2020年3月21日 (土)

時合を外すと厳しいです!

 3月も下旬に入り、ソロソロ肥えた花見カレイの季節、今週もホームに行って参りました。
 1泊2日釣行の予定での出撃でしたが、1日目のPMから南風が強くなる予報で、夜には雨が降り、2日目は西からの強風予想、ちょっとガックリですが天候ばかりはしょうがありませんね。

Dsc014261Dsc01427
 日の出から何時もの場所で始めます、ポイントには平日にもかかわらず6組ほどの釣り人が入釣していました、快晴無風の絶好のコンディションで実釣開始です。
 先週はこの朝マズメにバタバタと来てくれたのですが、今日はダメのようですね、太陽が完全に水平線上に上がった頃、右隣の投げ師に良型が掛かりました、今日はお隣さんのようですね、その後立て続けに追加2枚、型は並サイズでしたがタモ入れをお手伝いしてピンポイントで盛り上がっていました。
 7時過ぎの潮変わりが過ぎても変化なし、本日は干満の差が殆ど無く潮が動いている感じが全然ありません、それでもエサ取りは少なめなので期待を込めて打ち返します。

 ようやくアタリが来たのは8時半過ぎ、一番左の1号に抑え込みと糸フケ、アタリかたを見るとたぶん小さそうな感じ、リーリング中の抑え込みも少なくタモ入れ無しでブリ上げると37㎝でした、身は少しずつ厚くなってきていますがまだ貧相な感じでした。
 お昼までアタリ無く皆さんポツポツ撤収されて行きます、先ほどまでそよ風程度の北風でしたが風向きが変わり南からに、強くなる前に2枚目をGETすべくマメに打ち返しますがダメ、このところ当地はPMの15時過ぎから盛り上がりを見せるのですが、14時前に真正面からの突風交じりの強風に耐えきれず撤収となりました。
 忍耐で釣りをしても楽しくない、楽しんで釣らないと釣りをする意味が無い・・というのは見学人の持論です、雨風は基本的に竿を出しません。

 2日目のHG港は案の定爆風、それでもさすがは休日結構釣り師が竿を出されています、ポイントに手ぶらで偵察に行くと常連さんが強風と格闘中、チョイ投げしても100m位飛んでいきそうな風に四苦八苦しておられました。
 お昼過ぎまで待機しましたが強風が収まる気配が無いので諦めました。

 どうも最近は時合の時間以外はアタリが薄い状況、これまで以上に集中力が必要と感じました。

<釣行データ>
場所:見学人HG港 日時:2020年3月19日(木) 小潮:干潮7時頃 天気:晴れ 釣果:マコガレイ37㎝ 計1匹
<タックル>
竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→1~3号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本針 ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ

| | コメント (4)

«天気予報はアタリます?!