« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

年末は釣果より楽な釣り場と蕎麦屋を選択…

前回以降、2度、三崎港に釣行してみました。
とにかく車横付けが楽で。釣り場としては観音崎が一番好きですが、駐車場から歩くのが年々辛くなって徐々に足が遠のいています💧


個人的には、三崎港のメリットは車横付けだけではなく、釣り場から徒歩で行ける場所にめちゃくちゃうまい蕎麦屋があるんですよね。
蕎麦は言うに及ばず、天丼がとにかく旨い。さすが三浦半島、大根の天ぷらなんて初めてだったが天丼に入っていて本当に旨い。

実を言うと釣りよりそっちが目的だったりして💦
_201214_2
蕎麦屋さんは白い軽自動車の右奥です…。


釣果はというと、、、12月はじめに久々に行った時はカワハギが 釣れたが、一度は大潮の日で潮の流れが速くほとんど釣りにならず。
もう一度は穏やかな日和だったが魚っ気がなく、釣れたのはキタマクラだけという始末でした。カレイの気配はなしでした。

例年、福浦やうみかぜ公園、観音崎などで秋の乗っ込みに40センチ越えを含みそこそこのカレイ釣果を上げていましたが、今年はとうとう40センチ越えはなし。

釣りに行っても釣りをする時間が短くなったことも影響してるが、たぶんそれは気持ち的に粘りがなくなってるというか。
名人の古い言葉に『キスは足で釣れ、カレイは腰で釣れ』だったか、そういう名言があったと思うのですが、やはり粘り腰ですね。それがなくなってきたのでしょう。1日の満潮干潮の両方を攻めないとカレイの釣果は上がらないですね。

とりあえず1月2月はカレイを休んで、3月に復帰です。
かつて3月は福浦東岸でよい結果を出していたものですが、まだ釣り出来る状況ではないので場所選びに困りそうですね。



さて、今年1年も釣れないブログにお付き合い頂き有難うございました。
2020年は思いもしない1年になってしまい、自分も仕事を休業しなくてはいけなくなるなど悪戦苦闘中ですが、皆様どうぞ良いお年をお迎えください⤴



<釣行時データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー

道糸アトミックスライダーナイロン4号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、がまかつスピニングBS11
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

久々の三崎港でカワハギ狙い

カレイ狙いを続けたものの、以前のような釣果を上げられなくなった今季。ちょっと気分転換で三崎港まで足を延ばしてみました。

カレイを狙ってもいいのですが、海水温がまだ高めのようなので、カレイ狙いの前に、まずは1本だけで手持ちで探ることとします。
ポイントは馴染みのある製氷所前。かなり前ですが、4月に良型の戻りカレイを挙げた実績のある場所です。
26825
穏やかな海に向かって遠投すると、着底と同時に小さなアタリが出ますが、魚は掛からない。
何度かそれを繰り返しますが、針は変えずにエサも大きく付けたままで何度か繰り返してると、ようやく魚の手応えが。
26820
手の平よりは大きめのカワハギ。アタリの主はこれのようですね。

ところで、岸壁から下を見ると、写真ではわかりづらいですがエンゼルフィッシュ?群れで泳いでます。
房総半島南部、館山あたりだとだとサンゴ礁が広がってる場所があると聞きますが、三浦半島もここまで来るとこんな魚がいるんですね。
2666626667

なかなか針に乗らないが何とか1枚追加し、その後はアタリが遠き、022
カレイ狙いというような海の雰囲気ではなかったので、早々に納竿しました。

南向きで大きな建物で北風もさえぎられてるのでぽかぽか暖かく快適。冬場向きのポイントですね。 
真冬にもう一度来てみようと思います。


<データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸ナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針スピニングBS13号
大潮、晴れ、微風、青イソメ

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

暖かく風もなく、最高だ!と思った日ほど釣れないもので…

少し前の釣行記録ですが、、、備忘録的に書くことにします。

11月30日(月)は風もなく絶好の釣り日和でした。
行き先は観音崎堤防。月曜は人も少なく、釣り人の姿はなし。
26771
その前週の釣行で1枚上がっていたので、自分としてはさらに潮回りのいいこの日は大いに期待していました。
開始は午後からでしたが、16時ごろの満潮に向けタイミングもいい。
さっそく2本出していずれも青イソメをたっぷり房掛けして投げ込みます。

前回の記事でも書いたのですが、この日はエサ取り全開の気配でした。前週はあまりエサ取りに悩まれることはなかったので、季節が進んだのに不思議な感覚でした。
暖かい日が多かった11月、海もまだ冬になってないというか。

しかもここの外道定番である大フグなら針が消えたりパンパンに膨らんで上がってくるのですが、エサだけなくなって魚はついてこない状況です。
ベラなのか、ミニチャリコなのか?

結局、3時間近く投げ込み続けて本命らしいアタリはないままでした。

人間にとって快適な日ほどカレイには良くないというのは自分だけのジンクスとも思えないのですがどうでしょう?
やはり、多少の波っ気があったり、北寄りの風が吹く日のほうがカレイには良いのかも?というのが経験則です。

12月は少し違う獲物を狙って違う場所に出かけてみたいと思います。
 


<11月30日データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸アトミックスライダーナイロン4号+テーパー力糸
ハリスナイロン5号、がまかつカレイ専用14号
大潮、晴れ、弱風、青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

11月のカレイ釣行を総括する…

11月、カレイ釣行は6回。すべて午後から半日または短時間。観音崎と八景島前水路、そして深浦。
福浦東岸という鉄板ポイントを失った今、選択肢の少なさに愕然としますが、まあ仕方がないですね。
昔は三浦半島の相模湾側や三崎方面、金田湾の浜やゴーシュ浦などマイナーな半島南岸にも出かけましたが、最近はとんとご無沙汰です。

そんな釣行で、結局、11月にあげたカレイは2枚。いずれも観音崎でした。
26580_20201206220901
過去の11月、12月には必ずと言っていいほどマダイも上げていたので、裏本命としてユムシなども用意して狙ったのですが今年は不発。
Img_4440
一度だけ竿を引っ張り込まれて巻き上げ途中で針を伸ばされてバラした1回のみ。
あとはひたすらフグ、フグ、フグ。
26582_20201206221201 

2枚のカレイはいずれも青イソメの房掛け。低めの潮位のタイミングで潮はよく動き、比較的風があった日和の時でした。
ポイントは近く、やはりカレイ狙いは遠投不用なことが多いようですね。

11月最終週の大潮~中潮のタイミングは一番期待したのですが、意外にもエサ取りが多く、カレイの気配ゼロでした。
エサ取りも多く、青イソメが戻ってきた際もさほど冷たくなっておらず、少し不思議な気がしたものです。

11月に2枚しかあげてないようでは先が思いやられますね。来年の戻りに期待するしかなさそうです。

<11月17日釣行時データ>
プロサーフ415CX-T+13PAスピンパワー
道糸アトミックスライダーナイロン4号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、ささめカレイイレグ14号
大潮、晴れ、南西微風、岩イソメ&青イソメ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »