2019年9月15日 (日)

南半球釣行記②~外国でも釣れない時はまったく釣れない・・・

南半球のこの国では今、ちょうど冬が終わって春の始まりです。そのためか天候が安定せず風の強い日が多い。
休みの日と天候のタイミングが悪くなかなか釣りに行けずにいたが、週末、ようやくそれらしい日がやってきたので出撃。
ちょうど元和食料理人の友人宅へ行く予定があったので、是非とも新鮮な魚を届けようと久々に気持ちの入った釣行となりました。

まずは通い慣れた砂浜へ。
Img_5404
追い風で悪くはないが、潮が引き切ったタイミングでたださえ超遠浅の海岸、ほとんど水深がなく期待薄。イカ切り身とサンマ切り身で何投化したが気配なく早々に移動を決断。

以前、真冬にもかかわらずチョイ足らずの真鯛(25cm~30cm)が入れ食いで釣れた大きなマリーナの駐車場前埋め立て地へ。
 Img_2025

周囲には2組の釣り人。こっちの人は必ず声をかけるか笑顔で挨拶してくる。釣れてないようだ。
強い追い風の中、周囲の人よりは遠投できる強みを生かして投げ込むが、珍しく何のアタリも来ない。数投繰り返すが、何の反応もないまま時間切れ。
今まで初めてのノーバイト、アタリもないまま納竿となりました。


来週帰国してすぐには釣りには行けないだろうし、東京湾の釣り場が台風15号でかなりの被害を受けたようなので、まずは釣り場点検からだと思う。
神奈川での投げ釣りも年々厳しくなりますが、新しいポイントの開発や釣り方に工夫を凝らして楽しみを見出したいと思います。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ





 

 

| | コメント (0)

«南半球釣行記①~冬でも真鯛だった