« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

久々にプロサーフが三脚から吹っ飛んだけど・・・

長梅雨…夏がいつ来るのという気配ですが、仕事休みと穏やかな曇天が重なるなら釣り人としては猛暑に比べれば歓迎です。

今週はじめ、そういうタイミングに遭遇しました。
干満差の小さい潮回りでもいい結果が出てる場所といえば、、、ここですね、観音崎堤防。

付近の地磯で大型カワハギでいい思いをして満足したので、今日は堤防からマダイと大キス狙い。
エサも岩イソメ中心に、青イソメはカレイ狙い並に房掛けで攻めてみることに。
26207
ここは周囲と比べると比較的エサ取りが少ない。その分静かな時が流れる。

一度竿先を揺さぶるようなアタリが続いたが針には乗らず。何かな?ハリスがきれいなままだったのでフグではないようだが。
右方向はまだびっしりとアマモ帯が広がっていて、投げるたびに海藻が絡むので右寄りは避けて正面向けに遠近投げ分ける。

緩やかな追い風でもあり投げやすい。
浦賀や久里浜方面を見てからの釣りなので、夕方5時前から1時間少しだけ。
どんどんエサを取り換えて、こまめに仕掛けの位置を動かす。

何投目かで右側の竿を手に取って糸フケを取っていると、左の置き竿がロケット発射した💥


竿を海に持っていかれた教訓もあるので、置き竿の際はやや強めだがドラグは緩めるようにしていた。
それでも三脚から飛んでいきそうな勢い。慌てて竿を持ち替えてドラグを少し締めるが、それでもラインが出ていく。
ハリス5号を信じてさらにドラグを締めながらやり取りを繰り返し寄せてくるが、あと少しの段階で一気に持っていかれそうになり、そこでジエンド。上げてみたら、針が延ばされてました。

残念…あともう一歩で姿を拝めそうだったのですが。
久々の大真鯛のアタリと引き、なかなか堪能できました。

また次回!

 

<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針スピニングBS13号、丸せいご18号
小潮、曇り、南西風、岩イソメ&青イソメ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

観音崎、新ポイント開拓日記

7月に入ると、観音崎の駐車場は平日も有料となります(8月いっぱい同様)。
そのため暑さもあってやや足が遠のくのですが、何度か挑戦したものの結果を出せてない磯に挑戦することにしました。

灯台へ向かう途中の最初の角手前の磯です。釣行は先週の話です。

藻場を抜けて遠投すれば砂地が広がって良型キスやマダイが狙えるのですが、ここは良い漁場のようで、ほとんどいつも刺し網やタコつぼ網?が入っていて目指すポイントに投げられません。

今日も同じ。
網を投入してることを示すの発泡スチロールが何個も浮いています。

ならばそれを避けて投げてみることに。
25992
本当はこの写真の右端の切れたあたりの足場から沖向けに遠投したいのですが、その付近にちょうどブイが入ってるので投げられません。藻場との境目で魚の通り道になっているのでしょう。

そのため、左向き、防波堤方向に向かって投げることに。
この方向は、防波堤から投げる時でも大きなアマモ帯と海藻帯があって投げられない部分ですが、真夏ですからひょっとしたら切れ目があるかもと思い投げ込むのですが、、、毎回根掛りというか海藻が絡んできます。

遠近いろいろ投げ分けますが、結果は同じ。ほとんど釣りにならない。イカ狙いには良いポイントだと思いますが。。。

やはりここは猿島から右や第二海保方向に向かって遠投しないと砂地に到達できないようですね。
1時間ほど粘ってみましたが、フグかベラと思われる雑魚のアタリがあっただけでジエンド。
25991
大キス狙いでチロリを用意してましたが効果なしに終わりました。

次は別の磯を狙う予定です。

 

<データ>
オーストラリア製SHIMANO並継13ft+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針スピニングBS13号
大潮、曇り、南東風強風、チロリ

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »