« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の4件の記事

2019年1月21日 (月)

ジャパンフィッシングショー2019

 欠かさず毎年観に行っていたフィッシングショー、昨年一昨年と仕事の都合で行けませんでしたが、久々に行ってきました。

Dsc09567Dsc09568

 まず初めに向かったのはシマノ投げ竿ブース、下調べで興味のあった「アクセルスピン」をお触りしていると後ろから伊藤幸一さんに声を掛けられました、ナイスタイミングでした!

 伊藤さん曰くType-Fモデルは先調子でリニアな投擲感、Type-Rは胴調子でコントロールしやすく失投が少ないとのこと、カタログ通りのコメントです。従来のスピン並継やキススぺは先調子とのことで、自分としてはType-Rに興味を持ちました。

 今回シマノブースへ伺った第一の目的は、実は投げリールの件、自分のキス釣りスタイルは密巻き(スーパースローオシュレーション)とベールレスが必須の釣り方なのですが、現行モデルのキススぺコンペエディションには夢屋のベールレスキットは発売されておらず、是非とも発売してほしいとの懇願のためでした。

自分の場合、投擲後に糸フケを取った後、ラインの色が変わる時に道糸をアームから人差し指で外し、ストッパーをフリーにして頭に入れている巻き位置にスプールを合わせアームに道糸を戻します、こうすると記憶したいライン位置(アタリがあったり、根があったり・・)がその時のラインの色とその巻取りスプール位置で正確に分かります、また道糸をすべて巻き取った時には自動的にスプールアップ状態になります。 逆に言うとこの投擲時にスプールが完全にアップした状態から逆算してライン色の変わり目のスプール位置を覚えるのです。

 お話しした伊藤さんも密巻き肯定派の様で、通常オシュレートの場合はテーパー角度のあるスプールの場合ではサビキ時の巻き上げトルクに微妙な変化が発生するため密巻きが好みとのこと、ちなみに投擲時はスプールアップしない派でベールレスは回転バランスが微妙に悪くなるので・・とのことでしたが、自分の説明している意味は良く分かるとのこと、自分のヘンテコなコダワリをトップキャスターに理解して頂けてチョット嬉しかったです。

 この手のお願いはリールコーナーの担当者に話した方が良いですよとのことで、キススぺコンペの現物がある前のシマノ社員に同じことを説明しました、自動的なスプールアップのためのベールレスキットを使用することは認識していましたが、距離を正確に認知するためとは初めて聞いたとのこと。

少数意見取り入れて夢屋ベールレスキットの再販をして頂けないでしょうかねぇ~シマノさん!!!

Dsc09572Dsc09574

 次に伺ったのはダイワブース、サーフ45がまた新しくなっていました、同シリーズのニューモデルは周期が短く頻繁に新しくなるイメージで、最近は性能よりも見た目の“キラキラさ“が目立ったように思えましたが、今回のは力作のようですね、ドライブギアの変更や回転の滑らかさに重点を置いて見えない部分を変更しているようです。 見た目もスプール上部にカッコいい穴あきデザインをやめてソリッドにしたことで砂・雨の侵入を防ぎ同時に肉厚をすることで軽量化も達成していました。 見た目のより質の向上にシフトしたことは評価が高そうです。 ただハンドルが今回20㎜以上長くなったのは??、回転の滑らかさが向上し、最近は発泡やフロートシンカーが流行で回転抵抗が減っているので逆に短くする方向では、ギア比を上げてもハンドルを長くしては意味が無い様に思いました、この辺りはダイワ社内でも議論されたようです。

 その後にロッドコーナーに廻ったらちょうど高橋明彦さんがお立ち台の上でレクチャーを開始したところ、お題目は「トーナメント必勝法」とのことで興味津々で聞きました。

 トーナメントの3大ポイントということで、場所・仕掛け・サビキを上げられておりました。

場所:1回戦で勝ち上がれると思ったらエリア内全体の釣況偵察をすべき・・とか、実際の保田・大磯のポイントに関すること。

仕掛け:モトスの太さは状況に応じて変更(~6号まで!)、小針の使用はマイクロピンまで拾うためと思っていましたが、両型を狙うためとは知りませんでした、理由を聞いてフムフム納得でございました。

サビキ:一定スピードではなく強弱をつける、時には止めること・・など

自分の苦手な場所移動のタイミングの合理性についても、10匹程度が勝ち抜けラインとすると1時間で約3匹、1時間に6回投擲できるとすると、場所に入って2回連続で素針を引いたら即移動しますとのこと、トーナメントも算術なのですね!!かなり勉強になりました。

最後にニューロッド「トーナメント キャスター AGSタイプT」の宣伝、硬さも長さもバラバラに見える4機種ですがそれぞれ意味があるとのこと、すべてはトーナメントに勝つためだそうで、高橋名人は今後32-428を多用するとのことでした。

こんなニッチな対象のためにロッドを製品化するダイワさんは凄いかもしれません。

 

次に行ったのが富士工業、製品は観ずに技術者風を捕まえて「TORZITE」の耐摩耗性について質問しました、SiCに比して劣っていることが製品発売後に判明したとのことですが、摩耗時にはSiCのような糸切れ現象は発生しないので安心して使用してくださいとのこと・・ちょっと釈然としませんでしたのでアレコレと突っ込みを入れましたが、明確な回答は得られませんでした・・。

 

サンラインとYAMATOYOさんにはフロロカーボンの4色道糸の再販のお願い、カレイ釣りにはとても便利な高比重のフロロカーボン、船道狙いや横風が強いときは最高のパフォーマンスを発揮します。 見学人の在庫も遂に底をつき、モノカラーのフロロか4色ナイロンかで最近迷っています・・。

Dsc09578Dsc095815

フィッシングショーといえば普段TVで目にする有名人に直接お会いできるのも魅力の一つ、お馴染みのベテランアングラーや最近目立つアングラーアイドルがイッパイ居られました。 やっぱり我々中年以上世代は何といっても“釣り界のジャンヌダルク”児島玲子さんでしょう! ちょうどYAMASHITAのお立ち台でトークショーの真っ最中でした。 ショーが終わって恒例のジャンケン大会、なんと最後の出典の“Mariaキャップ”を射止めてしまいました!!サイン会でサインをもらって記念写真と握手・・チョットはしゃいでしまいましたが許してください。m(__)m

 

なお記載内容は見学人個人の感想です、聞き間違いがあったらゴメンナサイです。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

産卵中かな!?

 先週の()から体調を崩し今週末は無理かと思いましたが、何とか回復して行って参りました。

Dsc095621Dsc09563Dsc095661

先週はお腹パンパンの子持ちマコちゃんが釣れたので、乗っ込みもそろそろ終盤戦のようです、エサ取りも未だ煩いのでキロ越え(塩900g+150g)のイソメを用意して挑みました。

入釣場所は友人に巨マコを釣って頂いた港内中央部のいつものポイント、日の出前でキャップライト点灯し準備です、4本セットし日の出待ち、暗い内に始めると確実にアナゴさんが掛かるので暫しの休憩です、朝焼けと明けの明星がとても美しい景色でした。 薄明るくなってエサ付けし、期待を込めての1投目でした。

20分して全回収すると1本にハゼ、その他は丸坊主と今日もフグさんの活性は高いようです。 

9時前まで忙しい作業を継続、エサ取りが少し落ち着いたところで5本目のkengakunin3号をセット、一番左に追加しました。

朝方北西の風だったのが南西に変わり、その後は南に・・・ぐるぐる風向きが変わりますが、竿先には一切の変化なし、ただただ時間が過ぎるだけ・・気合を入れてエサ替えしますが、お昼を過ぎる頃にはエサ取りもほぼ居なくなりそのままついて回収されます。

エサ取りが多いのも忙しくて辛いですが、エサがそのまま付いて回収されてのもモチベーションを下げますね。 居ないのか口を使わないのか・・・。

廻りに居られた投げ師(56名)も釣果無く撤収、自分も日没までの予定でしたが気持ちが折れて15時過ぎに撤収いたしました。

 

ボチボチ港奥で産卵準備に入ったのかもしれません、こうなると来週以降何週か期待薄ですね。

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:2019119日(土) 中潮:干潮8時半頃 天気:晴れ 釣果:Bz

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

懐かしい釣友を招きました!

 昨年から連絡を貰っていた三重の釣り仲間HN:小百合さん(同年代のオッサンです)が大型のマコガレイを狙いたいので是非ご一緒したいとのこと、昨年から見学人HG港は絶不調なので、まだ確率の高い、戻りの2月中旬以降に・・と言っていたのですが今週末来てしまいました・・2日間の必釣の乗っ込みマコちゃん狙いです!

Dsc095361Dsc09534Dsc09545

 来て頂いたからには是非とも釣って頂きたいので確率の一番高い外防先端へご案内、先端に小百合さんに入ってもらい船道狙い、その後ろに自分でSetupです。

 何時ものように港内3本、外海2本出しで開始、エサ取りが激しいので忙しい釣りが始まりました、小百合さんも4本出し、頻繁に手返ししています。

 最初のアタリは自分の外海側、ドラックがジージーなって止まりません、この感じはカレイではないと思いつつ、止まったところでアワセを入れて重量感を感じながらリーリング、嫌な予感的中のサメさんでした、トットと海へお帰り頂きました。

 微妙なアタリで釣れてくるのはアナゴさんのみ、共通の友人である札幌のKENさんから架電あり楽しいお話をしているとまたもや外海側のkengakuninⅠ号に抑え込むアタリがあり糸フケ、刺さり込む引き味でタモ入れして頂きマコちゃんの44㎝でした。

 とりあえず今日は居ることが確認できたので二人とも煩いエサ取りに悩みながらもマメに打ち返します、珍しく強風が吹いて来ない釣り日和ですがお昼を過ぎると流石に疲れて来ました、次の明確なアタリも外海側、沖堤防先端方向に投げたkengakuninⅠ号、小ぶりの39㎝の抱卵モノが釣れました。

もうこの方向しかありません、小百合さんの4本を釣れた付近に集中砲火して頂きましたが上がってくるのはアナゴさんのみ、初日は釣って頂くことはできませんでした。

Dsc095541Dsc095591

2日目は少し風が強くなる予報なので、足場の良い港内の潮通しの角地に入釣です、角のBESTポイントに小百合さんに入って頂き、挟むように自分も2本ずつ出しします。

本日もエサ取りが激しく忙しい釣りを強いられますが、ここも実績場所ですのでという事でモチベーションを保ちながら二人で攻めていきます。

エサ取りが少し落ち着いた9時半過ぎ、自分がエサ替えをしていると、お隣の小百合さんが竿を大きく曲げて奮闘中、傍に行くと良型マコちゃんが掛かっているではありませんか!! 即タモ入れして上がって来たのはお腹パンパンの49㎝!自己記録を更新したとのことで大変喜んでいただきました、自分としても長距離遠征ではるばる来ていただいた甲斐がありホッとした瞬間でした。

 自分は14時でエサ切れ撤収、本日は無念のBzでしたが、その後も粘っていた小百合さんは35cmを追加したとのことでした。

 

 十数年前に室蘭クロガシラ狙いで竿を並べたのが最初、2009年に長崎の崎戸大島コロダイ釣りで再会しそれ以来の釣行でした、この次は何時ご一緒出来るか分かりませんが、気の合う仲間との釣行は最高のひとときでした。

渋めの見学人HG港でしたが結果も出て気に入って頂けた様でした、もしかして来月もご一緒したりして・・・!!

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:201911213日(土~日) 中~小潮:満潮8時半頃 天気:晴れ 釣果:マコガレイ4439

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

新年初釣行・・・厳しいです!

 あけましておめでとうございます、いつもご覧いただいてありがとうございます、今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 年末から予定していた5日の初釣行、予報は晴れで風弱く、気温は3月上旬並みとの絶好のコンディション、正月のダラダラ生活に活を入れ早起きしてホームに行って参りました。

Dsc095251Dsc095271

 何時ものエサ屋さんで情報収集すると、イシガレイは良い感じのようですがマコガレイは殆ど聞かないとのこと、港内中間部に入ろうと思っていましたが、最初に釣れ始めることが多い外防先端部に向かいました。

 釣り場に到着すると、ガラ空きで先端お一人様分を空けての入釣です、先端部は船道がやや狭く、漁船とのトラブルを避けるためです、最も狭い船道は狙えませんが、そこは諦めています。

 キャップライトを点けてタックル準備をしていると投げ師がやって来ました、先端部に入りたくて躊躇していたので、どうぞどうぞと促して入って頂きました、昨年もお近くで竿を並べた顔見知りの方でございました。

 外海に2本、港内側に3本のいつものパターンです、投擲後30分アタリ無く回収するとすべての針にエサは皆無、まだまだエサ取りが湧いているようです、外の1本はハリスから切られていましたのでフグさんの仕業だと思われます。

 エサ替えが作業化しつつあった9時過ぎに待望のアタリ、港内側の一番右kengakunin2号でした、竿先がククッと刺さり直後に糸ふけダラ~ンの典型的なパターンです、アタリが出たのでICOSで一服しながら、さらなる竿先の変化を期待しますが動きなし、ドラッグを締め糸フケを取り大きく合わせるとマズマズの重量感、ここでニンマリしていると先端の投げ師がタモの準備をしてくれました、リーリングを続けるとマコちゃん特有の刺さり込みはなく浮いてくる感じ、小型かぁ~と思っていると、白いまん丸の物体が・・・フグがスレで掛かっていました・・・期待したのにガックリでした。

 以後アタリ無く作業を繰り返しますが、昼過ぎから北北西の強風が吹いて来ました、この方向の風は長時間続くことが多いので撤収準備に入ります。

Dsc095321Dsc09533

 エサはまだありましたので、風を避けられる久々の港奥ポイントで再開です、三脚を2つ出し低めにセッティングしそれぞれ遠近で投げ分けました、暫くしてサビくと竿を180度振らないと抜けないくらいの泥底、以前はこんなことはなかったのですがまぁしょうがないでしょうか、回収してもエサがほぼ付いて来ます。

 風を避けて座っていると地元釣り師の長老から話しかけられて色々と教えて頂きました、やはり昨シーズンからマコガレイは激減し殆ど釣れなくなったこと、このポイントも船道以外は泥が堆積しアナゴは釣れるが他はダメなこと等々、勉強になりました。

 そんな話を聞いたので少しでも確率の高い船道寄りにプチ移動し、日没前の最後の1投でちょうどエサ切れでした。 20分経過し回収すると1本にハゼ、それ以外はエサ皆無でした。

 

 ダメかもしれないなぁ~と思いつつも出撃しヤッパリダメでした、こういう予想は当たってほしくないですね。

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:201915日(土) 大潮:干潮9時半頃 天気:くもり 釣果:マコガレイ⇒Bz

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (2)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »