2019年3月21日 (木)

19年北海道クロガシラカレイ釣行3月編<室蘭港の巻>

 年度末、実家に所用があり帰札、せっかくだから有休を使ってカレイ釣行に参りました、毎年GWには戻りのクロガシラカレイを狙いに行きますが、この時期だと乗っ込みの終盤戦くらいの感じ、まぁ気負わずに攻めてみました。

<1日目(3/20)>
 朝便で札幌に戻り、実家に着くと通販で手配したイソメ1.2㎏を塩で締め、とりあえず実家の所用を済ませてダッシュで帰宅、タックルを積んで、いざ室蘭へ!
 自分がいつも決めているマイポイントは、車横付けのため好釣時期は平日でも満員になります、現地に到着すると居ます居ます投げ師の皆様、ちょうど中央付近の投げ師がお一人撤収されるところでその後に三脚を置くことにしました、準備をしているとその横の方も撤収準備に入りいろいろとお話を聞くと2~3日前から全く釣れなくなったとのこと、カレイを釣りたいのならほかの場所に行ったほうが良いよ~とのアドバイス。 まぁやってみないと分からないですよね!
 15時過ぎ準備を終えて4本出ししていると、今回ご一緒する予定の自由市さんが早めに現地到着、二人並んで実釣体制となりました。
 数年前から細かな藻が多くなって釣り難い当地ですが、今年はそれほどでもありません、海底の状況は良いみたいです。
 第1投30分後に回収してみると全ての竿のエサがそのまま・・エサ取りは全く居ないようです、いつも通っている見学人HG港とは全然違います。 まったり釣行は良いのですが、アタリが全くありません、日没まで二人して粘りましたが釣果無し、初日の釣行を終了しました。

<2日目(3/21)>
 4時半の目覚ましで起床、寝袋から出て外を偵察です、風は昨日から引き続き微風絶好のコンディションです、暗いうちからタックルを準備して曇り空の遅い日の出とともに実釣を開始しました。
 天気予報では今日は午後から雨が降り風が強くなる予報、翌日22日は大荒れの天気で勝負は本日の午前中気合が入ります。
 さすがのsystem祝日、端まで投げ師で満員、全体で25本くらいの竿が並んでいます、だれが最初に上げるか、集中タイムが続きます。
 アタリなく経過した8時過ぎ、お隣の自由市さんが重そうにリーリング、ゴミが付いています、との事だったのですが、近くまで来て生体反応が出たようで、上がってきたのは38㎝のクロカレイ、アタリが無かったし、途中抑え込みもなかったのでゴミかと思ったとのこと、まずは今期の初物GETおめでとうございました!
 9時を過ぎると東からの風が強まり釣り難くなってきました、予報よりもチョット早めのようですが天候下り坂には間違いないようです。
 それにしてもアタリが全然ありません、周辺も自由市さんの1枚のみ、やはり釣れていないのでしょう、2月下旬から3月上旬は1人3~4枚は釣れていたとのことですので、産卵期の食い渋りのタイミングなのでしょうね。
 10時過ぎエサチェックのために回収すると一番端の並継スピンのポチャ投げにかなりの抵抗感あり、ヒトデかゴミでも付いているんだろうと巻き上げてくるとなかなか浮いてきません、力糸がトップガイドを通過したら何やらグイグイと生体反応が出ました、自由市さんにタモ入れしていただき40㎝クロさんが釣れてしまいました。
このパターンで釣りあげると楽しさ半分以下、アタリを確認して一服アワセを入れてリーリングする楽しいルーチンがすべて省略、釣れてしまったという感じですね!
それにしても二人で釣った2枚ともアタリ出ずにリーリング中の刺さり込みなし、目の前に落ちたエサをパクリと食べてそのまま、活性が低すぎです。
お昼前から風が徐々に強くなり2人以外誰もいなくなりました、13時半にご一緒していた自由市さんも撤収され一人ぼっち・・メゲズにエサ替えして気合を入れますがアタリは来てくれません、気象庁レーダーを見ると16時過ぎから本降りの雨が降るようで、15時半に現地を撤収しました。

実家に帰って釣った獲物を裁くと、ふっくらしていたお腹はなんと空っぽ、産卵後の魚体でした、早めの個体はすでに産卵後、釣れない訳ですね!

<釣行データ>
場所:北海道室蘭港マイポイント 日時:2019年3月20日~4月21日(水~木) 天気:曇り→雨 釣果:クロガシラ(クロ)カレイ40㎝
<タックル>
竿:シマノSP-SF405CX、SP-425CX-T リール:ダイワZ45C、シマノSA-XT 計5セット
道糸:フロロ1.5号 仕掛:サーフ天秤1or2本針仕掛け 針:丸セイゴ14号
エサ:塩イソメ

※写真がUP出来ません、困ったなぁ~

| | コメント (0)

«1.2kgバラ撒きました!