣り編 | トップページ | レインボーキャスターズ主催 第2回新春キス釣り大会 »

2_by アラヒフビギナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣行記 その7 和歌山 夜釣り編 | トップページ | レインボーキャスターズ主催 第2回新春キス釣り大会 »