« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

久々に八景島前でカレイ狙い

帰国後の初釣行は八景島前へ。久々です。

南面のため冬場は風よけになる場所で人間は快適ですが、乗っ込み期は10月初旬からカレイが釣れ始めるかわりに終りも早い場所なので、もうぎりぎりのタイミングかもしれないと思いながら出かけてきました。Img_3335
カゴ釣りの人も含めてさすがに祝日、なかなか周囲は賑やかです。何名かの顔見知りの常連さんがいらしたので話を伺いますが、釣れてはいるようですね。ただ、今日は潮もよくないし、期待はできそうにないと。いいんです、リハビリ釣行なんで。そもそもクーラーさえ持ってきてない、仮にカレイが釣れても誰かにあげて帰ろうと思う無欲の釣りですので…。

戻ってくるエサがこの時期にしては冷たい、エサ取りもいないですね。今日は。冷たい潮が入ってるような。

Img_3342
赤と青、イソメを100グラムだけしか持参してないので数時間でしたが唯一魚の反応があったのはこれ。イシモチ。これが釣れるときはカレイはダメな気がする。Img_3339

これを書いてる今日、普段は温暖なここ湘南の地ですが、外はまるで雪国のような雪化粧です。ひどい寒さ。これでますます可能性が下がるかな?

でもまだ諦められない。来週、もう一回時間をみてカレイ探索に行ってみます。

<データ>
トーナメントサーフT30-425、フリーゲンTD、道糸ナイロン5号、ナイロンテーパー
自作半遊動天秤30号、ハリスナイロン6号、針がまかつカレイ13号
曇り北東風、小潮、正午過ぎ満潮、濁り潮、エサ青イソメ&赤イソメ

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

久々に砂浜へ出てみるが…

長い春です。夏でも30度にならない街ですからとにかく春が長い。今年は特に暑くなるのが遅いようでその分真鯛の乗っ込みも遅れ気味です。

オークランド近郊の海は遠浅が殆どで、まだまだ遠浅の砂浜から真鯛が釣れるような雰囲気ではないのですが、とにかくトライすることにします。

時々とんでもない大物が出るので細糸は使えない。サーフキャスティングといっても力糸を使う発想が存在しない。遠投にこだわる人もほとんど見かけない。だから、日本のように繊細な仕掛けもないし、そんな細い道糸を使わないのです。

そして日本のような天秤は存在しない。何より虫エサが一切存在しないニュージーランド、エサと言えば魚の切り身かイカしかない。だから飛ばしたくても飛ばないわけです。

自分は日本人ですので、同じ切り身でも塩漬けにして少しでも遠投が利くようにしたり、イカを使う場合でもちゃんと短冊に切って少しでも飛ばしたい、と工夫を重ねるのですが。

ということでオークランドから北へ高速を20分、下道を15分の風光明媚な海岸へ。
Img_3083

暖かくなったので(ちょうど日本の10月ぐらい)釣り人が増えました。

しかし最近ずっと強風続きで、今日もダメ。普通なら竿を出さずに帰るぐらいですが、とにかく試してみることに。Img_3094
写真写り以上の爆風で、道糸PE通し4号にサンマエサではさっぱり飛ばない。それでも魚影は濃いのでアタリはあるが狙いの30センチ越え真鯛ではない。

この後、どんどん風が強くなったので早々に退散です。

日本に帰国後、年末年始はまたニュージーランドで過ごすので、その頃にはかなり気候も落ち着いて、真鯛やシマアジなどが盛期を迎えつつあるでしょう。Img_3124
釣れなくても景色がいい、空気がきれい、浜には吸い殻なんかはもちろん、ゴミ一つない。
Img_3107
釣れても釣れなくても、快晴の、夏に向かう南半球の浜で竿を思いっきり振るとなかなか爽快ですsun

今週末からいったん日本へ。次の釣りは東京湾でのカレイになりそうかな?

<データ>
場所:ニュージーランド北島・オークランド市北部ワンガパラオア半島先端北岸
竿OKUMA(アメリカブランド)カーボン並継4m、リール03パワーエアロ、道糸PE4号通し
自作片テンビン、オモリ六角25号、ハリスフロロ8号、針丸セイゴ20号以上
エササンマ塩漬け切り身

| | コメント (2)

2016年11月 7日 (月)

ニュージーランドで初心者釣り教室を開催

昨日の日曜は、近場のフェリー桟橋で初心者向けの釣り教室を開催しました。
自分がFACEBOOKで主催してる釣りグループでの募集に集った方々相手です。

投げ釣りというより岸壁からのサビキ仕掛けを使った釣り。とはいえ、サビキ使用でも時々真鯛やシマアジも掛かるので、日本のアジ狙い程度の仕掛けやラインではもちません。最低でもハリス4号以上のサビキ仕掛けか、自作の胴突きで狙うことになります。

季節的には春、天気予報は良くなかったのですが、何とか雨は持ちこたえました。
最高気温20度最低11度ぐらいの日和です。

竿やリールを握ったことがない方もいらっしゃるので初歩中の初歩から。
Img_2778Img_2838

午後から風が強く、釣りづらいことこの上ない。干潮が18時ぐらい、時合いはその時間帯から上げに入ったあたりでしょう。日没はサマータイムのため21時近くです。
Img_2977

初心者の方にもぼちぼち釣れます。
リリースサイズの真鯛。Img_2984
同じく少し小さいシマアジ。Img_2992

マアジです。
Img_3003

NZの固有種、カウワイ。フィッシュイーターで猛烈なファイトを見せてくれるので釣り物としては最高です。
Img_2989

大物が掛かって引っ張り込まれた子供さんの竿をベテランと協力して回収したり、ライントラブルに対応したりと、今回は自分の竿は出す間もなかったですが、来週は自分の投げ釣りに出撃予定です。
天候が不安定で強風の日が続いてるので微妙なんですが。こちらでも風が一番の大敵です。

<データ>
場所:ニュージーランド北島、オークランド市、デヴォンポート・フェリー桟橋
サビキ仕掛けや胴突き仕掛け、エサはサンマやイワシ、イカの切り身

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »