« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

1年を振り返る…ほどでもない釣果でした💦

加齢のせいか?東京湾のカレイが釣れなくなったからか?めっきり釣行回数が減った1年でした。

冬は苦手ではないのですが、特に真冬の季節は釣りモノがない。
秋の乗っ込みカレイが終わると狙いたい魚がいなくなるのです。

行く場所へ行き、狙うべきものを狙えばまだまだターゲットがいるのは承知してるのですが、車での単独行も億劫になるばかりで、一人で夜を徹して何百キロと走破する関西の釣り仲間にはひたすら頭が下がる思いです。

最近では沼津や伊豆へ行くのさえ億劫になってしまいました。困ったものです。R134の渋滞も車線増などでも随分軽減されて以前よりは行きやすくなったのですが。

単独でも遠征できる人って、ダメ元でも学校で一番の美人を口説こうとする勇気ある男子生徒に似た何かを感じますね。自分にはそんな根性も度胸も資質もないからsweat01

でもそういう冒険心とか執着心がないと魚もなかなか釣れない。

実際、そんな執着心や情熱とともに夜行列車での釣りを繰り返していた中学生時代や、10年ほど前の投げ釣り復活時は釣果も出ていましたからね。

確かに気合を入れ過ぎても空回りしたり、殺気が伝わって釣れないということもあるとは思うのですが、遠出が邪魔くさいから近場で、とか、朝起きるのが嫌なんで近場でとか、夏は日影になる釣り場がいい、冬は太陽が当らない場所でないと嫌だ…なんて軟弱なことばかり並べていては釣れるわけないですよねえcoldsweats01

Img_5785
そんな2017年でしたが、唯一心の底から満足できたのは、やはり5月の宇和島&愛南遠征ですね。人生初の宇和島。夢にまで見た釣り場の一つです。

まあ、釣果そのものは大したことはなかったですが、それでも人生3匹目の尺カワハギが釣れたし、何より自分好みの湾奥の静かなドン深リアス式海岸!言うことなしの環境でした。一人では間違いなく行けなかった場所、お付き合いくださった神戸のKさんには心から感謝です。
Img_5854



来年も行けるかな?もう一度行ってみたい場所です。
Img_5870

年が明けたらどこへ行こう?
2月からはまた長期海外出張なので、東京湾での釣りができなくなる。出張先でも釣りはしますけどね。あちらは大真鯛の季節なのでそれを狙うとします。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。本年1年、貧果ブログにお付き合いいただき有難うございました。

2018年も、読者の皆様が安全に釣りを楽しめますよう、お祈り申し上げます。


暖かい海へ!

にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

もう1回、あと1回でまた来てしまう福浦でしたが

さすがに寒いです、最高気温が10度かそこら。

近年の異常なまでに暑い夏が嫌で、ついつい「服着たら解決するだけ冬の方がマシ、冬が好き」などと、イキって公言してしまうのですが、やっぱり寒い。冬の釣りは手が辛い。エサ付けが大変だ。水で手を洗うのさえ厳しい。

遠出する気にもなれず、まさかの期待で江ノ島か葉山でカワハギ狙いか、ようやくR134鎌倉高校前拡幅道路工事が落ち着いた七里ヶ浜か稲村ヶ崎でひょっとしたらまだいるかも?のキス狙いでもするか、と考えていたのですが、家族が横浜の鳥浜にあるアウトレットパークへ行きたいというので、その帰り、ほんの少しだけ竿出し。

アウトレットパークがある鳥浜ヨットハーバーや埋め立て地附近も、釣りができるなら見た目すごく良さそうな雰囲気の海はあるのですが、横浜港から幸浦附近迄の埋め立て地で釣りができるような護岸、波止場は殆どありませんからね。

海は広々閑散としてるのですが。

さて、福浦南岸。見事に誰もいませんな…
Img_8359_2
何の反応もなく1時間。すでに冬枯れの気配か?

ダメだなと分かっていても便利で近場だからつい来てしまう。

道中の邪魔くささや海岸線へのアクセスの悪さ、駐車場不足などで足が遠のきがちな三浦半島南岸ですが、そっちまで出向けばまだ可能性はあるのでしょうが…。

まだ今年あと3日ある!お正月の天気予報も悪くない!諦めずに行きます。


<データ>
New Zealand SHIMANO並継ぎ投げ竿+03パワーエアロ、道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリス黒ナイロン5号、針がまかつカレイ専用14号
オモリ拙者L型遊動天秤30号 拙者全遊動砂ズリ

晴れ、弱風、若潮、13時頃満潮、青イソメ

こんな釣果にはもう二度と巡り合えないのか~

にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年12月22日 (金)

以前は12月末でもマコガレイやキスが釣れた福浦なんだけど…

かなり古いネタですが、2009年の12月30日、福浦で42cmを上げています。
091230_141601

同じく、12月下旬に良型のキスを釣ったこともある福浦東岸。005行けば何かしらの魚を持ち帰れたこの場所も、この数年は釣れない日の方が多くなってる。

自分だけなのかもしれないけど…なんだか最近めっきり釣れなくなりました。せめてなぜか理由が知りたい…。

釣れないなら釣れないでそんな理由からつい足が向いてしまうのです。行ったところで明確な理由なんてわからないとは思うのですが。
Img_7280

風は冷たいけど、天気は良い。最近の横浜、湘南はずっと好天です。

戻ってくる青イソメもそんなに冷たくはなってない。
水産技術センターの海況図で表層水温を見ると福浦付近で14度ぐらいを示していて、1か月前の乗っ込み最盛期に比べて4度近く下がってる。が、戻ってきたエサの感覚からはもう少し暖かい感じがするがどうなんだろうか。

今冬はラニーニャ現象発生で厳冬予報だという。寒い冬。それは悪いことではないけど、全体に閉じた海域である東京湾の魚にはどう影響するのだろう。

今季のカレイは例年いなく小さ目なサイズが釣れていたようで、型より数だったという人もいる。もしそれが正しければ個体数の復活が期待できるのですが。

ということで、本日も魚信はナシ。

湾奥の雄カレイ狙いはやらないし、寒い中のスズキ狙いにはあまり気持ちが動かないので、この先何かを狙うなら東京湾から出るしかないかも。

真冬の沼津で投げ釣りでアマダイ狙いとかは無理かなぁ?


<データ>
プロサーフ425BX-T+03パワーエアロ、道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリス青フロロ5号、針がまかつカレイ専用14号
オモリ拙者L型遊動天秤27号 拙者全遊動砂ズリ

晴れ、弱北風、大潮、17時頃満潮、青イソメ

寒い冬になるけど元気に年を越してくれよ…

にほんブログ村



| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

横須賀もカレイ乗っ込み終わったかな?

2日前の釣行ですが、福浦は終わりの気配濃厚だった乗っ込みカレイ、さて横須賀はどうなんだろうかと。
うみかぜ公園に向かいました。予報よりずっと北風が強く猛烈に寒い。

カレイポイントであるnojimaビル裏付近にも数組しかカレイ狙いの人がいない。ここは竿の数が多いと釣れてる証拠。少ないと釣れないことの現れ。常連が多いので皆さんよく知ってるんですよね。この時点で今シーズンのカレイも終わったんだなということがわかるけど…。

そのせいか、珍しく午後から行ったのに放水路堤防に誰もいない。自身のマコガレイ記録は3年前の3月にここで上げた50センチ。Img_8629
6年前の3月11日はここで釣りをしていたし、いずれにせよ記憶に残るポイントです。

ただ、決定的な欠点は下から出てくる水が下水なのかドブ水なのか臭うんですよね・・・。淡水の流れ込みがある場所は魚の寄り場ではあるけど、そのせいかここはどこへ投げても底が泥というかヘドロ状のベタ底、溝やカケアガリを見つけると可能性が増すポイントです。

それにしても寒い。写真で風は写せないけど、かなりの強風で距離も出ない。

ところが海の中はそれほどでもないようで、青イソメがそのまま戻ってきてしかも冷たくない。外気が冷たい分、エサが暖かく感じるぐらいです。

ガラやゴミはあってもほぼ根がないポイントなのでエサ取りもおらずかなり退屈で風除けする場所もないので2時間ほどでギブアップ。

帰路、もう一度岩壁を見て回りましたが釣れてる気配はなく、15時にもなってない時点で半分ぐらいは撤収済みで人もまばら。
Img_8644

釣れていたのはカゴ釣りの青物ぐらいでした。

年内、この先もカレイを狙うなら観音崎から南方面か、三崎港辺りまで行く必要がありそうです。


<データ>
プロサーフ425BX-T+13PAスピンパワー、道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリス青フロロ5号、針がまかつカレイ専用15号
オモリ拙者L型遊動天秤27号 拙者全遊動砂ズリ

晴れ、北東強風、大潮、15時頃満潮、青イソメ


ここで釣った50センチだけど…

にほんブログ村



| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »