« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

年末年始海外渡航  vol.3 プーケット シャロン編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは

寒さに凍えて身動きがとれない アラヒフビギナー です

一体いつまで続くんですかね、この寒さ

今朝なんかは家の前の溝に氷が張っていました

小さな頃だと喜んで氷を割ったものです

でも、暦の上では今日で「」も終わり 暖かくなるのを待ちたい思います

今回は「海外渡航編」の最終章となる予定です…ですが、ほんとに「貧ネタ」 釣りに行ってないんで、記事になるような内容が、、、トホホですお恥ずかしい限りです。 ひょっとしたら 「番外編」なんてことにも…

とりあえず、リポートをお送りします。

Cimg0230

いきなり!すいません。元旦の一コマです。はんま、ボーッとしてました。

パトンビーチ」での休日を満喫し、次なる目的地は「シャロン」です。

Cimg0265

パトンを出発する日に家族写真がホテルのインフォメーションに飾られていました。来年の「NEW YEAR PARTY」のポスターになるらしいです。

ここでは娘3人が「スキューバダイビング」のライセンスを取るためにやってきました

学科・実地講習を3日間受け、テストに合格した者が登竜門の「オープンライセンス」を取得できるようです

長女の発案で「おとうおかんもライセンス取ったらえぇのに」と言ってくれましたが、日本に帰っても全く潜る計画は全然ないので、ご遠慮させて頂きました

Cimg0269

お世話になった「ほうぼう屋」さん のんびり満喫!スタッフも親切。

シャロンでは現地のダイビングショップ 「ほうぼう屋」さんにお世話になりました 日本人スタッフがたくさんいて、とっても親切 おまけに教え方も上手 しかも日本でライセンス取るよりはるかに安い の3拍子揃って

Cimg0274

こんな感じで実地講習へ行きます。見送ってまた、ノンビリします!

娘たちがライセンス取得の3日間はまたもや、家内とチョーのんびり、まったり過ごしました。バイクで10分程にある「カロンビーチ 歩いて1分の「スパ&プール 近所のカフェでお茶したり、日本では考えられない生活でした

Cimg0276

みんなの憩いの間、中2階のリビング。音楽、DVD、etc

1日だけ過ごした「カロンビーチ」では、一人の日本人も見かけませんでした

パラソルとプラベッドで一人100Bなんで決して安くはないんですが、一日ゆっくりすると元がとれます。近所でセブンイレブンもありますし、ビーパン一枚でウロウロできます。何より海がきれい 水深1m位のところでキスらしき魚を目撃しました 群れではなく、数匹が各々単独行動していました。

Cimg0291_2

海は結構な透明度と若干の遠浅です。右の船はグラスボート。

娘たちが帰ってきてから、夕食の選択をしたのですが、「タイすき」「韓国焼肉」が人気上々でしたね 私どっちもダメでした。その結果、旅行中のメタボ増にはならずに済んだんですが…

Cimg0296

「タイすき」の野菜ですが…似て非なるものかも!?

近所の「スパ&プール」にもアスレチックジムも併設されていて、両方の施設を利用することができます マッチョさんにはうってつけ

Cimg0290

2~3kmのビーチですが、白人の天国みたいになってます。

そんなこんなで、「なにも考えない贅沢な時間を満喫する旅行」は最終日、夜間フライト台北を経由して関空まで帰ってきました

振り返ってみると、娘には宿泊先でやられましたが、「普通に泊まっているホテル」が如何に贅沢なもの体験できましたし、娘たちの成長で夫婦の時間が戻ってきたこと、日本食文化の偉大をしることができた、「いい旅」でした

オ マ ケ

Cimg0233

パーティの跡片付けとイタリアン。鼻はもちろん、ワシ!

Cimg0175_2

エレファントトレッキング!標高100m近くまで登りました。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

年末年始海外渡航    vol.2  プーケット パトン編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは

寒さに耐え切れず、外出拒否している アラヒフビギナー です

Cimg0120

「ロイヤルパラダイスホテル」 日本人スタッフも常駐しててゆっくり楽しむことができました。

しかし、この寒さはなんなんでしょうか 

毎朝、目覚めてからなかなか布団から出ることができないでいます

でも、雪国の方に比べると…ほんとすいません

恐縮かつ不謹慎かもしれませんが、貧ネタの事もあり、ご理解くださいませ。

それでは、前回に続いて 海外渡航「プーケット編」をお送りします

プーケット島はそんなに大きな島ではなく、関西で言えば「淡路島」を一回り大きくした程度でしょうか 南北に50~60km 東西15kmくらい かな

Cimg0095

真ん中あたりの「賢吉」がプーケット空港らしいです。

12月28日の夜間便で台北からプーケットに渡りました

4時間程のフライトで少しばかりの仮眠をとることができましたが、機内食は…笑っちゃいました。日本では品質と価格が高くて有名某ハンバーガーの「ライスバーガー」が出てきました といっても、日本で食べるような高品質なものではなく、豚肉を適当に焼き粗悪なタレをつけて、ご飯で固めたようなものでした きっと某ハンバーガーの社員さんが食べたら「これうちのじゃない」って怒る思います

現地に着いたのはいいんですが、白人さんの多いこと多いこと入国手続きに1時間を要し、タクシーターミナルに出たのが、夜中の1時を回ってました。またここで事件 外国人旅行者を相手によくある「ぼったくりタクシー」です。空港から1km程度の距離に1500Bとか、1300Bとか言ってきます。「えぇ加減にせぇ」言うたら、700Bで商談成立となりました。これでも、ボッタクリです。深夜だし邪魔くさくなってきたんであきらめました (因みに1Bは3円換算くらい)

Cimg0107

ホテルとは名ばかり!夜間の宿泊だけやから許せるけど…

空港から5分も走らないうちにホテルに到着 ルンルンのはずやったんですが… エントランスもない、鉄柵でできた観音開きの扉、呼び鈴でようやくスタッフらしい少年、、、またもや、娘にやられました。もう、文句を言う気にもなれません シャワーを浴びて、ビールを飲んで、ご就寝

Cimg0105_2

スタッフの夜勤ハウス。白く見えるのはタイ版 「蚊帳」です。

ゆっくりと睡眠をとって、朝食は近所の「セブンイレブン」で。

サンドウィッチ、ホットドッグ、クロワッサンとジュースで簡単に済ませ、プーケットのメイン、パトンビーチを目指します。

ここでまたもや、ボッタクリタクシーです 「今の時間は混んでるから」とか「パトンまでは遠いから」とかで、1500Bで商談成立。ほんま馬鹿にされてる

1時間ほどで現地ホテルへ到着 よかったぁ~ 普通のホテルやんおまけに日本人スタッフが常駐してる ウェルカムドリンクを頂いて部屋へ。

最上階とはいかないまでもそこそこの高さです

Cimg0129

「クリスマス」から「お正月」への衣換えの真っ只中。

バスタブにお湯をはって やっぱりこれですよ~ 日本人は

ゆっくり浸かって、近隣の散策とお土産のセレクトに向かいます

メイン通りには所狭しと屋台が並んでいます。

ウインドウショッピングを楽しみながら、パトンビーチに着きました。やっぱり白人ばっか ほんま多いです。そしてでっかい、尻の位置が高い、でも、臭~い

Cimg0126_2

こんな感じでビッフェ朝食。毎日こんなん喰ってたら、臭くなる?!

アラビギも滞在3日目か4日目の朝に身体が臭いことに気付きました

やっぱり、欧米化した食事を毎日食べてると「体臭」が出ます

それを誤魔化すために「香水」なるものができたんでしょうね

Cimg0134

ホテル前の店舗兼住居群。「RENT ROOM」で1日400Bのところも。

パトンに着いてから、「なにもしない、なにも考えない贅沢な時間」を過ごすことに決めていたので、ほんまにボーッと過ごしていました。時にはプールで1日過ごしたり… でも「ボディマッサージ」だけは毎日欠かさずに行きました。首、肩、背中のマッサージは極めつけでした   価格は店によってバラバラですが、アラビギは1時間400Bのお店に通いました

Cimg0192

「ニューイヤーパーティー」のお料理。中華、仏、伊のシェフが腕を振るって!

そんなこんなで大晦日

夜の「ニューイヤーパーティー」に参加しました。プールサイドには盛大な料理が並べられています MCがいろんなショーを紹介していきますが、あまり大した催しもなく、一通りの食事を済ませた後、部屋に帰って一休み

新年を迎えようとする30分ほど前にパーティ会場に戻り、カウントダウンに備えます。

Cimg0202

フルーツをナイフで切って「花」にしていく達人。

新年の30秒前からモニターにカウントダウンが映し出され、302928、、、3、2、1 「ハッピィ ニュー イヤー」 大きな花火や爆竹が鳴り響き、新年を迎えました

Cimg0220   

夜空に舞い上がる気球。映画「レッドクリフ」の狼煙みたいな感じかな。

翌朝は朝7時前に目覚めましたが、「おせち料理」や「お雑煮」が食べられないのはザンネンでした で、今も食べれてません

そんなこんなでのんびりゆったりと過ごしたパトンビーチでした。

次編はシャロン編をお送りしたいと思います。

Cimg0124

「SIMON CABARETTE」のニューハーフたちと。チップの要求も!

 

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

年末年始海外渡航  vol.1  台北編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは

日本の寒さに身も絶え絶えの アラヒフビギナー です。

とにかく寒~い 関西ですらこの寒さですから、日本海側や北の方々はまさしく「厳寒」であることは容易に推測できます。

       寒中お見舞い申し上げます  ペコリ

そんな厳寒の中、恐縮ではありますが、アラビギの「年末年始海外編」を報告いたします 前回、触りの部分だけお知らせしましたが、今回は経時的にお送りいたします

Cimg0002

奥様と末娘のはるかです。テンションはもちろん「スーパーハイ!」

12月27日 (月)  関空発 午後の中華航空便で台湾(台北)へ。

Cimg0004

反射!見難くてスイマセン。真ん中あたりの「TAIPEI」。

関空からだと2時間少々のフライトです

中華航空にも日本人のCAが配置され、機内は充分に日本語が通じます 久しぶりの飛行機だったのと海外の航空会社の機乗は初めてだったんで少し緊張 離陸も難なく、しばらくすると機内食が配られ、「Fish Or Pork?」に迷わず、「Fish」と答えました

Cimg0013

機内食「Fish」です。さわらのような白身を照り焼き風にしています。

Cimg0015

機内食「Pork」です。紅しょうがが印象的でした。

機内食 「Fish」も「Pork」もなんちゃない味で… まぁ海外航空会社の機内食やしね~仕方ないです でも隣の赤毛のおばさんは「デリシャス」って言ってました

眠る時間もなく、台北へ到着 入国手続きも簡単に終え、バスターミナルへ。長女が英語喋ってチケットを買ってきました。長女は某医大の3回生で学業もそこそこに、昨年だけでも5~6回海外へ出かけています。なんやらグループやらNPOやらYMCAとかで… 街頭募金を集めてカンボジアに学校建てたとか、言ってました。そりぁ英語も覚えますわ~

Cimg0022

バスターミナルはこんな感じ。バスの格差が激しく、私たちはオンボロでした。

Cimg0025

バス車内のシートに貼ってあり、「降りる人は赤ボタンで知らせてね~」でしょうか。一つ一つ手書きでした。

夕方のラッシュにかかり、1時間20分ほど乗った後、ホテル?!へ。ホテルと思いきやひっくり返りました。マッサージ屋さんが副業でやってるレントルームでした。そうです、バックパッカーたちが好んで宿泊する安宿でした。予約を入れた長女に「なんでやねん?」って聞いたら「おとんはいつも贅沢なホテルに泊まるから、たまにはこういうの経験したらえぇねん」って言われました

Cimg0066

部屋はベッドと小さなテーブルでいっぱい!風呂・トイレは共同。

いやぁ参りました 日本でも泊まったことのない宿です 気分を入れ替えて夕食がてら、名物の「夜市」へ行くことにします。台北の「西門」から地下鉄を乗り継いで 「士林夜市」へ。 地下鉄は大阪市内の地下鉄よりきれいで人々のマナーがとっても良い。切符ではなく、チップを埋め込んだプラスティックコイン

Cimg0042

地下鉄は見事に整備されています。バスとは大違い。

20分ほどで夜市へ到着。女性が喜びそうな軒並で大勢の人で賑わってました。でも、大した物もなく、はびこっているバッチモンがこれでもか~って思うくらい並んでました そんな中で「BIRKENSTOCK」店を見つけ、以前から欲しかった白のトリプルをめでたくご購入 $2100やったんで日本円で6000円少々日本だったらたぶん1200013000、バーゲンで10000円切るくらいかな。専門店らしく「とにかく履け」って言ってきます。バンドを締めて「ジャストフィッ」って 価格交渉したのですが、「インターナショナルプライス」と「バーゲン価」でダメ まぁ充分安く買いましたから…

Cimg0320

めでたくご購入。スタッフはアメリカ同様、よくトレーニングされてます。

2~3時間見回ったのち、屋台のインド料理スパイスカリー焼きたてナムを食べて帰路に着きました。宿に帰る途中、娘たちが「足つぼマッサージしよ~」って言い出し、仕方なく立ち寄りました。これもなんちゃない1時間$600に終わりました

Cimg0061 

家族5人で「足つぼマッサージ」 店主大儲け!

それから宿に帰り、共同風呂で汗を流し、バタンキュ~

翌日は朝の「スタバ」でブランチ。簡単な市内観光して「小籠包」で超有名な台北市内の店へ。

Cimg0084

有名店ならではの光景。一時は50人を越えてました。

奥さんや娘たちはここぞとばかりに「小籠包」や「高級スープ」を注文しますが、アラビギはあんまり執心ないんで「ノーマルギョーザ」と「えびチャーハン」にしました。そんなに期待はしてなかったんですが、どちらも絶品 チャ-ハンに至っては今まで食べた中で最高のものでした。ギョーザは北京系のあっさりジューシーです。ちなみにつけダレ要りません。台湾ビールもラガー系で○。

そんなこんなで台湾を小満喫し、台北発の夜間便でプーケットへ旅立ちました

次回は「プーケット編」です。 乞うご期待

PS

新年の初釣りに大好きな「紀ノ川」へ行ってきました ルアーマンがお一人居ただけで寂しいもんでした おまけに「アタリなし」「寒さ100倍」「車停められへん」の3拍子揃って、新年早々撃沈くらいました でもボチボチと準備を整えて投げ錬だけでもしておこうと思います

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

謹賀新年  海外で年を越しました。

     謹 賀 新 年

Cimg0192

プーケット 「ロイヤルパラダイスホテル」 ニューイヤーイベント

拙者ブログご覧の皆様

 新年明けましておめでとうございます 

本年もよろしくお願いいたします。

アラビギは贅沢にも年末年始を海外で過ごしてきました

内容は追々ご紹介していきたいと思いますが、とりあえず、日程を報告いたします。

12月27日 関西国際空港から中華航空で台北へ。こちらで一泊。

Cimg0004

12月28日 深夜便でプーケットへ。 以降 パトンとシャロンで連泊。

Cimg0106

「エアポートホテル」とは名ばかりのボロ宿。

1月5日   深夜便で台北経由で

Cimg0308

シャロンで仲良くしていただいた方々。全員日本人です。

1月6日   お昼に関西国際空港着。

こんな感じでのんびり、まったりと過ごし、アホになって帰ってきました

早く、現実に戻らないと…

リポートの続きはまた…あー疲れた

Cimg0120

| | コメント (3)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »