« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年~2018年から2019年に!

明けましておめでとうございます。今年もお付き合いくださいますよう宜しくお願いいたします。

21世紀になってもうすぐ20年なんですね。つい先日、ミレニアムだー21世紀だーと思っていたのに、本当にあっという間です。


2018年はかなり釣行回数が減った年になってしまいました。

一番の理由は運転が億劫になったこと。単独運転でのプチ遠征がきつくなった。

あとは、「自分だけなのかな?」という気持ちもあるのですが、ホームである東京湾西岸と三浦半島一帯でキスが釣れなくなったこと。自分の中では明らかにキス釣りの難易度が増したように思うのです。

自分の場合は数狙いではなく、1本針かせいぜい2本針仕掛けの置き竿で大キスのみを狙う釣り方ですが、実際、ここへ行けば何とかなるという場所でも本当に釣れなくなったからです。

結果、キス狙いに出る回数が減って夏場を中心とした釣行が激減しました。

神奈川県内は漁港や護岸の多くが釣り禁止か立ち入り禁止で、特に投げ釣りをする場所に困ります。
その限られた場所にも良型キスの好ポイントは点在していたのですが、なぜだかこの2-3年、あまり姿を見掛けなくなったのです。

何か明確な理由でもあるのかな?2019年春以降、どうなんでしょうか?
またこんなのを近場の東京湾内で上げてみたいのですが。
Img_0356



個人的なことでは、長く主力で活躍してくれた投げ竿、シマノのプロサーフ425BX-Tを手放したことです。かなり躊躇したのですが、やはりある程度のサイクルで新しいのに変えていく必要も感じたので思い切りました。
Img_4241
Img_0864

そして出たばかりの新プロサーフ振出を拙者さんに注文。

シマノなら425BX、ダイワなら30号-425を中心に使っていましたが、ワンランク柔らかくしてCXを注文しました。

新プロサーフは全長も10cm短くなったので、これから先、老体に鞭打たなくてもまだ扱えるかなという気がしています。

以前は飛距離優先で硬めの竿を選んでいましたが、やはり大物狙いの釣り味という点では柔らかい方がいいですね。

現在在庫無しということで納品待ちです。ガイド仕様が変更されています。届くのが楽しみです。

今では量販店を中心とした街の釣具屋でハイスペックな投げ竿なんてめったに見掛けないようになったので(関東だけの現象か?!)、贔屓目抜きで拙者さんの様な投げ釣り専門店は本当に希少で有難い存在です。

あと、リールも未だに03パワーエアロを手放せずにいるのですが、こちらも一気に軽量化された現行13PAスピンパワーか、ドラグ付きのサーフリーダーなんかで揃えられたらと目論み中です。




にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ