« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月19日 (木)

久々に近場の深浦へ

秋に戻ったような陽気の水曜日。こんないい日和の日に釣りに行かない手はないな、、、と😃

週末に釣行するつもりで買っておいた青イソメ、納戸に入れていたがまだ何とか生きてる。
大した量ではないが、2時間ぐらいは釣りになるかなと思って出撃です。

近くでカレイの可能性がある場所といえば、、、今までなら福浦だったが、台風の影響で東岸岸壁が崩壊して入れない。
福浦に限らず、三浦南岸でも小網代防波堤や野比などいろんな場所でさまざまな理由から釣りができなくなったか入れなくなった。

特に野比は僅か数十メートル沖合に延々とテトラが入ってジエンド。
三浦半島では砂浜からカレイが狙える数少ない好ポイントだったので本当に残念。

神奈川東京湾側や、三浦方面で投げ釣りしてた人のうち、かなりの人が投げ釣りから他の釣りに趣向替えしたんではないか?と思われます…💧
明らかに投げ釣り人を見かけることが減ってるし。


さて久々の深浦。さすがにこの湾奥には台風の影響はなかったように見受けます。

それにしても向かいの島、島全体が米軍の石油備蓄や保管庫かな?島の名前は確か吾妻島だったか?
日本にあって日本じゃないという考えたら不思議な場所だ。この東側にある横須賀の中心部から延びる大きな半島も全部米軍基地だ。

米軍半島も向いの島も米兵が釣りしてる姿を見たことないし、釣船だってあまり近寄れないので、竿出せたらバカバカ釣れんのんちゃうかと妄想してまうな~。

米軍のエラいさんの誰かと知り合いにでもなったら釣りさせてもらえるかな?とかついつい考えてしまう❗
29909
名前は深浦で奥まった湾。この地形と雰囲気なら紀伊半島や宇和海だと間違いなくドン深ですが、ここは軍港にもなってないし浅い。遠投してもあっという間に着底。

底はきれいな砂で、殆ど引っ掛かりはない。以前は良型のキスも良く釣れた。
湾奥だけに、浦賀などと並んでカレイは比較的早い時期に釣れ始める場所だから、どう考えても今の時期だと遅いのはわかってるのだがとにかくトライ。
あとここは、釣れれば大判が多い横須賀エリアでなぜか木っ葉や小型が釣れる場所。湾奥が産卵場所のひとつとか?


投げるたびにアタリもなく、しかしエサがなくなって戻ってくる。ヒトデが時々掛かってくる。
潮の動きも悪く2時間もしないうちにエサ切れで撤収。もうカレイの気配はないなあという感じでした。

いよいよ冬枯れの気配です。


<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスナイロン5号、針がまかつカレイ専用14号
小潮、晴れ、北東風、青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

久々の釣り日和と思って観音崎へ向かったが…

10月までは台風の影響、そして11月も雨が多くて釣りに行くタイミングが合わないことが多発。12月になったら落ち着くかなと思いきや、相変わらず穏やかな日が少なくて、一番のシーズンに殆ど釣行できずにいました。

昨日、ようやく穏やかな天気予報で、出撃予定を立て前日にエサも準備。午後から横横道路をひとっ走りして観音崎へ向かいました。

現場は予報以上の風だったものの、問題なく釣りはできそうなので堤防に向かいます。
29769
台風で少し破損したことで立ち入り禁止の看板が立ってる手前に三脚を立てて2本出し。風も徐々に弱まり問題なし。

青イソメを房掛けにして遠近投げ分けてマメに仕掛けを動かすがエサ取りの気配もない。
青イソメの房掛けがそのまま戻ってくる。触るとかなり冷たい。

フグやベラ、小さなメゴチなどのエサ取りが必ずエサにちょっかいを出してくる場所だが、今日はそれもない。
満潮が15時過ぎぐらいでその前後も潮が良く動き、いかにもという気配がプンプンしているので諦めずにどんどん新しいエサをつけて投げ込みを続けるが、結局、薄暗くなるまで一度のアタリも確認できないままでした。
29766

11月のはじめにはカレイは良く釣れていたし、昨年は12月半ばでもカレイや真鯛が釣れていたので、また日和が悪いタイミングで釣りに来ただけという気もするが、、、。

今季、絶不調です💧

<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスナイロン5号、針ささめカレイイレグ14号
大潮、曇り、北東風、青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

観音崎から三浦半島南岸まで、急遽カワハギ狙いに転進

金曜、午前で仕事を終えて、カレイ狙いに。
予報では北風が強くて良い気配ではない。ヤフーの地域天気予報でお昼過ぎの横須賀が北東風5mぐらい。
陸上ならこの程度だと大したことはないが、海上だと厳しいだろうなと思いつつ出発。

横須賀横須賀道路の終点出口に差し掛かる前に東京湾が一望できるカーブがある。
そこから遠望する限りはそれほどでもないと思えたが、観音崎駐車場に入れると、それどころじゃない。風音がするような強さ。
29600
写真で「風の強さ」を写すのは本当に大変だが、少なくともまともに投げ釣りができるような日和ではない。

これはもう場所移動ですね。この際なので、新しい場所探しも兼ねて三浦半島を回ってみることに。

まずはすぐ裏側のたたら浜へ。根が点在してカレイを狙うような場所じゃない、浅い。水はきれいだけど。
29605 29604
投げ釣りどころか釣り人を見たことがない場所だが、夏場のキスなら砂地をピンポイントで狙うと面白いかもしれない。

次は浦賀。投げ釣りの人が一人。釣れてないみたい。
29622
湾奥だしここまでくると風は大したことがない。ここは駐車場がないのでダメ。

次に灯明崎を見てその後久里浜へ。
29624
三浦半島の海岸線はどこへ行っても根が多くて投げ釣りには不向きな場所が大半だ。

少しだけ期待した金田海岸、以前、12月に40センチのマコガレイを釣ったことがある。でもここもモロに向かい風でダメ。
29628
その後はゴーシュ浦へ。ここは以前尺カワハギを2枚釣ったことがある場所。春季のカレイにも実績がある。

だが、海岸へ出る道が塞がれてる。そのため、車を停められる場所まで行けない。
海岸沿いにも畑があって、農家の人にしたらキャンプや釣りに来る人は迷惑だったんでしょう。
29632

ということで、こうなると大畑か毘沙門下、宮川港ぐらいしかない。三崎港ではあまり投げ釣りはしたくないので…。

一番好きな磯投げ、歩くのが嫌で敬遠していたが運動不足解消のためにも観音山下へ向かう。

駐車場520円。駐車場は新しくきれい。港に真新しいトイレも水場もある。
おそらく宮川港は三浦で一番きれいな漁港だろうな。そもそも防波堤やテトラが新しい、最近の施工なんだろうと思う。

神奈川の漁港は釣り禁止どころかゲートがあって立ち入りさえ禁止してる場所が大半だが、こうやって駐車料金を取って解放し、釣りをさせることでむしろ潤うことになるのだろう。

長く歩かないと釣り場まで行けないので、バッカンから小型リュックに道具を移したが、背負子なしで手持ちでクーラーを持ちながら15分以上も足場の悪い砂利や岩場を歩くのは疲れたし危険です。やっぱりクーラーと道具は背負子でひとまとめにしないといけない。

でも釣り場は最高です!まさに磯投げ。
29639 29637
右に見えるのは城ケ島。曇りで北風、気温も低く辛い日だったが気持ちのいい場所です。

ちょっと投げると全部砂底。ベタ底っぽいので逆にポイントが分かりづらい。
こういう場所は置き竿でじっと回遊を待つか、どこかにあるかもしれない根や海藻帯を探してその近辺に投げ込みたいが、初場所なんでひたすら右へ左へ遠近投げ分けるも、よくわからないまま。

今日はアタリなしで終わり💦

カレイが釣れそうな場所ではないが気に入った。

ただ、投げ釣り道具を担いでの長道中、疲れました。足と体力に自信がないと危険ですので念のため。

<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針スピニングBS11号
小潮、晴れ、北風強風、青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

カレイ狙いで八景島前へ~良型外道のみ・・・

福浦東岸がほぼ無期限で釣り不可状態になったので、南岸の八景島側へ。
こちらは南向きで、後ろの建物や松林が風を遮ってくれて寒い日でもとても釣りがしやすい場所。

でもどちらかといえば10月から11月にかけて乗っ込み初期のポイントで、12月になると釣果が聞かれなくなっていた場所だ。ほかに場所選択の余地はないので2本出し。
29554
台風の爪痕。
29555
釣りはできなくはない。八景島前付近まで来ると湾奥なのであまり影響は見られないので。

とはいえ、周囲を見渡しても誰もカレイ釣りの人がいない。通行人の方に「カレイですか?」と声を掛けられ「ダメですね~」と答えると「今年はカレイがあまり釣れてないようですね」と💧



簡単に釣れる魚でも場所でもないけど、それでも良い日には40センチ超えが1日に何枚も上がるような場所だったことは確か。
それがいくら平日とはいえ、全くカレイ狙いの人がいないというのはやはり台風の影響があったのか、それとも本当に今季のカレイが不調なのか。

それでも暗くなるまではやろうと粘ってると竿先をトントンと抑え込むようなアタリが。その後糸ふけ。来ましたよ、久々に、と。
玉網を横において一呼吸入れて大合わせ、おお、乗ってる。きっとカレイだ!

ん?グイグイ来る感じは楽しいが少し様子が違う。結局、上がってきたのはこれでした。
2955729553
なかなか良いサイズ、でも持ち帰る気はないので即リリース。

その後穏やかな夕刻になってもアタリはないまま終了。
29552

次は三浦半島を南へ下ります。

 

<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスナイロン5号、針ささめカレイイレグ14号
小潮、晴れ、微風、青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »