« 謹賀新年  海外で年を越しました。 | トップページ | 年末年始海外渡航    vol.2  プーケット パトン編 »

2011年1月16日 (日)

年末年始海外渡航  vol.1  台北編

拙者ブログご覧の皆様 こんにちは

日本の寒さに身も絶え絶えの アラヒフビギナー です。

とにかく寒~い 関西ですらこの寒さですから、日本海側や北の方々はまさしく「厳寒」であることは容易に推測できます。

       寒中お見舞い申し上げます  ペコリ

そんな厳寒の中、恐縮ではありますが、アラビギの「年末年始海外編」を報告いたします 前回、触りの部分だけお知らせしましたが、今回は経時的にお送りいたします

Cimg0002

奥様と末娘のはるかです。テンションはもちろん「スーパーハイ!」

12月27日 (月)  関空発 午後の中華航空便で台湾(台北)へ。

Cimg0004

反射!見難くてスイマセン。真ん中あたりの「TAIPEI」。

関空からだと2時間少々のフライトです

中華航空にも日本人のCAが配置され、機内は充分に日本語が通じます 久しぶりの飛行機だったのと海外の航空会社の機乗は初めてだったんで少し緊張 離陸も難なく、しばらくすると機内食が配られ、「Fish Or Pork?」に迷わず、「Fish」と答えました

Cimg0013

機内食「Fish」です。さわらのような白身を照り焼き風にしています。

Cimg0015

機内食「Pork」です。紅しょうがが印象的でした。

機内食 「Fish」も「Pork」もなんちゃない味で… まぁ海外航空会社の機内食やしね~仕方ないです でも隣の赤毛のおばさんは「デリシャス」って言ってました

眠る時間もなく、台北へ到着 入国手続きも簡単に終え、バスターミナルへ。長女が英語喋ってチケットを買ってきました。長女は某医大の3回生で学業もそこそこに、昨年だけでも5~6回海外へ出かけています。なんやらグループやらNPOやらYMCAとかで… 街頭募金を集めてカンボジアに学校建てたとか、言ってました。そりぁ英語も覚えますわ~

Cimg0022

バスターミナルはこんな感じ。バスの格差が激しく、私たちはオンボロでした。

Cimg0025

バス車内のシートに貼ってあり、「降りる人は赤ボタンで知らせてね~」でしょうか。一つ一つ手書きでした。

夕方のラッシュにかかり、1時間20分ほど乗った後、ホテル?!へ。ホテルと思いきやひっくり返りました。マッサージ屋さんが副業でやってるレントルームでした。そうです、バックパッカーたちが好んで宿泊する安宿でした。予約を入れた長女に「なんでやねん?」って聞いたら「おとんはいつも贅沢なホテルに泊まるから、たまにはこういうの経験したらえぇねん」って言われました

Cimg0066

部屋はベッドと小さなテーブルでいっぱい!風呂・トイレは共同。

いやぁ参りました 日本でも泊まったことのない宿です 気分を入れ替えて夕食がてら、名物の「夜市」へ行くことにします。台北の「西門」から地下鉄を乗り継いで 「士林夜市」へ。 地下鉄は大阪市内の地下鉄よりきれいで人々のマナーがとっても良い。切符ではなく、チップを埋め込んだプラスティックコイン

Cimg0042

地下鉄は見事に整備されています。バスとは大違い。

20分ほどで夜市へ到着。女性が喜びそうな軒並で大勢の人で賑わってました。でも、大した物もなく、はびこっているバッチモンがこれでもか~って思うくらい並んでました そんな中で「BIRKENSTOCK」店を見つけ、以前から欲しかった白のトリプルをめでたくご購入 $2100やったんで日本円で6000円少々日本だったらたぶん1200013000、バーゲンで10000円切るくらいかな。専門店らしく「とにかく履け」って言ってきます。バンドを締めて「ジャストフィッ」って 価格交渉したのですが、「インターナショナルプライス」と「バーゲン価」でダメ まぁ充分安く買いましたから…

Cimg0320

めでたくご購入。スタッフはアメリカ同様、よくトレーニングされてます。

2~3時間見回ったのち、屋台のインド料理スパイスカリー焼きたてナムを食べて帰路に着きました。宿に帰る途中、娘たちが「足つぼマッサージしよ~」って言い出し、仕方なく立ち寄りました。これもなんちゃない1時間$600に終わりました

Cimg0061 

家族5人で「足つぼマッサージ」 店主大儲け!

それから宿に帰り、共同風呂で汗を流し、バタンキュ~

翌日は朝の「スタバ」でブランチ。簡単な市内観光して「小籠包」で超有名な台北市内の店へ。

Cimg0084

有名店ならではの光景。一時は50人を越えてました。

奥さんや娘たちはここぞとばかりに「小籠包」や「高級スープ」を注文しますが、アラビギはあんまり執心ないんで「ノーマルギョーザ」と「えびチャーハン」にしました。そんなに期待はしてなかったんですが、どちらも絶品 チャ-ハンに至っては今まで食べた中で最高のものでした。ギョーザは北京系のあっさりジューシーです。ちなみにつけダレ要りません。台湾ビールもラガー系で○。

そんなこんなで台湾を小満喫し、台北発の夜間便でプーケットへ旅立ちました

次回は「プーケット編」です。 乞うご期待

PS

新年の初釣りに大好きな「紀ノ川」へ行ってきました ルアーマンがお一人居ただけで寂しいもんでした おまけに「アタリなし」「寒さ100倍」「車停められへん」の3拍子揃って、新年早々撃沈くらいました でもボチボチと準備を整えて投げ錬だけでもしておこうと思います

|

« 謹賀新年  海外で年を越しました。 | トップページ | 年末年始海外渡航    vol.2  プーケット パトン編 »

2_by アラヒフビギナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年  海外で年を越しました。 | トップページ | 年末年始海外渡航    vol.2  プーケット パトン編 »