« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月19日 (金)

真冬。完璧な冬枯れの福浦南岸

福浦埋め立て地にある大学病院に定期的に通わなくてはいけない家族の用事があり、今日はその日。待ってる間は近場で竿出し。

北風がかなり強かったので南岸へ。こちらはいつでもポカポカです。

秋の乗っ込みシーズンにカレイを狙いに通っている八景島前ポイントは、この季節になるとは水深が足りないのもあって、12月以降は殆ど来ません。まあ、とにかく行くだけ行ってみようと。こんな日でも釣り人はいるかなと思ったのですが、やはり当り前ですけどこの季節の平日、ほぼ無人状態。
Img_9283
何名かキス狙いの並継ぎ竿遠投派の方がいましたが気配はなさそうです。

釣りというよりキャスティングをしに来てるという雰囲気ですね。確かにここなら投げやすいし、今の季節、歩く人も少ないので投げ練には向いてる場所かもしれません。

それにしても、投げ釣りする人の平均年齢、高いですね…。自分も例外ではないですがcoldsweats01

ということで東に向かって歩きます。ヘリポートの手前でテトラが入ってない辺りに陣取ってみます。ここは久々です。
Img_9294Img_9296

やや東寄りの北風なので、後ろの林にさえぎられているとはいえ海上はかなり強い横風で糸ふけが取りにくい。ただここは3色程度でも軽く10m以上あって、東京湾のおかっぱり投げ釣りポイントの中ではかなり水深がある場所です。風には強いはず。
ただ本当にベタ底でポイントを探り当てるのが困難な場所です。

まさか釣れるわけないわなあ…とは思うものの、来た以上はとりあえず1本。まずはカレイ狙いの段差仕掛けで投げ込みます。

エサがそのまま戻ってくる。生体反応なし。

ただエサを触っても冷え冷えとはしてなくて、表層水温として出てる10℃~11℃という水温よりは、ひょっとしたら海中の方が高いのかもしれない。
Img_9291

とはいえ、本当に反応がない。
途中でスピニングBSの小針に変えて細めの青イソメ1本掛けにし、手持ちで少しサビいてみてもやはり気配はナシ。そのうちに家族から「終わったよ~」とお呼びがかかって撤収です。

まだ1-2か月、しばらくは辛抱の季節。冬眠した方がよさそうですね。

春からの仕掛け作戦や釣り計画でも練るとしますか?

<データ>
海外SHIMANOグラス並継ぎ竿 13PAスピンパワー
道糸アトミックスライダー3号+ナイロンテーパー力糸
ハリス黒ナイロン4号、針がまかつカレイ専用12号、スピニングBS11号
オモリ拙者L型遊動天秤30号、拙者全遊動砂ズリ
曇り、やや強い北東風、中潮、18時頃満潮、青イソメ


カレイはしばらくサヨウナラ…
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

三浦半島を南へ行く予定でしたが、悪天候で場所変更

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』が観たいという家族を横浜まで送って、そのままトンボ返りで三浦半島南岸まで行こう、と思っていたのですが、天気予報が良くない上に、15時頃からの雨マークだったのに予報より天気が早く下っていきそうな気配です。

これではダメですね。家族を横浜駅付近で降ろし、高速に戻らずそのまま13号から産業道路に入ってまずは幸浦まで戻ってみます。

目の前にブイ。
何の網が入ってるのかはわからないですが、わざわざ高切れリスクを冒すほどでもない。最盛期なら別ですが、この季節はもう殆ど釣れない前提の釣りですからね。
Img_9184
Img_9185
ここはスルーして、次は東岸壁の南端、ヘリポート横へ。こちらはカゴ釣りで賑わってました。ここもパス。ここから北上して、今日はいつもの北エリアではなく初めてトイレ南側に陣を置いてみました。
Img_9187
なぜなのか、いつもこの辺だけ誰も釣り人がいません。

釣れないのか、それとも根でもあるのか。根があるならむしろカゴ釣りや浮き釣りの人がいるはずですからね。なぜなのか?

2本出して1本はキス狙いのスピニングBS、もう1本はとりあえずのカレイ狙い。
北より深い。南へ行くほど徐々に深くなってるようですね、福浦東岸は。
特に根もなくベタ底。入ったことがない場所でポイントが分からない。

毎回上がってくるのはヒトデ。
エサはさほど冷たくはなっておらず、生きて戻ってくるがまったく何かに食われてる形跡がない。ピンピンしてる。
Img_9195_2

釣り始めは晴れ間も出て暖かったが、予報より早くお昼過ぎからあっという間に曇ってきて雨が降り始めました。しかもそこそこの雨足です。

結果的に遠出せずに正解でしたが、早々に撤収となりました。


<データ>
プロサーフ425BX-T+03パワーエアロ
道糸アトミックスライダー3号+ナイロンテーパー力糸
ハリス黒ナイロン5号、針がまかつカレイ専用12号、スピニングBS11号
オモリ拙者L型遊動天秤30号、拙者全遊動砂ズリ
曇り、弱風、小潮、16時頃干潮、青イソメ


カレイはどこ?
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 品数充実!投げ釣り専門通販
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

ドライブ兼ねてとりあえず三浦半島某所で初釣り

昨秋は結局3枚のカレイを上げただけに終りました。いくら釣行回数が減ったとはいえ惨憺たる結果です。自分自身の粘りがなくなったのが一番の原因だと思うのですが、釣行数が減るとそれだけ魚と遭遇する絶対的な機会も減少するわけで。まあ、めっきり釣らんようになってしまいましたcoldsweats02

さて、過去10年近く、1月も東京湾と三浦半島南岸方面へ時々カレイ狙いには出ていましたが、さすがに殆ど釣れた記憶がありません。
南向きの金田湾とか三崎漁港などへ行くと、風裏や追い風で暖かくていいのですがね。

過去記録を見ても、アイナメやその他の魚種だけです。さすがに冬枯れ。本当に熱心ならこんな季節こそ遠征のチャンスなんでしょうけど。

出る用があったので、1時間でも竿が出せればいいやということで竿も積んでいくことに。三浦半島です。
Img_3398_2
この季節、水は澄んでますね。きれい。東京湾側ではこうはいかないですが、それでも観音崎から南へ回ると特に冬場はかなり水が澄んでいます。

一度だけアタリがあり、フグ。この子だけは季節に関係がない。

昼の1時間ほどだけだったので何投かで撤収。
環境も良くて人も少ないのですが肝心の魚もこういう浅場にはいないようで。三浦半島回りの投げ釣りできる場所は殆どが浅場ですので、やはりこの季節向きではないのかもしれません。

<データ>
プロサーフ425BX-T+13PAスピンパワー
道糸アトミックスライダー3号+ナイロンテーパー力糸
ハリス青フロロ5号、針がまかつカレイ専用14号
オモリ拙者L型遊動天秤30号、拙者全遊動砂ズリ

晴れ、北風弱風、中潮、14時頃干潮、青イソメ


カレイはしばらくお休み?

にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »