2018年6月27日 (水)

引き続きキス狙い、観音崎へ

全国的な傾向かもしれませんが、ここ湘南地方は「梅雨はどこへ行ったの?」というお天気の毎日です。
ただ相変わらず風の強い日が多い。南からの風。こうなると相模湾側はアウトなのでどうしたって東京湾側の北側を向いた釣り場に限定されます。

ということで、昨日は午後側から観音崎へ。昨秋の台風でホテル裏のボードウォークが改修中、7月末に修理完了予定です。現在は立ち入りできません。001
002

灯台に向かって歩き、途中の地磯でとも考えたのですが、まだ褐藻が根強く広がってる様子だったので、堤防へ。
Img_3221
写真の見た目以上に斜め後ろからの風が強くモノが飛ばされる。撮影後に竿を置くタテカケ君も飛ばされて沈没・・・。強風時の釣りは雨の日以上に大変です。

一帯は馴染みの場所ですがこの堤防だけは殆ど釣りをした記憶がなく底の状況がよく分からない。左や沖にはブイが入ってるし、ところどころアマモ帯や褐藻も広がってるようで、方向によっては大きな藻が引っ掛かってくる。きれいな砂地はかなり狭い範囲のようで簡単ではない釣り場だ。

で、釣果。
Img_3224Img_3225
Img_3230Img_3231

小物ばかり、、、。小さなメゴチが一番多いけどわんさか釣れる。

20センチ越えるぐらいになったらキスよりも上質な天ぷらだねだし。そもそもこれのランクサイズとなればもはや希少種。だから外道と呼ぶ気にはなれない。

こんなに小さいのはガツガツ食ってくるのになぜ大型はいないのか?
そこまで育たない条件なのか。網でやられるのかそれとも他魚の餌食になるのか。

狙えるものならメゴチ…というか関西育ちですからガッチョと呼ぶ方が親しみ深いですが、これを専門に狙ってみたいぐらいです。


こんな小物ばかりで風のせいもあってアタリが取れない。うまく砂地に入った時に手持ちでやっても細かいアタリでガッチョの嵐。

一度だけグゥイーと引き込むようなアタリが!ナイロン道糸なのでその柔らかく引き込むような感触がたまらない。ブルブルではなくこれぞ良型キスの証拠です。久々の感触にプチ興奮up
Img_3229

ただし良型はこの1尾のみ。その後1時間、18時まで粘ったのですがこのサイズは来ないまま撤収となりました。


観音崎県営駐車場は7月1日から8月末までは平日も有料になります。24時間稼働のコインパーキングではなくゲート式で時間の制約があり、早朝や夜釣りの時間帯は開いてないのでその点が不便な場所です。



<データ>
プロサーフ425BX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+力糸、ハリスフロロ3号前後、針がまかつスピニングB12号ほか
曇り時々晴れ、南東風強風、中潮、16時半頃満潮、チロリ&青イソメ


良型キスは美しい!

にほんブログ村


| | コメント (0)

«梅雨の晴れ間、ふたたび福浦でキス狙い