カテゴリー「0_by 見学人」の59件の記事

2016年8月~

2017年8月20日 (日)

富津方面、良い感じです!!

 まだ周囲が暗い5時前に富津のコンビニに到着すると、パラパラ雨が降っていました、天気予報では曇りでしたがやはり降りますね。

Dsc07418Dsc07416Dsc07419_2Dsc07420

 布引海水浴場のⓅに停め、気象庁レーダーナウキャスを見ると横須賀方面から雨雲の塊がやって来ています、それまで少し時間があるので海水浴場のブイ横で実釣を開始します。

 1投目4色ラインで良さげなアタリ出ますが乗りません、3色でもアタリ出て回収、中型が付いていました、2投目、またも43でアタリが出て回収しますが、ゴミを大量にひっかけたみたいでようやく引いて来れる程度慎重に引き寄せますが1.5色残したところでプッツン力糸の結び目から切れてしまいました。

 力糸をリペアしていると釣友の支店長さんが登場、2人の予定がなかなか合わずご一緒するのは今期初です、すぐ右に入られて釣行準備に入られました。

 そのご大量のゴミ(アマモ)が到来しましたので、道糸も0.8に変更しアタリの出る4色ラインまで引いて3色に入ったところで竿先を高く上げある程度強引に回収手前のゴミを回避する釣り方で攻め続けます。

 強めの向かい風ですが釣りには支障が無い程度で、雨も時折降りますがカッパを着るまでも無く止んでしまいます。

 2時間程度楽しんでもまだまだフグ交じりでヒネサイズが釣れ続きます、本格投げ師の姿は皆無、「こんなに良い感じで釣れるのに、みんなどこに行ったのでしょうかね?」などと支店長さんと話してました。

 10時少し前に観光地引網を引くために場所を200mほど西に移動し再開しますが手前のゴミが変わらず、沖のキスは先ほどの場所よりは少し薄い感じになりました。

 地引網引き終わったときに中身をに見行くとキスは皆無でフッコとカタクチイワシに混じって、マダイ・イシダイが入っていました・・・まぁ観光用ですからツッコミは止めておきましょう!!

 網にキスが入っていないとなると、上手に網から逃げて未だ居るはず、しかも手前のゴミは地引網で綺麗になっているはず・・との事で前の場所に戻り再開しますが小型のキスとフグだらけで状態が悪くなっていました。

Dsc07421Dsc07422

 近くの中華で早い昼飯を取ったのち支店長さんと作戦会議、好釣の磯根崎は雨だ降ると車から遠く大変なのとかなり潮位が上がって来ていて岬を超えるのに苦労しそうなので断念、PMは新舞子に行くことにしました。

 釣りを始める頃に天気は晴れに変わっており気温が上昇、強めの向かい風が心地よい感じです、釣況はポツポツとアタリ出ますが布引より一回り小型な感じです。

 新舞子の真骨頂は至近距離、3色以下をジックリとサビくとひったくるアタリが出てマズマズのヒネサイズも登場しますが、なかなか針に掛けられません、針サイズを76号に落として対応しました。

 基本的にフグが多いのはこの場所の特徴で、仕掛けの消耗が激しいのは毎度のことで変わりません。

 ほぼ二人ともエサ切れで16時に現場撤収となりました。

 

 これまでは富津方面から始めても調子悪く、結局館山方面まで南下することが多かったのですが、今回の布引・新舞子海岸は十分満足のいく釣りが出来ました。

 支店長さん、またご一緒しましょうね!!

 

<釣行データ>

場所:千葉県富津市方面 日時:2017819日(土) 中潮:干潮9時頃 天気:くもり時々雨、のち晴れ 釣果:シロギス20㎝以下50

<タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノKSコンペ 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:67号針46本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

17年知床カラフトマス釣行

 今年も年に一度の知床方面カラフトマス釣行に行って参りました、前日お天気を確認すると曇り~雨との予報、まぁ大荒れでなければ良しとして出発しました。

Dsc07365_2 Dsc07373 Dsc07377

 

1日目(8/12)★

 出発はAM4時頃、札幌はパラパラ雨が降っていました、旭川紋別自動車道が先に延びており遠軽手前の瀬戸瀬まで出来ていました、その先もまだ工事中でいったいどこまで伸びるのでしょう、無料だから使いますが有料だったらまず使わない道です。(下の国道はほぼ信号なしの田舎道・・)

 斜里のコンビニに寄って、いつもの遠音別(オンネベツ)川でカラフトマスの遡上状態を確認するとパラパラ程度、昨年とは比べようもなく少ない状態でガックリでしたが気を取り直してウトロ市内へ向かいました。

 本日の釣り場は実績のある幌別川河口です、昨年好釣だった奥の右岸に入ります。 仕掛けはここ数年はフカセのみに拘っています、飛ばし浮きにタコベー付き針には紅イカにソウダガツオの短冊を付けます。 廻りは珠にアタリがあるようですが自分には皆無、群れも全然見えずで打ち返しを続けました、アタリも寒いですがお盆とは思えない寒さは何!?いつものステテコでウエーダーを履きましたが、寒いこと寒いこと・・・震えながらキャスティングしてました。

 17時過ぎに待望のアタリ、それほど強烈な引き味ではなく、たぶんメスと思ったらヤッパリメスでした。初日で魚が見られたのはラッキーでした!

Dsc07381 Dsc07384 Dsc07396 Dsc07389

2日目(8/13)★

 3時起床で斜里方面に15kmほど戻り入ったのは、オチカバケ川河口です、昨年帰りに見学したⓅが近く足場のよさそうな場所です。 4時前に到着するもすでにⓅには15台以上の車が・・・タックル持って釣り場に向かうとすでに30名くらいの釣り師が実釣中、河口右岸に陣取りました。

 徐々に廻りは明るくなり7時満潮で上げの良い感じなのですが群れが見えずアタリはさっぱり・・珠に河口付近で12本釣れて雰囲気が盛り上がりますが一時でした、朝は意外と岸近くでアタリが出やすいので近場を丹念に攻めているとアタリ!!ウキ下でキラリと魚体が反転しフッキングが外れました・・ん~残念!

 宿に戻って朝飯食らって昼の部はやはり幌別川、釣り師が少なかったので本流のほぼ真ん中に入ることができました、入釣30分後に手前15mの至近距離でアタリ!元気の良いオスが上がりました、本日はこの調子で爆かぁ~と思いきやその後は続きませんでした。

 お昼が過ぎてマッタリタイム、昨日も現れたエゾシカさんが今日は釣り師のすぐそばまでやって来ました、人馴れしているのか全然怖がらない様子で川を渡っていきました、こういった所も知床ならではなのでしょうね! 

 本日2本目は15時過ぎ40m位の沖合でアタリ、河口を右へ左へ暴れまくってようやくGET!これこそがカラフトマス釣りの醍醐味!元気なオスでした!!

Dsc07401 Dsc07405 Dsc07406

3日目(8/14)★

 3時半起床、徒歩でフンベに向かいましたが、現地はすでに満員御礼、しかも釣れるのは河口近くのごく一部のみでそれも稀という状況、30分程見学しましたがダメと判断し宿に戻り車で見学ツアーに出かけました。

 市内のペレケ川河口・・といえば聞こえが良いのですが、コンクリートで囲まれた岸壁、両岸に釣り師が約50人以上、殆ど釣り堀状態です、近くの釣り師に釣況を聞くと日の出から(2時間位)全体で4本との事・・やる気が出ませんねぇ~!

 早めに朝飯食って8時半には幌別川河口実釣開始します、早朝はかなり賑わっていたようですが、この時間は下げに入ったこともあり釣り師は数人、釣り師が少ない方が魚へのプレッシャーが少なく条件が良い・・と自分に言い聞かせながら打ち返しますがアタリ無し、正午まで粘りますがダメで諦めました。

 カラフトマスは通常2年魚で、奇数年と偶数年ではその個体が交じり合わないようです、どうも自分の釣果記録の傾向を見ると偶数年の方が好釣のようです。

Dsc07403 Dsc07400

★ウトロの食事処★

 知床というと海鮮なのでしょうが、実は美味しいラーメン屋があります、「波飛沫(なみしぶき)」というお店、夜は焼き鳥もやっています。食したのは塩ラーメンとネギチャーシュー丼、白湯風の塩味は思わず全汁してしまいました!!

Dsc07393 Dsc07392

★幌別川のヒグマ対策★

 この幌別川河口は毎日のようにヒグマの目撃情報があります、自分は今回は遭遇しませんでしたが、過去何度が怖い思いをしたこともあります。

昨年から釣り師とヒグマの共存が模索された結果、釣り師へのルールの徹底や内臓処理用のゴミステーションが設置され監視員もほぼ常時見張っていました。 貴重な釣り場を守るため幌別川に入釣される際は十分注意が必要ですね!

 

<釣行データ>

場所:北海道網走郡知床ウトロ方面 日時:201781214日(土~月) 天気:曇り時々雨 釣果:カラフトマス65㎝程度3匹(♂:2、♀:1

<タックル>

竿:シマノCARDIFF 83ML リール:シマノSTELLA C3000

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

猛暑の館山釣行でした!

 大型の台風5号が太平洋に居座っているため、外房のみならず浦賀水道にもウネリが入って来て内房方面も波が高そう、前日の(金)に平日釣行の釣友の支店長さんからメール入り「富津方面は高波とゴミでN.G.」との事、期待できるのは館山方面のみと予想しました。

Dsc07329_2Dsc07331_4 Dsc07332_2

 アクア通って取りあえず木更津ICで降車、R127で南下します。途中確認しながら館山に入る予定です。 元名・保田海岸は予想通りの足の長いウネリが入っていましたが、勝山大六海岸は、その地形からか波は殆どありません、海水浴用のブイが入っていましたので左側の岸壁から本日の実釣を開始します。沖の根の近辺を探ったり、浜に並行して投げましたがチビダボハゼのみで3投で撤収しました。 岩井はサーファー天国と予想し通過、南無谷海岸はウネリが少し小さめで出来そうな雰囲気はありましたがヤメにして、館山市内に入りました。

 最初の場所は丸山堤防の南の小場所、1投目からキスのアタリ来て16㎝がフグ交じりで上がりました、今日は居るかなとの思いで打ち直しますがフグだらけ、移動しながら狙いますがキスのアタリ来ずでヤメにしました。

Dsc07335Dsc07336Dsc07345Dsc07340

 さらに南下して次は北条海岸、川水の濁りがかなり気になります。 マイポイントで竿出ししますがフグだらけ、3投で諦めました。 次に行った自衛隊裏でもアタリ無し、更に洲崎方面に移動して塩見海岸に入ります、手前にピンが群れていそうな雰囲気ですが全然アタリが来ません、この時点で本日の釣果まだ1匹、焦ります・・・、塩見から浜田まで徒歩で移動しますが、浜田海岸は高校生で占領されており、手前の岩場で実釣開始します、1投目3色ラインのほぼ真ん中でひったくるアタリ、ステイして乗せ回収すると20cmの良型、2投目素針で3投目は3色ラインに入ったところで良いアタリ、ステイしたら今度は2連で釣れました、それから3投連続で素針、汗ダラダラで暑さに辛くなってきたこともあり撤収しました。

Dsc07348Dsc07350Dsc07357

 一息して平砂浦を覗きに行ったら、波は予想通り高く3枚程度は出ていましたが、ゴミは少なそう、ちょっと試しで竿を出してみることにしました、アタリが出るのは最初の波のずっと手前、3色中盤からです、フグが多いですがキスも溜まっている所もあり、中型ですが掛かります、少しずつ移動して狙いますが、仕掛けの消耗が激しく、強い日差しに加えて砂浜からの照り返しもキツく、1時間で限界となりました、ジックリ探ると面白いかも知れません。

 大ラスは干潮時に良い感じだった浜田の岩場で再トライすることにしました、1投目、AMと同じ3色に入ったところでアタリ出てヒネ2連、23投目素針で4投目同じ距離で大きめのアタリ、ステイして追い食いさせて上がってきたのは20㎝級の4連、これは満足の1投でした、その後2回素針引いて撤収しました。

 

 本日は、釣行時の水筒は必需品で、スポーツドリンクがぶ飲みで暑さを凌ぎました、もう少し涼しくなると釣りやすいですね!

 

<釣行データ>

場所:千葉県館山市方面 日時:201785日(土) 中潮:満潮9時頃 天気:くもり日晴れ 釣果:シロギス20㎝以下21

<タックル>

竿:シマノKS405CX+、シマノSP335FX+ リール:シマノKSコンペ、SL CL4+30 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:67号針46本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

内房ラン&ガンしてきました!

 このところ外房・館山方面の釣行が多く、今回は東京から一番近い富津方面の調査から始めることにしました。

Dsc07302Dsc07306Dsc07308

 アクア経由木更津金田ICで下車、最初の竿出しは富津岬Ⓟ前、ここは6月までと考えている自分としては時期的に少し遅い感がありますが、マリンバイクが走り出す前に少しだけ調査しました、フグ・メゴチが多く釣りにくいですがまぁまぁ居ることは居る感じ、小場所ですので1時間弱で終了しました。 車で5分布引海岸まで移動して、海水浴場のⓅから西方面に歩きます、途中投げ師に声を掛けますが首を横に振るばかり、実釣開始しますがフグのアタリばかり、小移動しても状況変わらず2投×2回で撤収となりました。

Dsc07309Dsc07312Dsc073151

 次に移動した場所は新舞子海岸、ここも海水浴場のⓅに停め、いつもの北方面に向かいます、東京湾観音の頭が見えなくなるくらいの場所から開始、前日関東方面雨が降ったのですが海の水はかなり透明で期待が持てます。 1投目4色から引いてみると5本針丸坊主、本日もフグの活性が高いですね、少しずつ小移動しながら探ります、3度目の移動場所で1.5色で賑やかなアタリでて良型ヒイラギの4連です、海にお帰りになってもらいもう一度同じ場所を引くと同じ1.5色でキスのアタリが出ます、少しステイして上げたらなんとパーフェクトの5連でした。  場所見っけ!っと言う事で、そこで何投か楽しみましたがさすが活性低下、小移動しますが単発のみ、下げ潮も重なってさらに活性低下で移動することにしました。

Dsc07317Dsc07319Dsc07321_2

 内房をさらに南下し保田海岸に到着、台風の影響でしょうかウネリから発生する足の長い波が砂浜を洗っていました、ここも2投×2場所で撤収、そこから南方面、第六、勝山、岩井は海水浴でN.G.との判断、館山道で一気に館山市内、北条海岸まで来ました。 さすがに台風のウネリは鏡ケ浦(館山湾)までは入ってきてはいませんでした、潮がかなり下がっていましたが釣れる雰囲気アリアリ、いつもの場所で実釣開始です、1投目心地よくないアタリで4本針丸坊主、方向を変え手前3色半から引くとフグ交じりで本命が掛かります。 ソコソコキスは居ますが、フグが煩すぎで仕掛けを繋ぐもの毎投ごと、この頃ちょうど無風になり、全身から汗が吹き出します、真夏の無風は辛すぎですね。

 遅めの昼飯は北条海岸傍の丸亀製麺でぶっかけうどん(冷)+とり天&マイタケ天、予想通りの味で一息つけました。

Dsc07322 Dsc073241 Dsc07327

 ここからどうするか・・・洲崎方面は7月かなり行って調子もイマイチでしたので北上、久しぶりの南無谷海岸に入りました、海水浴場ではないので人出もマバラ、釣りするのは良い環境です。 根掛かりをかわしながら小移動を続けると4色で良いアタリ、慎重に回収すると20㎝ジャストの良型でした。 その後何度か良いアタリが出ましたが乗せられず残念でした。

 最後にまた新舞子海岸に戻ってみましたが、上げの良い感じを期待したのですが、雨が降ったようで濁りが入り、加えて台風のウネリが入り始めて状況はあまり良くなく、フグ交じりで少々GETして本日は終了となりました。

 

 7月は週末釣行皆勤賞でした、今一ドカーンと釣れませんねぇ、釣行しているポイントが悪いのか、腕が悪いのか分かりませんが・・・

 

<釣行データ>

場所:千葉県富津~館山、各所 日時:2017729日(土) 小潮:満潮8時半頃 天気:くもり 釣果:シロギス20㎝以下34

<タックル>

竿:シマノKS405CX+、シマノSP335FX+ リール:シマノKSコンペ、SL CL4+30 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針36本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (2)

2017年7月23日 (日)

平砂浦は微妙な感じですね!

 この週末、平砂浦好釣情報が飛び交い、真意のほどを探るべく、行ってまいりました。 アクア~館山道で終点の富浦ICで降りバイパスを南下し、少々飛ばして1時間半チョットで到着です。

2017072305270000_220170723055300002017072306000000

 平砂浦はアロハガーデン前(旧南パラ前)が自分のいつも定番ですが、今回はずっと西側の館山リゾートホテル(旧アクシオン)前付近に5時半前に入釣しました、ルアーマンは殆ど居らず、情報をキャッチした?キス釣り師が45名見える範囲で居られました。

 真正面からの風は5m程でしょうか、ある意味涼しさを提供する感じです。 前回は波打ち際からのプールに溜まっていたので、良さげなプールを探して仕掛けを通しますがフグのみ、少し投げてみると3色ライン中盤からキスのアタリが出て中型サイズが上がってきます、同じ場所は2投までで、3投目からは釣れなくなります、少しずつ左に移動しながら探っていきます。 潮位が下がるにしたがってキスのアタリも出なくなって苦戦、他の場所に行って、上げの時間にまた来ることにして、8時半ころ現地を撤収しました。

2017072309390000201707230940000020170723094700012017072310060001

 山越えして館山方面に向かい西岬漁港に入りました、胸壁先端にはルアーマンが一人、その後ろに入りました、波止用の短軽スピンで4色からサビキ開始、途中停めてタバコに火を付けると置き竿に強烈なアタリ!!慎重にリーリングして上がってきたのは良型のホウボウ28㎝ありました、尺ギスかと思いましたが甘かったですね(^^

 2投目はこれもよいアタリでべラさん、3投目は乗らずで4投目にようやくキス、5投目は鋭いアタリで20㎝の良型が来て上り調子と思いきや、その後は全くアタリ来ず、投擲方向を変えても状況変わらずでした。

201707231249000020170723141300002017072315180000

 ユックリ昼飯喰らって、また平砂浦の同じ場所に入釣です、13時過ぎですので、ハッキリと上げが分かる感じの時間、キスさんが沖から寄ってきていることに期待です! 1投目4色から引いてモゾモゾアタリ・・フグに全針やられました・・少し移動して再トライするも同じ状況、こうなるとキスが溜まっている場所まで小移動を続けるしかありません。 朝下ろしたばかりの50本仕掛けがそろそろ底を着く頃に何とかキスのアタリを捕らえることが出来ました。

 午後からアゲンストの南西風はやや強まりフィッシングベストも竿もクラーも海風でベトベトとなり気持ちが悪いので、釣れ始めの予感がしましたが撤収としました。  45投分のエサが余っていたので、香谷階段海岸でラスト、潮が上がってきて良い感じでしたが、アタリは多くなくヒネ1匹で終了となりました。

 

 ネット情報アタリorハズレ・・微妙な感じですが、本日はあまり良い感じではなかったですね!

 

<釣行データ>

場所:千葉県館山市平砂浦海岸他 日時:2017723日(日) 大潮:干潮10時半頃 天気:くもり 釣果:シロギス20㎝以下34

<タックル>

竿:シマノKS405CX+、シマノSP335FX+ リール:シマノKSコンペ、SL CL4+30 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針36本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

暑さとの戦いでした・・!

年に一度の12日のキス釣行、房総半島でマッタリしてきました。

 ★1日目(7/15)★

房総では超有名人D社インストのIさんHPで「勝浦部原海岸が(爆)」との情報を得て、当地に向かいました、前日飲み会で釣り場到着は6時前で出遅れ、浜を見るといつもはルアーマンが多いのですが、今日は投げ師が圧倒的に多い、皆さんネットで情報収集しているのですね、私もですが・・(^^

Dsc07215Dsc072181Dsc07220_2

マイポイントの右奥へ向かう途中、投げ師に声を掛けると「ダメ・・」との事、波が高めで大丈夫かなと言う感じでしたがやはりでした、実釣を開始するも54色でパラパラアタる感じですが数が少なすぎ、廻りの投げ師も苦戦している様子で、皆さん移動を繰り返していました。 それでも居る所には居るみたいで、最初のアタリでステイしていると稀に連掛けで来たりもします。 素針を3回引いたところで撤収としました。

そこから南下し、城崎は海水浴で賑わっていてN.G.、いつもの鴨川東条海岸もサーファー天国の様相で諦め、長狭街道を経由し保田海岸へ向かいました。

Dsc07221Dsc07223

Ⓟ前は海水浴客少々でマイポイントのホワイトハウス前はガラガラ、早速実釣です。沖目から引いて来ますが、アタリが出るのは1色以下、3度投げても同じ結果だったので、20号のウッドに変え、1.5色から引くことに、中型も交じり楽しめましたが段々とフグの確率が増えて来てヤメにしました。

Dsc07228Dsc07230Dsc07234

そのまま南下して、かなり久しぶりの崖の観音下へ、濁りが入っている様子でしたが黙って2投、フグのアタリしかでなくて撤収、次の北条海岸も同様で2投で終了、南西風が強くなってきたので、出し風の自衛隊裏に来ました。

この時期はキャンプ&海水浴で賑わっていますが、何とか竿が出せました、6色からサビくと明確なキスのアタリ、連でキスが上がりニンマリ、何投かしたころ大きなアタリで上がってきたのは得体のしれないカラフルなお魚、どなたかお名前教えてください。

そのまま館山市内の宿に泊となりました。

 

2日目(7/16)★

Dsc07268Dsc07270

朝一は平砂浦、いつも通り旧南パラ前に入釣、朝マヅメは案の定ルアーマンがイッパイで投げ師少々でした、小移動しながら4投しますが全てフグで仕掛け丸坊主、5時半を過ぎると早起きサーファーも登場して移動を決意します。

山越えして 浜田海岸へ来ましたが、こちらも良くなく波打ち際にフグ少々、3色で1度キスアタリが出ますが乗らずでした、何故か毎回泊りの朝釣行は貧果になってしまいます。

Dsc07283Dsc07286Dsc072901

 ユックリ朝飯喰らって、入ったのは釣れる確率が高そうな館山漁港、短軽のスピンを持ち出し波止釣行です。南西風の風に乗せて5色からサビキますが、ゴミが多くて釣り味悪し、ピン1匹釣ったところで移動することにしました。

 北上する途中で北条、岩井と見ましたが海水浴や海遊びの人がイッパイ、竿が出せません、マッタリと釣りが出来そうな昨日の保田海岸のマイポイントに来てしまいました。

 前日と同じだろうと1.5色から引きますがフグのアタリのみ、隣に入った投げ師を見ていると4色程度は投げている感じでキスを上げています、こちらも少し遠めを狙ってみると居ました居ました、連掛かりもあり楽しめます、調子が乗ってきたところでプッツンしてしまい怒りの力糸結び、無駄な時間を浪費してしまいます、この頃ちょうど無風状態になって、全身から汗が吹き出します、風があると多少暑くても何とか釣りができますが、無風状態だと耐え難い暑さでした。

Dsc07293_3

 熱中症を懸念し撤収移動、ボチボチ帰る時間ですが、もう1ポイント新舞子海岸を最後に訪れました、マイポイントの右の浜中央付近で竿出し、1投目はオールフグで丸坊主、50m程移動したら、ピンが1匹掛かりました、同じ場所で同じ距離でまたキスのアタリ、今度は連掛けです、所々にキスが溜まっている感じですね、3投目からは同じ場所でアタリ無し、フグのみでまた丸坊主で終了としました。

 

 どの場所も、集中して釣りをすればもっと釣果が伸びると思いますが、暑さにグロッキー気味・・、夏のお天気の良い連休での2日間釣行、道も砂浜も混んでいて大変疲れました。

 

<釣行データ>

場所:千葉県勝浦部原海岸、保田海岸、館山方面 日時:201771516日(土~日) 小潮:満潮8時半頃 天気:晴れ 釣果:シロギス20㎝以下38

<タックル>

竿:シマノKS405CX+、シマノSP335FX+ リール:シマノKSコンペ、SL CL4+30 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針36本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (2)

2017年7月 9日 (日)

プールでキス釣り!?

今週は、房総半島には雨がそんなに降っておらず、何処も好条件です、一部ネット情報によると鴨川で「小爆」したとの情報で、朝一は鴨川東条海岸に向かいました。

Dsc07189_2Dsc07193_2

 当地は先々週よりも波が無く、穏やか過ぎる海です、1投目6色ラインから引くと43色でらしいアタリ(乗らず)、1色付近で下品なアタリでハリス切られます、手前はフグだらけなのでしょう。 少しずつ移動して探ると3色ラインの真ん中でひったくるアタリで、単発、時折2連で20㎝クラスが上がってきます、同じところに投げてもダメで、少し移動して探るとやはり3色ラインでした。 日が上がって、潮が引いて来たらその活性も低下気味で撤収移動しました。

Dsc07195Dsc07203Dsc072011

 向かった先は先々週と同じ平砂浦としました、この波の低さだったらサーファーが少ないだろうとの読みでした、何時ものⓅに停めて浜に出ると案の定波は穏やか、サーファーも河口の一部にしか居りません、十分距離を取って1投目、途中心地よくないアタリが入って回収すると丸坊主、少し移動して2投目は4色でキスのアタリで小型2連でした、どんどん潮が引いていき、30m位沖のカケアガリの手前がプールの様になってきました、その部分に仕掛けを通すと強烈なアタリでキスが連で釣れて来ます、狙える距離としては半色分くらいと短いのが難点ですが、かなり斜めに投擲して引くとポイントを1色以上引けるのでなかなか楽しい釣りになります、最高で6本針で5連まで付けることが出来ました、それほど大きくないプールでしたので、45投するとキスは散り、フグだらけに変貌暑さも手伝って撤収と相成りました。

Dsc07206Dsc07211Dsc07208

昼飯食って館山市内の北条海岸へ向かいました、干潮過ぎて2時間程度、潮が上がって来てちょうど良い塩梅かと思って入ったらドンピシャ!活性高過ぎでバナナになることもしばしば、今期はヒイラギが少ないかなと思ってたらヤッパリ居ますねここには! それにしても暑すぎで、熱中症を意識してもう少し釣りたい気持ちを抑えてヤメにすることにしました。 その後に保田海岸を偵察に行ったらかなりキツ目のアゲンスト、2投して楽しくないので本日終了としました。 

 

 梅雨明けは未だのようですが、当日は完全な猛暑状況でした、皆さん熱中症には気を付けて、キス釣りを楽しみましょうね!!

 

<釣行データ>

場所:千葉県鴨川東条海岸、平砂浦、北条海岸、保田海岸 日時:201778日(土) 大潮:干潮10時半頃 天気:晴れ 釣果:シロギス20㎝以下35

<タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノKSコンペ 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針36本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

濁りが入ると辛いですね!

 1日(土)の釣行を予定していましたが、雨の予報確率がやや高いのは問題ないとして、南西風が610mと強風の予報、この風だと内房全滅、外房も波が高くダメダメ・・・2日(日)は、風も収まり良い感じ・・・(月)からの仕事が辛くなるので極力(日)は避けたいのですが、昼過ぎまで限定で行ってまいりました!

201707020530000020170702054700002017070206110000_2

 いつものアクアを通って木更津ICから下道、途中富津のコンビニで小休止、朝一新舞子海岸でも・・と思っていましたが、昨晩からの南西風がまだ収まってない様子で、そのまま南下、途中保田海岸横を通過してみますが、波もまだ高くN.G.結局館山まで来てしまいました、南西風で落ち着いてできる、自衛隊裏のマイポイントで本日の実釣開始です、釣り場の写真でも・・と思いきやデジカメ忘れてきました、本日はガラケー写真です、スミマセン・・・6本針で1投目4色でアタリ!2色までサビいて回収、18㎝の単発、2投目仕掛け絡み、3投目メゴチ、4投目素針で、我慢できなく撤収となりました。

201707020648000020170702071400002017070209020000

 南西風がまだ強いので洲崎方面へ、塩見海岸・浜田海岸と竿を出しましたがイマイチ、北条海岸は昨日の雨の影響か濁りが入ってパス、丸山堤防南の海岸も薄濁りでフグだらけ、期待の岩井海岸は釣り師が居る割に状況は良くなく3投でヤメにしました。

201707021044000020170702105100012017070211380000

 またまた北上、勝山海岸での第11色サビいたらなんと根掛かり、拙者の発砲シンカー下ろし立てだったのに・・煽ったら道糸も高切れ・・ついていない・・・

 少し北上した保田海岸到着、波もかなり穏やかになっており良い感じ、車中で偵察していたら目の前の釣り師がポチャ投げで良型サイズを・・・勿論すかさずⓅに車を止め、実釣を開始します、2色を切ったとき強烈なアタリが入り本日一番の19㎝をゲット、沖目にも居るだろうと力んだらプッツン、活性が高い時間にこういう事でロスタイムは痛いですね! 沖目をジックリ探ると小型の4連、数はソコソコのようですが、ヒネはそう簡単には上がらないようです。 この時点で無風、薄日が入り始め汗ダラダラ、熱中症が怖いので撤収といたしました。

20170702124500002017070212330000_220170702134000002017070213490000

 早めの昼食は水分・塩分補給でラーメン、保田海岸のすぐ傍、国道沿い、以前入った時とすっかりメニューが変わっていました(新しい店名メモるのを忘れました)、「鶏と魚介の醤油味」700円也を頂きました、個性的なお味のスープを完食・お水3杯も頂き、ようやく落ち着きました!

 最終ポイントは新舞子海岸、マイポイントの右側で遠・中・近を探りましたが中~近はフグだらけ、遠目で良いアタリが出て、やけに思いリーリングでイシモチの良型でした、雨の日の後の濁りでは、やはりコイツでしょうかね!

 

 梅雨真っただ中のこの時期、濁りが入るとかなり辛い釣りになりますね、あと半月の辛抱でしょうか!!

 

<釣行データ>

場所:千葉県館山~岩井~保田~新舞子海岸 日時:201772日(日) 大潮:満潮11時半頃 天気:くもり 釣果:シロギス19㎝以下11

<タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノKSコンペ 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針36本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

外房も好釣です!!

 前日の金曜の夜、ジャリメを普段より少し多めに購入し、先週と同じ3時前に起床出発しました、目的地は未定、アクアライン渡り切るまでに決定しようかと言う魂胆です。

 連立方程式の前提は、大潮の満潮が早朝で大きく下がって10時半過ぎに満潮、風はそれほど強くなく南~東寄り、水曜日の雨から3日間経過している、前日に強い南風が吹いた・・

 候補は①富津岬の小場所(満潮限定)で朝一→内房南下(先週パターン)。②先週調子の良かった岩井でやってその後北上するか南下するか。③鴨川まで行って調査しその後館山方面または岩井海岸・・・数は先週釣ったので、良型に会いたい・・との事でアクアラインの料金所過ぎる頃に③に決定、君津ICで高速を降りました。

Dsc07170Dsc07173Dsc07177

 いつものⓅに5時過ぎに到着、唯一高波だったら・・・と言う不安がありましたが、波はかなり穏やかでザザ波程度でした。 タックルを下し長靴に履き替えて浜へ出ます、第154色でアタリが出て中型が連で上がります、今度は近めに投げて手前を引きますが2色でもキスが掛かります、○色に群れているというのではなく全体的に居る感じです、同じ場所でやっているより少しずつ移動した方がアタリが回復します。

 潮が少し落ちてやや遠めを狙おうとして力んだのか、投擲時にバットガイドに力糸が絡みプッツン・・鴨川東条海岸ではほぼ必ずやってしまいます、昨年newKS購入時に当時のFUJIの最新ガイドを装着しました、自分の投げ方ではガイド絡みが多発し過ぎ、今期が始まる前に今期のFUJIの新製品、低めの大口径に変更して絡みはかなり減りましたが、まだ時折やってしまいます。

 少しずつ移動しグランドホテル前まで来ました、朝一18㎝位のヒネサイズが混ざりましたが、段々と小型が増えて来ました、遠近でもサイズが変わりません。 曇り空でしたが風が弱く、結構暑い状態、フグが掛かる率も増えて来ましたので9時過ぎに撤収準備に入りました。

Dsc07178Dsc07182

 次の場所は、内房岩井方面に行くかいつもの館山か迷いました、この時間から移動するとド干潮、何処も好釣を望めない状態、鴨川でザザ波だったので、平砂浦も穏やかだろうという予想のもと行ってみることにしました。

 アロハガーデン館山の前浜、消波ブロックエリアが入っているエリアを選びます、昨年夏に良い思いをしたポイントです、南東側の小川付近から北西側に移動しながら攻める予定です。  現地に着くとほぼ干潮時間です、潮位が高いと消波ブロックからの釣りになりますが、今の状態ならばしばらくの間は下の砂浜から釣りが出来そうです。

 気合を入れての第1投、またも力みプッツン・・・ガックリ、多分ポイントは近いのだから力まなくてもいいのに・・・アホですねホントに・・!!

 力糸を結びなおし、20号のウッドで3色からサビキ始めます、途中2色で心地悪いアタリが出ましたがそのまま力糸まで引きますが、6本針にフグ1匹、その他5本は丸坊主と言う結果、ダメな時にはこの状態が3回続きやむなく撤収となりますが、2投目で2色で明らかにキスのアタリが頻発!!我慢しながら1色分巻き回収すると良型含む3連!居ました!居ました!

 少しずつ洲崎方面に移動しながら拾い釣り、横移動してもアタリが出るのは2色、6本針を使っても最大3連、8本針に変えても4連以上は掛からず、活性はソコソコですがイマイチ“爆”まではいきません、13時頃にはアタリが少し遠のきましたので撤収しました。

Dsc07183_2Dsc07186

 館山市内で遅い昼食を取って最後の場所は岩井海岸、潮が大分入って来たので良い感じになっているとの予想です。  現地に着くとすでに泳いでいるファミリーが・・・北側のⓅに車を止め、ポイントを眺めると切れ海藻らしきゴミがびっしり海岸に打ち上げられていました。

 ゴミで投げにくい浜から第1投目で小型ながらも4連、型はともかく魚は濃いみたいです、少し方向を変えながら狙うと良くアタリが出ますが、左前からの若干強い風でアタリをスポイルされ弱めのアタリを感じながらサビくと言う釣りになりました。 潮が上昇し波打ち際のゴミが増えて、投げるスペースも無くなってきたので本日は終了としました。

Dsc07188

 そのまま帰るとアクア大渋滞なので、汗を流すために近くの鋸南町営の「笑楽の湯」へ入浴料金は町民300円、それ以外は500円とリーズナブルです。新しいので施設は清潔、お風呂は期待したより小さめで露天風呂があるともっと良かったかなと感じました、空いている時はお勧めですね!

 

<釣行データ>

場所:千葉県鴨川東条海岸、平砂浦、岩井海岸 日時:2017624日(土) 大潮:干潮10時半頃 天気:くもり 釣果:シロギス20㎝以下44

<タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノKSコンペ 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針38本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

連掛けの季節!

 来週はいよいよ夏至です、目覚ましを先週より15分早めて3時前に起床しました。

Dsc07136Dsc07139

 最初の釣り場は岩井海岸、小型中心のイメージが強いですが、先週末に中型好釣の情報が入っており、最初の釣り場に決定です、日記を振り返ってみると昨年も5月末に良い釣りをしていました。  岩井海岸は浜の南端、中央に数か所、北側にⓅがあります、昨年ぐらいから北の端のⓅは、ビギナーサーファーの練習場として賑わうことが多いのですが、今日は誰も居ません(良かった!)ので、ここに停めました。 1投目フグに1本切られ、2投目はアタリ無し・・、少し移動して3投目4色で中型が掛かりホッとします、少しずつ左に移動しながら探ると43色に中型サイズのアタリが出ます、34連まで出て楽しめます。 潮が満ちてくるにつれポイントが手前に移動、1色チョットまで近づきますが7時のチャイムが鳴った頃からアタリが遠のきモーニングサービスは終了、フグとの闘いで拾い釣りになりました。 上がってくるキスもピンサイズが多くなり9時に終了することにしました。

Dsc07148Dsc07147

 とりあえず南下して北条海岸のいつもの場所に来ました、濁りもかなり少なく期待です、5色で良いアタリが出て中型の連が来ます、手前を攻めると2色でもアタリあり今日は楽しめるかなと思ったらフグの猛攻で小移動、距離を変えてもダメダメで撤収となりました、そういえば昨年はヒイラギがかなり濃かった当地ですが今期は1匹も釣れません、良く分かりませんね。

Dsc07150Dsc07155

 その後訪れたのは自衛隊裏、右前方から結構な風が吹いており釣りにくいです、毎投アタリが出ますがメゴチが中心、良い感じのアタリ出てその後強い引きが入り慎重に上げるとタコでした、針に掛かったキスを襲いに来たのでしょうね。

強風の中、辛いのでそろそろ止めようと思ったら3色でひったくるアタリ、こういったアタリは外れることが多いのですが今回はガッチリ生命感が残っています、小気味よい引き味を楽しんで上がってきまのは22㎝、今季初の20超でした!

Dsc07160Dsc07157

昼ご飯は洲崎方面に少し行ったところにある、以前から気になっていたラーメン店「梅軒」、塩ラーメン専門店で注文は塩エビワンタンラーメン900円也、シッカリ目の塩味で自家製面も美味しかったです、お客さんが少ない時間だったので気さくなマスターと色々と館山情報を交換しました。

Dsc07163Dsc07165

本日は土曜日なので延長戦、北上して先週感じの良かった勝山海岸に入りました、風が南西に変わっておりやや釣りにくい状態、普通にサビいていると何もアタリ無し、気になったカケアガリで少しステイする釣り方に変えるとアタリが出ます、それでも絶対的なアタリが少ないので朝一良かった岩井に移動しサンセットサービスを狙いますが、丁度干潮時間、潮位がまだ低すぎでピンしか居りませんでした。

Dsc07167

 遅れていた房総方面も、連掛けもできるようになり、ようやく楽しめるようになりました!!!

 

<釣行データ>

場所:千葉県岩井海岸~館山方面、勝山海岸 日時:2017617日(土) 小潮:満潮9時半頃 天気:晴れ 釣果:シロギス22㎝以下38

 <タックル>

竿:シマノKS405CX+ リール:シマノKSコンペ 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー使用 仕掛け:7号針37本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧