by NZ号

2010年3月~

2017年4月23日 (日)

ようやく春の海になってきた?福浦東岸

金曜の釣りで残った岩イソメがもったいなく午前中から福浦東岸へ。
久々の日曜釣行、さすがに人が多い。何とかは入れそうな場所で2本出し。Img_5475
潮はゆっくりとした上げ。北東からの向い風だが微風程度でちょうどいい。風向きとしては追い風の南風より期待できる。

表面水温が16度ぐらいになっているのでカレイ以外もあり得ると思って針をいつもより小さめにして2本とも岩イソメで投げ込む。

2頭目ぐらいに黄色毛ばりでカレイを想定した仕掛けに小さなアタリ。ずいぶん久しぶりに魚のアタリを見た気がする…coldsweats01

ゆっくり巻き上げると、これがなかなかの抵抗で。力糸が見え始めると潜る。間違いなくカレイの気配です、いやあ、久々。

そして上がった来たのは人生初のムシガレイ。細長くて目が大きくなかなかかっこいいカレイですね、これ。
Img_5476

たぶん、この種にしては悪くないサイズだと思う。サンマル級。
Img_5478

気をよくして岩イソで投げ返すがアタリは遠い。もう1本にも小さなアタリでこれはキュウセン。悪くない兆候ですね、冬の海から春の海に変わった証拠でしょう。
Img_5486
これで今季のカレイ納めですね、ぜんぜん釣れなかったけど。
隔年ごとのカレイ不作、今期の東京湾はハズレだったと思うので、次シーズンは期待できるかな?

ということで、夏の狙いにチェンジして次回釣行は三浦半島の相模湾側か、南岸の地磯にでも行くとします。

<データ>
プロサーフ425BX-T、フリーゲンTD
道糸レグロン3号、力糸ナイロンテーパー
ハリスナイロン5号、ささめカレイイレグ13号、スピニングB12号、自作半遊動天秤27号
エサ岩イソメ、青イソメ、快晴、北~北東微風、中潮15時頃満潮、潮やや濁りあり

カレイはおしまい!次はカワハギ?シロギス?どこ行こ?

にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

うみかぜ公園から観音崎へ転戦するもお手上げ状態…

ここ数日、南風が強く、竿を出せる場所が限られます。
はじめは福浦かと思ったのですが、こちらも南風が強いと釣り辛いのは同じなので、一番やりやすいうみかぜ公園へ。

現場へ到着してびっくり。投げ釣りの人が本当に誰もいない。トイレ前と駐車場前に数名いるだけ。
Img_5456

しかもラインがすごく汚れる。
Img_5460
どう考えても釣れそうにないし、こうなったらいろいろ転戦してみようと。
一度釣具屋に戻って岩イソメを購入。

そのまま南下して観音崎附近へ着くと、ここも誰もいない。

思い切ってここ数年行ってなかった灯台下まで行くとルアーマンの方が1名いるだけ。
モロに横風を受けるし、まだ手前の海草が切れておらず投げられる範囲が非常に狭そう。特に巻き上げ時に注意しないと仕掛けを食われますね、これは。



Img_5468_3
長潮のわりには引き潮がそこそこ効いてるのか流れはあるがアタリは無し。
Img_5469
キスなんかの夏魚と入れ替わる過渡期ですね、これは。例年に比べて冬の海藻の切れも遅いようで、まだまだ本格化までは時間がかかりそうです。

エサが残ったので明日はどこへ行こう…どうせ釣れないなら新しい場所へでも?


もう諦めましたけどね、こんなカレイ…(;д;)

にほんブログ村



<データ>
プロサーフ425BX-T、フリーゲンTD
道糸レグロンLEOナイロン3号、力糸ナイロンテーパー
ハリスナイロン5号、がまかつカレイ専用14号、自作半遊動天秤30号
エサ岩イソメ、青イソメ、曇り、南風強風、長潮、12時頃満潮、濁り潮

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

もはや意地の釣行、悪コンディションの福浦

予報は南風強風。こんな日は横須賀方面の方が釣りやすいのですが、あえての福浦に。

釣れないと確信しながら釣りに行くようではヘンタイ同然なんですけどね…。一度買って、走ってくれなかった馬に意地になって賭け続けるような心境というか。
まあ、どう考えても異様な状況に自分なりに答えを出さないと他の場所に行けないというのが一番近いですが。

さすがにこの風では竿を出せない。
Img_5384
画像以上の風です。

徐々におさまる予報なのでそれまで北向きのテトラ側で投げます。
Img_5391
巻き上げるためにはテトラ上に乗らないといけないのでこれがキツい。こちら側も実績はあるのですが、やはりエサ取りもいない。

15時ぐらいになって釣りができる程度におさまったので東向きに投げるために角に移動しました。

先日と同じぐらいエサが冷たい。水産技術センターの海況図の表面水温で13度あるかないか。海底はもっと冷たいような気がする。この時期なら表面なら15度ぐらいあってもいいのでやはり低い。外海から暖かい潮がもっと入ってこないとダメなのかな?

でも福浦の岸壁から目と鼻の先にある野島防波堤だとそこそこカレイが釣れています。以前ほど数は出てないようですが厚みのあるヨンマルが何枚も出てるのも事実。

沖堤だけでなく、今日のポイントでも先週に知人が45センチを上げてる。日和次第なのか腕前なのかcoldsweats01


ただ、今日は夕方近くなってエサ切れで納竿したのですが、潮が上がってくるに伴い、釣りはじめほどエサが冷たくなってなかったので、もうしばらくトライしてみたいような…時間の無駄かな?

話しは変わりますが、道糸、今はナイロン100%。ワンシーズン使った3号アトミックスライダーも透明感が消えてきたので巻き替えの時期なのかな。それにしても本当に強いラインです。
Img_5393



こんなカレイはどこに…?

にほんブログ村



<データ>
プロサーフ425BX-T、フリーゲンTD
道糸アトミックスライダーナイロン3号、力糸ナイロンテーパー
ハリスナイロン5号、丸セイゴサーフ14号、自作半遊動天秤27号
エサ青イソメ、晴れ、南風強風のち微風、大潮、12時頃干潮、濁り潮

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

海の中はまだ真冬…?相変わらず魚の気配がない福浦

仕事に谷間ができたので午後から急ぎ出撃しました。本当は、可能性に乏しい東京湾ではなく、三浦半島の先の方まで行きたかったのですが南風がかなり強い予報で風裏が殆どない半島先端部はダメ。ということで様子見も兼ねて再び福浦へ。
Img_5315
お昼休みの近所の工員さんがいるだけ。見事に誰も釣り人がいない。
Img_5313

ぜんぜん釣れそうな気はしませんが、買ったエサは使って帰らないと。
Img_5311
戻ってくるエサが冷たい。反応はない。
過去の水温が調べられる神奈川県水産技術センターのサイトを見ると、、、

170405wこれが今日の海水温。

こちらは早くから大型キスが釣れた2009年の今日。数字だけならそんなに差はないけど…。
090405w

で、こちらは2014年の今日。この年は3月中旬に今日の場所と横須賀で2日続けて50cmマコを釣った当たり年。
140405w
数字的にはそんなに大差ないけど、冷たいのは冷たいようです。
2度ぐらい低いのかな?海中で2度違うと相当影響が大きいのかも。

外側の相模湾春の風物詩、シラス漁も、3月の解禁後水温が低くてさっぱり獲れなかったという漁師さんが言ってたし。桜の開花も遅れてるし海も低水温で推移してるのは間違いないようです。

さらに、今朝、南本牧沖あたりで底引き漁船と砂利運搬船の衝突転覆事故があったらしい。亡くなった方がいたようです。海上は転覆した船の周囲に数十隻の漁船などが集まって騒然とした雰囲気でした。釣りどころではない気分で早々に撤収しました。
Img_5316



カレイはどこ行った…?

にほんブログ村





<データ>
プロサーフ425BX-T、フリーゲンTD
道糸アトミックスライダーナイロン3号、力糸ナイロンテーパー
ハリスフロロ5号、ささめカレイイレグ14号、自作半遊動天秤&自作海草天秤27号
エサ青イソメ、晴れ、南風爆風、小潮11時頃満潮、澄み潮

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

雨予報でしたが、横須賀から久々の観音崎へ

天気予報は下り坂、しかも北風、低温予報でかなり寒そう…でも今日行かないとしばらく行けない。ということで出撃です。

エサを買うために横須賀、そのまま裏の三春町岸壁を見学に行くけど誰もいない。見事に誰もいない。大津港側から延伸工事中の護岸が伸びてるせいで釣り場が狭くなったせいもあるか。とはいえいくら雨予報でも春休みの金曜に誰もいないとは…。

他に釣り人がいないならいないで不安がこみあげてやる気になれず、様子見を兼ねて久々の観音崎に移動。
Img_5268
かつてのHGで頻繁に通ったホテル裏、久々に行きたかったが間違いなく雨が近付いてる気配で断念。

今まで殆ど竿を出すことがなかった堤防の方へ。

写真では写せきれない爆風。風の表現は難しいですね。
そろそろ桜の季節とは思えないほぼ真冬の感覚。
Img_5262

しかも予報では午後側からだった雨が、竿を出し始めたお昼過ぎからポツポツと。

この堤防、京急ホテル側の地磯、灯台側の磯、どこにも釣り人の影はなく。
釣れてないからか、天気予報が悪いからか久々の訪問なので判断はつかないのですが、小一時間やって魚の気配はない。

風が収まってきたものの、今度は冷たい雨。冬の雨です。
折れました、心が。撤収です。
Img_5271
平日無料の駐車場もまばらで…。

来週は一気に気温が平年に戻りそうなのでどこかでまた一度トライします。

<データ>
プロサーフ425BX-T、フリーゲンTD
道糸アトミックスライダーナイロン3号、力糸ナイロンテーパー
ハリスフロロ5号、ささめカレイイレグ14号、自作半遊動天秤&自作海草天秤27号
エサ青イソメ、雨、北風強風、中潮13時頃干潮、潮濁りあり

カレイはどこ行った…?
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

本当にカレイがいなくなったのか、東京湾…

北風が強い予報でしたが、近くまで行く用事があったので風裏の福浦南岸へ。
カレイなら八景島前附近の狭くなった水路がいいのですが、今日は今まで一度も竿を出したことがない東寄りで。
Img_5215
まあ見事に誰も釣り人がいません。キス狙いの方が少しだけ。キス狙いというより投げ練の常連さんと見受けましたが。
Img_5219

そんなに時間がないのでたっぷりと青イソメを房掛けにして投げ込みますが、捨石があるかなり手前まで寄せてきても殆ど底に変化がないいわゆるベタ底。カケ上りらしきものがない。これではダメですね。やっぱり実績がない場所には理由があるようです。海の中にも地形があるわけで、少し離れただけで釣れる釣れないに差が出ます。

戻ってくる青イソメもかなり冷たくなってます。相当水温が低いのでしょう、エサ取りもいません。

フグどころかヒトデさえも上がらなくなった海。

いつもならそこそこ人がいる東岸を見て回っても投げ釣りの人をあまり見かけない。

「福」から「幸」の方まで移動したら今度は北風爆風をモロに受けて寒いこと寒いこと。
Img_5221Img_5222
知人が竿出ししてると聞いてたので話を伺いに行きますがヒトデが2つだけです、と。
こっちは北寄りの風の際は風表ですから爆風で釣りにくいと。汗が出るような陽気だった南岸とは大違いです。
「ヒトデがいるだけでもマシですね…」なんて情けない会話をしつつ、さて一体どこへ行けばカレイがいるのかと思案してみるのですが、近場で思いつく場所がなかなかない。

一度、東京湾から離れてみる必要がありそうですね…。いや、投げ釣り以外にトライ?

<データ>
ロッド:  トーナメントサーフ30-425、リール:フリーゲンTD
仕掛:道糸アトミックスライダーナイロン3号、ハリスフロロ5号、針マルセイゴサーフ14号
曇り、北風強風、中潮、14
時頃満潮、青イソメ

カレイはどこに…
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年3月 9日 (木)

かなり久々、うみかぜ公園に出撃!

まだ寒いですが、お天気が良い日が続いてます。
今日も午後から出発。良い話を聞かない福浦ではなく、今日は本当に久々になる横須賀のうみかぜ公園へ。

いつもの岸壁ではなく、芝生公園裏で。ここは深いがベタ底なのでポイントがどこにあるのか未だにわからないのですが、追い風で快適、周辺にも釣り人はいないので、散歩の人に気を付けて竿を振れば大丈夫です。
Img_5186
Img_5187

Img_5190右手にはきれいな潮目が。

到着時がちょうど満潮、そこから引き潮タイムで意外に流れが速い。

それにしてもエサがそのまま戻ってくる。

駐車場前にはずらっとカレイ狙いの竿が並ぶものの、見てる限り反応はない様子。
Img_5196
1時間ほどで南の排水溝が空いたのでそっちへ移動します。

ここは流れてくる水がドブの匂いがするのであまり好きな場所ではないのですが、実績はあります。前回記事の3年前の3月にあげた50cmマコもここでした。
Img_5198

快晴で竿を振るのも気持ちがよく汗ばむほどでしたが、ヒトデさえも釣れず、一度もエサもなくならず。大丈夫か、東京湾?


<データ>
ロッド:  トーナメントサーフ30-425×2
リール:OKUMAレックスサーフ、フリーゲンTD
仕掛:道糸アトミックスライダーナイロン4号、ハリスフロロ5号、針マルセイゴサーフ14号
晴れ、南風、中潮、14
時頃満潮、青イソメ


カレイボーズ街道爆走中!の方は共感のポチッ…
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年2月25日 (土)

不安定な天候の日々が続きますね

春の嵐が来て20度近くまで気温が上昇したり、一気に真冬に戻ったり。安定しない日々ですね。みなさんの地方はいかがですか?

前回の釣行以来、2度ほど近場で竿を出してみたのですが、どうも日和が悪い時ばかりに出かけていたようです。

先週末には福浦でもヨンマル超えのカレイが出てるとは聞いてますし、前回も書いたように、2月初旬から知人も大判を上げています。マゴチも釣れています。

へたくそなのか行く日が悪いのか、、、。3年前の春に横須賀と福浦で二日連続で50センチのマコガレイを釣って以来、どうやらカレイ運には見放されてるようです。
Img_7513
Img_7539
こんなのをまた釣ってみたいものです。

最後の良い想い出になってしまうのか?と思いながらしつこく同じ場所に繰り返し釣行を繰り返していますが、結果が出ません。
カレイは年によってムラがあるといいますが、年明けからとくに悪いというハナシでもなく。
Img_3332Img_2572

例年、3月は調子よく、投げ釣り復活した2009年から2014年まで、震災の年を除けばほぼ
Img_7596
ボウズなしのカレイ釣果だったのですが、今年はどうでしょう?
3月になって春めいて安定すればきっと釣れるのでは?淡い期待を抱いています。
いつも短時間の釣りですが、その分回数行ってみようと考えてます。

東京湾カレイの状況、詳しい方はぜひ教えてください。船での釣果も参考になりますので。



カレイどこ?と思ったら…
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

今冬初のカレイ狙い、福浦釣行記

今年の初カレイ狙い。先週末にお仲間がヨンマル越えを上げ、今日も午前中に別の知人が34センチを。さらに50センチ超えのマゴチも。この季節に東京湾でマゴチが釣れるとは、やはり可能性はありますね。

ということで、例によって何にも専務出勤で午後から福浦へ。
さすがに2月は人が少ない。北へ行くとさらに釣り人がまばらになる。
Img_5008
懐が深いささめの針カレイイレグに青イソメをこれでもかと房掛けして2色と3色あたりのカケ上がりに仕掛けを置く。

こまめに動かすが生体反応はなし。上がってくるエサは冷たくはあるが、だらんとしてしまうほどでもなく、可能性はなくはないような…。

ただ、中潮なのに潮がぜんぜん動いてないような。上げの時間帯だと湾奥に向かって仕掛けが流れないといけないが、南からの強風に煽られて糸が更けるだけでオモリは動いていない。潮がきいていない、というやつですね。

だいたい南風はよくない場所ですが、今日はフグもヒトデも姿を見せずでした。
Img_4995
とりあえずコンビニで買った青イソメ2パック1千円を使い切るまでやってみましたが、結局何の反応もないままに。

同じ場所で釣れ始めてるのは確かなので、マメに通うしかなさそうですね。


この子が元気そうだったので嬉しかったけど。
Img_5014

今月は不安定な状況が続くでしょう。しばらく通ってみないと東京湾戻りカレイ状況は判断できそうにないですね。


<データ>
ロッド:  トーナメントサーフ30-425×2
リール:OKUMAレックスサーフ、OMUMAレックスソルト
仕掛: 道糸アトミックスライダーナイロン4号、ハリス黒フロロ5号、針ささめカレイイレグ14号
晴れ、南風、中潮、17時頃満潮、青イソメ


いつになったら釣れるのかねぇ…
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

NZ最後の投げ釣りチャンスで、ようやくまともな真鯛が釣れた

先端がスケルトンのうえ、ちょうど背景の山にかかって竿先が見えにくいのですが…

カメラを構えていたらいきなり引っ張り込まれた瞬間です。柔らかめの竿とはいえ、このあと3本並継の真ん中から豪快に曲げてくれました。身エサのせいかこっちの真鯛はアタリがデカいような。Img_4188s
Img_3912
竿立てでがっちり固定してるので持っていかれる心配はないですし、道糸にナイロンを巻いてる中型リールに替えたので安心感もあります。

ガチガチにドラグを絞めてナイロン使用。大物狙いはこれが一番自分に合ってる。先手必勝。しっかり針掛かりしてました。
Img_4189s_2
とても浅い海で干潮時は潮干狩りをするような場所ですからアタリも引きもダイレクト。大物といえるほどのサイズではないですが、波打ち際に来て左右に頭を振る。こんな浜からだとこのサイズでも引きずり上げるのは楽しい。
Img_4196
三保の松原で65センチのマゴチを引きずり上げて以来の感触です。

波打ち際に姿を現したときはシマアジか?と思ったぐらい色が黒い。こちらにはクロダイやキビレはいない。生息地域の問題でしょうね。個体差があります。きれいな桜色の真鯛が釣れる場所もあるので。

冷夏の今年、近郊の投げではあまり釣れておらず、ようやくマトモなサイズに出会えました。晴れたり曇ったり目まぐるしいお天気のうえ、夕方の1時間だけでしたが、こんなきれいなビーチで存分に竿を振れて満足です。Img_4245s
Img_4207s

その後もこんなサイズが。満潮の地合いで入れ食いです。これはギリギリ30センチなのでリリース。
Img_4254s

釣り場のすぐ近所の友人宅に誕生日祝いで呼ばれていたので、最初の獲物をバケツで活かしたまま持参しました。幸いなことに、友人は名人と呼ばれた和食シェフです。
Img_4263s

名人が捌き、立て塩とか技を駆使すると生臭さも一切なく身も引き締まっていて。NZの真鯛も捌く人の腕次第…悪くないかも。

来週末に帰国です。もうNZで釣りする時間はないかな。
次回からは日本です。夏の南半球から真冬の日本、寒そう…snow


<データ>
ロッド:  SHIMANO NZ VORTEX SURF 13,6ft(4.11m)並継投竿
リール: 03パワーエアロ、OKUMA中型リール
仕掛: 道糸アトミックスライダーナイロン7号、ハリスナイロン8号、針カン付き丸セイゴ24号
エサ: 塩漬けイワシ切り身


次は日本でカレイ狙い?
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

by NZ号