« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月24日 (木)

気合を入れて観音崎へ

前回、仕事の打ち合わせを兼ねて観音崎のボードウォークで竿を出した際に、まさかの大物が掛かってハリス切れがありました。気が散って殺気を出してない時や、細めの仕掛けの時に限って大物が来るものですが、何となくポイント復活の気配を感じたのも事実です。

昨日は暑さを避けて夕方遅くから再戦に挑みました。

到着は16時半頃。
後ろの山に陽が沈むので真夏でもこの時間帯になると風さえあればけっこう暑さを凌げるポイントです。
Img_7168
波っ気もあるし潮も効いていてざわざわした気配で釣れそうです。追い風で投げやすい。一番良いコンディションですが、あとは海に魚がいるかどうか次第です。あ、腕前も…。


ナイロン道糸が主力でドラグを緩めない先手必勝の釣り方が好きなのですが、数年前の真夏の半夜釣りで三脚ごと竿が吹っ飛んで海中に突っ込み、海に入って回収した経験があり、以来、少なくとも場を離れる際は忘れずドラグを緩めるようにしています。緩めるのを忘れて持っていかれ、道具一式を海の藻屑にしたこともありますから。
仕掛け次第では尻手ロープで固定をするようにしてます。

広げた道具を片付けるためややドラグを緩めていたところ、早速ジャーッと走りました。
もう一度走った際に合わせを入れましたがスカ。上げてみると針がない。ハリスがザラザラです。デカフグの仕業ですね。

その後は竿の前に座ってドラグを締め、ややラインを緩ませた状態で待ちますがひたすらフグ攻撃にあう羽目に。仕掛け交換に時間を取られます。

せめてキスやチャリコでも、と思って2種類のエサで投げ分けるのですが、フグ以外ではこの子だけ。昔は何ぼでも釣れた印象がありますが、最近ではどんどん減ってそれこそ遠からず絶滅危惧種にでもなりそうな魚ですし、とても美味ですが、このサイズではどうしようもない。
Img_7170
日没後も1時間ほど粘りましたが、フグの気配も消えて静かなまま終わりました。

根の部分に沿って刺し網も入っていたし魚自体はいそうなのですが。回遊さえあれば真鯛や黒鯛も可能性があるポイントですが、以前ほどの魚影がないので粘りを要求されそうです。

ここは夜釣りで尺ギスをあげたこともあり、毎回良型のキスが出たものですが最近はさっぱりです。福浦もそうですが以前のように良型キスの気配がないのが少し残念です。


また次回!


<データ>
トーナメントサーフT 30-425、フリーゲンTD、道糸ナイロン3号&ナイロンテーパー力糸
ハリスナイロン5号、針スピニングBS12号~13号、拙者天秤30号
エサ:岩イソメ、青イソメ、晴れ、南風やや強め、18時満潮、大潮、澄潮


投げ釣りだいすき!

にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

ちょっとした調査もあったけど、懲りずに福浦へ…

釣り仲間からちょっとややこしい情報が飛び込んできた。福浦の一部なのか全部なのか、曜日や時期があるのか詳細は不明ながら釣りが制限されるという噂です。

日本全国、漁業者とのトラブルやゴミ放置、違法駐車などのせいで多くの港湾施設での釣りが制限されてる昨今ですので、まるでゴミ捨て場と化してる福浦なら何が起こっても不思議ではないのですが…。

大事な用事の後の1時間ほどだけなので釣りというより下見みたいなものでしたが、現場は見て回った感じでは何事もなく平穏です。そこそこの数の釣り人がいました。
立て看板もないし立ち入り禁止のような標識らしきものも見当たらず、現時点ではその情報の真偽は確かめられないままでした。

ただ、時期的なものもあるでしょうし、単純に釣れてないだけなのかもしれませんが、広い岸壁一帯、投げ釣り人が殆どいない。ほぼカゴ釣り師でした。
Img_7121
1本だけ出してみました。エサは青イソメとチロリ、2本バリにそれぞれで。


先日の観音崎は潮が澄んで水は綺麗でしたが、湾奥に近いこちらは赤潮の影響でもあるのか緑がかったコーヒー系で良い雰囲気ではない。
ただ、潮は効いていて海面もざわざわ、反転流なんかもあって雰囲気は悪くないのですが、結局、最後までヒトデとフグのアタリ以外反応はないままでした。

見て回った限り、周囲のカゴ釣り師も獲物は上がっていませんでした。
Img_7119

関東に住むようになって10年あまりの間、長らく通い詰めた好釣り場だったのですが…down

秋にまたカレイ狙いで再挑戦してみますが。

<追記> 後日発見した福浦情報です、どうやらこちらが正しいようです。
https://www.youtube.com/watch?v=T_8U1NmKeGc

<データ>
シマノプロサーフ425BX-T+03パワーエアロ
道糸PE2号+PEテーパー力糸、ハリスフロロ5号、針がまかつカレイ専用11号
晴れ、微風、中潮、15時ごろ満潮、青イソメ、チロリ



にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

観音崎京急ホテル裏でお仕事!?

以前から「日本への里帰り時に釣り具揃えたいので、機会があったら何買えばいいか教えてください」と言っていた南半球での仕事仲間との打ち合わせがあったので、じゃあどうせなら釣具屋から釣り場に回ってそこで仕事しましょうということにgood

スマホの普及とどこでもネット可の時代になってこういうことさえ可能になりました。
満員電車に揺られてオフィスに出ないとできない仕事って案外少ない。どこでも仕事ができる時代が来たのはうれしいことですね。


まずは横須賀の釣具屋さんに寄って、色々と解説しながら1時間以上かけて店内をめぐり道具を揃えます。まず狙いモノを明確にすること、ということから教え、あちらの国で狙える魚を想定し、主に日本でしか入手できないような便利グッズや優れモノ中心に物色しました。

投げ釣り用とアジやサヨリ狙いのサビキ仕掛け、そしてイカ狙い用の小物、南半球の小国では入手できない仕舞寸法が短くてリユックにも入るような振出投げ竿などを揃えてだいたい完了です。あとは現地入り後にまた改めてということで。
Img_7099
今回向かったのは観音崎の京急ホテル裏、ボードウォークです。

東京から来てる仲間は2時間弱しか時間がないので、ほんの少しのチロリと青イソメを入手して竿1本だけで開始です。
Img_7114_2
ここはベンチもあるので、竿を横に立てかけて我々はベンチに座ってお仕事お仕事…。


そんな時に限って来るんですよね、大物が。「なんか来てます!」の声で振り返るとすごい勢いで竿がひったくられ海に落ちそうに。飛びついてハンドルに手をかけると左右に振りながらガンガン走ります。間違いなく真鯛の気配です。

引きに向かう潮でかなり潮位が下がっており水深がない。案の定、手前の海藻地帯をクリアできずその付近でラインブレイク。柔い竿をを使っていたので寄せは楽しめましたが、せめて姿だけでも拝みたかったなあ…crying
Img_7115

その後もアタリは出るのですが殆どがフグ。キスのアタリはなし。予定の時間が来たので納竿。殺気を出さずのんびりやってる時、細仕掛けの時に限って大物のアタリが出るものですが、今日もまさにそれでした。

久々にこの場所で味わった大物の引き、来週は潮周りもいいのでもう一回トライする予定です。


<データ>
シマノサーフランダー365EX+03パワーエアロ
道糸PE2号+PEテーパー力糸、ハリスナイロン4号、針がまかつスピニングBS11号
晴れ、若潮、14時ごろ満潮、青イソメ、チロリ



にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

真夏の夜釣り

7月の1か月間、季節が逆の南半球にいたので日本のこの夏になかなか適応できずにいます。暑い、本当にimpact もはや熱帯の国より暑いかも、ヘタしたら。タイの離島にいる方が涼しいぐらいです。

さすがに昼間に釣りに出る気にはなれないし、帰国した途端毎日のように雨、台風、晴れ間無し、でも暑い。こんな8月も珍しい。

ということで、近場に夕方から出かけてきました。三浦半島の小場所へ。

エサはチロリと岩イソメ。竿は2本。1本針の長めのハリスでそれ俺にエサをたっぷりとチモトからハリスにまでこきあげて装着。発光玉にも光を当てて遠近に投げ分け。

すぐにアタリが出て最初は長いやつ。次はガンガン来るアタリで合わせるがハリス切れ。フグですね。昼間の様子は不明ですが、どんどんアタリが出ます。

潮が引き始め、潮位が下がったころに大きく竿先を抑え込むアタリ。
大物狙いの時でも、竿の前にいる時はドラグは緩めず締めたまま。そのかわりナイロンラインをあまりピンと張らずに待つやり方を多用している。
一呼吸入れて合わせを入れるとそこそこの手ごたえアリ。巻き上げ時にはさほどの抵抗もなく案外あっさりしてたので、鯛系や長いのではなさそうだったが。

力糸になってから海面を照らすと久々の「小さな大物」が…。やりました。尺には満たないけど。チロリの方でした。
Img_0359

この後、岩イソメの竿にチャリコが来たあとはアタリが遠のいたので撤収。夜でそこそこの風があったものの、汗だくの釣りになりましたが、まずまずの戦果に満足です。
早く涼しくなってほしいものですね。


<データ>
シマノプロサーフ425BX-T+フリーゲンTD
道糸ナイロン3号+ナイロンテーパー力糸、ハリスフロロ4号、針がまかつスピニングBS11号
晴れ、中潮、18時ごろ満潮、岩イソメ、チロリ


これも狙いたい!

にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »