« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

1月、釣りはお休みで…

結局、1月はどこへも釣りに行けないままでした。タイミングが一度狂うと気持も萎えてずるずると。トシのせい?

で、毎年恒例の出張で夏の南半球にやってきました。

暑い。真夏。気温は24度から27度程度なので風が吹くと爽やかだが陽射しが強い。
31030

この写真の海、リゾート地でも田舎でもなく、都市部のすぐ横。ビル街から1キロもない場所です。付近は海沿いの住宅地が広がります。

だから、溶岩の間に砂浜が点在するビーチは近隣に住む人々の海遊びや散歩で賑わう。釣り人は見かけない。
31026
こちらでは海釣りといえば船。釣りにもなんとなく階級差があって、陸から釣るのはどちらかといえば移民や貧しい人。
船と言っても日本のような乗り合いじゃなく、99%は自前の船。クルーザーを持ってます。ちょっとした勤め人や自営の人でも釣りが好きならマイクルーザーを持つのが当たり前のような街です。

だから、高価な投げ釣り道具というものもほとんど存在しない。おかっぱり向けは安物ばかり。船用だとステラもソルティガも売ってるのに。

遠投という概念がないので岸から釣る場合はやはり岸壁や桟橋になるが、仕掛けは胴突きオンリー。人気は日本のサビキ仕掛け。
日本で投げ釣りに使う天秤はまったく存在せず、いわゆる吹き流し仕掛けもない。

都市部のコンテナふ頭やフェリー乗り場などを除けば、防波堤や埋め立て地がほぼ存在しないので釣り場に困る。
また、日本だと全国各地に点在する漁師町や漁港というものもない。
ほぼすべての漁業が大型船による遠洋なので(そもそも岸近くの漁は稚魚保護、資源保護のために禁止されてる)、大都市の港から船が出るだけで地方都市にはそういう漁村や漁港がないのです。

だから基本的に防波堤というものが国中どこへ行っても存在しないのだ。コンクリートとテトラで固めた防波堤というより桟橋。遊びのために税金で自治体が建造してる。

そのため、釣りをしたければ岸からでも釣れるような場所を探すか、ある程度飛ばして魚のいる場所まで仕掛けを届けるしかない。
Img_0071_20200131163501

ということで明日からは2月。仕事の合間にどんどん出撃したい…と皮算用中。
真夏の今、投げでの狙いは真鯛、シマアジ、ホウボウ、マトウダイ、そしてヒラマサです。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

今年はどこでどんな投げ釣りスタイルでいこうかと思案中

子供の頃は正月といえば特別な日でしたが、子供も独立して家を出た今は殆どただの月初めに等しくただ退屈なだけ…。
取引先が休みなので、やるべき仕事が少ないというだけでそれも落ち着かない要因になる始末。

かといって大観光地に住む弊害、近所が賑やかな日々に家を出て釣りに行く気にもなれずテレビを観るか、近所を散歩するぐらいの毎日です。

来週月曜になって仕事始めを迎えたら徐々に生活も通常モードに戻るでしょう。それまでは、道具点検と仕掛け点検ですね。

1月~2月の神奈川での投げ釣りは冬枯れの季節です。投げ釣りで狙える魚が激減します。
最大ターゲットのカレイは投げで狙える釣期が意外に短く、東京湾奥の雄カレイの夜釣りを除けばこの時期に釣れる場所はとても少ない。


Img_5480_202001041613012019年は様々な理由で沿岸の釣り場のいくつかを(一時的であれ)失ってしまったので、今年のテーマはまずは新規開拓です。

東京湾西岸と三浦半島の殆どの海岸線は様子見や点検を終えてはいますが、特に東京湾側は立ち入り禁止が大半の上、三浦半島でも三崎港一帯を除けば漁港や護岸はほぼ全滅で、入れても多くの場所で駐車場に困る状況ですが、改めて新規開拓に乗り出したいと考えています。

特に探したいのは良型キスの釣り場です。根が広がる中のスポット的な砂場。大型狙いは数は不要で置き竿ですからピンポイントでいいのです。
Img_1130
三浦半島の南岸と西岸の磯場にいくつか頭に浮かぶ候補地がありますので、春になったらいろいろ回ってみたいと思います。
ルアーロッドなどの短竿や短い振出竿で、ルアーマンのように少しの荷物で磯場に点在する砂地を攻めるとかが、よさそうです。

昨年大型の四駆車から軽ワゴンに乗り換えたので、小場所にも入りやすくなったメリットを生かしてみようと思います。

今年もまた、安全第一釣果第二の釣りを楽しみましょう!たとえ釣れなくても穏やかな気分で自然と戯れたいと思います。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »