« 2019年1月 | トップページ

2019年2月の3件の記事

2019年2月17日 (日)

戻りはまだ!?

 先週産卵後の個体が釣れて、遅れていた“戻りの季節”にようやく突入したと判断し、入釣場所は港内中央の見学人が好むいつもの角地です。

 

Dsc096221Dsc096231_2Dsc09625_2

 日の出前からタックル準備に掛かります、風は弱く薄曇りで気温は低めですがこのまま日が上がると暖かくなりそうな感じです。

廻りが完全に明るくなってから第1投です、5本を少しづつ角度を変えつつ投げ分けて軽く道糸を張ってアタリを待ちます。

エサ取りが段々落ち着くこの時期でも、朝はさすがに居るだろうと思い、沖目に投げた2本をエサ替え、30分以上経ったのにエサはそのままでした、奥目の3本を回収しようと思ったら、生エサ仕掛けのkengakunin2号に糸フケ、一服しながら竿先を眺めているとググッと抑え込みアタリが出ました、これはほぼ間違いありません、タモを回収地点に持ってきて、大きくアワセを入れてリーリングです、かなり重い感触で途中から力強く潜水されリーリングも慎重になります。 真下から上がって来たのは意外とサイズは大きくありません、セルフタモ入れして上げました。 魚体を測ると39㎝、腹側を観察すると抱卵前の未成熟のメス?と一瞬思いましたが、白子が漏れて来て放精前のオスのようです、もう殆どの個体は産卵行動後と考えていましたが、“行き遅れ“のオスなのかも知れません、哀愁は漂っていませんでしたが、可愛そうなのでリリースしました。

型は不満足ですが、1投目でしっかりアタリを取って釣れたので気分は上場、本日の目標はあと3枚かなぁ~、なんてその時は余裕でした。

朝のエサ取りは殆ど遭遇せず、ならば積極的なPR作戦、派手目の仕掛けに変更、段差仕掛けも登場させエサを大量に付けて攻めていきます。

完全無風で日差しポカポカ、エサ取りはほぼ居ないとのことで、椅子に座ってウトウト、目が覚めたらアタリが出ていた・・なんとことを想像しながらREM睡眠状態でした。

気が付くと10時過ぎ、回収エサ替えしてまたマッタリムードです、マメにサビキを入れますがアタリは来てくれません。 双眼鏡で外防先端を観察しますがスカリが入っている感じも無くそれ程の活気も見えません。

12時のサイレンが鳴って、状況変わらずですが北西の風がやや強めに吹いて来ました、昼までやって朝一の1枚のみ、このパターンで追加が釣れたことはありません、お隣の釣り師さんも撤収準備に入りました、朝暗い内に釣れたという魚を見せて頂いたのですが、なんと自分のと同じ放精前のオスでした。

これから産卵?例年ここは1月初旬から産卵期で2月初めから戻りが釣れ始めます、今年は遅れていると言っても先週産卵後のメスも釣れたので良く分かりません。 産卵が早い個体と遅い個体が居るのかも知れませんね。

こうなると釣れる確率が高いのは港奥、車ベタ付けの港奥ポイントは先週Bzを喰らってますので船溜まりの入り口付近が良さげなのですが、ここも車ベタの人気ポイントで双眼鏡で偵察するも満員御礼でした。

覚悟を決めて場所を変えずジックリ攻め続けることにしました、意外とお昼を廻ったらエサ取りが発生してきましたので回収時間を早めにして打ち続けました。

15時過ぎ頃から北西の強風も突風交じりに変化し釣りができる状況では無くなり強制撤収となりました、帰りに港奥部、船溜まり付近を偵察して釣況聞き取りをしましたが、釣れている方は居られずでした。

 

今期のHG港のマコちゃんは全然わかりません、毎週メゲずに調査するのみですね!

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:2019216日(土) 若潮:満潮12時頃 天気:晴れ 釣果:マコガレイ39

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本(段差)仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

極寒のカレイ釣りでした!

 2月初旬の3連休、例年戻りカレイの活性が高まる時期ですが、今期は遅れ気味なのでもう少し掛かるかもしれませんが、1泊で行ってきました。

 青イソメ900gを通販で注文し準備万端ですがお天気が最悪、雪は確実に降りそうでしたが風が弱そうな予報なので、まぁ大丈夫かなぁ~。

 

Dsc09601Dsc096021

 港近くのエサ屋さんでの恒例の情報収集、船溜まり最奥部で釣果ありとのこと、未だ産卵期直後で、潮の動きの少ない場所に居るのかもしれませんね。

 それでもヤッパリ実績のある定番の港内中間部の潮通しの良い角地に陣取りました、日の出前からタックル準備に入ると雪がパラパラ・・、お昼から降り始める予報でしたが早すぎです、この場所は車から300m程離れているので雪は辛い・・。 開き掛けていたお店をたたみ車まで戻ります。

 車ベタ付け出来る、漁港入り口の港奥船道狙いに変更、運良くベストの場所が確保できました、準備をしていると「先端でフカセやりたいので良いですか?」と若者から声を掛けられました、声を掛け合って釣りをするのは良いですね、もちろん「どうぞどうぞ」と入って頂きました。

 若干斜めに投げて、2本ポチャ投げ、2本中~遠投で船道ラインに4本セットします、エサ取りも結構居るので頻繁にエサ替えです、アタリはあまり出してくれませんがマズマズの型のハゼさんは時々掛かってくれます。

 8時過ぎから本格的に雪が降り始め北風に乗って吹雪に近くなってきました、エサ替え時以外はもちろん車の中です。

 このような状況でアタリ無くエサ替え作業を続けると流石に疲れて来ました、お昼を廻って状況はさらに悪化、出し風のセッティングなのですが、強めの風雪でモチベーションは既にemptyになり実釣終了です。 車を反転させハッチバックを風下に向けて竿、三脚をぶち込み、市場の軒下に移動し、ユックリと道具をタオルでフキフキして収納完了しました。 本日は早めに宿に入ってフテ寝です。

 

Dsc096111Dsc09615Dsc096191

 5時前に起床しⓅに来ると車のガラスがガチガチに凍っていました、まるで北海道みたいです。 こういう時はエンジンをかけてユックリと融かすのが一番、ドアが凍って開かない時は無理に開けてはいけません、ドアの縁に付いているゴムが剥がれてしまい一大事になります、注意しましょうね!

 

 港までの道も凍っていそうなので慎重に運転します、いつものごとくエサ屋さんで情報収集するとなんと昨日釣果が持ち込まれたとのこと、デジカメの写真を見せて貰ったら昨日自分の場所の後ろで漁港船溜まり側に投げていた方でした、なるほど港奥が濃厚の様です。

 それでもまたまた向かうは実績場、昨日ヤリ損ねた港内中間部の角地です、ロッドケースを担いで荷物を載せた台車を引っ張って釣り場に向かいますが、足元はツルツル、濡れている所はガチガチに凍っていました。

 タックル準備完了で1投目、ここは左から川が流れ込むため、海水温が保たれているだろうやや遠めに投擲です。

 エサ取りもソコソコ居るのでマメにエサ替えしていきますがアタリは出ません。

 お天気が良くて無風なので凍ったコンクリート面がみるみる溶けて乾いていきます、気温は低いですがこのような状況ではマッタリ気分で釣りができます。

 9時過ぎのエサ替え時、一番沖側に投げたkengakuninⅡ号が結構な抵抗感、アタリが出ていなかったのでゴミかヒトデと思っていたら途中から刺さり込みが入り浮いて来ません、型は小さそうですが間違いなくマコちゃんです、 久々の感触を楽しんで上がって来たのは産卵直後のお腹ペッチャンコの36㎝、チャンと針を飲み込んでいましたがアタリを出せないほどお疲れ?なのでしょうかね、優しく針を外してお帰り頂きました、エサを一杯食べて大きくなってまた自分に掛かってくださいねぇ~!

 北風が少し出てきた11時に一時撤収、釣れたのでここで粘ってもいいのですが、エサ屋さん情報の港奥が気になります、早めの昼食の後、どうせならという事で漁船船溜まりの一番奥のポイントでお店を開きます。 エサ取りが少ないと予想して5本のフルセット出しです。 遠2、中1、近1、極近1と投げ分けます。 船道とは違い動きが悪いのを予想してマメにサビキを入れる作戦です。 15分おきに3回サビいて回収エサ替えして投擲を繰り返します。

 中投げの竿にアタリが出て軽い糸フケが出ましたが、アワセを入れるとスカ、産卵場所と思われる最奥部ですので居ない訳はないと踏んだのですが、自分の前には口を使ってくれるマコちゃんは居なかったです。

 

 4週連続のBzは免れましたが、釣果には納得できませんね、また来週の作戦を思案中です。

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:20192910日(土~日) 中潮:干潮13時頃 天気:くもり→雪→晴れ 釣果:マコガレイ36

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

完全に沈黙です・・

 先週は26日(土)悪天候で翌日の日曜日に新規開拓場所に出撃していましたが、アタリ無くBz、隣の釣り師も「先週は3匹釣れたのにねぇ~」と釣果無く帰って行かれました、何処も産卵期なのでしょうか・・。

Dsc095941Dsc09595_2Dsc095971

 今週はHG港に出撃してきました、いつも情報を聞くエサ屋さん情報でも良い話は聞かないとのこと、かなり厳しいのは承知の上でしたのでメゲズに日の出前から外防先端に向かいました、タックル5本をセットして日の出を待ちます、三日月と金星が東の空に浮かんでいてとても綺麗でした。

 例年ではそろそろエサ取りも落ち着くのですが、今日も激しいエサ取り小フグの活性が高い様でマメに打ち返します、船道に投げたkengakunin1号のエサを換えと思ったらズシリと重い感触・・もしや居食いかと一瞬期待しますが早めの浮き上がりで保安官さんでした。(古いオヤジネタでスミマセン)

 日が高くなってもエサ取りが止まらず正午前に一時撤収です、産卵期という事は港奥の船溜まりが狙いと勝手に決めつけ、大型台船が係留してある場所に移動しました、約200m四方の大きめのプールです、釣り座は船道先端部に構えて4本はプール中央部、1本は船道狙いです。

 エサ取りはほぼ居なく、風が弱い昼下がりでしたので椅子に座りウトウト・・それでもアタリは来ません、新しいエサに変えて打ち返しますが竿先は微動だにしません・・。

 16時半まで粘りましたが、本日もBzでした。

 

 釣れない時期は行かなければいいのですが、週末になると疼くんですよねぇ~、釣り師の悲しい性でしょうかね。

 

<釣行データ>

場所:見学人HG港 日時:201922日(土) 中潮:干潮8時半頃 天気:晴れ 釣果:Bz

<タックル>

竿:シマノSP405CX(新:2本→Ⅰ、Ⅱ号、旧:3本→13号) リール:シマノKS-SD、ダイワTS QD-Ⅱ 計5セット 固定天秤1本仕掛け ハリス:フロロ黒4号 針:丸セイゴ14号、エサ:塩イソメ、生イソメ

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ