by NZ号

2010年3月~

2019年4月23日 (火)

ようやく帰国、釣行は先になりそうなのでまずは道具整備!

長かった海外出張からようやく帰国。事情があって出張前に車を手放したのでオトナになってから初めて自家用車がない、ちょっと気楽な暮しの最中です。
ただ、日常生活は車なしでよくても、しばらくは釣りに行けそうにありません。さすがに電車やバスに乗ってまで投げ釣りに行く気にはなれず。中学生の頃は夜行列車に乗って各地に釣行したものですがそれから半世紀近くのジジイに差し掛かった今はもうねえ・・・💦



ということで、昨秋に発注したものの人気のために3か月ほど納期待ちになり、年明けに届いていた新プロサーフのグリップテープ巻き作業と、パーツ交換に出していた主力リールPAスピンパワーのライン交換とグリスアップ作業を施しました。

今回は拙者さんで仕入れた迷彩柄で。
Img_5118 Img_5116

前の04モデルに比べて色目も同じで全体に大きな変化はないですが、ガイドが変わりましたね。
Img_5117
持ち運びにはちょっとかさばりますが、使うのが楽しみです。

PAスピンパワースプールのドラグバネが飛んで紛失したのでそちらも拙者さんに修理依頼を出したら、無償で交換されて戻ってきました。感謝です。

Img_5119

リール整備に使うスプレー類です。
Img_5121 
潮抜きしたラインもフッ素などで手入れすると長持ちします。

気候も良くなって、道具整備だけでは満足できないですね。
車を借りてでも釣りに行かないと!

 
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

NZオークランド市で投げ釣りその3~最後にようやく大物が釣れて満足

間もなく帰国。今回は殆ど釣りに行けないまま終わった南半球滞在でした。
今日はつかの間の休みで家族と共にピクニックついでの釣行です。

釣れても釣れなくても天気がいいので、海辺でフィッシュ&チップスでも食べながらのんびり過ごそうというのが目的だったので、本格的な場所ではなく公園前の小さな防波堤から1本だけ出してみました。
2019_190416_0025   

こちらは季節が逆で、今週から2週間の『秋休み』。湾上にはたくさんのヨットが出ています。まったくもう、のどかで平和、緑に囲まれた大きな屋並みと個人所有のヨットやボートたち。日本より優雅で余裕のあるお金持ちが多い国です。
2019_190416_0017

エサは塩漬けのサンマ切り身とイカの短冊。それを二つとも針に付けます。
イカだけでは魚の寄りが悪いし、切り身だけだとあっという間にエサ取り(だいたいチャリコ)にやられるからです。

しばらくアタリがなく静かでしたが、置き竿にして竿が持っていかれない程度にドラグを緩めてると前アタリが。
竿に駆け寄って手をかけようとすると一気にラインが出ていく。これは間違いなく大物ですね。

ただ、引きが真鯛とは違う。左右にガンガン走って浮いてくる。これは『カウワイ』です。この国の固有種でどう猛なフィッシュイーターで、ヒラマサと並び称されるほど猛烈なファイトで知られています。

かなり沖で浮いてきたので確信、近くでまた潜ってどんどん左に走るのを、強引に巻き上げて堤防の上にブッコ抜きました。
2019_190416_0039 2019_190416_0041
65cmの良型です。サバに似た風味の魚で鮮度が命なので、その場で頭と内臓を処理し、ウロコも落として帰宅後の調理に備えました。

帰宅後、3分の1をカルパッチョでいただきました。鮮度の良いものは本当に旨い魚です。

次回釣行は日本です。カレイは終わっただろうなあ…。


<データ>
道糸PE4号通し、自作天秤、ハリスフロロ8号、針丸セイゴ24号程度
サンマ切り身&イカ短冊
快晴、微風、気温18度




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

NZオークランド市で投げ釣り番外編~日本の高級魚が激安で!

釣りに行けずにいると、魚が食べられない。もちろんこちらにも魚屋はあるけど、水揚げ時の締めや処理、その後の冷蔵冷凍技術などの面で日本ほどの信頼は寄せられない。
そもそも街の魚屋やスーパーのお魚コーナーでは日本のようにお造りで食すことが前提になってないのですから。

とはいえ、以前から気になっていた魚がいたので、比較的信頼できる魚屋に行ってみた。投げ釣りでは釣れない魚ですから。

魚種はこれ。
 19249akamutu
高級魚アカムツ。通称ノドグロ(のどくろ)ですね。英語名「Seaperch(シーパーチ)」。

湘南あたりのスーパーでもまれに見かけるけど干物でも平気で1枚千円2千円とかでなかなか手が出ない魚です。

残念ながら投げ釣りで狙えるような海域にいないので、アマダイなんかに比べてもはるかに我々投げ師にとって縁が薄い魚ですが、NZでは最も安い魚のひとつ。
真鯛やホウボウ、マトウダイなんかのの3分の1から4分の1以下なんです。この日買った店ではキロ当たり9ドルほど。1匹だいたい300円~500円ってところです。

というのも、資源保護のため、この国では浅瀬や岸辺、定置網や刺し網などの近海漁業が制限されているので、店に並ぶ魚種の多くはかなり沖合での底引漁きか、深海系になります。

もちろんまだ養殖もやっていません。きっとノドグロは大した価値がないと見做されてるんでしょうね。


目が少しでも白濁してなくてきれいなのを買ってみた。その場で3枚におろしてもらえる。
ちなみに横に並べられてたのはボラとカレイ、タチウオなんかでした💦

19249

これで3ドル少々。真鯛なら10ドル近くしたはず。
19248

これをレモン風味のスパイスとペッパーを混ぜた パン粉で仕上げフライにしてみた。
Img_9621

仕上がりは、、、甘みがあってふかふか。あんまり旨くて息子とあっという間に完食、写真撮るの忘れました~😃

どこへ行っても投げ釣り一筋ですが、船酔いするわけではないので、機会があれば船でも借りて(小型クルーザーなら自動車免許で借りられる)シーパーチ、狙ってみたいですね。でもさすがに水深100m以上の深場にまでは行けないから無理か…。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

 

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

NZオークランド市で投げ釣りその2~フェリー桟橋で日本から来た留学生と釣り

仕事でお世話してる短期留学に来た学生さん。東北のある県から18名で来られたんですが何と中に釣り好きさんがいて、日本からコンパクトロッドや小物を持参してきたと。
週末、自由時間があって、フェリーに乗って北側の半島へ来るというのでちょっと様子見で一緒に竿を出してみました。

彼らは10代でしたが、なかなかの釣り師君たちで、トラウトを狙うようなルアーロッドと2500番ぐらいのリール、そして各種ルアーやジグヘッドなどを持参していました。

「アジ、真鯛、もしできればヒラマサあたりを狙いたい」というのですが、さすがにそのロッドや仕掛けでヒラマサが釣れては道具が危ない。
なので、アジ狙い中心にひょっとしたら真鯛も、ということで、ソフトルアーを付けた小さなジグヘッドで釣りを開始していました。

こちらはいつも通りサンマの塩締め切り身で投げ釣りです。
Img_4988
Img_4989
すぐにアタリが来てチャリコ。チャリコ、チャリコ。

少し離れた場所でやっていた学生君、遠目でもすごく竿がしなって大変な様子。カメラを持って走っていくと、どうやらアジ狙いのジグ仕掛けに真鯛がヒットしたみたいで大興奮です。
Img_4993
とてもじゃないけどトラウト用のコンパクトロッドでは上がりそうにないので、下まで寄せてからラインをつかんでそろりそろりと抜き上げると、40センチは軽くオーバしたきれいな真鯛、でも堤防に引き揚げる寸前にぽしゃん。針が伸びてました。アジ仕掛けですからね。
残念ながら写真も撮れませんでした。

「自分の地元じゃこんなサイズの真鯛は船で出てもめったに釣れない!」と、当人たちは大喜び。釣らせてあげることができてこちらも満足です。


その日は仕事もあったので早々に撤収しましたが、彼らはそれからも釣れたかな?
今週土曜の帰国日、空港へ見送りに行くのでその際に聞いてみようと思います。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

NZオークランド市で投げ釣りその1~近場で投げ釣りのはずが…

アパートの引っ越しや事務所の移転などが重なっててんやわんやだった2月も過ぎ、ようやく少し身辺が落ち付きを見せ始めました。

釣り具の整備もまだできてない状況ですが、先日、近くのフェリー桟橋に竿1本持参で出かけてみました。

知人が先に釣りしてたので尋ねると、チャリコの嵐だと。エサはイカ。サンマやイワシの切り身の方が良いのですが、チャリコが湧いてると瞬殺なので、イカにしてるとのこと。

イカを少し分けてもらって、横に並んで投げてみますが反応がない。投げても沖はべた底で、気配は良くない。

すぐ横で竿を出してるイタリア人には30センチ越えの真鯛がどんどん釣れてる。
気になって仕掛けを見ると、オモリを付けずにエサだけのフカセ仕掛けで桟橋際を流してる。なるほど
Img_4926
さっそく真似を。そうするととたんに反応が。大半は30センチ以下の放流サイズですが、何枚かは30センチ越えが混ざるように。

でもな、投げてなんぼの投げ釣り人、オモリなしで目の前にぽしゃんと落とすだけでは面白くない、、、。
ということでたとえ釣れてもすぐに飽きてしまい、早々に撤収。魚も差し上げて終了しました。

Img_4929

次回は、せめてオモリ付きで投げて釣れる場所でやってみようと思います…。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

南半球の島国、真夏のこちらは毎日快晴です

温暖化の影響でしょうか、南半球のこちらも、例年の夏は穏やかな涼しい夏なんですが、それなりに蒸し暑い日々です。
個人的には温暖化ではなく氷河期に向かってるはずではないかと信じてるのですが、こうも暑いとね。
Img_4790
港には、一生縁がなさそうな豪華客船が停泊中で釣り出来ない・・・


一方、日本は極寒のようですね。地球上のどこへ行っても夏はより暑く、冬はより寒くなっているようですネ。

今、こちらはサマータイムで夜9時ぐらいまで明るい。
仕事終わりにぶらっと港まで散歩してみました。

Img_4793
しばらく眺めてると、相変わらずチャリコの入れ食い。ほかにも魚はいるんでしょうが、とにかくこいつが貪欲で真っ先に飛び付くんでしょう。本当にエサ取り扱いです。

尾ひれの真ん中まで計測で30センチ以下は放流しないといけないので、釣れても邪魔なだけという、本当に海の女王にあるまじき扱いなんですね。
Img_4796

こちらの仕掛けは99%が胴付き。
Img_4795
この仕掛けなんてまだ美しい仕上がりの方です。蛍光パイプ使ってやる気満々だし。

エサはこれも99%魚の切り身。陸つぱりにはルアーマンもほぼいない。船釣りの人はジギング激増ですが。

身エサにはカツオ、ボラ、サンマ、イワシなどを使用します。あとはイカぐらいかな。虫エサがないのですべてこういう釣りになるんですね。

自分は関係なく吹き流しでやりますが、やっぱりそっちの方が釣れる気がする。でも一度こっちの釣り人と話したんですが、なんですぐに絡むそんな仕掛けにするのかわからんという感じでした。

何でも豪快おおざっぱ、さすがオールブラックスの国です。今年の日本開催ラグビーワールドカップもやっぱりNZが大本命かな?

ようやく引っ越し先が決まって来月からは落ち着いて釣りができそうです。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

南半球の島国に来ています

しばらくの間、出張で南半球の島国です。

私用と仕事が山積で、てんやわんやの毎日。当面は釣りに行ける状況ではないのですが、今は真鯛の最盛期です。あとはシマアジが狙い目です。
Img_0981
こちらでは投げ釣りでシマアジが釣れるのです。
もちろんすべて天然ものです、どこを探しても養殖などない国なので。でもいつか日本資本とか進出して養殖を始めるでしょうね、とにかく手付かずの海岸線だらけの国ですので…。

こちらで投げ釣りというか、岸から投げて釣ってる人の仕掛けは殆どが胴付きです。それも「太いラインのサビキ仕掛け」が多い。今まで日本の吹き流し風の仕掛けを使ってる人を見かけたことがありません。

当然、自分はこっちでも吹き流しの仕掛けでやってるんですが。

Img_0800
Img_0722
早く落ち着いて釣りに行けるように、と願って働いてます…。

小遠征も計画中。
Img_0928Img_0946_4

こちらは最高気温26度ぐらい、最低気温が18度ぐらい。快適な夏です。

では!





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

年明け初釣行、様子見で福浦

何年かぶりにインフルエンザに罹患したり、身内の不幸などで年明け以降、釣りどころではない日々が続いていました。

今年のインフルの猛威はすごいようで、普段は非常に丈夫な家族間にも広がり、また周囲でも感染者が続出。近所の耳鼻科も2時間待ち3時間待ちとかで処方箋をもらうのも難業でした。

一因は雨がほとんど降ってないことか。もう前回の雨がいつだったのかさえ思い出せない。空気がカラカラです。喉もガラガラ。



さて、少し出る用事があって、時間が作れそうだったので、竿1本だけ持って福浦方面へ様子見に。

さすがに人が少ない。Img_9294





まずは小針で遠投、手持ちで待ちますが反応なし。以前は真冬でも飛ばせばキスの顔を見ることもあったのですが、この東京湾西岸では年々キスの個体数が少なくなってるような気がして残念です。
Img_9284
少し場所を移動し、仕掛けもカレイ用に変えて投入。まあ、予想通りですが反応はなし。フグなどの外道からも反応がありません。




1時間ほどやって、日が陰って寒くなったので撤収しました。天気は良いのですが風が冷たく手が凍える!


来月からは、しばらく海外出張。ちょっと長めの滞在です。





<データ>
NZ SHIMANO並継ぎ投げ竿+03パワーエアロ
道糸アトミックスライダーナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針がまかつカレイ専14号
大潮、晴れ、北東風、青イソメ

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年~2018年から2019年に!

明けましておめでとうございます。今年もお付き合いくださいますよう宜しくお願いいたします。

21世紀になってもうすぐ20年なんですね。つい先日、ミレニアムだー21世紀だーと思っていたのに、本当にあっという間です。


2018年はかなり釣行回数が減った年になってしまいました。

一番の理由は運転が億劫になったこと。単独運転でのプチ遠征がきつくなった。

あとは、「自分だけなのかな?」という気持ちもあるのですが、ホームである東京湾西岸と三浦半島一帯でキスが釣れなくなったこと。自分の中では明らかにキス釣りの難易度が増したように思うのです。

自分の場合は数狙いではなく、1本針かせいぜい2本針仕掛けの置き竿で大キスのみを狙う釣り方ですが、実際、ここへ行けば何とかなるという場所でも本当に釣れなくなったからです。

結果、キス狙いに出る回数が減って夏場を中心とした釣行が激減しました。

神奈川県内は漁港や護岸の多くが釣り禁止か立ち入り禁止で、特に投げ釣りをする場所に困ります。
その限られた場所にも良型キスの好ポイントは点在していたのですが、なぜだかこの2-3年、あまり姿を見掛けなくなったのです。

何か明確な理由でもあるのかな?2019年春以降、どうなんでしょうか?
またこんなのを近場の東京湾内で上げてみたいのですが。
Img_0356



個人的なことでは、長く主力で活躍してくれた投げ竿、シマノのプロサーフ425BX-Tを手放したことです。かなり躊躇したのですが、やはりある程度のサイクルで新しいのに変えていく必要も感じたので思い切りました。
Img_4241
Img_0864

そして出たばかりの新プロサーフ振出を拙者さんに注文。

シマノなら425BX、ダイワなら30号-425を中心に使っていましたが、ワンランク柔らかくしてCXを注文しました。

新プロサーフは全長も10cm短くなったので、これから先、老体に鞭打たなくてもまだ扱えるかなという気がしています。

以前は飛距離優先で硬めの竿を選んでいましたが、やはり大物狙いの釣り味という点では柔らかい方がいいですね。

現在在庫無しということで納品待ちです。ガイド仕様が変更されています。届くのが楽しみです。

今では量販店を中心とした街の釣具屋でハイスペックな投げ竿なんてめったに見掛けないようになったので(関東だけの現象か?!)、贔屓目抜きで拙者さんの様な投げ釣り専門店は本当に希少で有難い存在です。

あと、リールも未だに03パワーエアロを手放せずにいるのですが、こちらも一気に軽量化された現行13PAスピンパワーか、ドラグ付きのサーフリーダーなんかで揃えられたらと目論み中です。




にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

今季カレイ釣行記その12~東京湾観音崎でカレイ狙い、これにて閉幕!

木曜、恐らく年内最後の釣行。天気予報は良い。風は予報段階では西か南。この風向きだと、釣果はともかく東京湾や三浦一帯での場所の選択肢は広がります。

カレイは大半の場所で終ってると思うけど、竿収めはやはり通い慣れた場所で…と思い観音崎へ。可能性とすれば福浦か、逆に金田湾のような南岸へ行く方が高かったのかもしれませんが、真鯛の可能性も捨てきれずに決定した次第です。

現場到着は7時過ぎ。予報と違って向かい風ですが、むしろ少し海がザワつくぐらいで雰囲気は良い。

Img_4555
エサは青イソメと遠投用に岩イソメ。

時々明確なアタリが出るけど、やはりこれ。ここのフグはほんとうにデカい。
Img_4557

あとは、ヒトデのオンパレード。

9時に潮が底になってそこからの上げ潮に期待する。青イソメをたっぷりと房掛けにした仕掛けを投げ込むも、とにかくアカメフグかヒトデだらけ。

一緒に竿を出した仲間も同じ。どう考えてもカレイの気配がない。

しかもお昼前からは風がなくなってベタ凪、南西風に変わって追い風に。潮も効かなくなって海が池みたいになる。こんな日に良い結果が出たことはめったにありません。


お昼前になって、並継ぎスピンパワー持参のベテラン風の方がいらっしゃり、このブログをお読みいただいていたようで、恐縮しながら釣り談義を重ねました。

その際に、東京湾、キスが釣れなくなりましたね、という話題になりました。
ここ数年、本当にそういう風に仰るベテラン投げ釣り師の方がい多いのです。


キスが、かつてはめちゃくちゃ釣れて邪魔者扱いされていたメゴチ(ガッチョ)のように、どんどん希少種になっていくみたいで不安いっぱいです。今じゃメゴチなんて高級魚扱い。てんぷらにしたら最高ですしね。25cm超えるような大物なら幻レベルです。

キスが減ったら夏場の投げ釣りの大目標を失うことになります。そんなことにならないでほしいものです。

ということで15時の満潮でちょうどエサ切れにて撤収。カレイの気配なし。
これで今季カレイ納竿。しばらく冬枯れですね。




<データ>
トーナメントサーフT30-425+03パワーエアロ
道糸アトミックスライダーナイロン3号+テーパー力糸
ハリスフロロ5号、針ささめカレイイレグ15号
大潮、晴れ、東風のち西風、南風、岩イソメ/青イソメ



にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

by NZ号